Little DJ 小さな恋の物語 [DVD]

Little DJ 小さな恋の物語 [DVD]

Little DJ 小さな恋の物語 [DVD]

DVD
監督:永田琴
出演:神木隆之介
出演:福田麻由子
出演:広末涼子
出演:佐藤重幸
出演:村川絵梨
メーカー:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2008-04-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

1977年。こんな恋はなかったけど、太郎はまるでオレのようだった(外見は別)。

公開当時から「韓流っぽい」だの「セカチューくさい」だの、まぁいろいろ言われていたようですが、劇場で観たオレは、別にそんなことを思うこともなく、この物語の世界へと素直に入り込むことができました。
いくら言葉をつくしても、この映画の魅力は語りきれない気がします。
ひとつだけ言わせてもらうと、キャンディーズは“反則”だろう、と。
でもそれは、実に素晴らしい“反則”でした。
「DVDが出たら、絶対買おう!」と思わせるほどに。
それはともかく、なんといっても“1977(昭和52)年、中1だった”といえば、それはまさにオレ。
もちろんこの映画の主人公・太郎とは、違うことだらけだったけど(好きだったラジオも、鶴光オールナイトとかで…)、それでもいろんなところが、あの頃のオレといっしょだったんですよ、太郎は。
そんな《普通の男の子》が、いっしょうけんめいに生きようとしたその姿を、どうか観てやってほしいと思います。
きっとあなたの胸に、忘れられない“なにか”を残してくれることでしょう。
パッケージ的には、トールケースの色が普通の黒だったのが残念(なんとなくクリア、それも水色のイメージだったので…)。
映像特典の分量は少ないけれど、それなりに楽しめます(神木君がメインですが、若先生役の佐藤重幸[現・戸次重幸]さんのファンの方も一見の価値あり)。

思いを伝えること

この冬に感動を呼んだ映画がはやくもDVD化され、はやく欲しいと思っていたのですごく嬉しいです。
人に思いを伝えること、人に喜びを教えてくれる映画で、一つ一つを考えながらみれる映画です。

日本映画の撮影技術の高さを示す作品

この映画は、小学校高学年から中学生あたりの年齢でしか感じられない恋心、親への反抗、様々なものへの好奇心、それらを受けとめる両親を中心とした周囲の大人たちの感情を丁寧に描いた作品である。良作となったのは脚本の力もあるが、何といっても撮影によるところが大きい。
米国のアカデミー賞外国語部門賞を取った「おくりびと」も山形の四季の美しさをカメラが丁寧にとらえていることで日本以外の人たちにも受け入れられたのだと確信する。
原作がベストセラー本であること、今が旬の芸人やタレントが出演していること、高度なCG技術が駆使されていること、それらは映画が傑作になる要素のうちほんのわずかなことに過ぎない。あえて言うならまったく関係がない。良い映画は良いショットの積み重ねによってしかつくられないことをこの作品が示してくれている。よく観てもらえればわかるが、さりげないところまで一つ一つのショットが実に丁寧に撮られている。一つだけ例に出せば主人公・太郎と同じ病室で友だちとなった女の子・たまきが二人で見る夜の豪雨のあとの「日の出」の美しさは映画によってしかだせないものだと思う。

悲しくて、さわやかな映画。涙が止まりません!

悲しいストーリーだけど、とても暖かな映画です。
「大切な思いは伝えなきゃ」と素直に思わされます。
若い2人の主人公の演技も最高にすばらしい!
そして、その二人を支える周りの俳優人もすばらしい!
悲しいくてボロボロに泣きますが、見た後はすっきりしたさわやかさが残るすばらしい作品です。
大切な人や家族と是非!

これからもずっと好きです。

セカチューって感じのお涙頂戴の難病物かと思って見始めたのですが、両親役の石黒賢さん西田尚美さん、入院患者役の松重豊さん光石研さんらが見事に脇を固めていて、ストーリーも伏線がしっかりしててとてもよかったです。
主役・ヒロインの神木隆之介くんに福田麻由子さんの演技も抜群に良くて、使い古された設定でも飽きずに最後まで見れるどころか、ものすごく感動させられました。
福田麻由子さん・・・かわいい。
成人した役が広末涼子さんなのが不満なぐらいのかわいさです。
ストーリーだけだと☆3とか4ですが、福田さんの魅力に負けて☆5です。

命がある内は一生懸命生きようと思いました。

同時期に『象の背中』も観たのですが、設定が全くリアリティにかけて…こちらの作品の方が感動しました。
デートの雨宿りシーンは日本映画の歴史に残る名シーンだと思います。
女王の教室から注目してる福田麻由子の成長も嬉しかった。
大人シーンは広末より田中麗奈の方がシックリきたかも…

命の灯火

難病に侵されながらもDJとしてラジオ放送を続ける男の子の物語。
神木隆之介、福田麻由子。主演両名の魅力が凄い!少年期という宝石のような煌めきがある時間に生きている人間の魅力を余すところなくフィルムに焼き付けるような作品でした。
自らに残された時間のタイムリミットを感じている主人公が病院抜けだし愛しのあの子と一日デート。命がけで気持ちを伝えようと頑張るがやっぱりウジウジしてしまうという思春期病も併発と「お前命賭けてんだろ!?」とツッコまざるえないところも微笑ましい。予想以上に良い作品でした。
時折見せる二人の大人のような表情にもドキドキ。本当にこの時でしか撮れない作品だよな〜と思います。
また主人公の親たちも良い味出してます。身代わりになってでも救いたい母親と、死にゆく息子を理解しようと努める父親。
命を全うさせてやりたいとラジカセを送るご両親には、子供を失うと静かに腹を括ったような凄味さえ感じ涙を我慢できませんでした。
誰かと死別を経験し、命を全うすることを一度でも考えた方々にはかなり見応えある作品に仕上がっていると思います。
おすすめです。

神木隆之介くんが良かった

主人公の神木隆之介くんがとても良かった。
大先生の部屋を憧れをもって語るシーンの
熱っぽい表情や、初々しく可愛いらしい恋心。
たまきちゃんへの手紙、無菌室での切ない
やり取りと、思わず涙を誘われる映画でした。
それから、いつも笑っているたまきちゃんは、
同じニコニコ仲間として親近感を持ちました。
実は私、子供の頃から意味なく微笑んだり、
独りでいてもニコニコする癖があるんです〜。
私は不細工なので、あんなに可愛くないけど、
ニコニコ仲間を見つけた感じで嬉しかったです♪
広末さんの今風のファッションは、90年代の
話と思えず、ちょっと違和感を感じました・・☆

私のお気に入りの作品です

登場人物全員が素敵な人ばかり。物語の悲しさの反面、じわっと温もりを感じる名作。人ってちっぽけで小さな存在だけど、キラキラ輝く行動は人に感動を与えてくれます。

ラジオを親に隠れて聞いていたあの頃

ストーリーは、最初から読めてしまいます。
けどこういう映画は、これでいいんだと思います。
主人公の二人が、イタイくらい初々しいです。
中で使っていた「ラスト コンサート」
モンサンミッシェルと、中年男とかわいいフランスの少女。
この映画も昔見ていたので、いま思い出してなつかしく思いました。
昔、ラジオが全盛だったころ、親に隠れて聞いていた頃を思い出しました。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

遠くの空に消えた [DVD]
AERA(アエラ) 2017年 3/13 号 [雑誌]
映画 3月のライオン ビジュアルブック (白泉社ムック)
awesome! (オーサム) Vol.19 (シンコー・ミュージックMOOK)
神木隆之介のMaster's Cafe 達人たちの夢の叶えかた
TVガイド PERSON VOL.55
TVガイドdan[ダン]vol.8<冬男子2016> (TOKYO NEWS MOOK 522号)
SODA PLUS (ぴあMOOK)
([お]1-1)Little DJ (ポプラ文庫)
連続ドラマW 東野圭吾「変身」 DVD BOX

山口美江 柏木由紀 山内絵美子 鹿沼絵里 鈴木光枝 藤野節子 志水季里子 甲斐麻美 彩夢 清水ひとみ 岸輝子 田中香子 新妻聖子 吉岡ひとみ 伊藤美奈子 岳美 南沢奈央 坂上香織 左幸子 中山エミリ 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ