ゴールデンスランバー [DVD]

ゴールデンスランバー [DVD]

ゴールデンスランバー [DVD]

DVD
監督:中村義洋
出演:堺雅人
出演:竹内結子
出演:吉岡秀隆
出演:劇団ひとり
出演:香川照之
メーカー:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2010-08-06

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

この作品をどう捉えるか

原作未読ですが、最近原作者に興味が湧いており、その導入も兼ねて鑑賞してみました。
あらすじはかなりそそられるものがありましたが、ミステリーとして見ればたしかに凡作。
シンプルにエンターテイメント作品として見ても、手放しで誉められるほど面白くはないかなあ。
最初の「首相暗殺」「謎の陰謀」のインパクトが強すぎて、極端に言えば冒頭がクライマックスみたいなものなので、そこから何が起こってもあまり驚けない。だから面白くなく感じてしまう。展開が早い分、オチがない分なおさら。
ただ、登場人物のキャラは立ってるし、キャスティングと演者さんの演技が素晴らしく、観ていて飽きなかった。
この点は本当に素晴らしい。
どなたかと同じような意見になりますが、この映画は、暗殺だの陰謀だのはただの飾りで、「事件を通しての主人公と周りの人々の交流」を描いた作品なんだと思います。
なので、きっと映画的に事件は大したテーマではないのでしょう。
それを割りきれる方には楽しめるかもしれません。
長文失礼しました。
※幼い頃仙台に住んでいたので、ベニーランドのテーマが非常に懐かしかったです。記憶が正しければ天気予報のテーマも本物だったような。。

この作品をどう捉えるか

友人は、「結論がハッキリしなくてイマイチだった」
という感想を持ったようです。
黒幕は誰だ?ということに焦点を当ててしまうと、
確かに不満の残る内容かもしれません。
この作品のテーマは、そこではないのだと思います。
巨大な組織から逃げる途中、力を貸してくれる仲間達。
古くからの友人であったり、初対面の人であったり
誰も信じられない状況で、誰かを信じることで逃げ続けられる。
「人を信じる」とか「仲間」とかの大切さ
そういった部分に焦点を当てて見れば、面白い作品です。
あと、キルオがとても良いアクセントになってますね。

達者な役者達のそろった傑作

 堺雅人、香川照之、濱田岳などなど、演技達者な役者のそろった本作の見所は、他のレビュアーが書いているように、奇想天外な展開の中での人との触れあいにある。だから、結構唐突にいろいろなところで助けの手が出る。これを良しとするかどうかで、本作に対する評価が違ってくるだろう。いろいろと不自然なところがあるのは確かだ。だが、それはぜひとも容認してほしい。ご都合主義で良いのだ。本作の本質は、そんなところにあるのではない。
 まさにノンストップで話がどんどん進み、あれよあれよという間にラストまで引っ張られる。ラストで待っているカタルシスと、何とも言えない爽やかさは最高だ。確かに裏がいっさい説明されないという不満はあるだろう。だが、そんなことは、一人一人が適当に考えれば良いことだ。一人の男の絶望的な状況と、そこからの脱出に直接的間接的に関わる人々との触れあいにこそ、本作のポイントがある。
 そして、濱田岳だ。いいね、いいよね。あの親子もあれだったしね。見た人は分かるだろうけど、なかなかもどかしい表現なのは勘弁して欲しい。ネタばれしたくないからね。
 とにかく、傑作だ。とても時間が短く感じられた。

花火とGolden slumbers

まずサスペンスでないです。なのでハリソンフォードの「逃亡者」みたいなのは期待してはいけません。
花火とGolden slumbers、それがこの映画のすべてです。
「あの頃の俺たちには帰る場所があった」「バラバラになったみんなを繋ぎたかった」
僕達は何かと引き換えにこの映画にあったような美しさを見過ごしてしまったのかもしれません。でもこの現実と戦わなければ。主人公のように

楽しめる映画

はめられて冤罪で逃げる主人公、悲壮感なくて笑えて、最後まで楽しめました。俳優さんの持ち味も出て・・・そんなんありえへんやろとツッコミながら見ていました。
両親、友人達が犯人でないと信じていたり、他人が助けてくれたり、漫画みたいな刑事(公安?)と殺し屋みたいな人とかの行動が面白かったですよ。

なんの期待もなく見た

暇つぶしに たまたま、何の知識もなく見ました。
すごく面白かった!
出てくる俳優さんが無駄がないというか、新しい人物が現れるごとに、新しい展開になって、最後まで飽きずに見られました!
堺さん、この役ピッタリです!
ほんと、出てくる俳優さん全員良かった!
これは見て良かったと思いました。

エンターテインメント映画として良作!

ただの逃亡劇でない不思議な感覚の映画、というのが一番の印象。
ただ、あの『逃亡者』みたいな展開が頭をよぎった、てのもあり
暗殺犯仕立て上げの話だからハリウッド映画みたく、最後に黒幕を主人公が倒すのかなぁ
なんて思ってたら、その真犯人が捕まらないどころか、誰なのか明らかにされない。
こういうストーリー展開は映画としては珍しい気がした。そこが日本映画らしくていいんだけも。
「生きることとは何か」アイデンティティを問う作品なので、真犯人探し目的ではない。てのは分かる。
とはいえ、「あれ?」という感じは拭えない。それはミステリー仕立てが故、当然期待するオチと言えなくもないが、それより
敵である香川照之や永島敏行に存在感持たせすぎのような気がするw
ただでさえ主役を食っちゃう香川さんなんて・・・
それならいっそのこと「エヴァンゲリオン」の使徒や「プラトーン」のベトナム兵のように「見えない敵」としてそこからの逃亡とした方が
リアルだったんじゃないか。
そして、学生時代の堺雅人と竹内結子のカップルが「『良くできました』以上の何物にもなれなかった」、と言うのなら
その欠乏した「実存」をもっと深く掘り下げる必要があったんじゃないか。どちらかを徹底して描いて欲しかったなあ。
それでも、やはり主人公のその必死で逃げ惑う姿には考えさせるものはある
(綿密な逃亡の算段があるワケでなく、むしろ軽率な行動が多い割りには都合よく逃げ切ってしまう、というところはあるにせよ)。
最終的に整形までして、これまでの人生を全て断ち切って生きることになる主人公。捕まらない真犯人。
回想シーン以外、最後まで出会わない主人公とヒロイン。数々のアクの強い個性的キャラ。その仲間との奇妙な絆。
必然性を感じない漫画的演出もいくつか見えるものの、
何気ない会話や言葉が伏線となって実を結ぶところなども面白い要素はたくさんあって観てて飽きないし
魅力ある作品には違いないと思う。

中村監督に注目せよ

レビューのみんな、わかってないな。この映画は中村監督が撮ったことが最大の魅力なのに。期待ハズレだった、なんて書いている人、中村監督知っているの? 映画「フィッシュストーリー」は見た? もっとみんな映画の本当の楽しみ方を覚えようよ。映画って、ただストーリーを追うだけじゃないんだよ。もっといろんな要素を内包している。よく映画館で終映後に「よくわかんなかった」なんて平気で言ってる若造がいるが、それは勉強不足だから。この映画にはそうした映画的魅力が詰まっている。

理屈抜きで楽しめました

細かなことを気にしている人もいるようですが、以前住んでいた仙台を舞台にしたこの作品は、私には理屈抜きで楽しめました。
何ともいえない独自の世界があり、わけもわからず追われることに対するドキドキ感がたまりません。
また、映像としての街並みも懐かしく、思わず地図を見て、「このシーンはここかな?」などと調べる楽しみもありました。

原作のファンを裏切らない内容

愛読書が映画化されると幻滅しないかと心配するが、これは原作本、また原作者伊坂幸太郎のファンが満足しうる、とても良い映画だったと思う。中村監督には「アヒルと鴨」、「フィッシュストーリー」に続き、「大変よくできました」のハナマルをあげたい。もちろん映画ではじめて接する人でも十分楽しめる出来だと思う。
ただし迫真のサスペンス映画を期待すると物足りないかもしれない。都合良すぎ、とか、回顧場面のほのぼの感が興ざめかもね。
DVDは特典映像も多く、おなかいっぱい長時間楽しめるが、やや同じような舞台挨拶場面が多かったかな。音楽を担当した斉藤和義のところもインタビューより演奏場面がもう少し多ければ良かった。それらの感想はあるがレンタルでなく購入して満足、正解。
まだ2回だけど多分これから何回も見ると思います。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

アフタースクール [DVD]
鍵泥棒のメソッド [DVD]
重力ピエロ [DVD]
ポテチ [DVD]
グラスホッパー スペシャル・エディション [DVD]
フィッシュストーリー [DVD]
オー!ファーザー [DVD]
サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]

清川玉枝 澤村春子 阿井美千子 丸山ひでみ 原田千枝子 中谷真希枝 江利チエミ 大家志津香 柴本幸 森口博子 中川安奈 山田昌 白石加代子 佐々木希 伊佐山ひろ子 田中美里 中村綾 邑野未亜 あじゃ 浦江アキコ 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ