サウスバウンド スペシャル・エディション [DVD]

サウスバウンド スペシャル・エディション [DVD]

サウスバウンド スペシャル・エディション [DVD]

DVD
監督:森田芳光
出演:平田満
出演:天海祐希
出演:豊川悦司
出演:加藤治子
出演:松山ケンイチ
メーカー:角川エンタテインメント
発売日:2008-03-05

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

サウスバウンド

原作を強くむさぼるように読んだ者です。
小説を映画化するときは、そのイメージやストーリーが大きく変わる可能性が高いことは十分覚悟していたのですが・・・
あの興奮、高揚感、イメージとのギャップの大きな乖離に愕然としてしまいました。
原作の大切なポイントである二郎の視点が、映画ではぜんぜん感じられなかったことが大きな原因でしょうか。
原作を読んだ方は、そこから頭を切り離して別の作品としてご覧いただくことをお勧めいたします。

ナ、ナンナンデスカ、コレ・・・?

 森田芳光はわりと好きな監督なので、封切り時まったく話題にならなかった本作でも見てみたのですが、
半分くらい過ぎたところで、あまりのつまらなさについ居眠りしてしまい、はっと気が付いたときにはエンドロールが流れていたという大失態。
いかんいかんその見逃した部分にこそこの映画の魅力が隠されてかもしれない!
なんて慌てて巻き戻して(ってDVDのバヤイはどう言えばいいのかしらん?)見直しましたが、
つまらなさ、内容の無さをむなしく再確認できただけでした。
”元カゲキハ”の一本気で無軌道な頑固おやじとその理解者である妻、そしてそんな2人を
疎ましく思いながらも慕う子供たち…という家族を描いた心温まるお話。その程度の説明で語りつくせてしまう
どうにも内容のない映画です。およそ感動とか共感といったものとも無縁です。
 何を伝えたくて、何を感じてほしくて作った作品なのかさっぱりわからないどうしようもない駄作でした。
 森田監督にはこのまま堕ちていってほしくないです・・・。

何故?

原作はこの映画の何十倍も面白い作品です。
主人公である子役の男の子の演技が下手すぎる。
中学生のカツは原作ではかなりの悪党だったが映画では全く伝わってこない。
基本的に主役である子供達の感情が一切伝わってこない。
沖縄に行く理由も映画では説明なし。
原作とは違う全く別作品としてみれば、完全な駄作です。
せめて最初の舞台だけでも浅草ではなく中野のままだったら☆2ぐらいにはしたのに…

サウスバウンド

私はサウスバウンドの原作を読んでいません。他の方々のレビューを幾つか拝見させて頂きますと、原作は良いが、映画は原作と「比較」して見劣りがするという意見が多い様に感じました。 私も原作を読んでいたら映画作品に対する感想が変わっていたかも知れません。でも私は原作と映画は全く別物と考えています。 確かに映画はラストシーンで元学生運動をしていた両親が何故子供達を置き去りにして船で逃走したのかが良く分らなかった気がします。また村の住人に許しを得て住んでいた土地が企業に買い取られ、結果不法占拠状態になっても住み続けた事は法的には許されない事も分ります。 しかし法律が絶対的に正しいとも言い切れません。サウスバウンドという映画を観て感じた事は、法的には許されない事でも、その事を基本的人権の観点から不当だと感じたならば、トコトン抵抗する事も有りかなと思いました。じゃあ何でラストで逃げたのかが説明がつきませんね…。 私は一気にこの映画を観ました。ユンボが落とし穴に落ちるシーンは笑っていました。 一つだけ難を言えば、映画冒頭でのカツアゲの演出がおざなりに感じた事です。「リリィ・シュシュのすべて」「青と白で水色」ではそのあたりの演出が目を背けたくなる程リアルな印象を受けました。これは映画作品どうしの比較なので許して下さい。 結論はエンタテイメントな作品と割り切れば面白かったと感じましたので星四つです。

原作とは同名異作

原作とはまったく違う物語として考えるべき。
間違っても、本が面白かったから、これも見ようとは考えないこと。
原作のいい面をすべて取り去ったら、こんなしょうもないものになるということ。
また、映画化されてから、原作を読んだので、キンチョールのCMのトヨエツはぴったりと思っていたのだが、これもいまいち。脚本と原作の違いという狭間の中での迷いが見て取れる。
サウスバウンドの原作のよさは、陰と陽の対比にあると思うのだが、その辺の汲み取りがまったくされていない。
だから、原作を読んで、役作りをしたであろう俳優は、脚本を渡されて、「なんだコリャ」状態だったのではないか。
結局、日本の映画製作の問題点が浮き彫りになっただけの作品。
・時間がない。
・監督名でしか客を呼べない。
・しかも、その監督も、巷間言われるほどではない。
・原作頼みのわりには、原作がまったく活かされない。
映画としても、出来は低い。
森田芳光のいい加減さというか、何かメッセージがあるようで実は何もないという点は見事に踏襲しているので、森田芳光らしいといえば、それまでだが、森田作品の中でもちょっとひどすぎる。
演技者達がかわいそうになるくらいの映画である。
最近、映画を作るときには必ずといっていいほど、
「・・・製作委員会」という名のもとに映画製作がされるが、
それだけ、日本映画が行き詰っているということなのだろう。
逆に「・・・製作委員会」というものでない映画のほうに、傑作が多いというのは皮肉である。

全体的に中途半端なかんじです

うーん、微妙ですよこれは・・・扱っているテーマや予告編をみたかんじではかなり期待していたんですけど。
なんか全体的に不完全燃焼な印象でした。エンディングも??でした。むしろ連ドラで10回ぐらいかけてやったらすごい面白いものになったてたかもと思います。キャストは良かったし。
あと中島美嘉の歌は良かったです。

原作読めば十分です。

原作からの出発で、いささか先入観はあるものの、豊川悦司のイメージもピッタリでそれなりに楽しめるのでは?と期待を抱いていたんだけれど・・・。
子役に演技を求めだしたのはいつからでしょうか?アンナ・パキンやダコタ・ファニング、ハーレイ・ジョエルオスメントを見てきたからか、演技が出来て当然という風に思ってしまいます。棒読みのセリフもバビリの見えるような立ち位置もまるで中学生日記を見ているかのようでOKを出した監督の映画に対する姿勢が分かってしまいます。
2時間弱の映画ですから、当然原作を大きく省かなければ話は進みません。しかし、祖母の出現と妻のバックボーン、主人公の男の子が成長する過程、家族の調和・・・何一つまとまりなく、唐突に話が過ぎ去るので、原作を読んでいない人はただ起きたことは理解できても何故そうなったのか疑問に感じるはずです。
原作との比較はナンセンスだが、あまりにも大きな違いがありすぎる。一体誰に感情移入すればいいのか?誰一人として演技が出来ていないのは監督が戦犯であることが、あまりにも明白すぎて頭が痛い。この作品を褒めるところがあれば、聞かせてもらいたい。
ただ、音楽の大切さを改めて理解できた。

原作は映画の1000倍面白いし、伝わるし。映画は・・・・

監督は原作をきちんと読んだんでしょうか?
がっかりにも程がありますよ。
きちんと読んで、内容を理解した上で、こういった表現なんですかね。

南の国から。

原作は読んでいませんが、映画を見て感じられるのは、団塊の世代、全共闘世代に捧げられた作品なのではないか、ということです。
森田監督もその年代に当たるでしょうか。
あの世代は、社会の中に無事溶け込めた人たちがいる一方で、理想の旗を降ろせなくなってそのままずるずるきている人もいます。
確かに、農業・・・特に無農薬野菜栽培をやられている方が多いんですね。
それに、議論好きで、正論好きな面も。
豊川さん、その点は雰囲気が良かったです。
ただ、バックグラウンドが十分に描かれないので、人物が薄っぺらになってしまいました。
倉本總さんの「北の国から」の南国版として作ったのか?と最初は思いました。
南国だけに、明るいですけれどもね。

いま改めて考えたい この世の中のこと 自分のこと

このおとうさん
すごい・・・
ちょっと眼には
時代遅れの元過激家といえるかも知れない
けど・・・その言っていること
その感性は・・・
改めて いま私たちが考えるべきことが
たくさん含まれている気がしました。
原作本も読みました。
豊川悦司のおとうさん
天海祐希のおかあさんも
よかったです。
ぜひ見てくださいね ^^

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]
ドッグ・スター プレミアム・エディション [DVD]
命 [DVD]
海猫 [DVD]
日本沈没 スペシャル・コレクターズ・エディション (初回限定生産) [DVD]
ハサミ男 [DVD]
犯人に告ぐ [DVD]
愛の流刑地 [DVD]
自由戀愛 [DVD]
プラチナデータ DVD プラチナ・エディション

叶恭子 佐津川愛美 梶原ひかり 山本みどり 泉じゅん 森ほさち 桑野通子 ベッキー 小林千登勢 日色ともゑ 関弘子 朝倉えりか 夏目雅子 松本ちえこ 後藤果萌 杉咲花 柚木亜里紗 水沢アキ 石原初音 立石凉子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ