アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

DVD
監督:中村義洋
出演:濱田岳
出演:瑛太
出演:関めぐみ
出演:田村圭生
出演:関暁夫
メーカー:デスペラード
発売日:2008-01-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

大学入学のために仙台へ引っ越してきた椎名。新居の片づけをしていると、同じアパートの河崎と名乗る男が声をかけてきた。口ずさんでいたボブ・デュランの曲に興味を持ったらしい。しかし、彼は初対面の椎名に、同じアパートに住むブータン人のドルジという青年に広辞苑を盗んでプレゼントしたいから「本屋を襲わないか?」と誘う。ドルジは河崎の元彼女の琴美と付き合っていたらしい。また買うのではなく盗むのが大切だと奇妙なことを言う河崎。 椎名は逃げ腰だったが河崎の巧みな話術にのり、気づいたら本屋襲撃に加担していた!<br> 伊坂幸太郎の人気小説を映画化。本屋襲撃の裏に隠された、河崎、琴美、ドルジの不思議な友情、かつて彼らの住む街を荒らしていたペット殺し事件のエピソード、これらには巧妙な伏線が張られており、それは原作も同様。ただ原作では映像化不可能なトリックがあり、これをどう映画で描くのかが、原作ファンの興味の焦点だったが、これを中村義洋監督はうまく料理した。見るものに目の前の世界を信じさせる巧妙な演出は絶妙で、役者もよかった。特に主演の瑛太(河崎役)と濱田岳(椎名役)は見事なものだ。読んでから見ても、見てから読んでも味わい深い本作。青春ミステリーの傑作として語り継がれる作品になるだろう。(斎藤香)

原作ファンとして気持ちの良い映画化。

伊坂幸太郎、映画化第1作目の「陽気なギャングが地球を回す」が伊坂・原作ファンとして非常に残念な作品?であり映画化だったので今回の映画も不安(作者と原作を知らない人が観て伊坂幸太郎オモンネーてなりそう)ながら観ました。が、今回のは思った以上に丁寧・原作に忠実な原作ファンとしても気持ちの良い映画化・映画でした。
この前の、お話にならない映画と比べてどこが良いかと言うと全部!!なんですが、特に良くて安心したのは、原作を「陽気な〜」みたくイジ繰り回してなく、無駄なエンターテイメントの要素なしで忠実にそして絶妙に省いて映画化していた所です。この絶妙さが映画監督のすごいとこなんだなと感心しました。そして、観る前は、あまり良いとは思わなかった俳優さんも観終わった後、良い演技・演出のおかげで「これで良い、いやこれが良い。瑛太だ!瑛太しかいねェ」のように他の俳優さんも含め自分の中でそう思えるようになってました。特に主役の人が良かったです。
今回の映画化の仕方は、原作ファンには安心して観させてくれて、読んでない方にも十分楽しめて、(読んでない方が、より楽しめるかも)人によったら原作や作者に興味が持てる、お手本のような気持ちの良い映画化だったと思います。傑作では決してないですが。
これからの伊坂幸太郎作品の映画化はこれを参考にどんどん高みを目指してファンもそうじゃない人も楽しませてくれる傑作を作って欲しいですね。なので期待を込めて、この点数です。
「陽気なギャングが地球を回す」を観てがっかりした人もこれは良いので観た方がえっすよ。

観る毎に心揺さぶられる快作。

東京から仙台の大学に進学した学生が、下宿先の隣人から、遠い異国から来た外国人のために「広辞苑」を書店から盗み取ってくると言う、些細なしかし突拍子もない企みに誘われる事から始まる今作は、伊坂幸太郎の原作に忠実でありながら、小説世界でこそ実現可能と思えたミス・ディレクションなトリックを見事に映画的技巧を以って描き、しかも全編映画ならではのエモーショナルさを発散させる快作だ。
ここで描かれているのは、青春期における友情であったり、悪い事から目を背けない勇気、意思表示(行動)の重要性であったり、コミュニーケーションを取り合う事の難しさともどかしさであったり、そしてもちろん恋であったりする。
ミステリーの要素が魅力的なため、触れられないのが口惜しいのだけれど、劇中、前半と後半の二度に渡り反復される“回想”シーンの何と哀切に満ちた事か。
あたり前の事だけど、人間はひとりでは生きていけない。繰り返し繰り返し流れる、ボブ・ディランの「風に吹かれて」が見事に作品世界にマッチしているし、アジアの小国から来た若者の視線を通じて、我々日本人が忘れつつある他者への信頼と熱いハートを思い出させてくれる。
主役2人のナチュラルな存在感(なんか言い回しがヘンだけど)が素晴らしい。
私はまず小説を読んで好感を持ち、劇場で観てその演出ぶりに感動し、更にDVDにて再見し、そして最も心揺さぶられた。
いい年をしてなんだけど、ボクはこの映画が大好きだ。

ミステリーとしても傑作、泣ける青春映画

役者陣には文句はないです。瑛太は、演技の幅を証明し、濱田岳は、存在自体がマンガちっくで、狂言回しな役回りがぴったりでした。物語を大きく動かす存在として、関めぐみは、美人で、ハッキリした性格ながら人間性の良さが合っていた。また、登場場面はあまり多くないですが、松田龍平のたたずまい、存在感が何とも言ず良かった。ということで、ちょっとだけ、大塚寧々の目の下のたるみが気になりましたが。(笑) 
本作の妙味は、一言で言えば、物語の前半部分が、後半部分を裏切る形で進むトリッキーな面白さ、全体像がだんだんとに明らかになる巧みな作劇にあります。
前半は椎名くん(濱田岳)が巻き込まれるオフビートな喜劇的な作劇で、中盤以降は河崎とブータン青年と琴美(関めぐみ)をめぐる、哀しき悲劇モードへとシフトされてゆきます。
前半部分で見せていなかったミッシングピースを、後半部分ではめていく事によって、全体像とその印象がまるで変わってくる。終わってみれば、とても心に残る、面白いプロットだなあと、感心しきりなのだけれど。前半部分が、謎を残しつつ進むので、どうもパッとしないという印象なのは事実で、私も少々「かったるい」のを我慢しながら観ました。
でも、大丈夫、どんどん面白くなりますから!! 一体、本屋を襲撃する事と、過去に起こったペット殺し事件がどのように繋がっていくか?時間軸の交錯を利用しつつも、河崎が吐く意味深な言葉。そして冒頭のショットの意図する所。全くの傍観者だと思われた椎名くんもまた、物語の中心軸に引っ張り込まれ、思わぬ形でこの物語に手を添えて行く...。

別物で考えよう。

どうしても、最初は原作を意識して見てしまうので、素直に見れないのですが。途中からは引き込まれます。皆さんが述べられてるように俳優陣が抜群です。余分なエクスキューズを持たないように、映画の後に原作の順番がいいかも。どちらも名作です。

切ないけど和む。

DVD化されるのをずっと待っていました!
シリアスでミステリアス。後味に残るのは切なさ。でもイヤじゃない。むしろクセになるかも。
しかし、切ない中にも主人公の濱田くんの純朴さが何とも場を和ませてくれます。
シリアスな場面に落ち込んでも、濱田くんが画面に映るとホッとする瞬間を与えてくれます。
私の中では今年一番の作品です。

椎名と河崎☆

原作の伊坂幸太郎の雰囲気や香りが、うまく映画の中に落とし込まれていますね。
個人的には遜色ないと思います。
根底には暗い話や重い問題を孕みつつも、コメディ色とミステリー要素に面白い存在感のある言葉を織り混ぜた、どこか浮遊感のある独特の感覚で最後まで描かれています。
ともすれば的を外して散らばってしまいかねない作品だと思うのですが、見ていて混乱してしまうこともありませんでした。無駄に謎を追わせるようなことなく、シンプルに人間物語を見れる作りなのがいいですね。伏線の張り方、見せ方、生かし方が絶妙だと思います。
決して泣き叫んだり、燃えたぎるような姿を見せるものではないのですが、そこにある心情、深刻さは強く伝わってきます。
種明かしにかけての展開は、胸がジンワリ熱くなっていきました。
物語の最初に聴くボブディランと、ネタばらしてのボブディラン。同じ歌でも、意味合いが別の響きをもたらしてくれますね。
二人の出会いは素敵でした。
簡単に割り切れないテーマで、またやりきれない悲劇であり、とても切ない物語ですが、優しさが本当に優しいと思います。
歌と一緒になんとも言えない柔らかい余韻が残りました。
キャストもそれぞれよかったのですが、特に濱田岳のキャラはこの作品の雰囲気にハマりまくっていてよかったです。あと、瑛太はうまかったですね。

最後に分かるタイトルの意味までじっくりと堪能したい作品

大学入学を機に仙台へ引っ越してきた椎名。
神様の声を持つと言われるボブ・デュランの「風に吹かれて」の歌を口ずさみながら、荷物整理をする彼の前に、河崎という隣人が現れ、隣に住むブータン人に広辞苑をプレゼントするため、本屋を襲いたいと言い出す。
突拍子もない導入部分から、
切ない物語の全貌まで、
仙台の春の、柔らかな光の映像とともに
静かに見せる。
一つのトリックが解けたとき、
同じ話が、
全く印象の違う話として、
視聴者の前に繰り広げられ、
トリックの鮮やかさだけでなく、
登場人物の胸のうちが
ヒシヒシと伝わってくる。
若い大学生ならではの
希望、
戸惑い、
勇気
そして、痛み。
ああ、だからコインロッカーね。
と納得する最後まで、ご堪能あれ!

ビックリして切なくなり過ぎて、言葉がありません

私は原作を読んでいません。
中盤以降、一気に持ってかれてしまいました。
そういうことなの・・・?
もう、ビックリしてしまって、その後に切なさが容赦なく押し寄せてきて、
あんまり切な過ぎて、もうそれを通り越してしまいました。
この作品の余韻を的確に表現する言葉は、ありません。
レンタルで観たので、何度も繰り返し観ました。
全てを知った後に観る冒頭の場面は、もうそれだけで涙が・・。
『陽気なギャングが地球を回す』は、スタイリッシュで楽しかっただけですが
この作品を観た後は、こんなストーリーを考える伊坂幸太郎ってどんな人だ・・・。
と思い、原作を読みたい、読まなければ!と思いました。
またきっと、何度も観たくなるでしょう。
「アヒルと鴨のコインロッカー」
タイトルも、素晴らしい。

切ない

回想での、椎名が歌う「風に吹かれて」が聞こえて、ドルジが声を掛けるところ、息を詰めて観ていました。
人生の転機に出会い、その後別れることになってしまった人達の事を思い出してしまい涙が出そうになりました。
「また、っていつだよ。」 そうだね。本当にそう思うよね。

近年最高作

感動した。ネタがすべて分かってから再度映し出される、ディランを歌いながら段ボールを束ねるシイナの背中。
それを見つめるドルジの嬉しそうな気持ちがこちらにも伝わってくるカメラの視線。グッときました。
すべてがジンワリと染み入る感じが至極心地良いです。
瑛太君、濱田君、龍平君、みんなを見直しました。監督もしかり。
ネタバレ知らずに、先入観無しで見ることができたことを感謝します。思い出しただけでも泣きそう…。
セルの特典はタップリのメイキングと舞台挨拶、未公開シーン集…といったファンなら見ておくべき
コンテンツだと思います。特にメイキングは必見。セル商品の醍醐味ですね。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

フィッシュストーリー [DVD]
ポテチ [DVD]
ゴールデンスランバー [DVD]
ゴールデンスランバー<廉価版> [DVD]
重力ピエロ [DVD]
アフタースクール [DVD]
サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]
オー!ファーザー [DVD]
ゆれる [DVD]
キサラギ プレミアム・エディション(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]

高泉淳子 福島和可菜 北あけみ 南風洋子 宮下順子 宝生舞 渋谷飛鳥 石渡ひろみ 牧野ステテコ 足助美岐子 武田惠子 望月美寿々 染谷夏子 植木まり子 鈴木紫帆里 伊藤沙莉 大信田礼子 貴城けい 川崎弘子 高橋朱里 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ