恋しくて [DVD]

恋しくて [DVD]

恋しくて [DVD]

DVD
監督:中江裕司
出演:石田法嗣
出演:東里翔斗
出演:山入端佳美
出演:宜保秀明
出演:大嶺健一
メーカー:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007-10-26

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

恋しくて [DVD]

沖縄を舞台にした映画を撮り続ける中江裕司監督の最新作。今回は沖縄よりも南に位置する石垣島を舞台に、バンド活動を通して成長していく高校生たちの姿が描かれる。つまりノリ的にはかなりストレートな青春映画の作りなのだ。出演者たちが実際に素人の若者だったりするので、その彼らの成長っぷりが劇中の登場人物の成長と重なっていくところもおもしろい。またキチンと石垣島の文化を入れ込んだ作りとなっていて、それも楽しめる要素ではある。ただ個人的に引っ掛かってしまったのは、そのいい意味での素人感あふれる芝居は、全体を引っ張っていくには厳しいということ。中江監督の演出の魅力は役者たちの演技を変にあざとく演出するのでなく、素朴にその魅力を伝えていくところ。だからその演出と役者たちの素人演技が合わさってしまうと、誰も映画を引っ張ってくれないのだ。今回みたいな内容の映画ならぱ、もう少し監督の演出で、青春モノならではの熱さと切なさをもっとあざとく見せてでも全体を引っ張ってほしかった。またせっかく音楽を中心に置いたはずなのに、曲によっては途中で歌がブツ切れしまくりなのはガッカリ。監督の音楽への愛情のなさを逆に感じてしまったのだ(尺の問題で切らざるを得ないのはわかるけど)。つまらなくはないのだけど、なにやら傑作になりそこねた“惜しさ”の残る作品だ。(横森 文)

ほとんど素人の出演者たちの元気いっぱいさが微笑ましい

それぞれの役の成長が、キャスト自身の成長と重なって、初めはみんな普通の高校生なのだが、映画のストーリーが進むに連れ、ちょっとずつ大人になっていくのが分かる。特に、加那子役の山入端佳美が、映画の中でどんどん魅力的になっていく。
文化祭出場のバンドを審査(審査員の音楽の先生がハゲ頭のオッサンなのにロックギターがメチャメチャ上手かったりする)する場面では、普通なら主人公たちの歌うシーンを描くところを、画面は彼らの演奏終了シーンから始まって、次の女の子グループの魅力的な演奏をたっぷり映し、それを見ている主人公たちの落胆ぶりを見せる。
空手大会の場面も加那子のみごとな演技のあと、どうなるかと思いきや、何もないまま次のシーンに行ってしまう。そうしたことの連続。このズレからの独特のリズムが面白い。その感じが登場人物の、いい意味での抜けた感じ、ゆったり感と連動している。
全編に渡り、歌の魅力で物語に惹き付けられるという面も大きかったように思う。
1980年代後半(前半も?)の歌謡曲、沖縄の民謡、等々、どれもいいし、ジャズシンガー与世山澄子さんの歌う「What a wonderful world」の本物の素晴らしさ。そして、BEGINの「恋しくて」は当然ですね。ラストはなんとBEGIN本人たちも登場してのライブ演奏!! 
わかりやすいストーリーだが、その分少々物足りなさも感じないでもなかった。加那子とセイリョウの行方不明の父親との関係をもう少し浮き彫りにしてもよかったかも。
ともあれ、方言には字幕がつくし、ある意味ドキュメンタリー映画を観ているような面白さもある。「ナビィの恋」は傑作だったけれど、本作もなかなかの秀作でした。

ライブシーンがなかったら星ひとつ

 タイトルに書いたとおライブシーンがなかったら間違いなく星ひとつです。
 まずストーリーに「コレ」といったものがなかった。それはたぶんバンド大会だったり、の恋の行方だったりするんだと思うのだが、なんか盛り上がりに欠けるような気がした。
 次に方言です。多分沖縄色を強くするために沖縄出身の人でないと分からないような沖縄弁を使ったのだと思うのだが、もう少しマイルドにしてくれても良かったのではないかと思う。
 唯一の救いはライブシーンが盛りがった所。バンド大会の「狙い撃ち」だったり、東京の本戦で歌った「恋しくて」、それから最後のBIGINのライブシーンは良かった。そこがなかったら、間違いなく星一つにするところです。
 購入するほどの作品でもないと思うので、興味のある人はレンタルで済ませることをお勧めします。

ガッカリだな

観れば分かります。ナヴィ、ホテルハイビスカス、パイナップルツアーズがいかに傑作かということがハッキリ分かります。青春バンド映画にしては、スウィングガールズに予算負け、リンダリンダリンダにセンス負け、監督は老人や子供を題材に撮った方がいいもの作れるよ。映画自体ハイビスカスのつくりに似ているし、時間かけて見せないといけないところを見せないし、恋物語も中途半端。はじめて練習したとき妙にリズムはしっかりしてるし、いきなりブルースに転向したり、根本的にリアリズムに欠ける。これをチャンプルー映画って言うなよな〜。バンドに興味がないのに映画を作るとこんなものができるんだなと勉強になった。だから今回チェケラッチョの勝ち!あ〜あ、がっかり、わじわじーするさぁ〜。

あの日の気持ち

過去のレビューを見てもらえばわかる様に僕は決して無類の映画好きなどではない。
だから、映画評論家の様な比較レビューを書くことはできない。
だけど、過去に一度地元を離れて夢を追いかけたことがある。
夢は破れたけれども、こういう作品を見ているとあの旅立ちの日の気持ちを思い出させてくれる。
内容的に中途半端感が満載なのは百も承知だけど、僕はこういう作品が好きだ。

青春

忘れてた青春を垣間見た感覚・・・
素人のキャストたちの成長もみられ、じーんときます(^^)
オススメです〜

元気いっぱい 屁もいっぱい

八重山の自然と民族意識、そしてその文化と人情が
そこかしこにちりばめられた作品。
ワンダフルワールドなど 好きな歌もたくさん
入ってるし、屁もいっぱい (笑)
青春映画としてもすがすがしい

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ホテル・ハイビスカス [DVD]
ニライカナイからの手紙 [DVD]
ナビィの恋 [DVD]
旅立ちの島唄~十五の春~ [DVD]
南の島のフリムン [DVD]
てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ [DVD]
ホテル・ハイビスカス 新装版
がじまる食堂の恋 [DVD]
涙そうそう スタンダード・エディション [DVD]
カフーを待ちわびて [DVD]

夏居瑠奈 久万里由香 美山加恋 水沢有美 松井康子 渡辺典子 竹井みどり 筑波久子 宮園純子 羽野晶紀 正司花江 三船美佳 堀北真希 黒田百合 浜崎あゆみ 荒井乃梨子 岩井友見 万里昌代 吉岡美穂 村松英子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ