闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]

DVD
監督:阪本順治
出演:江口洋介
出演:宮崎あおい
出演:妻夫木聡
出演:プラパドン・スワンバン
出演:プライマー・ラッチャタ
メーカー:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2009-02-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

単なる社会派良心作とは一線を画す硬派サスペンスの傑作(内容に触れています、注意)。

ドキュメンタリー形式で制作をおこなうには多くの障害や危険が伴うであろうこの種の問題の告発に、事実を基に創作したフィクションの体裁を取らざるを得ないのは仕方ないと思う。
しかし事実(に基づく描写)と脚色されたエピソードとの境界をぼかしたままで、あげくに「大胆な仮説」などを挿入しておきながら、「ノンフィクション」を謳って宣伝したのはフェアではないし、作品の評価を落とすものでしかない。

わかりづらい

小児性愛者のおぞましい、子供との性描写が過激になりすぎないながらもリアル。ノーマルにとってはおぞましくも、アブノーマルな需要がある現実。当然、それに絡む高い利益、そして犠牲になる経済的に恵まれない子供たちの悲惨が描写されている。犠牲になる子供は性的対象のほか、本人の意思は無視され臓器売買のドナーにもなる。裕福な日本人親は自分の子供を助けたい一心で、我が子と同じ年端の“犠牲”には気づかないフリをするコントラストが惨い。 ストーリーにもうひとつテンポがあるとよかった。後半の集会での発砲は意味不明。ヘラヘラしたカメラマンの役処の妻夫木はいらなかった。最後、江口洋介のどんでん返しに“少し”びっくりだが、ここももっと分かりやすく表して欲しかった。え?これ原作があるの?そちらのレビューみて購入を考えてみます。

単なる社会派良心作とは一線を画す硬派サスペンスの傑作(内容に触れています、注意)。

人身売買、幼児買春、そして臓器提供の裏で失われる貧しき小さな命、、、。あまりに過酷で反倫理的、人間の尊厳を否定するような出来事を見ながら、怒りよりもまず深い悲しみに捉われてしまった。これは、日本映画で本当に久しぶりに生まれた骨太の社会派サスペンスの傑作。確かに社会派と呼べる映画には時折お目にかかれるが、その視座と志に於いて、それらの良心作、安直なヒューマニズム路線とは一線を画している。
異常性愛者、臓器ブローカー、移植医師。もちろん、これらの犯罪を行っている当事者たちは弾劾されなければいけないが、映画は、それらの犯罪を生む背景、土壌についても撃ち続ける。そして、観る者たちにも、この現実に目を背かせず、このままでいいのかと問いかけているのだ。
持つ者と持たざる者、生まれた時から歴然と存在する絶対的不平等、貧困、負のグローバリズム。劇中で語られる様に、ケースを阻止出来ても、システムを駆逐しなければどうしようもないと言う事実。
余命幾ばくもない我が子を救う一心で犯罪に加担しようとする臓器購入者の両親の発言、自らも辛苦な幼少期を送り、生き残る為に人の道を踏み外したタイ人男性の、日本人に向けられる悪意と辛辣さに、答えに窮し、胸を衝かれる。
そして、主人公の過去とラストを原作から改変し、日本人としての贖罪感と自虐感を描き切った阪本順治のスタンスとその思いに、深く共感、感動する。
秀作だし是非観ておくべき作品だが、今作は、本来はR−15指定にすべき映画。子供に見せる時はレクチャーが必要と思えるので、ご配慮を。

耐え難いほど重苦しい余韻

映画は、虚構だ。ところが、その虚構が、現実へと反転することがある。
これは、タイにおける、子どもの人身売買を描いた映画だ。いとけない子どもたちが、欧米や日本からやってきた小児性愛者(paedophile(s))に、性の相手をするように強要させられる。子どもたちは、売春宿に監禁されている。さまざまな性癖をもつ外国人の需要に応えるため、男の子も女の子もいる。皆、頑是ない年頃だ。ある日本人男性は、少女を犯し、その模様を撮影し、インターネットに公開する。ある太った白人男性は同性愛者で、男の子の肛門を犯す。行為の後、肛門から血液がたらたらと流れる。あるドイツ人は子ども同士に交わらせ、それを観察しながら自慰をする。(これは映像では現れない。)その醜さ、おぞましさは、吐き気がするほどだ。拒む子どもには、容赦なく暴力による制裁が加えられる。エイズに感染した子どもは、生きたままゴミ袋に入れられて捨てられる。子どもたちは皆、感情が消滅してしまったような表情をしている。
トラウマになるほどのショックを受けた。平静でいることはできなかった。重苦しい余韻が胸を浸し、しばらくは何度も、フラッシュバックがおとずれた。
この作品は、1つの視点から、センセーショナルな虚構によって、現実を告発しようとした試みだ。公平でない、との批判もあろう。事実誤認だ、と反駁する向きもあろう。しかしながら、児童買春が、この世界に構造的な問題として存在しているという事実を告発し、それに関係する者に対して反吐が出るほどの嫌悪感を催させるという阪本順治監督の意図は、間違いなく成功している。(それに、いったい誰が、「公平に」現実を告発できようか。とりわけ、映画という媒体で。)
江口洋介、宮崎あおいをはじめとする、俳優陣の演技も光っていた。桑田佳祐のエンディングテーマにはがっかりさせられたが。

軽い気持ちで見ない方が良い

だけど最近の日本映画よりかは立派な作品だと思えます ただ一部フィクションの所が
あったり、私的な話ですが子供とセックスする場面なんかは気持ち悪くてあんまり見れません
でした 監督は意識的にやってるんでしょうけどちょっと嫌ですね 
でも今この映画で起きているようなことが世界で起きているとなるとやはり考えさせられます

目を背けたくなる

江口洋介さんにつられて「人身・臓器売買」という重いテーマに何度も迷った挙げ句に観ました…。 結論からいうと見終わった後に非常に重たい気持ちになります。私達に何が出来るだろうかと…。
ラストの展開はかなり辛いです。江口洋介さん=正義感の塊の様なイメージだと思いますが。 どんなホラー映画より恐ろしい映像一部あり、夢に出てきそうです。これが同じ世界にあるのかと思うと愕然とします。
唯一の救いは宮崎あおいさんの役だと思います。聖母マリアの様に見えて涙が出そうでした。
ある意味これはホラー映画なんじゃないかと思います。阪本監督=後味悪い映画という方程式が出来そうです。

闇の子供たちの演技に拍手

タイの人身売買、臓器売買、児童買春にまつわるお話。
タイでは「ステレオタイプだ」とのお偉いさんからの声から映画祭で上映ができなかったそうです。
確かにステレオタイプも含まれているのかもしれないけど、
タイの話だとか関係無く、どこかの国でこのようなことが起きているということを知るのはとっても大事なことではないかと。
子どもたちの演技がとても迫力ありました。
そして、子どもが売春されるシーンとかよくあそこまで撮れたなと。
普通だったらお茶を濁してしまうような際どいシーンでも、ありったけの創意工夫でできるだけダイレクトに表現してあるのが印象的でした。
気合いが入った映画でした。
ただ、終盤に所々意味不明な箇所が。
衝撃のラストも、あれで何が伝えたかったのがわかりましぇん。
現地のNGO、新聞記者、若者の3つの立場の日本人がこの問題に直面するという設定もあまり活かされてないのが残念。
原作が残念なのか、映画が残念なのかはわかりませんが。
ということで原作を買いにいってきます。

子供たちの演技がすごい

原作は読んであります。
とにかく子供たちの演技がすごいです。
必死に村に帰る女の子のシーンは息を飲みました。
ただ、やはり小説を短くまとめたので消化不良というか、薄っぺらいものになってしまってる部分があります。
人物の描写が少ないので主人公の女性(名前覚えてない)は感情的で一部偽善的に見えるし、主人公の女性を敵視してたタイ女性との関係の移ろいも描いていません。
最後に裏切った男の人は何があったのでしょうか?
描かれているのは、ただ「幼児売春があるという事実」だけ。
まあそれだけでも「目的達成」なのでしょうか?
衝撃はあったけど感動はありません。

おひとよしばかり

生涯見た中で間違いなく最低の映画です。それにしてもこの作品を見て感動したの、問題点がどうのと、ただの商売用のグロ映画にしかすぎないのにここまでいろいろ感想を書く人がいることが信じられません。タイもこの映画には相当腹を立てているようですし、タイに何回か行ったのでよくわかった、などとあまりにも無知なことを書く人も多い。実際この監督、途中でどうしてこのような映画を作らないといけないのかと悩んで時間がかかったのでは?これがプロバガンダというものか?しかし物を知らない人が多いのにあきれました。

重いテーマを扱ったことには敬意を表するが…

原作は未見のため、これは原作と本作の関連性を考慮しないで作品を見た場合のレビューです。
全体的にわざとらしい演出が気にかかる。この手の作品は見る側の気分によって良くも悪くもなる。
もちろんエンターテインメント性はゼロ。これがこの作品を誰にでも手放しでススメられない理由だ。
個人的には悲しいリアルをただ撮るだけではなく、製作者独自の希望をもったメッセージも表現して欲しかった。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
ミスト DVD
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]
アメリカン・スナイパー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
怒り DVD 通常版
レヴェナント:蘇えりし者 [AmazonDVDコレクション]
ガタカ [AmazonDVDコレクション]
十三人の刺客 通常版 [DVD]
ハーヴェイ・ミルク [コレクターズ・エディション] [DVD]
キングスマン [AmazonDVDコレクション]

ホーン・ユキ 高村ルナ 北川めぐみ 亀井光代 安良城紅 洞口依子 我謝レイラニ 清川玉枝 澤村春子 阿井美千子 丸山ひでみ 原田千枝子 中谷真希枝 江利チエミ 大家志津香 柴本幸 森口博子 中川安奈 山田昌 白石加代子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ