容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

DVD
監督:西谷 弘
出演:福山雅治
出演:柴咲コウ
出演:堤 真一
メーカー:ポニーキャニオン
発売日:2009-03-18

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

Attribute--Shinichi Tsutsumi--

原作を数年前読んだので、映画化の話が決定してからずっと石神役を誰がするのかが興味の対象でした。結果、堤真一さんで、『う〜ん。だいぶ違うなー』と最初は思ったけども、そもそも原作との違いを高慢にも捜すための映画化ではないし、映像にできない何かが本にはあり、それがデジタルなこの世界で古い媒体の本が存在できる理由でもあるので、と思い作品を見ました。試写会で堤さんは原作の石神のイメージと自分との違いには違和感はあったといっていましたし、なんと謙虚な俳優だなと思いました。結果、この作品を映画として存在させ、原作を読んだ私がのめりこめたのは、堤さんの石神なのは確かでした。
母子を自分が守っているという幸福感にわずかに浸っているときの微細な心模様と笑顔、湯川との容姿の違いに失望を強くしたり、生きているという実感をこちらに強く伝わり、完璧なほど石神のイメージを良い意味で私有化する堤真一という役者の芸の深さに感銘しました。原作を読んでいても、そうでなくても、オリジナルなプロットやシーンもあるので、この作品は堤真一に注目です。特に原作を読んだことのある方は最後の一文を、堤真一さんがどのように演じるのか興味がわくのではないでしょうか。

ドラマの映画化に眉をひそめる人にも強くオススメ

タイトルに冠が付いていないが、ドラマ「ガリレオ」の続編としての映画となる。
テレビドラマの映画化はえてして2時間スペシャル番組程度の価値しかなく、
わざわざ映画館に観に行くほどのものでないことが多いが、
本作は非常に濃厚なシナリオと確かな演技力が光る魅力作だった。
大学で「ガリレオ」と呼ばれる准教授(福山雅治)が
女性刑事(柴咲コウ)の受け持つ事件の謎解きに
知恵を貸すというお馴染みの設定だが、
ドラマ版を観ていなくても問題なく楽しめるようになっている。
このドラマの主役はもちろんガリレオなのだが、
今作はとにかく「石神」という数学教師の存在が素晴らしい。
キャラクター設定や性格付け、その演技はとにかく素晴らしく、
まさにグイグイと引き込まれていく。
ミスリードや伏線もうまく、何度も展開が変化し、
しかもそれに無理がなく、説得力と深みを感じる。
怒涛のクライマックスはまさになんとも言えない後味で
とにかく見応えがあった。
タイトルに「ガリレオ」の単語を付けず、一本の作品として勝負したのも正解。
ドラマの映画化に眉をひそめる人にも強くオススメ。
冒頭に報道される事件だけは何の関係もないのが残念だった。
単にガリレオ登場の理由にしたいだけなら無意味に派手すぎる。

映画化大成功

地味に話が進行しますので、TVドラマしか知らない方は、反対に、違和感があるかもしれません。靖子の意識の変遷や、湯川のどこか苦悩に喘いでいるような姿は、謎解きと言うより心理サスペンスの趣さえありますから。
ただ、石神がいかに凄まじい論理的思考の持ち主かは、原作では出勤途中でホームレスを観察する冒頭数ページの中で強烈に表現されていますが、モノローグをあえて入れなかったようで、ちょっとわかりにくい。机上で難問を解くとかではなく、もっと日常的なところで凡人との違いを見せつけるような演出が欲しかった。勿論、ラストに至るトリックそのものは、天才らしい周到なものですが...。
キャストが発表された時から、石神役を堤真一というのはハンサムすぎだろって思ったけれど、背中を丸め節目がちに、とぼとぼと歩く姿、おどおどしたようなしゃべり方を観てその思いは払拭されました。
何の得もないのにリスクを犯し、母子を救おうとするさえない中年男にして天才的数学者になり切った抑えた演技。そして、ラストの慟哭シーンと、役者魂炸裂ですね。
松雪泰子も「フラガール」のやさぐれたダンサー、「デトロイト・メタル・シティ」のぶっ飛びパンクな芸能プロ社長とは別人のように、薄幸そうな中年女の原作イメージ通り。
福山雅治は、相変わらずカッコいいですし、柴咲こうは、原作とガリレオを繋げる役を上手く演じたという感じですかね。
刑事ドラマ&ミステリー、愛と表裏一体の闇が引き起こす人間ドラマとして、TVドラマの映画化として大成功だと思います。

テレビドラマの面子がいながら、ドラマらしくない。その謎が解けます。

物理学者と数学者という畑違いはあれど、「天才vs天才」の豪華な図式!
ところが「デスノート」のような緊迫感を期待すると、展開がなだらか(平和?)過ぎて
物足りないかもしれません。。。
が、作品を見終わると、トリックがなんたるか、最後のどんでんがどうだとか、
脳に痺れるようなネタばらしは、この映画ではさして重きをおいてなかったんだな、と
納得させられる仕上がりになっています。
小手先より「天才が、現代社会で生きていくもがき」を描いた人間模様を
映したかったのかも知れませんね。
羨ましがられる華の存在というより、不器用で、孤独で、むしろ切ない存在、
それが「天才」だと。
湯川を陽、石神を陰に仕立て、劇中では対照的な二人が両輪のようにストーリーを進めていきます。
天才界の負け犬として描かれている石神を、二枚目である堤真一にキャスティングしたのは
なるほど、、、と唸らせるのものがあります。
福山雅治扮する湯川と肩を並べる、いやそれ以上の天才、とする場合、容姿モロモロが明らかに
イケてないのでは、陰陽の付け方があまりにも単純です。
堤真一に任せることで、石神も磨けば充分、容姿モロモロ湯川と遜色ない男でいられたであろう
「推測」をさせることで、彼らの背景に奥深さや立体感がつくられるな、と感じました。
そしてラストシーン、用意周到で隙のない天才に下される「大誤算」は、
皮肉である一方、人間として忘れてはならない温かさに満ちていて、
彼らが流した涙には、たくさんの感情が交錯しているのが垣間見えて感動を誘います。
事件と、事件を解く展開については、ドラマ「ガリレオ」と同一線上にあるのですが、
鑑賞後の感覚は、ドラマとはまったく異質のモノが胸に宿ります。
ああ、こういうアプローチもあるのか、と。
同キャストでありながら、見事別物として見せることができた成功例だと思います。

良い物語ですよ

堤真一の演技が素晴らしい。電話でのやりとりの中で石神がつぶやく「…あなたの店で弁当を買えなくなると、僕が困りますから…」というセリフがたまらなく好きです。なんと切ない、なんともどかしい、遠回しな愛の告白であることか。
どんな物語にも、つじつまの合わない部分や「?」と思わせられるところがあるものです。しかし、物語全体のデキが良ければ、多少の瑕疵はどうでもよいのではないでしょうか。この作品についても、いろいろと批判はあるようですが、私は単純に良い物語だなと思いました。「リアリティがない」「ツクリモノだ」云々というありがちな批判に対しては、「ツクリモノでない物語がどこにあるのか」と反論したいですね。「何の関係もないのに殺された○○○○○の立場はどうなる」といった類の批判にしても、そんなことを言いはじめたら大抵のミステリーは存立の基盤を失ってしまいます。
ただ、原作を読んだだけでTVシリーズを見ていない者の目から見ると、柴崎コウの存在がまったく不要に思えます。「ウザい」とすら感じますね。そこが大きなマイナスポイントで、結果、星3つとしました。

三者三様の慟哭に見応え

容姿端麗、頭脳明晰な湯川教授が殺人事件犯人逮捕のため、警察の謎解きに協力する。しかし、第一容疑者である女性を守ろうとする天才数学者の用意した偽装がそれを妨害する。しかもその天才石神は湯川が心を許した数少ない同窓の友であった。あくまでも女性を守り抜こうとした石神の驚愕の偽装工作と湯川の謎解きとの攻防も見所だが、はては自らをストーカーにまで貶める偽装まで成さしめた石神の献身的な行動に愛の形を見た薄幸の女性がほとばしらせる悔恨と悲しみ。またそれと向き合ったことで石神に生じた感情の爆発。天才と呼んで惜しくない友人に自分をダブらせながら、抜き差しならぬ不幸に呑み込まれて行く石神に言い尽くせぬ無情を感じる湯川。この三者三様の心の叫びが、この物語をずいぶんと味わい深いものにした。推理が大きく進展する面白みに人間の運命や愛憎といった論理・科学で割り切れない部分がうまくミックスしている。その分見終わったときにスカッとしないものを感じるかもしれないが、それは人として当然の感受性と割り切るべきだろう。

原作の持ち味を上手く料理して秀逸

湯川と石神の登山のシークエンスなど原作にはなかった挿話もあったが、原作に忠実な作りで非常に楽しめた一作。花岡靖子役の松雪泰子は、救済(助かりたい)と悔悟(罪は償わなければならない)の間の揺れ動く心理を的確に表現しており、特に良かったと思う。原作を読んだ際には、石神哲哉は小太りの冴えない人物ではないかと何となく想像していたので、配役が堤真一と聞いたときはウーンと思ったが、案の上やはり石神役にはハンサム過ぎたような気がして、そこだけが若干違和感として自分の中には残ってしまった。(しかし、こちらもまた見応えのある好演ではあった。)

原作ありの映画見るたびに思うことだが原作と映画は別物

私は原作読破組です。
他の方のレビューにある通り堤真一さんはどうなの?が第一でした。
基本設定「小太り、短足、薄毛、内向的、他人を見下していると誤解を受けるケースが多い学者肌、行事に協力的でない高校の数学教師」
どれをとってもぴんと来ません。
そもそもガリレオからして福山雅治さんは鉄腕アトムがガンダムになったくらサイズもパワーもリアリティも進化しちゃって狡いし。
でも映画見終わった後は「堤真一、あんたサイコー!」でした。
原作本で映像表現するのに難しいシーン、自転車の扱い、弁当を買いに行く視線、本来は男同士の約束である主演二人の不法取引前提の駆け引きなど沢山あるのですが最大の山場が一番最後の犯人による慟哭。
恐らくこのシーン一つで「容疑者Xの献身」というタイトルの全てを表現してしまっている。
多分現実の時間なら1分から長くても3分。
たったそれだけの時間(若しくはそれだけの長時間)どれだけ人生最大の苦痛を詰め込んだ慟哭を表現できるのか。
堤真一の手に掛かれば大した問題でなかったのかも知れません。
原作ファンには原作にキャラの近いドランクドラゴンの塚地さんとか雨上がりの蛍原さんみたいな見た目の人に同じレベルの演技をやって貰ったら★8つ位増やしたくなるのですが。
過ぎたことですし堤真一さんの演技力の凄さに完敗です。

物語に入り込めるかどうか

でレビューの評価は大きく分かれますね。私は入り込めました。そして堤真一のシナリオが松雪泰子に全て話され、絶望した彼が堰を切ったように泣き崩れるシーンで思わず込み上げました。
細かい事にこだわって粗探ししながら観るのも良いでしょう。ただ、売れっ子役者主演の映画など、よほどの事がない限り意地でも(笑)感動しない私が引き込まれたのです(別に私に評論する才能があると言う訳ではなく、天邪気なだけです)大傑作と言わないまでも、硬派な力作だとは思います。

テレビドラマを映画化するならここまでしないと!

個人的にテレビドラマを映画化することは嫌い。何故映画化するのかがわからないからだ。予算をかけても、結局お金が使われるのはセットや撮影場所で、脚本自体は中身がスカスカ。テレビドラマを映画化した作品は、どれもお金をかけただけの駄作作品ばかりだ。そして本作「容疑者Xの献身」は福山雅治と柴崎コウ出演の人気ドラマ「ガリレオ」の映画化作品。本作に限っては、テレビドラマを映画化した作品として成功した類に入るだろう。
物語は、顔を潰され、手足を焼かれた男性の死体が発見された。この不思議な事件に女性刑事と天才物理学者が挑む・・というもの。本作の脚本はとにかく良く出来ている。作り手は“テレビドラマを映画化する”というよりも“人気の小説を映画化する”という考えで本作を作ったらしい。その考えは見事だったと言いたい。下手にお金をかけ、ただテレビドラマの延長線上の作品にしたのではなく、小説を大事にしてなおかつテレビドラマの雰囲気を壊さずに物語を作り上げているのだ。
堤真一が演じる天才数学者の石神も、見ていて実に切なくなる。堤真一の演技が本作最後まで引っ張っているといっても過言ではない。もちろん福山雅治や柴崎コウも頑張っているが、本作で一番いい演技を見せてくれたのはやはり堤真一だろう。
テレビドラマを映画化するのであれば、ただお金をかけるだけではなく、しっかりとした脚本を軸に作品を作って欲しい。ただスケールを大きくしただけの中身スカスカの作品などいらない。本作のように、素晴らしい脚本さえあれば、スケールの大小などどうでもいいのだ。
「容疑者Xの献身」は、実に素晴らしい作品である。テレビドラマを見た人なら確実に楽しめるし、テレビドラマを見たことがない人でも問題はない。ラストの堤真一の演技を見るだけでも価値がある作品だと言っておきたい。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

真夏の方程式 DVDスタンダード・エディション
ガリレオ [DVD]
ガリレオφ [DVD]
ガリレオ II [DVD-BOX]
ガリレオXXダブルエックス 内海薫最後の事件 愚弄ぶ [DVD]
真夏の方程式 Blu-rayスタンダード・エディション
容疑者Xの献身 (文春文庫)
手紙 スタンダード版 [DVD]
麒麟の翼~劇場版・新参者~ 通常版 [DVD]
ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

叶恭子 佐津川愛美 梶原ひかり 山本みどり 泉じゅん 森ほさち 桑野通子 ベッキー 小林千登勢 日色ともゑ 関弘子 朝倉えりか 夏目雅子 松本ちえこ 後藤果萌 杉咲花 柚木亜里紗 水沢アキ 石原初音 立石凉子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ