ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD豪華版]

ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD豪華版]

ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD豪華版]

DVD
監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆
出演:堤真一
出演:小雪
出演:堀北真希
出演:須賀健太
メーカー:バップ
発売日:2008-05-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD豪華版]

前作は東京タワーができるまでの夕日町に住む人々の姿が綴られた。今回は東京タワーも完成した昭和34年春からの物語。東京オリンビック開催が決定し、高度成長期へ突入した日本を背景にした人情劇が展開する。<br>  メインとなるのは今回も駄菓子屋を営む茶川(吉岡秀隆)と、鈴木オートを営む鈴木家の物語。去ったヒロミ(小雪)のことを思い続けながら、彼女が連れてきた淳之介(須賀健太)と暮らす茶川。だがまた実父が淳之介を連れ帰りたいと言ってきたため、安定ある生活を求めて再び彼は芥川賞を目指して小説を執筆。実際に候補者へとなっていく。一方、鈴木オートではこれまでお嬢様として育てられた親戚の少女を預かることになり、またいろいろな騒動が巻き起こっていく。<br>  個人的に考えさせられたのは、当たり前のように子供たちが親の手伝いをする姿。今では子供だけで買い物をする姿なんてまず見かけないが、本作では勉強や遊びの前に大人の手伝いをする子供たちの姿が描かれていて興味深い。そんな中から人は助け合う心などを学んだのでは? 映画でしか(あとはアニメ『サザエさん』くらいしか)こんな日本らしい姿を見ることがなくなった……というのもなんだか寂しい話だと思う。(横森文)

ひとは辛いことから逃げなければ、周囲の人とのつながりに支えられ成長する

大ヒットしたALWAYS三丁目の夕日の続編。昭和30年代の東京、3丁目に住む主人公の茶川竜之介が、新しい家族(淳之介、ヒロミ)との絆を求めて一念発起、芥川賞を目指す。向かいの鈴木オートでは失業した親戚の娘をあずかることに。周囲に見守られる中、茶川が芥川賞をとれればすべてうまくいくはずが。
通常、ヒット作の続編はうまくいかないことが多い。特に前作は一話完結の予定で作成されていたはず。しかし、本作の脚本のよさによって前作が引き立てられ、うまく二話完結に作り替えることができていると思う。それぞれのキャラクターは健在で、前作のファンであればより楽しめるが、本作のみをみても十分面白い。エピソードどうしが関連しあい、笑いと涙で2時間半近い長さも全く気にならなかった。戦後復興がようやく終わり高度成長期にさしかかった頃、決して楽ではなかった時代に、人がどう生きて成長してきたが伝わってくるし、現代の裕福な時代が忘れかかっていたものを改めて呼び覚まし、生きるとは何かが伝わる作品。ひとは誰もが辛さや悲しみ、弱さをもって生きている。日々の出来事に一喜一憂しながらも、笑顔を忘れずに前向きに生きていこうというメッセージがよく伝わってくる。また、それを支えるのが周囲の人とのつながりであることも忘れてはならない。だらしのない主人公を周囲が励ましている姿に、つい自分も同じ気持ちになって応援したくなってくる不思議な作品であった。
狸を呼ぶ宅間医師や、戦死したと思っていた友がメッセージを遺して去るエピソードなどは、前作同様に原作漫画に敬意を示し、その作風が十分に意識されている証だ。このように多くのこだわりが余すところなく込められているし、エピソードそのものも心を打つ。
前作で曖昧にされた部分にも今回はきっちり決着をつけたようなすっきりした終幕で、おそらくもう続きはない(というより必要ない)。多くの日本人に勧めたい作品で、星5つ。

時代劇

もう半世紀以上前の風景、昭和を再現したドラマは時代劇だな
そのうち京都太秦の映画村みたいにオープンセットが組まれて観光地になるんじゃないのかな
前作に引き続き、堀北真希の素朴(笑)な可愛さ、薬師丸ひろ子のおかあちゃんも良かったけど、やっぱり小雪は美人過ぎるでしょ
私が子供の頃にはまだ辛うじて映画の風景はところどころに残っていたが、実際には体験していないノスタルジックな風景。
だけど鼻の奥がツンとする。
この時代は素朴だったけど、モラルが緩かったり、汚かったり、安全性が問われなかった時代
そんな時代を美化した映画だけどアラは探さず単純にドラマとして見入ってしまった。

ほんわかとやさしい気持ちに

「続編は作らない約束だった」という山崎貴監督が続編を望むファンとプロデューサーに
後押しされ前作と同じスタッフとキャストが再結集したことにより製作を決意したとのこと。
本作では「茶川とヒロミはその後?」「淳之介は?」など、前作からの疑問に応えるエピソードが充実。
茶川が作家として開花するかどうかを軸に、茶川とヒロミ、一平と美加、六子と武雄、そして
則文とトモエ、それぞれの絆の形がさりげなく描かれていきます。
観る側を「おかえり」と温かく迎えてくれる普遍的な物語。
昭和の頃の人情や雰囲気にたっぷり浸り、ほんわかとやさしい気持ちにしてくれます!

夕日はやっぱり美しい

ヒットした映画の続編にはロクなものはない、というのが通説なんですが、いい意味で「ALWAYS 続・三丁目の夕日」はそれを見事に裏切ってくれました。オープニングには驚いたし、監督のアソビ心に思わずニヤリ。(笑)
前作は、その時代を知らない者にも「なつかしい」と思わせることによってヒットした。その続編である本作は、そういうノスタルジー効果をさらに充実させることに成功している。 
特に私が注目したのは、この時代(昭和34年)にはあったが、今はほとんど消えた(?)ものを巧く描いたこと。それは、まずヒロミ(小雪)が見せる遠慮的な感覚。今なら、好きなんだから好きと言っちゃうところ...。良い悪いは別として「遠慮が美徳」という時代なんだよね。
思っていることをストレートに言うものじゃないという認識。その意味では時代を忠実に再現しています。
24色の色鉛筆、ハンドクリーム、前作からの繋がりであるシュークリーム、指輪ケース、カレーといったアイテム使いの巧さ。タバコ屋には「皇太子妃ご懐妊」という文字も見られるし、出来上がったばかりの東京タワーのエピソードもいい。
ベタな泣かせのストーリーも、茶川の小説の載った文芸誌をヒロミが買おうとして買えず、ラストでやっとその小説を読むという運びも、いっぱい張られた伏線をすべてちゃんと回収する脚本も見事。惜しむらくは、笑えるシーンが少なかったという点くらいか。
それにしても、この作品の時代的「ヴァーチャル度」は中々のものであり、今後シリーズ化しても上手くいきそうな「型」を作り上げることに成功している。個人的には、東京オリンピックの頃の話なんか、すごく観てみたいです。

前作よりは落ちるけどやっぱり懐かしい

明らかに前作がヒットしたから作られた第2作は、いわば「急造版」である。企画制作一貫体制の現代随一のフィルムメーカー・ROBOTをもってしても、その「二番感」は拭えなかった。とにかく脚本が甘い。前作のエピソードをむりくりふくらました感じであり、芥川賞のくだりなどはちょっと作りすぎなのでは。また前作は六子の視点から見た東京だから、その懐かしさも共感があったのだが、今回は焦点が定まらない。六子自体の「立ち位置」も微妙だったし。六子のみならず、今回は「本当に必要なの?」的配役が目立ち、顔見せ興行みたいなのだ。三浦友和も貫地谷しほりも上川隆也も演技しながら「?」だったのではないか。でもまあ、最後に大団円を迎えるくだりはさすがに山崎組だと思うし、懐かしい風情は相変わらず楽しめる。日本橋にはまだ首都高がかかっておらず、空が高かった。同じROBOT製作の「PicNic」では暗い日本橋下でのロケがあったのを思い出す。15年かかってようやく対比したのかな、と(笑)。また白木屋が見える風景も懐かしさ抜群の絵作りだった。オープニングのゴジラも寅さん映画的「夢」の入り方として理解すると、最高の「ご愛敬」かと思う。総合的にはギリギリ星4つ。

こっちの方が好き

前作よりこっちの方が好きです。
前作は感動スイッチがあからさま過ぎた感があり、、、。
その点で言うと、こっちもまぁそういうのは勿論あるしご都合主義ですが
ちょうどいい塩梅になったかなと感じました。
ただ、サブエピソードが多くてちょっと散らかった印象ですけど。

なぜ??ゴジラ

昭和の高度経済成長期懐かしくなりました。
あの時代の雰囲気が良く出ている作品だと思います。
今では絶滅したであろう・・お節介な人々。
今の日本人が必要としている物がこの映画にはあるのではないでしょうか。
ゴジラもちょい感激。

特典ディスクが不満

特典ディスクが撮影日記と簡単なメイキング中心なのが残念。
出演者のインタビューなどを充実させて欲しかった。
前作の豪華版と比べてですが、見ごたえに欠けるかな。

前作を超える傑作

名作の続編は前作より凡作となるケースが多いが、本作は前作を上回る出来映えであった。こうした例は最初から続き物を計画していない映画では「ゴットファーザー」のように希である。本作は前作よりもより人間関係が複雑になり、いくつものエピソードが巧みに組み合わさって作品全体に立体的な奥行きを生み出すことに成功している。また、特撮技術は前作以上で高速道路がない頃の日本橋などの情景など見所だが、オープニング数分間のゴジラは歓喜もの。これだけ凄いゴジラは観たことがない。話はひとつの完結を迎えているが、是非「続・続三丁目の夕日」を作って欲しいものだが、「続」というタイトルを付けた段階で次作目を作るつもりはないのかもしれない。日本国民必見の映画。

泣いた泣いた。

彼女と一回映画館に観に行き、そのあとまた一人で観に行きました。
映画館に映画を観に行ってこんなに感動したのは初めてです。映画館を出て彼女と歩いている時も思い出しては泣き、思い出しては泣き、こんなに泣けるものかと思いました。一作目を父親が「良い映画だ、良い映画だ!!」と言って観ていたのでどんなものかと思い観てみたら夜中にひとり居間で泣きました。
他人の事を自分の事のように考え、自分の事のように熱くなれる。みんなで助け合って生きていく事が当然だった時代の暖かさが、うらやましくもあり、そう生きていきたい、と思わせてくれる映画でした。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]
ALWAYS 三丁目の夕日'64 Blu-ray豪華版
-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ [DVD]
ALWAYS 続・三丁目の夕日 ナビゲートDVD 続・夕日町のひみつ
男たちの大和 / YAMATO [DVD]
クライマーズ・ハイ [DVD]
「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」ナビゲートDVD 『帰ってきた、夕日町のひとびと』
フラガール(スマイルBEST) [DVD]
スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]
地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD]

佐藤さくら 鈴木奈々 藍とも子 仁藤みさき 生野陽子 相澤仁美 梶三和子 中原理恵 梓英子 八木麻紗子 MEGUMI 高塚恵理子 箕輪はるか 應蘭芳 RIKACO 月丘夢路 竹下景子 美保純 大川栄子 小西寛子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ