僕の彼女はサイボーグ [DVD]

僕の彼女はサイボーグ [DVD]

僕の彼女はサイボーグ [DVD]

DVD
監督:クァク・ジェヨン
出演:綾瀬はるか
出演:小出恵介
出演:桐谷健太
出演:鈴之助
出演:吉高由里子
メーカー:ギャガ
発売日:2008-10-17

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

怪作

先日遅ればせながらこの映画を見ましたが、見終わった後に物凄い衝撃を受けました。
基本的には突っ込み所満載のシナリオで、かつ綾瀬はるかのプロモーションムービーのようになっていますがラスト30分の怒涛の展開は必見です。
何と言うか、まず自分がやりたい、面白いと思ったシーンだけを撮ってそれを繋げたような作品なのですが、だからこそ他にはない独特のパワーのようなものを感じました。
所々不出来なのだけど、記憶に残る。そんな映画です。
後、これを見ると綾瀬はるかが間違いなく好きになると思います。

あの映画が元ネタですね!

評価は星3つ。
映画自体の出来ならもっと低いのですが、ひとえに綾瀬はるかさんの美しさゆえの加点です。
主人公の設定こそターミネーターですが、おおもとのアイディアはブラッド・ピット主演の「ジョー・ブラックをよろしく」ですね。
ただ、他の方々もおっしゃっているように、(元ネタに比べても)心の通い合いの部分に脆弱さを感じました。無駄なエピソードの多さも。
別に無理に理由付けするより(こんなに突っ込み所満載だと、ちょっとばかりフォローしても意味ないですけどね)、主人公二人の心の歩み寄りの微妙な機微にもう少し焦点をしぼってほしかったなぁ〜。
最後に綾瀬さんが出てくるシーンも、やっぱり元ネタに思いっきり被ってしまって、一般的に言われている(?)ほど、脚本に新味も才気も感じませんでした。
みなさん是非元ネタの映画もご覧下さい。な〜んだ、って思いますよ。
それにしても、綾瀬さんの凛とした美しさと、その体躯には、文句のつけどころがありませんでした。そこに絞れば星5つですけどね…。

この世のモノとも思えぬ美しさ。

レンタルで借りましたが
内容の辻褄は若干あいませんが
まぁSFですので・・
凄く良かったです。綾瀬はるかさんの演技が
かなり上手に思えます。
人間体の彼女と心がありそうだけどちょっと無機質なサイボーグの彼女
見事に演じきってました。綾瀬はるかさんの美しさは
この世のモノとも思えぬ美しさです。

大女優の予感

綾瀬はるかは、このヘアスタイルとメイクが一番似合ってる。この映画を見て、彼女の虜になる男性は多いと思う。
タイムトラベルもののSFとしては、論理的に明らかにマズイ部分があるし、ラブストーリーとしても、その話の運び方は、やはりマズイでしょうという部分もある。
しかし、綾瀬はるかの笑顔が可愛いという、それだけでじゅうぶんではないか?現に、私も毎晩この映画を見るほど、彼女の虜になったんだから(笑)
ただし、作るほうも、見るほうも予想できなかった嬉しい誤算があると思う。それは、この女優さん、ただのカワイコちゃんタレントではないということ。
この女優さんは、顔の表情が、ふつうの役者さんと比べて5倍ぐらい、一般人と比べると何十倍も豊かだ。
おそらく非常に幸福な幼少時代を過ごしてきて、それで表情が豊かになったのだと思う。それは、彼女が、演技の合間に見せる、わずかな素顔を見ても分かる。
この人は、実際は非常に頭の切れる、それでいて天使のように優しい心を持った人だと思う。それが、どうしてもオーラのように演技に出てくるのだ。
だからこそ、本作を見る男性は、これほどキュートな女の子はいないと、感じるのだろう。他の役者さんでは、このキュートさは出ないと思う。
彼女を見ていると、ヘプバーンと吉永小百合を連想してしまう。ともかく、日本映画界の宝である。

期待が大きかっただけに・・・

「猟奇的な彼女」「ボクの彼女を紹介します」「ラブストーリー」等
今までクァク・ジェヨンの作品は全部面白かった
過度に期待したのが悪かったのか
この映画はあまり面白く無かった
ストーリーの展開が大雑把だった
冒頭の中華街を逃げるシーンも韓国映画であれば許されるが
日本映画としてみれば、イマドキあんなベタな表現は違和感があった
他にも表現が古典的だったり、違和感がある所が多かった
日本人スタッフはクァク・ジェヨンにアドバイスしなかったのか
綾瀬はるかは綺麗だし小出恵介も好演していただけに残念

綾瀬はるかファン製造映画

 
ツッコミ処満載ですが、まだ見てない方にはオススメの映画です。
ネタバレしない程度のレビューを。
外国人監督の作品だけに日本人監督が引き出せない面が引き出せ、
逆に引き出して欲しい、もしくは掘り下げて欲しい所が出来ていない印象もあります。
途中の時代背景や災害に「やり過ぎ」感を覚えます。
物語全般は、正直、4/5で終わらせれば展開的にスッキリしたと思うが、
話をミルフィーユ(多重)にした事で、複雑な要素が加わって、
この映画の評価が真っ二つに分かれる要因になってしまった気がする。
映画が始まって、5分で綾瀬はるかの魅力にメロメロ、
もしくはレロレロ(笑)になります。 いや5分要らないかも知れません。
キャスティングには4つ星。
ディティールに3つ星。
綾瀬の魅力に5つ星。 結果4つ星です。
 

韓流ファンにも嬉しい出来事です

『大学生の北村ジロー(小出恵介)の前に現れた“彼女”(綾瀬はるか)は超美人で力持ちですが,実は,彼女は未来のジローが過去の自分のために送ったサイボーグだったのです。』という設定です。
韓国のクァク・ジェヨンssiが監督した「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」に続く,彼女シリーズ第3弾(最終作)とも言われた作品ですが,本年11月,武術の達人で超人的な強さを持ちながらも,フツーの恋に目覚めてしまった女子大生のもどかしい恋愛模様を描いた「最強☆彼女」という作品が,第4弾として公開されています。
綾瀬はるかちゃんとチョン・ジヒョンssiを見比べますと,この監督は本当に女優の“いいところ”を引き出すのが上手いなと感じますね。チョン・ジヒョンssiの芸歴よりは遥かに浅いと思われる綾瀬はるかちゃんをあれほど可愛く,素敵に撮れていることに感動です。
ドラマは「猟奇的な彼女」を思わせるパワフル彼女にダメ男な彼氏,それに,時空を超えた恋愛という韓流お得意の分野で味付けされていて,“古臭い感じ”などのご意見もあるようですが,韓流ファンにはむしろ新鮮に感じられる演出だと思います。
おまけ:設定では場所は東京となっているみたいですが,ロケシーンの約8割は神戸で行われたそうです。また, 大地震の設定も東京ですが,福島県いわき市で大規模な道路封鎖の中で挙行されたそうです。地元のFC(フィルムコミッション)さんご苦労様でした。

綾瀬が救い


主役の2人が好きなので期待して観てみました。
感想としては皆さんが書いていらっしゃる様に綾瀬はるかがカワイイ!スタイルがすごい!それだけです。本当にそれだけ。
内容には大いに疑問の残る、気持ちの悪いものでした。
題名からしてある程度は覚悟していましたが、がっかりです。
未来から来た彼女やサイボーグ、時間をさかのぼって故郷へ帰るなどの現実にはあり得ないことを主人公がやすやすと受け入れてしまうのは、
とても間抜けで冷めてしまいます。のび太くんでも少しは疑います。
またラストの61年後だかなんだかは、感動どころか笑わせにきているかと思うほど短絡的です。
観るかどうか迷うならレンタルで良いでしょう。
それも綾瀬はるかのカワイさとスタイルを見るためだけにです。ホントにあの胸はスゴイ!!

後半、ちょっとついていけなくなり…

最初はそろりとご機嫌伺いのように物語は進行していきますが、いわば「女版・ターミネーター」と解釈して観ていくと俄然と惹きこまれていきました。どんな状況でも主人公(小出恵介)を身を挺して守り抜くサイボーグでありながら、人間の感情が次第に理解できるプログラミングが施されているなんて、まるでターミネーターじゃんなどと思いながら、それはそれで結構楽しめます。
その意味では冒頭はサイボーグに徹していた綾瀬はるかが、次第に人間らしく柔和な表情になり、最後は小出恵介を命をかけてまで守る抜く姿には、「究極の母性」まで感じられるように思えます。その「プログラミングの進化」を見事に演じ切った綾瀬はるかはさすがだと感心しました。
個人的には後半30分ほどの目まぐるしい展開についていけなくなり、正直に言って「なんだかな」というのが印象です。多くの要素を短時間の間に詰めこんだせいか、登場人物の心情変化を掴むのに四苦八苦してしまいました。もう少し尺をとってでも丁寧に描いてほしかったというのが正直なところです。

綾瀬のタイトな未来服はよい

『猟奇的な彼女』で知られる監督の作品。この人の作品は日本のトレンディードラマに影響を多分に受けているという印象がある。それだけに、今回役者は日本人、舞台も日本であるということは、それだけ水が合うのでは、と思ったのだがそうでもないのである。特に小出の演技が不自然である。モテない男の髪型、大げさなリアクション、純愛志向。その何から何まで、日本の作品としてみれば異質なところがある。それだけ、小出が監督の求めるものを忠実に再現しようと努力した、ということなのかもしれないが。
この監督のトレンディードラマテイストというのは、日本のそれを軽く通り越していて、もはやトレンディードラマの逆輸入というよりも、コリアンムービーの一ジャンルとして考えた方がいいのかもしれない。
内容は良い意味でも悪い意味でも、タイトルを超え出ていない。多少、蛇足的な部分が後半にはあったが。
ただSFとしては、欠陥がチラホラ。ネタバレになるからここでは触れないが、一つ大きなミスがあって、小出が幼少を過ごした故郷の描写が出てくるのだが、その場面が古すぎるのだ。あの村落の描写はいくら新しく見積もっても1960年代から70年。それに対して、作品の設定が2008年であるからして、20歳そこらの小出の演じる役柄の幼少期は80年代後半から、古くても中盤。どちらにしろ、作中のように錆びたブリキの缶にメンコを集めていたような世代ではないのである。
思うにここだけ、監督は韓国の80年代と混同しているのではないだろうか。聞くところによると、韓国が経済発展を遂げたのは80年代以降であるし、その頃には田舎の方にはあのような情景もあったのだろうから。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ICHI -市- [DVD]
今夜、ロマンス劇場で Blu-ray豪華版
おっぱいバレー [DVD]
世界の中心で、愛をさけぶ DVD-BOX
映画 ひみつのアッコちゃん(本編1枚+特典DISC1枚) [DVD]
DESTINY 鎌倉ものがたり [DVD] (通常版)
僕の彼女を紹介します 通常版 [DVD]
猟奇的な彼女 [DVD]
あずみ スタンダード・エディション [DVD]
本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション

山口智子 相馬有紀実 藤本喜久子 岩本千春 新橋耐子 福田麻由子 岡あゆみ 横須賀よしみ 尾花貴絵 松村康世 三浦綺音 内海桂子 服部妙子 杉山とく子 島田晴香 森下千里 原ひさ子 佐藤優樹 安田成美 辺見マリ 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ