めがね(3枚組) [DVD]

めがね(3枚組) [DVD]

めがね(3枚組) [DVD]

DVD
出演:小林聡美
メーカー:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2008-03-19

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

めがね(3枚組) [DVD]

南の島の小さな街。プロペラ機でこの地に降り立ったタエコはハマダという宿泊施設にやってきた。宿の主人はユージ。ほか高校教師のハルナや海辺でかき氷屋を開くサクラが、この宿に出入りしている。タエコは観光をしようと名所を聞くが「ここは観光する場所はない。たそがれるだけです」と説明される。独特の空気が流れ、やさしいような、なれなれしいような不思議な人々にとまどうタエコは宿を変える決意をするが、新しい宿泊施設はとんでもないところだった…。やがてタエコを「先生」と呼ぶ青年が、ハマダを訪れる…。<br>  『かもめ食堂』の荻上直子監督が、再び小林聡美主演で描くヒューマンドラマ。『かもめ食堂』同様に、ゆっくりと心地よく気持ちいい時間が流れていく、やさしくておかしな映画だ。海、空、緑、土が美しく映し出され、その楽園のような島で人生を徐々にリフレッシュしていくタエコの心の変化を追ってゆく。何も起こらないけれど、タエコとともに、見る者の心も解き放っていく演出がうまい。『かもめ食堂』同様に、ハマダの料理もいわゆる家庭料理でおいしそう。こんな島があったら、休みごとに行ってみたいと思わせる、心をやさしく包み込むようなファンタジーだ。共演はもたいまさこ、光石研。市川実日子、加瀬亮など。(斎藤香)

受け入れる、流されてみる、そして、たそがれる

『かき氷はキライだから、いらない』
『なにかの集まりに誘われたけど、行かないで1人で食べる』
『朝、勝手に部屋に入ってこられるのは迷惑』
『ヘンな体操なんて、ぜったい無理』
何をすすめられても、自分がよしとしないものは、きっぱり断る。
素直に「ノー」と言っているだけなのだが、
こうしたタエコの態度は、この映画の中では、かたくなに見える。
ターニングポイントは、マリン・パレス。
わずらわしいことから逃げたら、もっとわずらわしいところへ
たどり着いてしまった。
あわてて飛び出すが、帰る道のりは果てしなく遠い。
道の真ん中で途方にくれていると、のんびりとサクラがやってくる。
みんながうらやむ自転車の後ろカゴに乗って、ハマダへ帰る。
サクラに目で諭され、タエコは迷わず、
いろいろ詰めこんだ重い荷物を、その場に置き去った。
ハマダから抜け出したはずが、またハマダへ戻っていた。
最初のタエコなら、そのまま空港に向かっていただろう。
それから少しづつ、周囲に耳をかたむけるようになる。
キライだったかき氷も、口にしてみようかという気になれるほど。
意味はわからなくても、気がついたら海を見て、たそがれていたタエコ。
いろんな人からの「どうですか」という誘いに、「はい」と返事をして受け入れたら、
気持ちよく時が流れていった。
めがねが飛んでいっても、気にならない。
本意ではないことでも、時には流されてみるのも悪くない。
こだわりを貫くだけじゃ、気づかないこともある。
そんなことをさりげなく教えてくれる映画だった。

心の洗濯

登場人物全員が“めがね”をかけていて,それだけでも何となく微笑ましく感じます。
舞台は“南の島の海辺にある民宿”で,そこの主人(光石研)と宿泊客(小林聡美),仲間たちとの交流がのんびりと描かれています。
ただ,のんびりしすぎて退屈してしまうと感じる方も居られるかもしれません。
海辺でのおかしな体操,みんなで食べるシーン,脇役だけど存在感のある犬など,少ない会話の中で時間だけがゆっくりと過ぎていきます。
「かもめ食堂」でもそうでしたが,この“のんびり感”を理解できるかどうかが評価の分かれ目だと思います。
“いい”映画”っていうのは,見終わってからしばらくたった後でも,どんな映画だったと語ることのできる映画だと私は思います。
近年の世知辛い世の中,時間の経過をゆっくり見送っていけるというのは,十分“いい映画”に値すると思います。荻上直子監督が描く不思議な時空の感覚を貴方も是非体験してみてください。きっと心の洗濯になりますよ。

たそがれる努力

ゆったり流れる物語に美しい映像と音楽。いい映画だと思う。
だけどあまりにも「たそがれる」ことにこだわりすぎでは?
「たそがれる」ってそんなに努力がいるもの?
「たそがれる」ってそんなに押しつけがましいもの?
もっと間接的で控えめな表現の方がこの映画の雰囲気に合っているのでは?
「たそがれる」ことにこだわる余り,頭でっかちの映画になっているように感じた。
よく見れば「たそがれる」ことを大事に思っている人たちは,もともとこの島で生まれ育った人たちではない。
それに気づいたら,少し複雑な気持ちになった。
全体的にはいい作品だと思うし,何度か見たくなる作品。
だけど「たそがれる」ことへの押しつけがましさが気になって,☆が4つに届かない。

生き難さを感じている人に(ネタばれあり注意)

DVDにて鑑賞しました。
「(編み目が揃ってるけど)、面白みがない」とほぐそうとしている主人公の台詞に象徴されている、優等生特有のコンプレックス。普段社会的規範やら、様々なしがらみに縛られているだけに、ホリデーくらい人のことは気にせずのんびりしたい、放っておいてほしい、と思っていながら、やっぱり最後は優等生になってしまう。
でも、そんな人たちが集まると、それはそれでここちよい。
何もおこらないのに、見終わったらぽろりと涙が落ちました。
精神的にデトックスされたのかもしれません。
何回も見直す映画になりそうです。

何が大事か教えてもらいました。

離島の海、砂浜、緑……そしてめがねの人々。

そのそれぞれが、私たちの日常に必要なこと、必要でないことをゆっくりと教えてくれます。

一日の終わりのリラックスタイムとして見ると、最高にストレスフリーになれます。
ビールを飲みながら見るとなおさらいいかも知れませんね。

梅はその日の難のがれ

かもめ食堂が大好きだったので公開されてすぐに「めがね」観にいきました。
正直・・・劇場で眠気が襲ってきました。
でも今はDVDを何百回とリピートです。
家事をしながら・・食事しながら・・ながら観ですが、DVDをつけてるだけでホント癒されます。料理したくなるし、掃除したくなるし、インテリアも素敵です。
今では「かもめ食堂」よりもいっぱい観てます。
癒されながらも・・「ちゃんと生活しよう!」と思わせてくれる1本です。

個人的には期待はずれだったかも

小林聡美ももたいまさこも「かもめ食堂」も好きだし
ここでのレビューもかなり良い風に書かれていたので
大いに期待して観たけれど正直「?」な作品だった。
別の人のレビューにもあったけれど
「たそがれる」をやたらキーワードにしてて
それが何だか押し付けがましくて、思わず
「人それぞれたそがれたいようにたそがれればいいじゃないか!」と
ひとりごちてしまったほどです。観ていてちょっとイライラした。
「たそがれ」をキーワードとしながら、あえてそれを
言わずに物語が展開していって欲しかった。
観終わった後に「はぁ?」と声が出ちゃいました。
しかしこの映画でまったり出来ない私はそうとう
心がささくれているんだろうか?とも思ってしまった…。

明け方に観たい映画

この作品を観て思った事は、映画がいかに「間」が大切か。という事です。一歩間違えれば、退屈な映画になっていたかもしれない。そこがこの監督の腕のすごさですね。
さらにそこにトッピングしたのが 小林聡美やもたいまさこといった誰しもが持っていない独特なオーラや自然な演技だと思います。もっと大袈裟に言えば安定した癒しとでも言いましょうか。 間々にいれてくる自然なおどけに思わず「クスッ」と笑ってしまいました。疲れている方、癒されたい方にはハマる映画ではないでしょうか。
一つ難癖つけるとしたら
加瀬亮は序盤から出演させて欲しかったですね。
個人的にやっぱり癒し映画が好きです(笑)

癒された

蒼い海とゆっくり流れる時間。
たそがれる時間って今の自分にない物だとひしひしと感じてしまいました。
あの、もたいさんの独特な間、絶妙です!!!
何故か・・含み笑いをしながら楽しませて頂きました。
カモメ食堂といい、めがねといい、私にとっては本当に癒される映画です。
購入大正解。

保存が・・・。

本編含むDVD三枚組の内容はすごくいいです。
ここまでやってくれましたか、ってくらい。
与論島に住みたいくらいです。
ただ、現実問題として
保存の箱が紙オビが付いてて、
奇麗にいつまでも保存するのにはムズカシイ。
初回版だけかもしれないですが。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

かもめ食堂 [DVD]
「マザーウォーター」 [DVD]
プール [DVD]
パンとスープとネコ日和 DVD-BOX
映画「めがね」オリジナル・サウンドトラック
山のトムさん (初回限定色) [DVD]
すいか DVD-BOX (4枚組)
トイレット [DVD]
しあわせのパン [DVD]
2クール DVD-BOX

中塚智実 土屋アンナ 原田裕子 松平純子 竹内実生 夏居瑠奈 蒼井優 奈良富士子 北林明日香 浅香光代 夏焼雅 峯岸みなみ 井関佳子 伊藤美由紀 白井珠希 十朱幸代 前田通子 国仲涼子 鈴木奈々 宮崎美子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ