蛇のひと [DVD]

蛇のひと [DVD]

蛇のひと [DVD]

DVD
監督:森淳一
出演:永作博美
出演:西島秀俊
出演:板尾創路
出演:劇団ひとり
メーカー:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2010-11-24

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

深みがある

どこか不思議で味のある作品ですね。
「重力ピエロ」の監さんだと知って、
改めていいお仕事をするなぁと感心しました。
ミステリー色を醸しながら人間の業というのか、
深層を浮き彫りにする様ななんとも深みを感じる良作です。
そしてキャストがこれまた魅力的で作品の質を向上させています。
個人的に最近イチオシの西島秀俊さん。
相変わらずな飄々っぷりが雰囲気があってナイスです。
無論永作博美さんも負けず劣らずの存在感がありいい女優さんだと再確認。

よく出来た面白い映画なんだけど最後が惜しいな

この映画のように人を口車に乗せて落とし込むって日常茶飯事、良くある事ですよね。
お世辞なんて社交辞令であるし、社会に出たら必要不可欠で常識的に身につけておかないと生きていきにくいもので...これ言うとこの人喜びそうっていう心にも無い事を、臆面も無く言えるっていう。
大概は、相手がコンプレックスに思ってるとこを正直に指摘してうらまれるより、お世辞言って相手を安堵させて感謝される方を選ぶわね。
仮に不特定の誰かが、あるいは利害の対立する誰かが、自分の言ったお世辞を真に受けて、身のほどを超えた行いをして失敗しても私のせいではありません...お世辞を真に受けたあいつが悪い!って言えば世の中、概ね賛同するし。
この映画では、歪んだ生い立ちが人間を無情なものに変えて、関わりあう人たちを不幸におとしめていく様を、緊張感をもった丁寧な描写で綴りますが終盤で、実は生い立ちに関わらず誰しもに宿る普遍的なものであるというとこで決着させるので、それまでの逃亡者とそれを追う者との精神性の対峙という面白い構図が霧消して何だかなって印象が残ったですよ。

丁寧なつくりで好感もてる作品。

丁寧なつくりで好感もてる作品でした。役柄的にも永作博美さんが可愛かった。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

anan(アンアン) 2019/08/21号 No.2163 [愛とSEX/田中圭]
+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2019年 9月号
ぴあ Movie Special 2019 Summer(平野紫耀特集) (ぴあ MOOK)
FLIX(フリックス)2019年10月号
週刊朝日 2019年 8/16-8/23 合併号★表紙『おっさんずラブ』田中圭・林遣都・吉田鋼太郎 [雑誌]
GQ JAPAN (ジーキュージャパン) 2019年9月号
劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~ オフィシャルBOOK
AERA STYLE MAGAZINE (アエラスタイルマガジン) Vol.43【表紙:田中圭】[雑誌] (AERA増刊)
Hanako(ハナコ) 2019年9月号 No.1175 [よくばる夏の旅 2019/田中圭&林遣都]
週刊朝日 2019年 6/7 増大号【表紙:田中圭】 [雑誌]

河西智美 松田暎子 岡田茉莉子 岩本千春 三條美紀 小松千春 堀ちえみ 草村礼子 中村美代子 角ゆり子 田名部生来 和音美桜 松本莉緒 春川ますみ 外岡えりか 花柳幻舟 水原まき 平松可奈子 早乙女愛 石井めぐみ 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ