デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]

デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]

デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]

DVD
出演:松山ケンイチ
出演:加藤ローサ
出演:秋山竜次
出演:細田よしひこ
出演:松雪泰子
メーカー:東宝
発売日:2009-02-13

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

DMC大好きです♪

3枚組のスペシャルエディション。
MOVIE DISC
本編は言うまでもなく面白い。
オーディオコメンタリーがないのは残念。
CAMPAIGN DISC
それなりにボリュームもあり見応えもあるけど、
これはっ!と言うものは無くてまぁ普通の特典ディスク。
DOCUMENT DISC
映画の撮影に密着したメイキング映像に並行して、
メイキング助手でカメラ担当の梅澤君の言動を通して
より深く映画の舞台裏に迫るドキュメンタリーだが・・ 
 
このDVDを手にする多くの映画ファンには
梅澤君がどんな人物でどんな恋愛をしようが全く興味のない事
映画DMCを紐解く証言や資料が見たいのであって
スタッフの私生活なんて見たくもない。
 
内輪では面白いかも知れないが、
メイキングスタッフの(松江監督の)自慰的作品を
ダラダラ見せられるのは甚だ苦痛で、
そんな特典を+αの金額を払って買わされるのは
全く不愉快です。
こんなものが面白いとでも思ってるのか?
勘違いにも程がある、ホントにガッカリです。
心の広いコアなファンでない限り
スタンダードエディションをお薦めします。
 
 
 

DMC大好きです♪

原作も読んでいましたし、映画館にも足を運びました。
で、すっかり松山ケンイチさんのナリキリぶりとライブシーンの迫力にやられました。
松山ケンイチさんには『デスノート』の“L”の人くらいのイメージしかなかったもので、あの「静」の印象の人があそこまでやるとは思っていませんでした…。
最高に可笑しかった!
ストーリーは原作で印象的だったエピソードをうまく繋いでいると思います。
もう公開中からDVDが出たら買おうと決めてました。
本編のほか、ドキュメントとキャンペーンのディスクがセットですが、キャンペーンの方は、TVの特集番組なども収録されていて、私としては期待以上。
楽しみにしていたドキュメントの方は、どなたかも書いていらっしゃいましたが、楽屋オチ的なコンセプトで、部外者には楽しめませんでした。
先に出たドキュメントDVDが撮影エピソード満載でとても良かったので、続編的な未公開映像を期待していたのですが…。

最多リピート率シーンは根岸クラウザーの「恨みはらさでおくべきかぁ〜!!」

この映画の事を知らずに、ズームインでクラウザーさんがしゃべってるのを見て「新手のデーモン小暮がデビューしたのか?」と思っていました。映画公開時の大騒ぎを知らず(原作も知りませんでした)今回DVDで観たけど、テンポがよく、とても笑えて面白かったです。最初は根岸君とクラウザーさんがかけ離れた全く別の個体として見えていたものが、根岸君の姿で中身がクラウザーさんの「恨みはらさでおくべきかぁ〜!!」のあの絶叫で、2人が視覚的にも一体化する瞬間が最高です。実は根岸君の心の中では、クラウザーさんと根岸君を隔ててる垣根は案外低いのかも。クラウザーさんがライブハウスで「八つ裂き〜じゃあ!」と歌う姿より、根岸君が路上で「イルカが笑ってるぅっ!」と歌う姿の方が数倍恐かった…のは自分だけかもしない。クラウザーさん人気が,映画を離れて一人歩きするのも解る気がしました。メイキングでも松山さんが徹底してクラウザーさんだったので、映画が終わってクラウザーさんに会いたくなったらメイキング見てました。映画の登場人物に会いたいと思ったのは、すごい久しぶりです。それぐらいのリアリティとパワーを持ったクラウザーさん、最高です。また映画で会いたいな〜。ドラムのカミュも演奏シーンが迫力あってカッコ良かったです。タイトルバック(て言うのか?)もカッコ良くてそこだけ繰り返し見てます。

原作ファンとして

もともと原作ファンでこの映画は映画館に観に行きました。
松山ケンイチはまさにピッタリだし、ギャグも原作にあるのを使われててかなり笑いました。
ただちょっと後半の青春映画みたいなノリはちょっと違和感を感じましたが、うまくまとめた感じがしました。

早くクラウザーさんを見たい。

映画館で声を出して笑ってしまったDMCのDVDが遂に出た♪
私は他の映画を見たときの宣伝でDMCの予告を見て、見ることを
決めました。
原作の漫画は知りませんでした。
カメレオン俳優の松ケンが、白塗りになってる!!!(笑)という
インパクトの強さに「見たい」と思いました。
原作を知らなかったからなのか、とっても純粋に楽しめました。
本当に面白かった!
松ケンの役のハマりようは凄い!
クラウザーさんの声は本人なの?って位違って聞こえました。
そして、その後に漫画を全巻揃えて、アニメDVDを見たりと
DMCにハマってしまいました♪
原作と違うとか言う人も居るかもだけど、私はこの映画だったから、
原作を知りたいと思いました。
人それぞれ意見はあると思いますが、私は映画DMCが大好きです!

カルトよりコメディーで観てほしい

08年度、劇場で何度もみた作品です。根っからのメタル・ファンの自分としては、やはりライブシーンや衣裳、KISSのジーン・シモンズの登場などたまらないモノばかりだ。反面、クラちゃんがあのブーツで爆走したり、根岸くんのジレンマなどなど。メタルを知らなくとも、十分楽しませてくれる!!

マジで笑った

原作漫画は、セリフや歌詞がけっこう過激なんですが、東宝らしい(?)明朗快活な面白い青春映画に仕上がっていました。
デスメタル界のヒーローの仮面の下は『普通の青年』ってのは、アメコミヒーローみたいな設定で面白い。オープニングのタイトルデザインがカッコよかったのも、アメコミヒーロー的なものを意識した作りにしていたのかも。
松山ケンイチは相変わらず上手いねぇ。繊細な演技も下らない演技もできる若手はそういない。ナヨナヨした素の主人公が、大好きなオシャレ系ポップスを演奏して総スカンを食うシーンなど、本当に笑える。そして、クラウザーII世の大仰ぶり。(笑)
バンドの事務所社長の松雪泰子が、かなりぶっ飛んでよかった。「フラガール」のイメージもぶっ飛び。(笑) D.M.C信者のリーダーの大倉孝二のなりきりぶりも最高でした。あと、もうけ役的ではありますが、宮崎美子のすべて判っている包容力たっぷりの母親もよかったね。
D.M.Cそのものが、KISSや聖飢魔IIをイメージさせますが、その大元ネタともいえるジーン・シモンズ御大の登場は「やってくれますねぇ」という感じ。(笑)
渋谷系ポップスもカジヒデキに頼んだとか、しらけさせる為の曲を依頼する方もする方だけど、されるて受けちゃう方もエライ!!

2008年随一のカルト映画登場!!

やっと劇場版DMCがDVDで発売されます!!
原作ファンの自分ですが良い意味でのIF作品になったと思います!!
とにかく感動!!元気のでる映画でした。
原作の面白いエピを組み合わせて最後は大団円に持っていったお話。
青春ドラマとしても良い出来です。
笑えます!!泣けます!!
多分原作を知らない方の方が素直に笑えるお話だと思いますが・・・。
自分の好きじゃない音楽を強いられる主人公、一癖二癖ある独裁者の女社長、
勝手に好きな歌手の人間像を想像するファン(また、熱血なんだ!!こいつら!!)
様々な人間群像劇のラストに待ち受ける世界一の挑戦者!!
もう何も言いません!!とにかく見てください!!
映画DVDの他にも
【ドキュメント・ディスク(Documentディスク)】
「ドキュメント・メタル・シティ」(約80分予定)
『デトロイト・メタル・シティ ドキュメントDVD』に続く
DMCドキュメントシリーズ第二弾★
【キャンペーン・ディスク(Campaignディスク)】
★映画「DMC」の一大プロモーション映像を中心に、
2時間を超える貴重な秘蔵映像を収録★
が、スペシャルエディションについてきます!!

あんさぁ……

「原作をガッツリ読んでる自分にはガッカリだ」とか「何故に原作と違う?」だとか
うだうだ言ってる輩がいるよーですが、
なに?原作と一緒じゃなきゃダメなの??
感動があっちゃだめなの?
松山サンすばらしいじゃない。松雪サンいーじゃんか。ローサちゃんかわいいじゃん。
脚本がダメだとか監督がダメだとか演出が…って……は??素人が何言ってんの??でしょ?
物語としてまとまってんじゃん。なにがいけないの?
つーか今時さぁ、原作とまるっきり同じな実写版映画なんて探してもないよ。
なんかしら違わなきゃ見ないって、人は。意外性とかさ。
んまぁ長々言ったけど、結局は笑いアリ、感動アリのいい映画ってこと。松山ケンイチだからこそ成せる画。
ちなみに自分も原作ガッツリ読んでますよー(笑)
買っといて損はないDVDで間違いなし!!!!!

見るたびにハマる!

 予告編だけの予備知識で見たが、期待通りの面白さだった!
初回はただストーリーを追いながらの微笑・苦笑・大爆笑で、あっという間の104分
だったが、DVDを購入して2度3度と見るたびにDMCにハマってしまった♪
 これがコメディ初挑戦と言いながら笑いのツボにストンストンと落としてくれた松山クンの勘のいい演技。DMCトライアングルを支えるジャギ役・細田クン、カミュ役・秋山クンのなり切り演技。そしてストーリーにエネルギーを吹き込むファンA以下、コアな信者達の職人芸。DMCの生みの親、デスレコーズ社長役の松雪さんのぶっ飛んでるドSな演技もカッコオモロイ♪
 しかしこの映画の勝因はなんといっても製作サイド自信満々のライブシーンだ!
実は私がDVDを購入したのはこのライブシーンを見たくなったから。
「なんだこりゃー!!!」のとんでもない歌詞がもう一度聴きたくなった。何度聴いてもやっぱりとんでもない歌詞なのだが、彼らの18番『SATSUGAI』から発散される爆発的エネルギーはダイレクトに魂に響いてきて「何をウジウジしてる。前進あるのみじゃ〜〜!!!」というクラウザーさんのポジティヴメッセージに聞こえてくるから不思議。(これが中毒症状なのか?)ライブシーンを盛り上げたエキストラさんのリアクションも監督ねらい通りのコール&リスポンスを実現させており、ここでDMCは私の中で実在のバンドと化してしまった。それ故、特典映像のカンプリートライブは感涙モノ♪毎日、ヘッドホンでそのアグレッシヴなサウンドと、オーディエンスを煽動するクラウザーのパフォーマンスにしびれている。
 松山さんは「俳優は監督の駒」と仰っているそうだが、李監督の的確なディレクションと「駒」としての役割をきっちり果たした俳優陣の名演技!私の中ではDMCが文句なしに2008年のナンバーワンムーヴィーだ。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

アニメ デトロイト・メタル・シティ DVD-BOX(4枚組)
少年メリケンサック スタンダード・エディション[DVD]
魔界遊戯~for the movie~(初回限定盤)(DVD付)
映画「九月の恋と出会うまで」 OFFICIAL PHOTO BOOK
デトロイト・メタル・シティ 全10巻 完結コミックセット (JETS COMICS )
僕らは奇跡でできている (下) (扶桑社文庫)
九月の恋と出会うまで(上) (ジュールコミックス)
九月の恋と出会うまで(下) (ジュールコミックス)
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]
CLUSTER佐藤健×高橋一生『億男』 (洋泉社MOOK)

小林ひとみ 梶三和子 進藤七枝 松井康子 桜井浩子 中塚智実 浜木綿子 篠原愛実 白鳥百合子 日向明子 岩本千春 もたいまさこ 奥菜恵 鞘師里保 町田博子 山田はるみ 志田未来 吉佐美聖子 岩佐真悠子 黛ジュン 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ