のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション [DVD]

のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション [DVD]

のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション [DVD]

DVD
メーカー:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2010-06-04

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

やはり買うしかないカナ

TVで特別版が放送されたので DVD予約をやめようと思っていました。
が放送内容は 映画とはまったく別物。実際の半分くらいの量ですか?
あれを映画前編だと思われたかた 誤解ですよ!
ノーカットで流れ全体を楽しむためには やはりコレですかねえ。

見所は1812年!マルレオケの脅威の再現率に脱帽。

ヨーロッパ編SPから約2年の時を経て、のだめワールドが帰って来ました!
ウィーンの美しい街並みに、歴代の名立たる音楽家たちの銅像。
花束を片手にウキウキと弾むように歩くのだめ。
そして楽友協会での高らかな、ベートーヴェン:交響曲第7番。
映画のオープニングに相応しい、豪華で壮大な幕開けです。
とにかく随所に小ネタが満載で、笑いが絶えない。
あちらこちらに散りばめた細かいギャグが、本当に面白い。
ギャボ茶で笑い、「空気よめって言ってるんデスよ!」に大ウケして、
ボロボレロで爆笑し、のだめカレーでは本当、映画館全体が爆笑の渦でした(笑)
楽しく笑えるシーンもあれば、ニムロッドをバックに、必死で練習をするマルレオケメンバーに涙し、
音楽の宇宙に想いをはせる、あまりにも美しい千秋とのだめのシーンにとても心を打たれました。
そして前編一番の見所の、チャイコフスキー:序曲「1812年」 。
凄い、圧巻です。玉木宏の指揮に圧倒されました。
もう何が驚いたって…連ドラ、ヨーロッパSPとは比べ物にならないくらいに指揮が進化している。
右手だけではなく、左手の動き、アインザッツ、そして何よりも表情が凄く良い。
チェロの優雅な旋律から入り、激しい戦闘が幕を開ける。やがて戦いが終結し、穏やかな農村の風景が甦る。
ここの表情が最高に良い!客席を見渡すお爺さんが、また涙をそそります。
そして行進曲。ヤバイです、かっこよすぎです!痺れます!!超ブラボー!!
…と、1812年の余韻に浸っていると、今度は続けて哀愁漂うバッハのピアノ協奏曲。
これはナイヨーもう反則だろ!という目が離せない演出。
このピアコンが、これまた色気があって痺れるほど格好良い。
そしてマーラーの名曲をバックに、のだめの悲しみ、迷い、優しさ、焦り等、様々な想いを包み込んで、
後編へ向けて繋がって行くワケです。
本当に見所満載の、最終楽章 前編。
実写のだめチームの、「素晴らしい作品を作ってやるぞ!」という
意気込み、心意気、妥協の無さを心底感じました。
余談ですが、マルレオケの脅威の再現率には脱帽。
楽器が演奏できて演技も出来る役者を、ビジュアルも含めてよくもまあ、
あそこまで集めたものだと頭が下がります。特にノースリーブが最高です(笑)
★特典映像の感想★
一番楽しみにしていた未公開映像が思ったより少なくて、少々残念でした。
ですが念願のロックオンを見ることが出来て嬉しいです♪
一番見応えがあったのは、マングース撮影日記です。
クランクインからクランクアップまで、カレンダー形式で追って
映像が公開されていて、見やすくてとても面白かった。レアな映像も満載です。
『最後は映画だ!ぎゃぼー!!のだめカンタービレ 最終楽章 ロケ地マップ』の
収録映像と被っている部分も結構ありましたが、まぁこれは仕方ないのかな…
自転車に乗って遊ぶ、玉木くん&樹里ちゃんがとても可愛かったです♪
後編の特典映像では、ヨーロッパSPロケ地マップでの「三樹の会」コメンタリー
ナビバージョンの復活を希望します!

日本の強み

マンガ原作、ドラマを映画化・・・となると矢鱈とそこに文句を言う人達がいる。ステレオタイプな反応にちょっと笑ってしまう。「こんなの映画じゃねえ」的な(笑)。 日本にはマンガという「絵コンテ付きの脚本」が一杯ある訳です。しかも上質なやつが。こういう環境だから欧米にはない独特な映画文化が発展するのは必然でしょう。 要は面白ければ良いのです。この「のだめ」は面白いので良いのです(笑)。私はドラマと映画しか観てないですが両方、極めて質が高いと思います。映画で「のだめ」スタートの方は、どうぞドラマも観て下さい(笑)

明日はどっちだ

 玉木宏の指揮姿に圧倒された。06年頃の少女漫画の王子様そのもののような甘さ、柔らかさが抜けて筋っぽくなった現在のビジュアルが、ストイックなパリの千秋にぴったりだった。男の魅力が出てきた。失われた美に未練はあるが、新たに獲得されつつあるものにも美がある。よかった!
 指揮しながら玉木の見せた表情。左右の振りを別々に覚えて、それを合体しているだけだったら物まねだ。インタビューを受けた玉木が、「そのうえ演技も」という「演技」が良く分からなかったが、映画を見たら分かった気がした。本物のオーケストラを撮したのでも、上手な物まねでもなく、玉木が「パリ在住の若くて安い指揮者 千秋真一」を演じている。指揮しながら玉木の見せた表情はそのことを納得させた。いや、千秋真一は指揮台の上で一番表現されていた。
 今までの映画は、どれほど圧倒的なアクションシーンがあっても、それだけでない何かがあって、それらの総合から映画の感動は生まれてきた。「ベン・ハー」しかり。「男達の挽歌」しかり。その映画を見た喜びは、有名なアクションシーンにではなく、主人公の人生に立ち会えた所にある。映画ってそういうものだったろ? しかし、「のだめカンタービレ最終楽章前編」は、指揮のシーンがすべて!そういう映画。それでこれだけ感動した。映画の感動のありかが変わってきているような気がする。(「後編」と揃えばまた違う味わいがありそうだが‥。)
  玉木は、シンクロを、ギターを、指揮を、どうせツクリモノというレベルで役者に期待される以上の努力を重ねて結果を出してきた。29歳の現在、玉木はそういう演技者(表現者)として存在している。30代を迎えて“明日はどっちだ?”

のだめファイナルの前編/のだめにはきつい局面

原作を超えた実写ともいえるのだめ、樹里ちゃんのだめと玉木さん千秋がアニメや漫画をみていても想い浮かぶ名演。そしてファイナル前編では、のだめに千秋との夢の競演と、ベートーベン第九歓喜の歌でまで盛り上げておいて、きわめてつらい状況にまでもっていく。のだめの心理描写がここまでいくか、というところまで。
見ていてつらい。ここで前編を終えるか?というところまで引っ張ります。
ほのぼのとした、ヨーロッパ編に続き、プロとは?音楽とは?愛とは?嫉妬とは?と様々な問いかけに、答えざるをえないのだめ。
千秋の手を離れ、どうなる?までが前編。
不完全燃焼を完璧に仕組んだ前編といえるでしょうか。
後編ともあわせて、必見ののだめファイナル。
ぜひ手許おいて、何回も何回も観たい作品。
後編を公開初日に観て、また前編を観たくなりました。本当に素敵なのだめ、実写もアニメも漫画も、そしてオーケストラも。

千秋の快走続くも次ののだめが気になる快作

コミックスを実写にするのは難しい。とくにコミカルな作品ほど表現に自由度の高いアニメに比して実写映像の限界を如実に感じさせられるのだが、のだめカンタービレはその難しさを見事に克服していて楽しめる作品だ。のだめ役の上野樹里と千秋真一役の玉木宏の二人が奇を衒うことなくキャラクターに入れ込んでいることに好感が持てる。この二人の熱演あってこその喜劇とも言えるだろう。この二人以外にも有名タレント、怪タレントの出演が目立ちながらも、まずタレントありきになることなく、各人各様の存在感を保ちながらアニメストーリー独特のありそうでなさそうな微妙な現実感とともに観客の心をチョコチョコっとくすぐる感覚が楽しい。一方、タレントと無関係な楽団員の世界では気難しいコンマスの内に秘めた思い、演奏家であるとともにまず食っていかねばならない、彼等を取り巻く複雑な環境といったエピソードがバランスよく配されていて締めと緩めのバランスがうまい。これに音楽の楽しみも加わって、意外と言っては失礼だが厚みを感ずる作品になった。さてストーリー的には前編はのだめのフラストレーションが蓄積するお話。続く後編が楽しみだ。

幸福感が漂っている作品です。

ほんとに、気持ちよく楽しめる映画です。見終って、幸福感があります。HAPPYが画面から漂ってくるような感じです。コミックの実写版はコケることもよくありますが、この作品は大成功ですね。まんがも面白いのですが、映画も最高に面白い。同じテイストを残しつつ、映画ならではの遊びが満載です。いよいよ残すところ、後編のみとなりました。必ず見ますよ。

面白い!!

こんなに完璧な実写版はなかなか無いのではないかと思います(^O^)
のだめを見た事がない方にも、是非見て頂きたい作品です♪

情景が思い浮かびます。

本当にどれも魅力的な音楽で、クラッシックに興味がなかった私でも、本当に楽しめています。
映画の情景を思い浮かべるのも良いですし、原作の漫画を読みながら聞くのも大好物です。
おすすめです!

ふたりの”調和”

「のだめカンタービレ最終楽章・前編」
「後編」ともに映画館で観て参りました☆
やはり迫力のオーケストラ演奏やヨーロッパの風景など大画面で観るのが一番と思ったためです
結果、ドラマ部分含めとてもイイ出来で満足でしたがDVDも予約しました
完全に特典映像見たさに。そして演奏シーンを主に繰りかえし鑑賞するために

確かに独立した映画として観れば不完全な部分はあるでしょう
ドラマの映画化である以上、映画的文法で作られることも期待できない
でも、そんなことは面白ければ問題じゃありません
見ていてこんな終始ワクワクできる作品に出会えるものじゃない
なので贔屓目もあって点数5点満点にしておりますw
ストーリーは、これまでの集大成という趣だが
それより重点が置かれてるのはやはり
のだめと千秋の関係性
作品のテ−マでもある”調和”
のだめは自身の目指すレベルが
高みに近づけば近づくほど苦悩や葛藤にさらされ初め
千秋も彼女との関係に行き詰まりを感じたり
そうしたキャラクターの心理を、より分からせることを有先させる演出はとても好感が持てるし
何より上野樹里初め芸達者な出演じんが十二分にその期待に応えていて気持ちがイイ
もともとシリアス演技に真価を発揮する上野樹里だけに安定感があるし
玉木宏のタクトさばきもかなりの高みに達していて4年に及ぶ努力の成果は見事に
あらわれています

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

のだめカンタービレ 最終楽章 後編 スペシャル・エディション [DVD]
のだめカンタービレ in ヨーロッパ [DVD]
のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)
のだめカンタービレ 千秋真一 コンプリート・エディション[DVD]
パリだ!プラハだ!!ぎゃぼー!!! のだめカンタービレ in ヨーロッパ ロケ地マップ完全版 [DVD]
最後は映画だ!ぎゃぼー!! のだめカンタービレ 最終楽章 ロケ地マップ [DVD]
のだめカンタービレ 野田恵 コンプリート・エディション[DVD]
のだめカンタービレ ロケ地ベストセレクション ~2006-2010 4年間の想い出~(仮) [DVD]
のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
読んで楽しむ のだめカンタービレの音楽会

東山千栄子 吉沢京子 小西真奈美 三浦綺音 鈴木保奈美 高瀬春奈 亀井絵里 江澤璃菜 脇澤美穂 石原あつ美 福島和可菜 島本真衣 吉田妙子 澤井孝子 東恵美子 桐生かほる 緑友利恵 渋谷桃子 片桐はいり 水沢アキ 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ