nude [DVD]

nude [DVD]

nude [DVD]

DVD
監督:小沼雄一
出演:渡辺奈緒子
出演:佐津川愛美
出演:永山たかし
出演:みひろ
出演:山本浩司
メーカー:Happinet(SB)(D)
発売日:2011-01-07

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

単なるエロ映画じゃないです。

友達から初めて「みひろ」という存在を教えてもらってから興味を持つようになって、
彼女のしぐさや表情全てが勉強になってました。
この映画を見たのはみひろ、という人がどのような人だったのかを知りたかったからです。
原作は読んでいないので映画だけの評価です。
まずは、配役についてですが、正直主人公のひろみ役は佐津川愛美さんにやらせたほうがよかったのではないかな?と思いました。
というのも、どうしても演技上まっすぐ過ぎるというか、まじめ過ぎるというか、渡辺奈緒子さんがひろみとしては無理があるように感じたからです。
しゃべり方や声といった細かい話になるんですが、みひろのあの甘えたような声はどちらかというと佐津川愛美さんのほうが合ってたと思います。
演技としては頑張っていたと思います。
正直ヌードになったのにはびっくりしました。
そして、どうしても引っかかったのが新潟弁...(?)
やっぱりセリフにしか聞こえなかったです...
肝心の内容はというと、思った以上にさっぱりしていて(悪い意味で)
友情、恋愛、色々な描写があったのですが
どれをとっても自業自得な部分があったかな、というもの。
最後まで感情移入はできませんでした。
話自体がちょっと軽過ぎたように思います。
みひろさんの伝えたかったことはこんな事だったのかな?って感じでした。

※ご注意!ネタばれ多数

ほんとに言い訳がましい映画で腹が立った。
ヌードになったきっかけ、彼氏と別れたきっかけ、AVに出たきっかけ…
全て自分で決めて、自分の価値観や倫理観でどうにでもなったのに、他人のせいにしてるように見えてすごく不快だった。
ヌードだけの契約だからAVはでない、とか言ってたが結局決めたのは自分。
普通ならヌードの時点で断るし、最初のハードルが低すぎる。
理由をつけて体を売ってるだけです。
現に写真撮られるのが楽しいだけなら、空港の仕事を続けながらでもできたはず。
嫌で辞めて楽に稼げる方にいっただけ。
作中で『後悔してない。前を向いて歩いていく』とか言っていたが、自叙伝を出してる時点で振り返っている。
後悔してないのであれば、タイトルの『nude』はおかしい。
つまり『ヌードだけだと思って始めた』と言いたいのだ。
前を向いてるならタイトルを『sex』にでもすればいい。
ヌードになったのはスカウトされたせい、親友と絶縁したのは仕事のせい、AVをやったのはマネージャーが勧めたせい…
全て言い訳。
犠牲にしてきてるものが大きいから見てくれ、と言わんばかり。
だが全て自己責任であって同情すべき点は何もない。
こんな女の自叙伝だの映画をわざわざ出す必要なし。
以前、美輪明宏さんの本を読んでいてこんな文章があった。
『女は一度体を売りにすると抜け出せなくなる』
この女は自分の体を売りにしただけの女。
総じて見る価値なし。

単なるエロ映画じゃないです。

シネマート新宿で観ました。
いい意味で予想外の映画でした。
ちょっとしたエロの期待も半分持ちながら劇場に足を運びましたが、映画自体も良いデキで、若干ラストシーンで感動してしまいました。。
主演の渡辺奈緒子の演技もかなり気合が入っていて見ているうちにどんどん映画に吸い込まれていくようでした。しかもいい脱ぎっぷり!
映画としても◎、エッチなシーンも◎
非常に満足できる映画でした。
ブルーレイのきれいな映像でもう一度観てみたいと思います。

期待外れ

予告で見たときは凄くおもしろそうで期待していたのですが、かなり期待外れでした。主役の心理描写が軽すぎて何を描きたかったのかが不明。決して主役の方の演技が悪いわけでもないのに、脚本と演出が良くないとしか言い様がない。残念な仕上がりになってしまっています。

自己美化

昔、永沢光雄の「AV女優」という本がヒットした。
AV女優の本当の姿を、客観的な目で記述していて、面白かった。
しかし本作はいわば自伝(の映画化)であり、主観的な美化が目立つ。つまり、面白くない。
みひろは、志村けんとのスキャンダルを流すことで売名に走った。
つまりは、こんな純粋で一生懸命な少女ではないのだ。当たり前だが。
「彼女の芸の肥やしになるなら、無碍に否定はしないよ」と笑って流した志村は男を上げたが、みひろは女を下げた。
美人かもしれないが、ヌけないAV女優。
どんなに美化しようとも、その評価はかわらない。
やはりどこかで、AV女優であることを恥じていたのだろう。だから美化し、言い訳する。
夏目ナナの吹っ切った態度を見習え!

私はすきです。

あまりに別世界の人にとってはこんなもん?って感じかもしれない…。
でも、なんとなく夢見た芸能界の夢、現実、恋人、親友、そして仕事で出会った人や仕事で変わった全てのこと…。
本人もまだ人生の通過地点でしかない。
そんなみひろの立場にたって、みひろの気持ちになれると色々感じることがあり、私はこの作品が結構すきです。
動機やヌードに対してAVに対しての感覚は意外と最近の若い女性のリアルに近いのではないかとさえ思いました。
そして彼女は、人よりはるかに演技をすることが好きなんじゃないだろうかと思いました。

童貞。がプロデュース

童貞にとっての問題作『童貞放浪記』の小沼監督がミヒロの自伝小説を映画化。
期待はずれどころではない。本当に眠たくなった。『童貞放浪記』があまりにも傑作だったので、本作も期待していたのですが非常に残念な出来でした。脚本が監督の奥さんも担当されているためか、終始オシャレな雰囲気が漂う映画で『童貞放浪記』とは真逆な作品。
しかし本作には5分だけ見所がある。
この5分があったから許せた。
『童貞放浪記』で童貞を演じた山本浩司が本作ではAV業界のプロデューサーとして出演している。『童貞放浪記』が救いようがなかっただけに、かれのやり手プロデューサー姿を見て腹が痛くなるほど笑ってしまった。
『童貞放浪記』を鑑賞後に本作をみることをオススメする。

肝心なところが…

AV女優の話とのことでしたが、全体のストーリー構成はよかったのですが、肝心の何故AV女優になることを決心したのかが全くなかったのが残念…。
あとは女優の渡辺奈緒子さんの演技がとてもよかったので、この女優さんの今後に期待○

淡々と進むが考えさせられた

特典は初回舞台挨拶。一般試写会。メイキング。
みひろが中途半端と言われて、なぜAVに出る決意したのかと、なぜそんなに頑張っているのか
というのが気になっていたので見た。
自伝的小説という事なので、どこまでが事実かは分からないが、AVを見る者としては
考えさせられるものがあった。みひろのAVは初期に1本しか見てないが。
AVに出始めた頃は、他の女優達と仲良く出来なかったと言ってたから、相当悩んでたんだろう。
AVに出る人が凄く多いから、こうゆう流れで出てる人もいるのかな。
そんなに女優になりたかったのか。AVとvシネマは大分違うと、私も思うが中途半端なのか。
言った人の予想通りになってるから、これで良かったとは思うが、失った物も多いと思う。
マネージャーも売り込むのが大変だとは思うが、自分からAVに出た人はともかく、こうゆう風に
ステップアップの為に出させるのは、どうなんだろうと思った。最終的には自分が決める事とはいえ。
全体的にあっさりしていてもう少し描いて欲しい部分もあったが、ナレーションが淡々としていて良い。
AVでは撮影風景はあまり写さないので、機材やモニターチェックが興味深かった。
小説の方が詳しく書いてあると思うので、映像を思い出しながら読みたくなった。
みひろは惜しまれながら引退するAV女優役で、少しだけ出てる。
印象に残ったのは「出来るだけ顔をカメラの方に、向けてください。その方が見てる人も喜びます」
という台詞だった。
次作があるなら、勘当されたが仲直りしたのを見てみたい。

観なきゃ良かった・・・

「童貞放浪記」「結び目」が良かった小沼監督だが、これはしょせんキワモノ映画でしかなかったと言うほかない。観なければ良かった。高校を出て上京した顔のいい女が、スカウトされて入った事務所はAV女優ばかり。ヌード写真から始まり、Vシネマ、そして遂にAV出演。ここで女は抵抗するのだが、最初からその流れは分かっていたはず。それで辞めてしまうわけではなくてずるずるAV出演と、主人公がただのバカに見えるというのは困ったものだ。それと苦言。ああいう業界を描くのに、誰も煙草吸ってないってありえないだろう。そういう無煙映画には断固抗議したい。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

最低。 通常版 [DVD]
東京難民(DVD)
新任女教師 二人だけの性教育実習 DVD7枚組 ACC-122
海辺の生と死 [DVD]
彼女の人生は間違いじゃない [DVD]
渡辺奈緒子 写真集 『 黎明 』
赤い玉、 [DVD]
眠れる美女 [DVD]
身体を売ったらサヨウナラ [DVD]
ジムノペディに乱れる [DVD]

金澤美穂 井上麻美子 榛名由梨 長谷川真弓 水野久美 武原英子 山口果林 鈴木奈々 皆川妙子 杉本美樹 小西美帆 北原佐和子 尾高杏奈 釈由美子 目黒真希 安寿ミラ 矢田千夏 坂野友香 大田黒久美 篠田麻里子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ