死神の谷 [DVD]

死神の谷 [DVD]

死神の谷 [DVD]

DVD
監督:フリッツ・ラング
出演:ベルンハルト・ゲッケ
出演:リル・ダゴファー
出演:ワルター・ヤンセン
出演:ルドルフ・クライン=ロッゲ
出演:ゲオルク・ヨーン
メーカー:WHDジャパン
発売日:2008-03-07

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

フリッツ・ラングの最高傑作

本来「死滅の谷」と云われている本作をわざわざタイトルを変えた事については賛否両論ありそうですが、
ドイツ語「Der Mude Tod(疲れた死神)」を英語で「The Weary Death」と訳し、
それを日本の公開会社が誤って、(当時はフィルムを見る前にタイトルを決めなければならず、仕方なかったのだが…)
Deathを"死"あるいは"死滅"と訳した為にこのタイトルがついたと云われている。
その為、今回の「死神の谷」はむしろ本来のタイトルだといえる。
それにしても、すばらしい映像美、そして誰もが納得できるよく練られたストーリー、
完璧な映画とはこの事だと思います。
若かりしラングの最高傑作にして、もっとも待ち望んだ映画です。
これが日本で、しかもこの価格で観れる事は奇跡としか言いようがありません。
また、今までのWHDのDVDとは比べ物にならない美しい画質に納得。
1980円はお得な買い物と謂わざるおえません。
よく落語「死神」の元ネタといわれていますが、それはネット情報の間違いで実際はグリム童話「死神の名付け親」が原作です。

幻想的で美しい映像と20世紀初頭のアジア感

谷にある村に高い塀の居場所を築いた死神。この死神に婚約者を連れて行かれた女性が彼を捜し求めて死神と対峙するというストーリー。前半の死神の築いた塀の前に訪れる死者の群れや、ローソクの間で死神と向き合う主人公の女性シーンは幻想的で美しい。「メトロポリス」でアバンギャルドな映像を打ち出したフリッツ・ラング監督がこの作品では幻想的な映像に誘ってくれる。
死神と主人公の女性の思いに絡めて展開する愛と死という永遠のテーマを表す3つの冒険(オムニバス的な作風)は古典的な悲劇(ある種シェークスピア的なあるいはギリシャ神話的な)ではあるものの、そこに現れる人々の前向きな生き様は主人公の婚約者に対する思いを完全に表現する。
そして、死神の与えた最後の試練は永遠のテーマであり、どの映画作家も追及するテーマでもあるが、これだけ直接的に観る者に突き付ける作品はない。
この作品のもう一つの面白さは、サイレント時代の貴重な作品であるだけではなく、20世紀初頭のヨーロッパのアジアに対する見方が実感できるところ。3つの冒険はアラブ、イタリア、中国で展開されるが、特に中国の描き方(中国人をドイツ人が演じているところも面白いが)は中東とアジアの混在する世界になっているところは当時のヨーロッパから見た不可思議な東の世界がはっきり現れていて面白い。フリッツ・ラングもサイレント時代の作品としては「メトロポリス」とならぶ衝撃的な作品であることは間違いない。
ところで、このDVDで観る限り映し出される映像が正方形であるところが不思議だ。フィルム映像を観たことがないのでわからないが、何故この形なのだろうか?

10年前かな〜

京橋でオーケストラの生演奏付きで
最高の映画館体験しました。
美しすぎて涙が出ます。
自分も1500本位は映画見てますが
記憶に残る最高峰の一本のひとつです。
伝説的な監督の実力に畏敬の念。

真の傑作

一般的な知名度は高くないが、映画史の中でも突出した傑作。
ファンタジックな愛のストーリーに重厚なドラマ、巧みな演出、いつまでも心に残るシーン。
どれをとっても今なお色あせることがない。
何より、無声映画ながら情感豊かであり、結末は涙なくして見れないだろう。

必見の名作!!!

今から八十年以上前の作品(もちろん、サイレント!)ながら、見始めたら一気に最後まで惹き付けられる名作! 素晴らしいセット、美しい映像も見事であるが(修復が良いのか、プリントが良いのか、かなり見やすいのが嬉しい!)、ラングの演出が圧倒的! 始まりからすぐに、ルイス・ブニュエルが一目見て「死神」だと解った、と語っている「死神」が、不気味な雰囲気を漂わせる。そして人間の運命を象徴する蝋燭。暗がりに浮かぶ不吉なシルエット、刻一刻迫ってくる時間を畳み掛けるように示す時計のショット。全編を覆う神話的な、中世の教訓劇を思わせる独特のイメージ! そしてスピード感のある展開。途中、バクダット、ベネチア、中国と舞台が変わり、エキゾチックな娯楽性も盛り込み、ラングの持っている資質を集大成した感すらあるもの。後の、ベルイマンの名作「第七の封印」と較べてみても、本作の印象の強烈さは全く遜色ない。文字通りラングの最高傑作と言っても誇張とは言えないほどの、必見の傑作。

発売してくれたことに感謝を…

先ずはこの作品をこの価格で発売してくれた人と会社(WHD)に感謝であります。
凡百のDVDメーカーなら…世界名作なんたらとか、サイレント名作かんたらとかの冠を乗っけて5千円とか…もしかすると一万円はぼったくるに違いありません。
普段は巨大鼠がど〜したとかゾンビがこ〜したとかの楽しい(?)映画を出してる会社なんでそっち(どっちだ?)の方面のマニアには違和感があるやも知れませんが流石にラング…見所満載であります。
サイレントの名作に興味がある人…フリッツ・ラングのファン…落語の死神が好きな人…WHDさんが出しているそっち系(だからどっちだよ?)の作品が好きな人…このソフトは迷わず買いですよ。

傑作です。

すばらしい作品だと思いました。死んでしまった恋人をこの世に取り戻すためにヒロインが、死神と賭けをするお話です。ろうそくの炎が、寿命にたとえられ、無数のろうそくの中で、死神とヒロインが佇んでいるシーンが印象的でした。三つのエピソードが、挿入されています。バクダッドでは、回教の信仰に、ベネチアでは、恋敵の横恋慕に、中国では、権力者に妨げられる恋人たちを同じ男優と女優が演じています。魔術によって仏像とトラに姿を変えた恋人たちが、弓矢で射られる中国のお話は、神秘的です。仏像の目から、涙が一筋流れるくだりは、悲しく美しい場面でした。舞台となっている国の私たちが持っているイメージそのままを的確に表していると思いました。

独逸浪漫派の伝統でしょうか!

 『グリム童話』にあり、我が国の落語「死神」(これはシルクロード・中国さらには韓国を経由して届いた説話)にもある設定を根幹として、異国への「憧憬」をラングが心ゆくまで楽しみながら創作しています。ただし、「俊徳丸とハインリツヒ」(いわゆる比較演劇あるいは文学・文化論における「血の伝承」)を肯定するわけではありません。むしろ、その逆説になる映画だと存じます。
 『聖書』の一節が「キーワード」となることも、ノヴァーリス著『基督教社会あるいは欧羅巴』の言辞を彷彿とさせます。E・T・A・ホフマンの著作の叙情的怪異譚もだぶってきます。映像も、現代のSFXと比べても見劣りがしません。いうなれば、古いがゆえに新鮮な感覚。また、最初に登場する役者たちも扮装を変えつつ、登場するという演出も巧妙です。
 「メトロポリス」も確かにすごい作品ですが、私は、こちらのほうが、さらに素晴らしいと感じました。それが、この値段、手に入れてじっくり観なければ「損」だと存じます。

哲学的な筋書きと浪漫派の画面

Tod (死神)は、中世ヨーロッパにおいては、実生活と密着した考えだった。戦争や病気で死は常に身近にあり、一般市民にとっては抑圧以外の何ものでもないカトリックも重しとなっていた。この映画が作られた当時(90年近く前)では、そのような背景が未だ残っていたことだろう。このように、ゴシックの「死生観」に立った哲学的な筋書きがすばらしい。他方、映像は「メトロポリス」のフリッツ・ランゲが完成させたドイツ浪漫派で、プンクトリッヒな画面構成と相合わさって、完璧なものとなっている。時代背景には奥行きがあり、ベネチア、バクダッド、中国へと広がりを見せる。今日でも色あせない名画だ。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

メトロポリス / Metropolis CCP-315 [DVD]
狼は天使の匂い [DVD]
HAXAN 魔女 [DVD]
怪人マブゼ博士(原題:マブゼ博士の千の眼) フリッツ・ラング監督 [DVD]
D・W・グリフィスの嵐の孤児 <全長版>[DVD]
フェリーニのアマルコルド 4K修復版 [Blu-ray]
カリガリ博士【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
嘆きの天使【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
グロリア [AmazonDVDコレクション]
吸血鬼ノスフェラトゥ 《IVC BEST SELECTION》 [DVD]

水町レイコ 平嶋夏海 竹内結子 小泉今日子 浜田ゆう子 長谷川京子 浅見美那 鎌田奈津美 純名里沙 小向美奈子 生井亜実 林美穂 飛鳥裕子 桑野通子 喜多川美佳 多岐川華子 伊藤かずえ 後藤果萌 生田智子 林知花 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ