キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

DVD
監督:佐藤祐市
出演:香川照之
出演:ユースケ・サンタマリア
出演:塚地武雅(ドランクドラゴン)
出演:小栗旬
出演:小出恵介
メーカー:キングレコード
発売日:2008-01-09

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

グラビアアイドル如月ミキが自殺して、1年がたった。その一周忌に彼女の思い出を語り合おうとファン5人が集まった。しかし、ファンサイトの常連である彼らは、彼女がなぜ自殺をしたのかを知りたくてたまらない。そんなときひとりが「彼女は殺されたんだ」と言う。他殺説を繰り広げるうちに、ハンドルネームしか知らなかった彼らの素性が浮き彫りに。そしてお互いを犯人だと疑いはじめる…<br> アイドルの死をめぐり二転三転していくドラマが密室で繰り広げられるワンシチュエーションコメディ。主演の小栗旬、小出恵介、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅、香川照之らが、脚本に惚れて出演を決めたというほど練られたセリフがこの映画最大のチャームポイント。笑いを散りばめながら、ひとりのアイドルの死が二転三転していく展開はスリリグでさえある。そして最後には、どこかホッとするカタルシスがある愛嬌たっぷりの作品だ。脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』の古沢良太、監督は『シムソンズ』の佐藤祐市。(斎藤香)

最高の脚本

近年の邦画で小説や漫画に頼らず、
ここまで脚本の力で魅せてくれる映画はなかなかない。
映画作りは原作本探しからと思っている映画製作者に
天誅を下す良作です。

期待以上の面白み!!

塚地のファンだし、プラス「旬な」男たちが出演してるので
映画館に観に行きましたが…予想以上の傑作です(^^♪
アイドル、ホームページのカキコミ、ハンドルネーム、オッカケ等etc..
どっちかといえばオタク系のコトバとテーマなのに、
まるで舞台劇を見ているような錯覚をおこさせる展開。
良質な脚本、カメラワーク、そして出演者の個性あふれる演技力に脱帽!!
ついついオフィシャルブックも購入しちゃいました(^^)

最高のワン・シチュエーション映画!

予想をはるかに上回るおもしろさ。
あっという間に上映時間が過ぎてしまいました。
脚本・キャスト、全てが最高!
単調なシーンがない、素晴らしい・ワンシチュエーション映画です。
サスペンスでありながら、笑いも感動もこの映画1本で楽しめてしまう
とてもお得な映画。
「お前なんか毎日香で充分だ!」
気になった方はぜひ見てください!!

密室で、男5人が展開する波瀾万丈の物語

 これは、大変面白かったです。映画の舞台は追悼会の会場となった一室のみ。そこで自殺したアイドルのファンが、その真相に迫るという、ほとんどそれだけの内容しかない話です。“オダ・ユージ”が「本当に自殺だったのか?」と言い出したときに、この中に犯人がいて、それを探し出す話なのか…と先読みしていたものの、それが見事に裏切られていく感じが心地よかったです。実は互いがハンドルネームしかしらない初対面の間柄であるとか、死んだアイドル如月ミキに対して「どのような」思いを持って見ていたかということが徐々に明らかになってくると、乱闘騒ぎになったり、大興奮になったり、大号泣になったりするわけです。一つの部屋にいる5人の会話だけで話が進んでいくのですが、それだけで、これだけのサスペンス、スリル、そして感動にまで持っていくことができたのは、やはりよく練られた脚本と5人の役者の熱演によるところが大きいでしょう。
 また、アイドルの自殺の真相をつきとめようとするファンが到達した結論には、なにか「アイドル」の本質のようなものが語られていて、そこがまた面白かったです。アイドルとは言うまでもなく偶像であり、歌も下手、踊りもダメなB級アイドルに熱い思いを注ぎ、そこに心の慰めを得ようとする男たちの姿は滑稽なのですが、最後に如月ミキの姿が映し出されたとき、その滑稽さはある種の悲哀を感じさせるまでになります。彼らにとっては女神でも、客観的に見れば「これは売れんやろ」なワケですから。しかし私たちもまた、形は違えど何かしらの偶像によって、他人から見れば滑稽な方法で励ましや慰めを受けているのではと思うと、彼らのことを笑ってばかりはいられないなあと思ったり…などと、最後は身も蓋もないまとめになってしまいましたが、映画の内容を細かく語ると面白さが半減してしまうので、こんな感じで曖昧なままレビューをしめくくっておきます。

迷いなく5つ!

めちゃくちゃ面白い。
脚本が絶品です。
舞台的面白さがある作品です。
これを映画でやられてしまうとは、舞台関係者は相当悔しい思いをしたのではないでしょうか。私はよく舞台も観に行きますが、舞台でもこれだけ面白い作品はそうありません。
舞台的面白さと、映画的面白さが同時にあって、映画を観たのに舞台を観たような感覚。
ある意味お得です。1800円で舞台は観れませんから。安い!
映画館が揺れてました。そんな映画館の雰囲気も正に舞台的。
終わってスタンディングオベイションしたくなりました。そんな感覚も正に舞台的。
出演者の皆さんが素晴らしいです。クルクルよく動き、クルクル表情も変わる。この表情が接写して見れるというところは映像の良さだと思います。
最後のダンスシーンは必見です。最初はバカだなこいつらと笑い、途中から応援したくなり、
同情してきて、悲哀を感じ、ちょっと寂しくなり、それでもやっぱり面白いこいつら!となる。
人間ってバカだけど面白くてちょっと可哀相なんだな、と思いました。
とにかく面白いです!

最後にオモチャを渡された感じ

気軽に観て、立場が二転三転する登場人物達の演技やニヤリと出来る小ネタをまず堪能し、後半謎解きも楽しみ、最後バカバカしく終わって、次の日には忘れる…という楽しみ方も出来てしまう、非常にテンポのいい映画です。しかしやはり本質は、伏線マニアを悦ばせるところにあります。初見でも、「だからあの時あんなセリフ…」とか、「ああ、そういえば!」とかいった快感のオンパレードになります。
蛇足と言われるラストシーンについてですが、制作者の意図をかいつまんで言うと、「続編の構想の一端を示したものだけど、どう考えても一作目より面白くならないので作れない」とのことだそうです。そう言われちゃうと身も蓋もないのですが、どちらにせよあの終わり方には共感できるところがあるので、減点できません。
というのも、この映画には、ラストでスッキリしてなお、どんでん返しを仕込めるような深読みスペースがあるんです(というかまぁ、どんな映画にもですが)。それを探しながらもう一度観たり、深読み仲間と競ってみたりと、能動的に遊んでくれよ、という制作者の思いが表れているように思えます。単なる受け手として見るよりも、制作者の提供した遊びに、前のめりになって乗っかって行くほうが楽しいぜ、という一種の意見表明に、クリエイター魂を感じました。彼らもきっと、そういう遊びの中でスキルを磨いて行ったのでしょう。今後、本作よりもっと面白くできるような仕掛けを新たに思いついて、続編が製作されることを期待したいものです。

見るべし!

とにかく誰が欠けても成り立たない!
素晴らしいキャスト陣が大暴れです(実際は暴れてません)
ワンシチュエーションの傑作ですね。
まるで舞台を見ているような臨場感があります。
劇場公開を見逃してしまった方はもちろん
リピーターにもオススメです。私は絶対買います☆

この映画は、先が読める。

この作品は見る側の姿勢によって評価が変わると思う。
評価の高い作品だから期待して見る。
それだけならいい、が。
そこに評論家のメスのようなものを持ってみてしまうと、おそらく楽しめないと思う。
評価の低い人は「先が読めた」という。
むしろ、先が読めるように作っているとも考えられるくらい、普通に見ていれば誰でも先が読めるだろう。
私がいいたいのは、「先が読めた」という人のなかで物語の半分ほどで結論やエンディングがよめた人はいるのか?ということだ。
先が読めた、と言ってもおそらく先読みした瞬間から少しすれば映画の中で発覚する事実だろう。
そんなことより、むしろ物語の張り巡らされた伏線がエンディングに迫るにつれ、どんどん集まってくる。
始まってからの五人の行動、セリフの大半がエンディングにつながっている。
全ての謎が解け、謎解きするシーンは爽快感さえある。
早い話が、かしこまって見る映画ではない、という事。
そうすれば、面白い映画であることは間違いない。私は高評価です。
多少不満な点をいえば、全て謎が解けてから少しダラダラしすぎだったのでは?というくらいか。

キサラギ なだけに!

本当にひっさしぶりに この映画は心底感動しました!
何か月も上演を楽しみにしていたにも関わらず その想いを上回る面白さ。
内容ももちろん キャストも素晴らしいです。
滅多に出会えるもんじゃありませんよ この感触。
ツッコミ・泣き・笑いどころ満載 本当に忙しくて面白い。
早くDVD観たい!
引きこもりそうです。

アイドル・オタクは私だ

この作品を観て、どうしてもキモい感じがして嫌悪感が否めなかったオタクさんたちを、だいぶ身近に感じられるようになりました。
出演俳優たちがカッコいいor作りこまれたキャラがかわいいから好きになれる、というのももちろんありますが、それ以上に、彼らの心理に共感できるのです。
愛と嫉妬、これにつきます。あの人が好きで好きで仕方がない、だから客観的にはブザマなこともいくらでもしてしまうし、自分よりあの人に近づける人(とりわけ同性)が憎たらしくて絞め殺したくなる。自分が誰よりもあの人のことを知っている、と主張するために犯罪すれすれの愚行すら犯してしまうヤツも出てくるけれど、そこまでしてあの人を思える気持ちは他のヤツラも理解できてしまう。
この高揚したファン心理、人を本気で好きになったことのある人間なら誰でも一度は体験したことがあるものではないでしょうか。その心理がおもしろおかしく、ときに切なく、そして何より上質のストーリーのもとで表現されているから、この作品は最後まで興奮しまくって観終えることができた後、そこに「私」が感情移入してしまう「私」の一部を確実に発見することができるのです。
オタクの思い、自分も持ってるなあ、とここまで軽やかに痛感させてくれる大傑作は、なかなかありません。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

アフタースクール [DVD]
サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]
鍵泥棒のメソッド [DVD]
アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
シュアリー・サムデイ スペシャルエディション [DVD]
ボクたちの交換日記 (DVD初回限定版)
スイッチを押すとき [DVD]
僕の彼女はサイボーグ [DVD]
下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]
ウォーターズ 通常盤 [DVD]

佐藤さくら 鈴木奈々 藍とも子 仁藤みさき 生野陽子 相澤仁美 梶三和子 中原理恵 梓英子 八木麻紗子 MEGUMI 高塚恵理子 箕輪はるか 應蘭芳 RIKACO 月丘夢路 竹下景子 美保純 大川栄子 小西寛子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ