腑抜けども、悲しみの愛を見せろ [DVD]

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ [DVD]

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ [DVD]

DVD
監督:吉田大八
出演:佐藤江梨子
出演:佐津川愛美
出演:山本浩司
出演:土佐信道
出演:上田耕一
メーカー:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2008-02-22

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ [DVD]

北陸の山間部の小さな集落。交通事故で亡くなった夫婦の葬式の日。ふたりの長女・澄○が東京からふらりと帰って来た。長男・宍道、妹の清深はとまどう。宍道の嫁・待子は不思議な目で見ていた。やがて自分勝手でワガママな澄○に振り回される家族。女優になるために上京したが、うまくいかないことを家族のせいにする澄○だったが、宍道も清深はうとましく感じながらも、気をつかっていた。待子の知らない秘密が、この家族にはあったのだった…。<br>  本谷有希子の同名小説を、佐藤江梨子主演の映画化。女優こそが自分の天職、才能も実力も申し分ないと思い込んでいる自意識過剰の勘違い女を佐藤が演じている。その勘違いぶりには苦笑すること必至。家族の秘密が明らかにされていくプロセスも絶妙で、ラストの衝撃的な展開にも前半にしっかり伏線がはってあり、その結末は、自分自身を見つめようとしないヒロインの滑稽さを際立たせている。役者陣はみな素晴らしくとりわけ、長男の嫁を演じる永作博美が素晴らしい。不器用かつ鈍感ながらも、体当たりでこの問題を抱えた家族の仲間になろうとする姿がおかしくてかわいくて胸を打つ。監督はCMディレクター出身の吉田大八。役者から最高の芝居を引き出し、軽快なテンポで物語を演出していくその腕は、デビュー作とは思えない。(斎藤香)

最高にムカつく映画

ここまでムカつくとかえって清々しいかもしれないです。
ムカつく姉貴、シスコン兄貴、言いなりのお嫁さん。
何もが馬鹿らしい。馬鹿らしいのに、愛しい家族。
歪んだ世界が癖になる。
陰気な妹が観客の代わりに、全部を切っていく。
才能のない姉、才能のある妹。
『お姉ちゃんは最高に面白いよ』
おどろおどろしくても目が離せない。

う〜む、解説困難なこの妙〜なカタルシスはなに?

 主人公が妹に「私を褒める言葉を100個(?)並べて皆の前で叫べ」
といびるシーンがあって、当然のことながら妹はじきにつまってしまうのですが、
逆に罵る言葉だったら、傲慢、自己チュウ、うぬぼれ、勘違い・・・きり無く溢れ出てきそうなくらいの
嫌な女をサトエリが見事に演じきっています。そんな嫌なやつに妹も兄嫁も
そして一見屈強そうな兄までも惨めなまでにひれ伏す不条理なストーリーと生々しい描写に
途中で少し気分が悪くなったりもしましたが、ラストシーンではいいようのないすがすがしさに
包まれました。でもそれは服従するばかりだった妹が奇跡の大逆転をしたからといったものでもないのですね。
うーん、どう言ったらいいのかわからないのがじれったいのですが、
とにかく暗澹たる気分が続いたあとなせいもあって、なんかやたら気持ちよかったのですね・・・。
それがブラックユーモアってもんなのさ、なんてわかったふうなこと言われたって納得はできないので、
不思議なカタルシスについてはもう少し自分なりに分析してまた書き込もうと思います。
 サトエリの怪演以外にも、兄・長瀬正敏の情けなさっぷりや、皆さん絶賛の兄嫁・永作博美の
単純なマゾなんかとは微妙に異なる超自虐キャラ、妹・佐津川愛美の何でも面白がってしまう
奇妙な性格とか、とにかくやたらめったらコテコテでしつこいのですが、ぐいぐい引き込まれ
てしまい、いつもは何度も休憩をはさみながら鑑賞する私も最後まで一気に見てしまいました。
少し前にこの吉田監督の手になるショートムービー(男の子はみんな飛行機がすき)を
見たときには、ダメだこのカントク・・・なんてつい思っちゃいましたが、この映画を見て
考えを改めました。次回作がとても楽しみです。

不安定な2時間がゾクゾクさせる。パワーある映画。

まず冒頭から血糊ベッタリの展開にビックリさせられる。基本的にはこの嫌な感触のまま、2時間が走り抜ける映画で、昨今にはない魅力にあふれている。登場人物のすべてがどこかおかしい、というのも不安定感に輪をかけるのだが、特に佐藤江梨子と佐津川愛美の関係は芝居だとわかっていてもドキドキした。なぜ澄伽(佐藤)は妹の清深(佐津川)をあんなにジメジメといじめるのか。中盤までは澄伽の暴走ぶりばかりが目立つが、実はコトの発端は清深にあったりするので、最後まで目が離せない。風呂場での熱湯いじめなどはホラー映画かと思ってしまうぞ(笑)。また永瀬正敏演じる宍道が澄伽に頭が上がらない理由や、宍道の嫁・待子(永作博美)と関係を持たない理由に至っては、金田一シリーズのような謎解きで、これまたビックリさせられる。とにかくわけのわからない脚本で(誉めてます)、他に類を見ない作品だと思う。もっと笑える映画かと思っていたが、ブラックな笑い満載で不安定さに拍車がかかるし。携帯も通じない山奥の話というのも閉塞感たっぷりで、突っ走る2時間を堪能してほしい。パワーある作品です。

本気で邦画が凄い!

名作『何がジェーンに起こったか?』にも通じる世界が展開されている。
サトエリの演技は、『何が・・・』のベティ・デイビスを軽く抜いている!
CM出身の監督作品は、映像に凝りすぎて話が薄いという例も多いが、この
作品、デビュー作にして、最近の邦画の傑作のひとつとなってしまっている。
チャット・モンチーのエンディングテーマもハマり過ぎ。
こんな作品が生まれてくるなんて、今、本気で邦画が凄い!

演者がナイス!

原作は読んでませんが、大変見所のある映画です。
ストーリーにリアル感はありませんが、
一つ屋根の下の人間模様が面白可笑しく描かれています。
各人の個性的なキャラがとても魅力がありこれに尽きます。
やり過ぎ感あるシュールなユーモアもいい味付けになってますし、
自分の役割を心得た演者が素晴らしいです。
永作博美さんのウブな献身ぷりもナイスですが、
佐藤江梨子さんの傍若無人の恐さ、特に佐津川愛美さんのしたたかさ...
皆が皆輝いている作品です。

弱くてしたたかな愛すべき人たちの集合体を家族と呼ぶ

家族、というのも人間の集合体であって
必ずしも元から心を通わせているわけではない
という気持ちになり、なんだか安心させられます。
妹が家族の話を小説ではなく、ホラー漫画で投稿するってとこが
やっぱり面白いし、すごく合ってるとおもう。
家族で無ければ簡単にばらばらになれるはずのこの集合体が
ただその「家族」という言葉を頼りに繋がりあう(いや、縛り付けあう?)
その様はまさにブラックコメディだなぁ。と。
ホラー漫画って、怖いけどどこか可笑しい、茶番な感じもあって
まさにこの家族、こういった人間関係を表現するのにピッタリだな
と感心してしまいました。
音楽の入り方とか、突然漫画のコマになったり、
映画全体にテンポがあり、飽きさせない感じがいいです。
ただ、一つ一つに出来事に対して疑問を持たないほうがいいように思います。
ヒューマンドラマではなく、ブラックコメディ映画としてみたほうが楽しめます。
私は永作嫁が永瀬ダンナを襲うシーンが好き。
動物みたいに、欲しがる姿はなんか泣きそうになりました。わかんないけど。
翌日二人とも傷だらけになって、可愛かった。
人と本気で向き合うって、生傷だらけだよね・・・
なんて思ったり。
そしたら痛みも愛しいね。
全部出して、大嫌いになって
それでも離れられない血が、いつか愛しくなれたら
家族になれると思う。

スタイルのよいサトエリのコンサバティブファッションと農家の対比がまぶしい

両親を不慮の事故により突然なくし悲しみにくれる長男・穴道、その嫁・待子、
妹・清深のもとに、東京で女優をめざすために実家を飛び出した姉・香澄が帰っ
てきた。これから手を取り合って生きていかなければいけないはずのこの三兄
姉の間には、待子の知ることのない、語るにはすぎる過去があったのだった…。
本谷有希子の同名小説を映画化したこの『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』は、
原色の美しい自然の残る夏真っ盛りの片田舎を舞台に巻き起こる、兄姉妹の生
きずと鮮血の絶えないドタバタブラックコメディだ。
DVDジャケットでの仁王立ちが示すとおり、今作のキモはなんといっても主演の
サトエリ演ずる、本人の理想と現実が10000000000光年ほど乖離した超カン違
い女・香澄がどれだけ弾けることができるどうかなのだけれど、演技と知ってい
てもビクついてしまうほどの目力を武器に、好演している。
もっとも、そんな彼女がピッチ中央で暴れ回れるのも、永瀬や永作らベテラン陣
が盤石の演技で脇を締めているからこそ。特に永作の待子は、原作にあるその
不幸すぎる生い立ちがほとんどカットされているが、彼女の「幸せな家庭」への
無知なる憧れと、あまりに壮絶な人生で悲哀の感情が鈍磨したかのようなその
笑顔を見れば、原作を読んだ者ならにやけてしてしまうはず。清深のお眼鏡には
適わなかったようだが、個人的には不気味な人形作りを唯一の趣味にするこの
待子の方こそ、もっと話を聞いてみたくなった。明和電機もすばらしい端役をこな
している。
ただ、惜しむらくはこの作品は「妹が姉を本当はどう思っていたか」がわかりづら
いのだ。見る人が見れば単なる復讐譚のように思われてしまうだろうが、エンディ
ング前の居間での大立ち回りでの妹の劇中唯一といっていほどの心の叫び、あ
の言葉に含まれているのは、単純に憎悪とは割り切れない姉に対する複雑な愛
憎のもつれなのであり、そこをもう少し丹念に描いて欲しかった。

悲しみの愛を見せろ

なかなかセンスの良い映画だと思います美しい映像の中で女優を目指す自意識過剰の勘違い女
のいたぶりに耐える妹 姉との秘密の関係に押しつぶされそうになる兄そしてこれほどかと
いうくらいのお人よしで哀れを誘う兄の嫁 まぁよくこれほどブラックなものつぎ込めたなっ
て感じの映画ですがそれが面白く全く飽きずに見れます 役者陣も見事な演技左藤江梨子の
演技は怖いというか腹立たしい感じで良いし佐津川愛美という女優も暗い高校生って感じが
凄く出てて良かった 風呂に入ってる時はえらい可愛い子でしたけど 見事なブラックユーモアセンスが出ています。
途中出てくる漫画とかラストが漫画的な感じになるのが面白くて梅図かずおの世界観にとても近い作品だと思います
不幸な家族の叙情詩とでもいうのでしょうか流れが楽しいです 最後のチャットモンチーの
音楽が静かに入ってきてこの映画にピッタリな曲だなという感じで聞き入ってしまいました 文句なしです。

他のどの映画とも似ていない不思議な映画

 山間の農村。事故死した父母の葬式に東京で「女優修業」中の娘(佐藤江梨子)が帰ってくるところから物語は始まる。上京して「成功」した村人の帰還、「都会人」と農村の人々との対比。コメディ映画の導入部としてはきわめて常套的である。『カルメン故郷に帰る』を思い出す人もいるだろう。しかし、その後の展開は破天荒で、他のどの映画とも似ていない不思議な映画になっている。
 自己中心的な妹に対してなぜか強く出ることができない兄(永瀬正敏)とその妻(永作博美)、姉の理不尽な暴力と暴言に耐え(ているように見え)る妹(佐津川愛美)。いずれの人物も観客の共感を寄せつけないいびつな個性をそなえており、それでいてどこか憎めない人間味をたたえている。これは原作が舞台劇の脚本であることとも関係があるのかもしれない。ある人物の視点に立てば物語は悲劇以外の何ものでもないが、別の人物の視点に立てばまったく別のジャンルの劇にも見える。それらを総合すると、アイロニーのほろ苦さが際立つ一編の「人間喜劇」として立ち上がってくる。
 時にグロテスクで俗悪な道具立てに惑わされるかもしれないが、根本にあるヴィジョンというか物語世界を支えている世界観はほとんどチェーホフを思わせる、と言えば褒めすぎだろうか。

突き抜けない勘違い女

サトエリ演じる勘違い女の弾けっぷりが主要なポイントなのだが
私はそこにいまいちインパクトを感じなかった。
というのも彼女は大真面目に自分にすごい価値があると思っており
劣等感からくる虚勢だとか、無力感からくる根拠なき妄想などは持たない。
つまりは、ただの馬鹿女なのである。
しかも常人離れした世界観や感情表現が見られるわけでもなく
欲望過剰で規範意識が低いという凡庸な馬鹿さでもある。
なのでこれまでの人生で遭遇してきたこの種の痛い人を
少しオーバーにすればこの勘違い女が出来上がってしまう。
最初のグロ表現とその原因の馬鹿馬鹿しさを見ると
もっと弾けても良かったのではと思った。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

乱暴と待機(通常版) [DVD]
パーマネント野ばら [DVD]
クヒオ大佐 [DVD]
桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (講談社文庫)
永い言い訳 [Blu-ray]
歩いても歩いても [DVD]
嵐のピクニック (講談社文庫)
乱暴と待機 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
ゆれる [DVD]

渡辺めぐみ 清水めぐみ 北林谷栄 伊藤美由紀 渋谷琴乃 秋月三佳 江戸川蘭子 正司照江 芦川いづみ 鎌田奈津美 飯塚由衣 山本梓 青木まゆこ 早乙女愛 渚まゆみ 忽那汐里 小嶺麗奈 佐藤すみれ 仁科亜季子 中條かな子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ