アキレスと亀 [DVD]

アキレスと亀 [DVD]

アキレスと亀 [DVD]

DVD
監督:北野 武
出演:ビートたけし
出演:樋口可南子
出演:柳 憂怜
出演:麻生久美子
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2009-02-20

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

冥府魔道を歩む夫婦の物語

この映画は人によってはまるで絵空事のように感じるかもしれません。だけど芸術家や、それに似たクリエイティブ関係を目指した事のある人や、筆を折ったり折りかけた事があるという人にとっては、洒落にならない程の現実感をもってがぶりよってくると思います。封切り後「無意味に人が死にすぎる」という意見があったように思うけど、作中のどの死も私には無意味とは思えなかった。私とっては全てが現実的な死だった。いわゆる一般人の知人の死亡率と、こちら関係の知人の死亡率の差を思い、今更ながら「…('ω`;)」と思ったくらいです。
見終わった直後、私は真知寿が亀でアキレスが妻だと思いました。無理して真知寿に合わせていた妻が、夫の歩む冥府魔道に生涯付き合う覚悟を決めたのかと。でも亀が芸術でアキレスが真知寿という見方も出来ますよね。あるいは、この夫婦こそが一個の芸術として昇華したのかなぁ…とか。
多分見た人の数だけ答えのある映画だと思います。圧巻でした。

リアル芸術系ホラー・・・

中二病をこじらせ、落ちてしまったが芸術系の大学に進学しようとしていた自分にはもう恐怖の一言。
本当に受からなくて良かった。心のそこからそう思う。
統計学的に考えれば非常に高確率で自分もマチスになっていただろう。
絵画、音楽、文学など何でもいいが、そういった方面に進もうとした、実際に進んでその後遠回りして普通の職業につくことになった人。
今現在いつか有名になってやろうと徐々に髪が薄くなりはじめ、白髪まじりの長髪ロッカーなど、とにかく何でもいいが、そういう方面に足を踏み入れようとした、していた、真っ只中の人にはもう核弾頭なみにヤバイ映画ですよ。
監督も無駄に芸暦を重ねて浅草に沈没していった多くの芸人たちを見ているから、こういう視点も生まれるのだろうな。
文章の面白いや、絵の素晴らしさは評価自体も非常に抽象的で、どう努力していいかということも非常に難しい問題なんですよね。
先日ピカソ展にいきました。
前半期の絵はとんでもなくうまいのですが、後半の抽象芸術になると、すごいなあと思うのだけれど、もしピカソというバイアスをなくして子供が書いた絵と混ぜて並べてれば、審美眼のない素人の私はたぶん見分けがつかないでしょう。
マチスも自分の確固とした画風を持たず、画商の意見に振り回され、人と違う「なにか」を確立しないまま年を取っていってしまう。
ラーメン屋で例えればブームに流されて毎年スープを変えるようなものか。
でも評価される人に好かれようと、その人の意見を聞いてしまいがちなのは私にも、そして誰にでも言えることなのではないでしょうか。
あまり興行的にはよくなかったということは、いわゆる普通の人生を送ってきた大部分の人には共感や面白さが感じられなかったということでしょう。
それは非常に健全で素晴らしい人生だと思うし、そっちのほうがいいのですよ。
クリエイティブ系(失笑)の仕事を目指し、屈折した青春を送った、サブカル少年だった私にはもうなんて言えばいいのか、「もし」の自分が余りにもリアルに表現されていた、苦すぎる、怖すぎる、面白すぎる傑作映画でした。

大胆ながらもいままでになくシュールに。

ストーリーのテンポは描きすぎず、描きなさすぎず非常に良かった。作風は自身(監督)の絵を随所に登場させる、また夫と妻はどこまでも一緒という点で「HANA-BI」の流れを彷彿とさせた。絵はまた見所の一つである。ビートたけしが非常に良かったと思う。不器用で無茶苦茶で芸術の世界で頭がいっぱい。これをシュールに演じていた。
そう、作品の雰囲気も大胆ながらもいままでになくシュールレアリズムに満ちたものだった。「TAKESHI’S」「監督・ばんざい!」という自身をみつめる作品を経て、発表された今作は新しい北野監督の可能性を感じさせるものでもあったのかもしれない。

ああはならいです

北野監督に妻役の人が娘が死んだとき、狂ってると言いましたがどちらも狂ってる。普通最後、一緒に帰ろうなんて無理ですよ。感覚がまひしてます。まあ芸術に取り付かれた夫をなんとか私が…、みたいな見方もありますが、ちょっと強引すぎです。

げーじつよりも

幼い頃から取り憑かれていた有名無実な「げーじつ」様よりも身近にしっかりとある愛に気がついた主人公。ラストシーンは本当に秀逸で、久しぶりに映画のエンドロールをすべて観てしまいました。アキレスと亀の逸話もしっかりと映画に溶け込んでいて余韻が残ります。最近は解釈が難しい作品が多かったですが、今作は初期の北野映画の雰囲気が戻ってきていて、個人的にはHANA-BIと並ぶ傑作だと思います。

笑える作風の中に「死」の匂いが漂う映画

本作は北野武が久しぶりに「普通の映画」に帰ってきたイメージである。俳優陣も樋口可南子、麻生久美子、徳永えりなど、めずらしく「今が旬」の女優を揃えており、ビートたけしとしての出演も「毒」のあるキレと冴えが痛快だ。そんな中、全編に漂う「死の匂い」が普通のシャシンとは一味も二味も違うところだろう。「絵を描くこと」をモチーフにして、自分の娘をはじめとしてどんどん共演者たちが死んでいく。「BROTHER」のような撃ち合い映画ならいざ知らず、本作は絵を描く環境のもとで主人公以外はみな「犠牲者」となっていくところが笑えるし、また痛々しい。樋口可南子はこれだけ奔放な役柄は初めてだと思うが、最後までたけしに負けない存在感を示していたのは凄かった。また徳永えりも間違いなくこんな汚れ役は初めてで、今までの清楚イメージをブチ壊してみせた。こういう俳優の新しい面を引き出せるのも北野監督の力量だと思う。家族みんなでニコニコ観られる作品ではないが(笑)、最近のインディペンデント作品のようなものとは一線を画す佳作なので、ぜひ観てほしい。

芸術とは何か?

とても、面白い映画でした。
芸術とは何なのかを考えさせられる作品です。
この作品を観てると、芸術とは自己満足だと
解釈してしまいます。とにかく、やってる
人達と周りで見ている人の世界観の違いが、
本当に面白いです。芸術なんて、好きな人以外は
世の中に不必要なものかもしれません。
特に絵は、音楽や映画と違って、分かりにくい
もの、評価しにくいものです。
一部のマニアに受ければ良しという風潮があります。
この映画では、そこの部分を非常によく表現して
います。

ここまでできる?という問いかけ

才能のあるなしに関わらず、主人公がここまで芸術を突き詰めていくことができることへ敬意を感じました。(一部倫理的にどうかというところは除いて。)
中途半端にアートをかじっている自分としては、ここまでできるか?と監督に試されている気がしまして、身を引き締められる思いでした。
ちなみに、アキレスと亀は何かというのは、人により解釈は異なるでしょうが、私は、アキレスは主人公で、亀は芸術だと感じました。
監督、次回作、また期待してます!

芸術家である前に1人の人間になること

 「自虐的な映画」が2本続いた後に作った「まともな映画」です。どんな映画を作っても相変わらず評価が割れやすい北野映画ですが今回は私にはヒットしました。絵画やコーヒーの味も分からない金持ちの父を持つ息子が出入りしていた画商と画家から「絵のセンスがある」と言われてしまったばかりにひたすら画を描き続ける物語です。両親が自殺しても描き続ける。それどころか画の題材にしてしまう。「継続は力なり」とか「努力すれば報われる」等と言う言葉とは真っ向から向かい合う作品でした。 
 北野武自身の描いた画が70点余り登場しますがとても幅広い題材を描いているのが分かります。芸術をテーマにした深刻さの中にもユーモアがあり幾分紛れる反面、死人もたくさん出るのは北野映画ならではです。画商から「もっと生と死のはざ間でもがき苦しんでいるよう画を」というアドバイスを受けて湯船に沈めてもらったり、交通事故の現場で画のスケッチを始めたりして新聞沙汰になります。それでも画をひたすら描き続ける主人公。
 芸術というカテゴリーの線引きは難しいですがそういう世界に生きる人にとっては結構つらい作品かもしれません。

少しふざけ過ぎ

監督は恐らくアキレスと亀をテーマに何か作品を作りたいというのが最初にあったんじゃないですかね。
監督はそういう小難しい事好きそうですし。
以前武さんが何処かで、まずこれを描きたいという一つの発想があって、それに合わせてストーリーを作るという事を語っていた記憶があります。
芸術自体は恐らく表現する道具というか、手段なんだと感じました。
このテーマを扱うのに芸術という素材は割りと適切だと思います。
自分が描いた絵を披露する事も出来ますし監督にとってこのテーマは好都合だったんじゃないですかね。
しかし細かい部分は他の方も指摘されている通り、雑であり妥協も感じられます。
野暮ったいと言うか、洗練されてないと言うか。
恐らく最大の原因は演出以前に役者にあるんだと思います。
いかにも日本人らしいリアリティの無い芝居をする俳優。
監督はそういう演技は恐らく嫌いだと思うんですが細かい口出しはしないんでしょうね。
軍団の人間を出すなんてそれこそ芸術的観点から言えば論外ですよ。
まぁそれは昔からなんで今更言う事ではないかも知れませんが。
中途半端にコント仕立てにして一体どう思われたいのか、正直分かりません。
そういうふざけた作品は一作あれば十分で何作にも渡ってやるべきではないんじゃないですか。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日 [DVD]
TAKESHIS' [DVD]
Dolls [ドールズ] [DVD]
HANA-BI [DVD]
菊次郎の夏 [DVD]
龍三と七人の子分たち [DVD]
その男、凶暴につき [DVD]
ソナチネ [DVD]
BROTHER [DVD]
座頭市 <北野武監督作品> [DVD]

眞鍋かをり 渡辺めぐみ 松野有里巳 飛鳥凛 紺野まひる 清水ミチコ 紺野美沙子 misono 鳥居かほり さとう里香 中村メイコ 鳥居みゆき 夏未エレナ 広瀬仁美 鹿島とも子 小川知子 三東ルシア 藍川あさ乃 真瀬樹里 早見あかり 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ