人のセックスを笑うな [DVD]

人のセックスを笑うな [DVD]

人のセックスを笑うな [DVD]

DVD
監督:井口奈己
出演:永作博美
出演:松山ケンイチ
出演:蒼井優
出演:忍成修吾
メーカー:Happinet(SB)(D)
発売日:2008-07-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

人のセックスを笑うな [DVD]

恋とは何だろう。それは頭ではなく、本能から誰かを好きになってしまうこと。抑えきれない欲望に苦しむこと。この感覚を、映画にしたらこうなりました、という一作だ。主人公は美術学校に通う、みるめ。講師として学校に来たユリに絵のモデルを頼まれたことから、彼は20歳上のユリが好きで好きでたまらなくなってしまう。もう他のことは目に入らない。一方、夫のいるユリは、みるめの心を弄ぶように、ときに愛し、ときに突き放していく。<br> 年齢の離れた男と女。それぞれの恋愛に対する感情を、松山ケンイチと永作博美がこれ以上ない自然体の演技でみせてくれる。とくにユリを押し倒してまでも求愛しつつ、彼女にサラリと拒まれるシーンの、みるめの“寸止め”な悲哀は観る者に切なく伝わってくるのだ。みるめに恋する蒼井優演じる「えんちゃん」。そのえんちゃんに想いを寄せる堂本の心の移ろいも共感を誘いまくるナチュラルさで描かれ、ラブストーリーとしては長めの137分を飽きさせない。オープニングとラストの屋上の対比や、バイクを押しながら土手を行くシーンでの音楽の使い方など、井口奈己監督の繊細なテイストに彩られながら、恋とはこういうもの、と納得してしまう。人の恋を笑ってはいけない!(斉藤博昭)

見た人の二極化する映画だと思います

本作は、まさに「今風」の作りだ。セリフがかぶってしまうことなど、一昔前の映画やドラマでは御法度だったのに、聞きにくいシーンが多くあった。石川寛監督のセンを狙ったのだろうが、醸し出す空気感が違うので、単純に「聞き取りにくい」だけだ。井口監督の演出方法も、基本は「カメラ廻しっ放し」のような感じで、活動写真のフレームではない。永作博美、松山ケンイチ、蒼井優、忍成修吾の4人の芝居は安定していたが、あまりに伸びやかな演出のために、若干冗漫になっているのが残念。この内容で2時間20分はさすがに長いだろう。90分くらいでコンパクトにまとめてほしかった。それと、御大・木村威夫である。なぜに本作の美術に木村威夫なのか?どういう経緯でこの大物が引き受けたのかは謎だが、20代狙いの作品に起用したのはミスマッチだったのでは。黄色い風船が何かモチーフになるのかと思いきや、結局前半の2カットしか使われていないし。もっとPOPな色合いにした方が、画面も締まったのではないかと思うので。星3つ。

見た人の二極化する映画だと思います

すごく好きだという人、退屈だという人意見が二極化する内容だと思います。
日常生活のような間が沢山あり、それがかなり長く、退屈に感じる
方もいると思います。
だけど、
すべてにおいて、芝居がかった不自然さがない。
本当に自然体。
こんなに出演者みんなが、日常をきりぬいたように演技している映画も
ドラマも見たことない!!
みるめくんとゆりの二人の会話、表情は、演技とは思えないほど自然で
本気でドキドキしました。
みるめくんの 「我慢するの苦しかった、会いたかった」
の言葉は、演技ではなく本心では?と思うぐらい自然でした。
だから、何度も何度も見たくなる
田舎ののどかな風景と、出演者が見事に調和して何とも言えなく
いい気持ち。
小道具もすべてこだわっていて素敵。
ゆりはとっても魅力的、言葉一つ一つがすべていい
みるめが夢中になるのも無理ない
すごく勉強になります。
あ〜こんな女性になりたい!!

感性だけではもたない

犬猫・劇場版でも窺えたこの監督の欠点が一気に顕在化してしまいましたね。映像センスと感性はとても素晴らしいものがある方だと思うのですが、それに頼りすぎで映画になっていないと思いました。とにかくたるい展開です。中盤で睡魔と戦いながらとりあえずは最後まで見ましたが…
御本人にも問題があると思いますがプロデューサーの責任が大きいです。脚本と編集、この二つのパートだけでも熟練のプロに任せれば井口監督の感性も際立ったと思います。プロとして映画監督を続けるのなら今一度助監督などをして修行すべきと思います。親しい山田宏一先生ももっと厳しいアドバイスを。
きついこと書きましたが8ミリ版犬猫を愛する者からのエールだと思ってください。

嫌いじゃないです。

嫌いじゃないけど、無駄に長いシーンがけっこうあるので、恋人同士でイチャつきながら見たり、友達同士で軽く見るにはいいかも。
一人で集中して見るには、私には不向き。
独特の世界観は好きだが、飽きてしまうシーンがちらほら。
内容的にも嫌いじゃないし、出演者も魅力的。
でも無駄が多い。
レンタルでよかったかも。
買ってしまったけど、また見たいとはあまり思わないかも。

何度も見返したくなる

灯油の入れ方を一生懸命説明するみるめ、ラジオを聴きながら服を脱ぎ捨てるゆり、クッキーに手を出し止まらなくなるえんちゃん、包丁で手を切ったゆりを優しく介抱する猪熊さん…見れば見るほど愛おしくなる。
毎日好きなシーンを見返しています。
ストーリーにあんまり大きな動きはないから、ハリウッド映画が好きな人には退屈かも。

いい映画だったなぁ

みるめとゆりちゃんの年齢の間くらいの自分です。。
原作本は読んでいないし、ほかのレビューにもあるように
「ありきたりな」ストーリーなのかもしれないけれど、、
ミスキャストのない名作だと思います。
(蛇足ですが、私が同じようにミスキャストのない名作と思ったものは
「存在の耐えられない軽さ」の映画です。(原作も名著!))
原作本がある映画について、単なる「映像化」ではなく
映画化はまた新たな表現なのだなーと感じさせた作風。
えんちゃんのどきどきもみるめの切なさも
ぐんぐんせまってくる映像美でした。
ひさしぶりに良い映画みたー!!

恋愛に真剣に悩んでいた頃を思い出させる映画

小生は40代後半で、恋愛は昔の話になってしまっています。
この映画を見て、自分が恋をしていた時の思いが蘇ってきました。
ゆりちゃんに逢いたくて逢いたくて、その想いが強すぎて爆発しそうだから、反対に携帯電話に出られないように針金でグルグル巻きにしてしまうみるめの思い。
どうあがいても相手に振り向いてもらえないことを痛感しながら、「みるめくん、あそぼ!」と声を張り上げるえんちゃんの思い。
想像を膨らませれば、奔放な妻を優しく支えることに徹する猪熊さんの思いも。
いずれの思いも自分の恋愛の経験のどこかにあてはまり、切なく、いとおしい気持ちになりました。
恋愛ドラマや映画はたくさんあっても、多くは嘘っぽくて感情移入できませんが、この映画は違いました。
あと、とぼとぼと原付自動車を引いているだけ、イスに座っているだけといった、セリフがない一人芝居のシーンが少なくなく、しかも1シーン1シーンが長かったりするので、退屈に感ずる方もいると思います。
でも、恋に陥ると、かえって人がわからなくなったり、孤独だったりするものではないでしょうか。
セリフのない長いシーンは、孤独感、別の視点で言えば、会っているときだけが恋をしている時間ではないということを思い出させてくれます。

すきだなあ

原作を読んで、山崎ナオコーラさんの文章のなんとも言えない空気感がおもしろかったし、映画の主演は大ファンの永作さんだしということで、公開終了ギリギリのところで無理矢理時間をつくり見にいきました。おそらく、今年度公開の映画の中で一番楽しみだった本作。
あーーーおもしろかった!です。
大人の女、ほとんどスッピンで色気の無い下着を身につけた、アホ毛のたった30後半女の永作さん演じるユリ。(永作さんのスッピンは神々しいです)
同年代の女の子から好かれている朴訥な優しさをもった不器用な青年、松山君演じる19歳のみるめ。(松山ケンイチ君かっこよすぎです・・・)
この二人のシーンのなまめかしさは、本当にどきどきします。変なAVとかより、ずっと、色っぽいし、観客を思わずはにかませてしまう何かがあります。特にユリがみるめにヌードモデルを頼むところなどもう・・・。
原作もそうですけど、題名の割に、何かすごいエロシーンがあるわけじゃないんですよ。そんな刺激的な映画じゃない。淡々と日常が流れ出しているような映画です。耳元でそっとやさいいメロディを流し続けているような映画です。それで、確かにシーンが冗長なところはありましたが、日常ってそんなもんでしょう?くだらない間の繰り返しです。
なんか、すごくこう、恋をしたくさせます。
頬が熱くなって、体の温度が上がります。テンションも上がります。
甘酸っぱいフルーツを頬張ったような、すごくキュンとなる可愛い映画。是非見てみてください。

たるい

評判がいいし永作博美が好きだから観てみたが、タルコフスキーのまねのつもりか静止映像の長回しは多いし、それこそ早送りでもしなければ耐えられない退屈な映画だった。なんかもっと面白くできる気がするのだが。

?

やたらと長くとられた間と内容の薄さがが目立ち、心に何も響きもしない作品でした…。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ノルウェイの森 [DVD]
八日目の蝉 通常版 [DVD]
デトロイト・メタル・シティ スタンダード・エディション [DVD]
百万円と苦虫女 [DVD]
告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
敗者
ウルトラミラクルラブストーリー [DVD]
映画 闇金ウシジマくん [DVD]
松山ケンイチ 1st Photo Book 起
インスタント沼 ミラクル・エディション [DVD]

福田花音 安倍なつみ 泉じゅん 有吉ひとみ 浜美枝 大浦みずき 近藤美恵子 和央ようか 阿南敦子 遠藤あど 志摩みずえ 鮎ゆうき 鳳八千代 中川梨絵 田島ゆみか 瑳峨三智子 中原理恵 原知佐子 大後寿々花 石川亜沙美 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ