L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

DVD
監督:中田秀夫
出演:松山ケンイチ
出演:工藤夕貴
出演:福田麻由子
出演:南原清隆
出演:福田響志
メーカー:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2008-06-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

L change the WorLd complete set[DVD3枚組]

2008年2月に公開された、松山ケンイチ主演の異色ムービー。大場つぐみによる人気コミック『DEATH NOTE』のスピンオフ作品で、原作からそのまま抜け出したような松山の“L”役が話題を呼んだ。本作は、キラとの壮絶な頭脳戦の末倒れたLの“最期の23日間”を描いたもので、謎に満ちた彼の時間が明らかにされている。本DVDでは、映画本編はもちろん、“L change the WorLd”に伴うすべてのムーブメントをとらえており、メイキングやアジア・キャンペーン、ジャパン・プレミアなど各種イベントの模様や、ファンの熱意が試される“デスノート検定”など、お楽しみ企画も多数盛り込まれている。明晰な頭脳と飄々とした雰囲気、そして子供のような茶目っけを持ち合わせた“L”と、まさにLそのものの松山をたっぷり味わえる、コレクタブルな一品。(みきーる)

松ケン&子役の頑張りに☆5!シナリオは☆2くらいかも…

小説版と異なるストーリーとの事で、期待して劇場に足を運んだのですが、あまり楽しめませんでした。映画なので感染した少女を連れまわすのはまだアリだと思います。しかし折角のスピンオフ作品にも関わらず、犯人の策略に嵌まりピンチに陥りながらも、それをある程度予測した上で、常に一枚上手を行くという様な、Lらしい知略に満ちた場面が殆ど見られない。キラ事件が彼にどれ程の影響を与えたか、
迫り来るタイムリミットの中で、映画でもLの心情を感じさせる場面を、もう少し見たかった。小説ではそういったLの内面を、会話や仕草で描写するシーンが随所に見られますし、個人的には、この映画には不必要とも思える残酷な映像表現もありました。元々心理戦が主眼に置かれた作品で、事件の解明よりも、キラ事件を念頭に置いたLの変化が、最大の魅力であったろうと思います。公開を楽しみにしていただけに、予告に過度な期待を抱きすぎた、という印象のスピンオフ作品でした。

犯行の動機が・・  映画のLを観る映画

ごめんなさい、長いです・・。 そして怒らないでください(笑)
デスノートのスピンオフとしては 少々つまらない映画でしたが(しょっぱなから怒られそうです)、
映画のLファンの方には、ラストにほっとさせられる、うれしい映画だと思います。
単体の映画として考えれば、スケールも大きいですし、まずまずではないでしょうか。
が、肝心のKの動機が、現実離れしすぎです。世界崩壊が迫る未来という設定ならまだしも・・・。
そこまで思いつめる動機とは 到底納得できず、 作品全体が薄くなってしまったように感じます。
また、あのワクワクする頭脳戦(原作では特に)を見せられた後に、この作品が来ると、
スケールは大きいものの、筋としては単純に見え、少々退屈感があるのは否めません。
「デスノート・スピンオフ」と名乗る意味ってあったのかな・・・と思います。
これは「映画のL」が好きな方たちのための映画なんですね。きっと。
Lへの最後のはなむけに。 きっと監督さんは映画のLに愛情を注いでおられたのでしょう。
松山くんには拍手ですが、
「原作のL」と「映画のL」の設定の違いを 再確認した映画でした。
原作のLは、卓越した頭脳とそれに伴うすばやい判断、勘や行動力をすべて駆使して月を追い詰める天才青年でしたが、
映画のLは「頭脳のみ」が突出した青年として、作り上げられた印象を強く受けます。
(頭脳も実はあまり使いどころがなかった感じで、残念ですが。。。)
彼は、感情を含め、人間を良く知っているから「推理」ができていたと思っていたのですが、
映画のLは違っていたようです。
「今までに見たことのないL」というこの映画のL像自体、逆に
映画では、原作の彼の1面しか反映されていないのだなぁ・・・と再度、感じた次第です。
映画「デスノート」本編では、「世界の切り札」というべきLの活躍が、ラスト以外あまりありませんでしたので、
この映画では、もっと天才ぶりを発揮して、ものすごく活躍してくれるに違いない・・・と
過度に期待するわたしのような方は、がっかりかもしれません。
・・・・と、以上、書いた後で、ブックレット読みましたら、
監督さんはじめスタッフの方々の熱い思いと、Lへの理解の深さに、感心もしましたが、
映画の製作裏話は考えずに、直に作品だけ見た感想として、置いときます。

残念でした。

デスノートを子供にすすめられ見て、松山ケンイチという俳優を知り、上手い!魅力的な俳優と期待し見ました。Lはまぁいいでしょう・・・内容が、やすもんのテレビドラマみたいで・・・俳優さん可哀想。ナンチャンがFBI捜査官で出てきた時思わずゲッとなりました。お笑いの人が悪いというのではありません。素晴らしい演技する人いっぱい居ます。しかしナンチャンは下手です。ホラー+お笑いにしたかった?なんか話の中心も見えなくて残念でした。

松ケン&子役の頑張りに☆5!シナリオは☆2くらいかも…

良くも悪くも写真集の延長版のような、松ケンLを堪能するための作品。
原作にないアクティブな部分も含めて、いろんなLの表情を見ることができます。
Lの人間的成長や人とのつながりを描くのが主旨らしいのですが、それならあの今時投稿漫画
でもやらないような陳腐なシナリオは、もうちょっとどうにかならなかったんでしょうか。
巨額を投じた村の爆破シーンや、B級ホラーもどきのウィルス感染シーンも、はっきり言って
目障りで映画の印象を悪くしているとしか思えません。
ただ、Lとワタリとの関係が、デスノートの月と総一郎親子の対比として描かれているようで、
そこはとても良かったと思います。
原作漫画ではLとワタリはほぼ同時に抹殺されるので、ワタリに先立たれたLがどうなってしまうのかは
描かれていないのですが、Lにとってワタリは誰よりも身近で特別な存在だったはず。
というか、そうであってほしいと個人的に思っています。
だから原作では描かれていない部分を創作し、Lの感情にあえて踏み込んだのは良かったですね。
ワタリの遺体を見つめるLの沈んだ表情が痛々しかった。松ケンの深い演技に鳥肌が立ちました。
前作デスノートの月は、父総一郎の期待や理想を裏切り遂には父を殺そうとした息子でした。
対して今作のLは、残る20日でワタリの残した未解決事件のファイルを片っ端から処理し、
「ワタリが悲しむから」という理由でKの野望を阻もうとします。
原作のLとは違うけれど、もしLにワタリの喪失を実感する時間が残されていたら、もしかしたら
この作品で描かれたように、Lは人間として変わったのかもしれないと思ってしまいます。
松山ケンイチはインタビューで「Lをひとりの人間にしたかった」と語っています。
しかし「監督はLをヒーローにしたいと思っていて、そこは自分と意見が対立した」とも…。
結局両者が歩み寄ってあの作品になったとのことですが、まず監督ありきなのが俳優の辛い所ですね。
前作に比べて曲がりすぎなLの猫背も、監督の指示らしいですし。
特典映像の「スピンオフ松田」は、ある意味映画本編よりもドラマチックで良かったです。
原作の松田は月派だけど、おセンチな松田らしいシナリオだし、それに対する松ケンLの応答
も(原作以上に)いかにもLらしくて、前作の総一郎とのラストシーンより良かったかも。
特典映像ではスポット集も面白かったです。
Lとワタリのハリポタ談義、Lの「…そーなんですか?」のセリフが絶妙で最高に可笑しかった。
やっぱり松ケンLはベストキャスティングだと再確認しました。

あえてタイトルを付け直すとしたら

「L change the "L"」
LがL自身を変えていく、そんな話だと思います
コミック(アニメ)派のLを崇拝している人には、不向きかもしれません
また、ほかの人も書いているように「デスノート」としてみると、とてつもなく駄作です(苦笑)
「キャラ物」としてみると、楽しめると思います
個人的には、監督は代わってほしくなかったのと、南原氏はミスキャストのように思えた。
松田さんでいいのに・・・

チープ

犯行の動機
こじつけ等
脚本はプロ?かって思う展開でした
今の映画業界の産物でしょうか。チープです

安っぽいハリウッド映画みたい…

なんというか…世界規模の細菌戦とか飛行機が空港に衝突しそうなところでギリギリ止まるところとか、ハリウッドのアクションorパニック映画みたいだなと思いました。
しかし、ホワイトアウトを見たときにも思ったが、日本人の顔、日本の町並みでハリウッド映画されても面白くない。日本人の情緒に合わないと思う、というか「こんな日本人いるわけないだろ〜」と思ってしまい、白けてしまう。
今作も私は壮大すぎる話に終始ついていけず置いてけぼりを食ってしまった。
ラスト付近のLが南原へ"あなたに会えて良かった"という台詞も、「そんな信頼の絆ができるほどのような出来事二人の間になかったじゃんw」と思い、無理やり感動させようとしてるみたいで良くなかった。
ただ、俳優達の演技は良かったと思います

LとLの言葉を見る目的のみの方にオススメ

ちょっとL好きの私でも付いていけない位のオタク臭をかもし出していて、引いた。
写真集のカメラマンのコメントは本気でやめてって思ってしまいました。
個人的な意見なのかもしれませんが、ちょっと付いていけない部分がありました。
映画本編は劇場でも見て知っていましたので、まぁそれなりの面白さです。
違和感ありまくりの演出の説明もメイキングで解りますが、もっとやりようがあったのでは?なんて思います。
人が死ぬ様等にリアリティがないので、グロテスクなだけ。
Lを見るためだけ。Lの言葉を聴くだけの方にオススメします。
実際私はそのためだけに買いました。
以上あくまでも私の感想です。

すべては監督が…

はっきり言ってこの作品に相応しくない監督がやってるので駄作になってもしょうがないって感じです。
中田秀夫監督は基本ホラー作品が多いのでこのような作品にはあまり合わないと思いました。
特に、ウイルス感染のシーンは異常なほどグロテスクでやりすぎだと感じました。
配役も少々問題ありかと自分は思います。
特に、駿河秀明役の南原清隆(ウッチャンナンチャン)は明らかにミスキャストです。
無駄に笑いを入れようとしているのが見え見えで正直萎えました。
本当なら星1つなのですが、やっぱり松山ケンイチさんのLが頑張っていたので2つ追加で星3つです。
できることなら・・・もう一度、金子修介監督で配役も厳選して撮り直して欲しいです。

うーん

Lの話しなので楽しみにしてたんですが・・・
別にLには文句はないですが、三流の敵と三流のFBIにはガッカリさせられました。
これを観る前にリンカーン2とボーンシリーズを観たのが悪かったのか、正直びみょ〜でした。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]
L FILE No.15 (愛蔵版コミックス)
DEATH NOTE dead or alive ~映画「デスノート」をアシストする特別DVD~
デスノート Light up the NEW world [DVD]
DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
DEATH NOTE デスノート [DVD]
DEATH NOTE デスノート the Last name [DVD]
デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]
DEATH NOTE コミック 全12巻完結+13巻セット (ジャンプ・コミックス)
L Change the WorLd

真行寺君枝 石橋菜津美 松本美千穂 松岡きっこ 郡司あやの 黒瀬真奈美 白木美貴子 小島可奈子 岳美 マイコ 山口いづみ 入江たか子 高倉みゆき 吉田日出子 古賀さと子 泉晶子 大方斐紗子 田村たがめ 鈴木奈々 旭輝子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ