憑神 [DVD]

憑神 [DVD]

憑神 [DVD]

DVD
監督:降旗康男
出演:妻夫木聡
出演:香川照之
出演:西田敏行
出演:赤井英和
出演:江口洋介
メーカー:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2007-12-07

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

憑神 [DVD]

しがない下級武士の別所彦四郎。幼い頃は文武に優れ、秀才の誉れ高かった彦四郎だが、ある事件をキッカケに婿養子に行った家から離縁され、兄の家に居候する身だった。そんな彼はささやかな出世を祈って神頼みするが、よりによって祈ったお稲荷様が災いを呼び寄せるお稲荷様だったからサア大変! まず真っ先に彦四郎のもとへ来たのは貧乏神だった。<br> まるで落語のようなユニークな物語を、情感あふれる映像で綴りあげた懐かしいタッチの作品。今ドキの早いテンポの笑いに見慣れていると、そこまでスピーディではない分、“笑い”の要素は薄いが、手堅い演出とストーリーで最後まで飽きさせないで見せてくれる。妻夫木聡の演技も素晴らしいが、思わずニヤニヤしてしまうのが“ちびまる子”役でおなじみの森迫永依演じる“おつや”。童女の姿をしているが、実は1200歳の死神という設定で、まさにオトナを喰うような、時に艶っぽくも見える演技をしていて見逃せない。他にも貧乏神役の西田敏行など、出演するキャラクター全員が本当に魅惑的。そんな彼らの演技が、ユニークな話の裏側に見え隠れする、生きる目的を見つけることの大切さや人生の素晴らしさといったキチンとしたテーマを観ている私達の心にサラリと織り込んでいくのだ。(横森 文)

思っていたよりは面白かった

内容的にはまずまずです。
主演の妻夫木聡さんは今1番人気の俳優さんだし
脇を固める俳優も西田さん、香川さん、江口さんと芸達者な人ばかり。
でもこの内容で映画化することはなかったかな。
テレビドラマでは視聴率が取れないからかな。
劇場に見に行こうかと考えてましたが、行かなくて正解だったかも。
余談ですが現代に戻るエンディング前のあのシーンは絶対要らないです。
あのシーンのせいで、「憑き神」が学芸会レベルに落ちました。
ああいうことは自主制作でなら許される行為です。

キャストは豪華で面白いですが

映画版憑き神
キャストは皆、個性が強いです。
西田敏行氏は相変わらず演技が上手く
森迫永依ちゃんは子供らしい可愛さがありました。
ただ、ストーリーが最初はコメディだったのですが
途中で感動物みたいものに変わったと思います。
個人的にこの映画で何を伝えたいのか分からない作品でした。

期待しすぎは禁止

正直物足りない。レンタルで正解でした…意外に最後の方はきれいにまとまってまってたのもなんだか、納得できず。CMなどのイメージでもっとコミカルな作品だと思っていたので余計に物足りなく感じてしまいました。俳優人んの豪華さだけでいまいちパンチがない。こじんまりとして、テンポが悪い、というかどこに向かいたいのかいまいち分かりにくい。個人的にすどい中途半端に感じました。米米のテーマソングだけが突っ走りすぎてて、なんか最後まで締まりが悪かった。

まあまあかな〜

西田敏行さん演じる貧乏神が面白かった。佐々木蔵之介さんもいい加減なお兄さん役がぴったりで面白かった。彼は演技上手いなあ。佐藤隆太も良い味だしてた!
でも、物語的に、終盤ちょっと見てて疲れてきた。
もうちょっとまとめても良かったのかも?

軽くそれなりに楽しめるかもしれない

やっと観ましたが、あれだけ公開時には評判が良かった内容がこれですか。
ますます評論家やら、映画紹介の番組が信じられなくなる。
みんな本当にラストまで観たのか。
一応時代劇で、妻夫木聡、佐藤隆太ら、話題の若手が出演、
テンポが速く、コメディものなので、若い人向きで軽くは楽しめます。
ストーリーも憑神らをめぐる騒動だけではなく、
幕末の動乱における主人公の武士としての心意気が描かれているのはいいのですが。
他にも最近活躍中の、佐々木蔵之介、鈴木砂羽、香川照之、江口洋介、
脇を夏木マリ、西田敏行、赤井英和が固めていて俳優陣もみどころですが…。
軽すぎて早すぎる展開は、上っ面だけで非常に物足りない。
それでも終盤前まではそれなりに楽しめたが、
極めつけは、あのラスト。
すべてぶち壊し。
降旗康男監督って、これですか。
中村橋之助主演、脚本・演出:G2の舞台版を観ましたが、
本格時代劇で、興奮できて、大笑いして、涙して非常に面白かった。
こっちのほうが、きっと本来の原作の味なのだと思った。
同じ題材でも、こうも変わるものか。

CG過多

浅田次郎の作品はしっかりとした時代考証の上に成り立っているので、
例え軽妙な掛け合いの間にも重厚な世界観を感じる。
そこがかっこいいと思う。
しかし、今回の映画ではCGの使いすぎが目についた。
神という超常的な存在と人間が同じ場所で掛け合いするのだから、
いろいろと特殊効果が入るのは分かる。
だが、この作品ではその使い方がいくらなんでも露骨すぎて
全般的に軽妙ではなく安っぽくなってしまっている。
実力派の役者をそろえいるだけにとても残念だった。

妻夫木くん滑舌が悪いよ

期待していただけに落胆しました。
徳川慶喜が出てきたり、勝海舟が出てきたり、
結局なんなの?というつまんないストーリーでした。
それと、ベテラン俳優陣は良い(特に香川照之は上手い)が、
若手の俳優が時代劇慣れしてなくて台詞回しが下手です。
主役の妻夫木聡くん、忙しいのは分かるけど台詞の滑舌が悪すぎ。
最後にお台場をバックに祠が出てきて浅田次郎さんが顔見せ・・・
決定的なしらけ映画でした。

どこに焦点をおいていいかわからなかった

予告編をみて、ヒューマン時代劇コメディかなぁと思っていたけど、
ぜんぜん違っていて ええ〜?!
ブラックコメディあり、人情話あり、幕末・変化する時代に翻弄されてる主人公、
それに憑いてくる神様、悩むつまぶき、けっきょくは武士道!…みたいな
ごちゃごちゃした話で、主軸がどこかわからず、
なんだかふわふわしていて気持ち悪かった。
ラストの原作者登場にびっくり。で、米米クラブで盛り上がって終了。ポカーン。
えええ!?

降旗康男×浅田次郎コンビに2匹目のドジョウはなかった

降旗康男×浅田次郎コンビは「鉄道屋」で大ヒットさせたが、さすがに2匹目のドジョウはなかった。降旗監督は高倉健との相性が良いのか「鉄道屋」のほかに「駅 STATION」や「冬の華」などで高い評価を受けている。でも、その合間にいまいちの作品も多く作っている(時代劇では「将軍家光の乱心 激突」などはかなり悲しい作品)。この作品もいまいちの部類か。
貧乏神、疫病神、死神の3人の困った神様に順番にとり憑かれた主人公がどのような運命をたどるかが見ものの作品のはず。そこに納得性があまりに欠如している。貧乏神が宿替えする理由は良くわかりそれまでの過程は結構笑えるのだが、疫病神や死神の主人公に対する気持ちはいまひとつ伝わってこない。特に死神が主人公の気持ちを理解し恋までするくだりが観ている者には全然伝わらない。結局、最終的に何を訴えかけたかったのかわかりにくい作品だった。現代にわざわざもってきたラストのオチもわかりにくく、あのようなラストを設定する必要があったのかが疑問だった。
俳優人を豪華にしているのにこれではもったいないし、浅田次郎の作品に頼りすぎたのか降旗監督作品としては冴えない。全体的には残念な作品になってしまったのは間違いない。

妻夫木にはムリ

妻夫木聡には時代劇はムリでした。
西田敏行扮する貧乏神とのやり取りを見ていて、あまりの格の違いに悲しくなりました。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

パッチギ! (特別価格版) [DVD]
地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD]
SHINOBI プレミアム版 [DVD]
CASSHERN [DVD]
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]
鍵泥棒のメソッド [DVD]
転々 プレミアム・エディション [DVD]
魔界転生 [DVD]
天国の本屋 ~恋火 [DVD]
おくりびと [DVD]

中丸シオン 藤江リカ 加山麗子 阿部知代 松尾嘉代 南麻衣子 桂木文 岡本綾 金澤美穂 姿美千子 吉村涼 南野陽子 瞳麗子 大塚良重 近野莉菜 高橋靖子 西村理沙 涼風真世 八千草薫 辺見のり子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ