女優霊 [DVD]

女優霊 [DVD]

女優霊 [DVD]

DVD
監督:中田秀夫
出演:柳ユーレイ
出演:白鳥靖代
出演:石橋けい
出演:大杉漣
出演:根岸季衣
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2010-11-26

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

本当に、、、怖いです。

「女優霊」を初めて観たのは、今でもはっきり覚えている。WOWOWの「J・MOVIE WARS」と銘打たれたプログラムで、本邦初公開となる今作と出逢ったのだ。
和製ホラーと言うあまりそそられないジャンル、監督は中田秀夫と言う当時未知の新人、出演者も知らない人が多く、正直、さして面白くなかったら、その段階で観るのを止めようと、家内共々見始めたのだが、冒頭から10分足らずで、2重に焼き増しされたフィルムが映し出されたラッシュ試写での、あの尋常ならざる薄気味悪いシーンに、ググッと引き込まれてしまった。
映画を観て、本当にゾクっとするような恐怖って滅多に味わえないのだが、これは本当に怖かった。
ホラーが苦手な家内は、この映画が大嫌いで今も観た事を後悔しているが、何故最後まで観たのかと言えば、結末を見届けないと、逆に、一生トラウマになると思ったらしい(笑)。
ある撮影所での怪談話に撮影中の映画の若手女優ふたりを襲う心霊現象、それに、新人監督の幼少期の恐怖の心象風景を絡ませた展開。
撮影所と言う昭和を感じさせるレトロっぽさと、日本古来の幽霊がマッチし、劇中映画の赤茶けてブロー・アップされた退化したフィルムも、ムード満点。じわじわと恐怖が増長し、心拍数が上がり続ける演出が巧い。
これは余談だが、今作の評判は業界を駆け巡り、竹中直人にも伝わった。一見後、驚嘆した竹中は、当時共演していた大河ドラマの俳優たちに次々に勧め、一同、皆震え上がったらしいが、唯一松たか子だけは、怖くも何ともなかったと言う。何故か?それは、松が今作で重要人物を演じた石橋けいとは高校の同級生であり彼女の日常をよく知っていたから、との逸話が、微笑ましくもホッと感じられてしまうほどに、その怖さは伝説的なものなのである。

やっとやっとDVDリリース!映画「リング」に先駆ける、Jホラーの原点。ラストカットにも注目!

映画監督(柳ユーレイ)が撮影中に見た、ある映像を発端に、映画撮影所で次々に起こる怪奇現象を描く、正統派の恐怖映画。
「長い黒髪で顔の見えない白いワンピースの幽霊」「音もなくそこに立っている幽霊」「針で顔を突かれた写真」
「映像に残っている霊」「ちょっとした音」など、後に多用されるJホラーの要素が詰まっています。
古い映像に映っている女の人は静かに怖く、撮影中に突然騒ぎ出す女の子はショッキングに怖い。
ストーリーに連なるこれらのシーンの積み重ねが、徐々に恐怖感を味わえてうまい。
撮影所・スタジオや劇場は、幽霊話がよくあるそうですからもってこいの場所。
この雰囲気がいいですね。
映画に登場する撮影所の廊下では、実際に出るそうで…。
監督・原案:中田秀夫(劇場映画デビュー作)、脚本:高橋洋という、後の映画「リング」(1998年)のコンビによる、Jホラーの原点。
主演の柳ユーレイは、後に「リング」「呪怨」にも出演、本作でもデビュー作を撮る新人監督を演じ、静かにいい味出してます。
共演は、白島靖代(櫻の園)、石橋けい、他ですが、特に「石橋けい」は、TV平成ウルトラシリーズや「有言実行三姉妹シュシュトリアン」で特撮ファンにはお慣れ染みでした。
ラストカットも良くて気に入ってます。注目。よーく見てください。
(先日、テレビ東京「ありえへん世界」で心霊映像だと言い切ってましたが、冗談でしょ。)

名作。「リング」なんかより、よほど怖いやん!

名作。「リング」なんかより、よほど怖いんちゃう?この不確かさな怖さはいつまでも残る・・・

雰囲気を読めない人には向かない

個人的には間違いなく傑作ホラー映画です。
ひっそりとした恐怖…つまり日本古来の怪談系ですが
そのジワジワ感がとても上手い作品。
正体がわからないからこその怖さをしっかり描いてます。
なので逆にクリーチャーホラーを楽しむ方には向いていません。
Jホラーで言うならリングを代表とした
キャラ押しホラーが好きな人は観るだけ無駄だと思います。
楽しみ方が違うのでそこを切り替える事が出来ないと
そちら側の方には一切怖さが伝わらないでしょう。
☆が4つの理由は
そういう「人を選ぶホラー」だという事と
ラスト直前の"女優霊に直接襲われるシーン"になると
途端に恐くなくなるからです。
はっきり見せないことで怖がらせていた霊が
途端にラスボス化するので少々醒める部分があります。
但しラストショットの女優霊の表情は必見。
最後の最後でやはりゾクッとさせてくれます。

HDマスター?

作品そのものは、とてもTV用だったとは思えないぐらい、今見ても非常に端正で優れた心霊ドラマだと思います。派手な展開があるわけではないので、誰が見ても恐い作品ではありませんが、ひたひたと迫る不気味さが漂ってるし、ようやくDVD化されて嬉しかったです。
ただ、ニュープリント&HDマスターという触れ込みだったので、それなりに綺麗な映像で見られると期待していたら、思いっきりビデオテープ並みのザラついた画質で、そこは本当に肩すかしでした。販売元のHDマスター担当者には、もう少し頑張ってほしかったです。

VTRでしか観られなかった「幻」の作品。コメンタリーは笑えます。

本作は「リング」を観て震え上がった後に、レンタルビデオで観た。
何やら不気味な撮影所で起こる怪奇現象と、女優&監督に襲いかかる恐怖たるや、夜は絶対に観られない作品だ。
中田監督は「にっかつ」出身のため(日活ではなくひらがなの時代)、本作の舞台も日活撮影所を使用している。
待望のDVD化ということで、久しぶりに観たが、相変わらず怖い映画だった。
映画の舞台裏を写すことで、映画好きには別の意味でも面白い作品である。
今回初めてコメンタリー&特典映像が付いた訳だが、これがまた良く出来ている。
特典映像には高橋洋の他、黒沢清監督も登場、どちらかというと「のほほんトーク」を繰り広げており、映画のイメージとは
一線を画している(笑)。
また、コメンタリーが素晴らしい。中田監督不在なのが残念だったが、篠崎誠監督らが出演し、凄く楽しそうな舞台裏を
語っている。
撮影所の天井にいる幽霊話のシーンは、行定勲が高橋洋に語った「ホンモノ」だということや、映画内映画としてのスタッフの
動き方についても「なるほどね」と思う解説ばかりだ。
また、怖い作品なのに「日活の食堂は安いよね。それに比べて東宝は高いんだ」「俺は東宝じゃ食べたことないなあ」などという
バカ話も聞けて、楽しい。これなら夜でも観れるぞ(笑)。
作風はド真ん中のホラーなので、苦手な方には向かないが、恐怖に震えたらコメンタリーを観ましょう。
星は4つです。

ネタではなく実話なんですが(本編と直接の関係ナシ)

ハリウッドリメイク化された流れで、いよいよ初DVD化されましたが、私自身はこれを買うのを躊躇していました。
(結局買いましたが。)
14年前、WOWOWの「J・MOVIE WARS」内でON AIRされ、(当時の作品としては)驚くほどの恐怖体験をしました。
ただそこまでは良かったんです。
あの放映の翌日、当時住んでいた団地の窓から見える電車の踏切で白い服を着た若い女性が投身自殺をしたんです。
なにしろ現場は目と鼻の先でしたから、電車のブレーキ音が鳴った5分後には現場にいました。
思ったほど凄惨な現場ではなかったでしたが、前日の晩に「女優霊」をWOWOWで鑑賞したことと、今目の前で起きたこの現実が完全に頭の中でオーバーラップして、ダブルの恐怖に打ちのめされました。
検察官が到着するか否かの時に現場を間近に見たので、かろうじて原型をとどめていた亡くなった女性の顔を見てしまい、思わず合掌しました。
生花を買って現場にたむけお線香もあげました。
それから1年以上経ち、その出来事を忘れかけていた時に、仕事上で知り合った取引先のスタッフの若い女性から意外なことを聞かされました。
「去年、友人が踏切に飛び込んで自ら命を絶ってしまったんです」。。。
私は絶句しました。そして、その彼女が某有名劇団に所属していた駆け出しの女優であったことも聞かされました。
その後、何かに突き動かされた私は(ネット検索がまだこの世に無かった時代でしたので)映画関係の書籍で調べて、今は亡きその彼女が実際に端役として出演していたビデオスルー映画のレンタルビデオを見つけ出し観ました。
何のつもりでわざわざ探し出し、そして観たのか??・・・それは自分のことながら今の私にも判りません。
ただ突き動かされたとしか言いようがありません。
そして、偶然にもその作品は本作で舞台になっている日活の撮影所で撮られていました。
ネタではありません。実際の話です。
本作とは直接関係が無い話ですが、それ以来、私自身にはとても因縁めいた映画となってしまいました。
ただ亡くなった彼女が笑顔でスクリーンの中に生きていて、現に今もDVDとしてAmazonで販売されている。
亡くなった人が一つの媒体の中で現世にも生きているという、この不思議で不条理な感覚。。。
本作のテーマにも何か相通ずるものを感じます。
評価の★5つは中田監督の本作を含めその後の偉業に対するリスペクトを込めて付けさせていただきました。
私自身は上記の理由で、この映画に純粋な客観的評価が出来ません。
ここにレビューを残すことも場違いかもしれません。
ただ、ただ、当時のことを思い出し、また何か突き動かされてレビューさせていただきました。

本当に怖いのは、暗闇それ自体

 “貞子”や“伽耶子”を見慣れてしまった現在からすると、クライマックスで姿を現した、お歯黒でケタケタ笑う“女優霊”は、ちょっとお化け屋敷的で、それほど怖くない気もします。
 じゃあ、この映画の何が怖いのかと言うと、レトロチックな撮影所のそこかしこに見られる、暗闇そのものなのだと思います。例えば、映画中映画の撮影中、真っ暗な廊下を姉妹2人が歩いてくるシーンの後ろの暗闇が、異常に怖いと思ったのは私だけでしょうか。
 脚本家高橋洋が特典映像で語った、彼の“心の中の暗闇”も、なかなか怖くて(笑)。劇中にも活かされていますが、彼が子供の頃に見た映像って結局なんだったんでしょうね?子供が階段を昇った後、一体そこで恐ろしい何を見たのでしょう?すごく気になります。
 

不条理な恐怖

最後に女優霊が思いっきり出てくるが、それが人間ぽくみえるメイクなので救われるが、それが貞子ばりだったら本当に怖い映画になったのだろうと思う。
いくつもぞっとしたり、心拍数が高まる演出がなされるが、この映画の一番の怖いところは、結局この霊の正体が全く分からないところだ。例えばリングでは貞子の過去が明かになることで逆に親近感に似た部分が出てくるが、そういうものがこの作品では全くない。最後まで正体不明であり、なぜこの霊が出てくるのかも分からない。それが作品が終わった後も嫌な違和感として残るのである。

幻か現実か、ぼんやり見える女優霊

DVDが発売されるのを本当に長い間心待ちにしていました。
確かに「女優霊」そのものは可愛すぎてあまり怖くありませんが(当時のメイクアップも現在と比べて技術が劣るので)、
幻か現実か撮影現場で起こる不穏な雰囲気は、「リング」や「呪怨」などの事実関係(勿論ストーリーとしての)を追っていくホラーとは
一味も二味も違うと思います。
若い頃、(当時広告代理店に勤めていた)主人に連れられ夜遅くの某TV局のスタジオを見学した時、同じような怖さを感じました。
こういう感覚にうったえてくるホラーは、私の場合、非常に怖く感じるのです。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

【Amazon.co.jp限定】カメラを止めるな! [Blu-ray] (「ONE CUT OF THE DEAD 現地リハーサル通しver.」DVD付)
【Amazon.co.jp限定】映画大好きポンポさん2 描き下ろしオリジナルイラストカード付
仄暗い水の底から [DVD]
映画『カメラを止めるな!』アツアツファンブック 『カメラを止めるな!』を止めるな!熱狂のポンデミック
地獄は実在する: 高橋洋恐怖劇傑作選
呪怨 劇場版 デラックス版 [DVD]
輪廻 [DVD]
シャイニング [Blu-ray]
呪怨 [DVD]
ランペイジ 巨獣大乱闘 ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]

田中真理 大坂のどか あべ静江 松坂慶子 山東昭子 南果歩 越智静香 横山リエ 広瀬すず 夏目雅子 吉井由紀 田川惠理 ジュディ・オング すみれこ 松本永倫子 秋本祐希 副島美咲 いしだあゆみ うつみ宮土理 和泉雅子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ