BROTHER [DVD]

BROTHER [DVD]

BROTHER [DVD]

DVD
監督:北野武
出演:ビートたけし
出演:オマー・エプス
出演:真木蔵人
出演:加藤雅也
出演:大杉漣
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2007-10-26

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

何か笑える

スマートな笑いとでもいうのだろうか?
世の中をスマートに皮肉れるのは流石たけしさんという感じですね。
的外れじゃない、負け犬の遠吠えじゃない、支離滅裂じゃないところが流石という感じです。
人間の本性を剥き出しにし、社会の歪みを的確に指摘する、というのが北野哲学なんだなぁと感じました。

思っている以上に表現が細かい

たけし監督によるバイオレンス映画。アメリカでのし上がりそして破滅していく様を描いている。
タイトルは最後の場面のセリフから引用したもの。
細かい所まで表現しているのでDVDで見た方がより深く楽しめるのでは?と思う作品です。

Cool!

北野武の映画は話のリズムや間がまるで音楽を聞いてるように入りやすく、見やすい。
世界観、最高です。
テレビでしゃべっていた時の北野武とはまったく別人。
まったく別として見ないとダメだなと思います。今の日本映画みたいに泣かす、恋愛映画には寒気がするなか飾り気や誤魔化しがなく、バリバリのヤクザ映画のようで一味も二味も違う。
観るべき!

2度観て気づいた

武の映画の中では嫌いな方でしたが、約10年ぶりに見て、
今更ながら、いくつか気づいたことがありました。
主人公がロスのホテルに着いたあと、ふとタクシー運転手の顔を思い出したり、
やけにタバコ吸っちゃったりと、外国に緊張しているらしき描写があること。
最初のマフィアを叩きのめしたあと、主人公が弟を殴った理由。
弟分の加藤が、自分の頭を撃ち抜くほど切迫していた理由。
浜辺のボール遊びシーンでも、バスケのシーンと同じように、小さい体でムキになってる加藤。
白瀬の暴走に危機感を抱きつつも、白瀬を抑えきれない主人公の心情と苛立ち。
主人公が2、3度「帰ろう」と口にすること(ただ単に「うちに帰ろう」と言っている風には聞こえない)。
主人公が兄弟分から逃走用にもらったバッグが、ラストでまた逃走用に手渡されていること。
荒削りでナルシスティックな暴力映画だと思っていたのに、
緻密で切ない演出が随所に仕掛けられていて、急に愛おしく思えてきました。
あと、雀荘にパット・モリタがいた。

エンドロールまでしっかり見れる

個人的にはZEEBRAとACTION(真木蔵人)の楽曲から入って、本編を見たクチです。
感想としては「カッコよかった!」
特に寺島進が自殺するシーン!!
しばらくヤクザものを見てなかったので、あの任侠心みたいたものに痺れました!
あと最後のエンドロールの音楽もかっこよかったです!
なんだか浅いレビューでごめんなさい(>_<)
おすすめ!!!

北野監督最高傑作!

本作では、北野監督のトレードマークである傾いだフレームの水平補正が2カット目にやってきます。
海外のマーケット、特にアメリカのマーケットを意識して作られ、結果、北野監督自身が「もう海外では撮らない」とどこかのインタビューで語ることになった作品です。また、興業面でも、評論の場面でも評価はあまりよくなかったようです。
でも、私には、数ある北野監督の名作の中でも最高傑作と言ってもいいような気がします。
いや、最高傑作です!
あまりに激しい暴力表現が観客を選んでしまったのは残念ですが、しかし、このテーマでは、ヤクザ映画でなければならなかったのだと思います。
つまり、その本流とか正当とか、そういう意見ではないという意味でヤクザなわけですから。
組長が殺され、警察幹部の介入で反目の組織に吸収合併を迫られた主人公のヤクザ幹部山本(ビートたけし)は、その要求を拒否する。
しかし、弟分の幹部(大杉蓮)は、詰めたエンコを差し出して、土下座しながら妻や子供のことも考えれば、そうするより他に生き残れないのだと組を抜けることを認めてもらおうとする。
山本は激怒して、長どすを抜き「てめえ、それでもヤクザか?」と踏んだり蹴ったり。
それでも弟分は、亀のように丸くなって、ただ土下座をくりかえす。たぶん家族のために。
これは、映画の最初の方に描かれる場面の一部です。
一応、表面上は、ヤクザの世界の話として描かれていますが、私には、色々な世界で、こういう話を見聞きするような気がしてきます。会社でもいいし、政治の世界でもいいし。あるいは、国際政治の場面でもいいし。例えば、日本とアメリカは戦争をしていましたね。第二次世界大戦が終わってからも。色々と。経済戦争とか。
昨日まで敵対していた組織の一員になるって、どんな感じがするんでしょうね?
結局、山本の舎弟(寺島進)のとりなしで、反目の組織に入った弟分(大杉)は外様として屈辱的な扱いを受け、山本の魂(タマ)を取って来いと言われる始末。
山本は弟分に拳銃を差し出し「だったら、とれよ」と言う。しかし、弟分は殺したくないので海外に逃げて欲しいと頼む。山本は、弟のいるアメリカに行くことになる。
何だか、身につまされる話です。外様では、どうしても忠誠心を疑われる場面が多くなりますね。まるで、元夫とどんなだったか聞かれる再婚妻のような立場です。組織で言えば、出身母体の違いでいがみ合う銀行みたいなものだとか、あるいは出身大学がどこだとかで、色々ありますよね。複雑怪奇な人間関係が。
アメリカに渡った山本は、アメリカ人のようになった弟(クロード真木)と再会する。末端の売人になっていた弟は、上の組織の人間から上前をはねられ搾取される情けない奴に成り下がっていた。
山本「シマをとってしまえ」
弟「上の組織が黙っちゃいないよ」
山本「だったら戦争だ」
ここまで来ると、いよいよテーマがはっきりしてきます。
ここまで読まれて興味を持たれた方は、是非、ご自身で映画をごらんになってくださいね。
ヤクザ映画の表面を持つ重層構造を堪能して欲しいです。

見事

主人公の山本というヤクザは抗争の果てに日本を離れ弟の居るアメリカに渡るが、そこでもマフィアを相手に戦うことになる。
ここから先はややネタバレ。
この作品、登りきれなかった登山のような印象を受けました。
登っていく過程は面白いがある地点で行き詰まりそこからは下るだけ(この映画の場合は転げ落ちるといった感じですが) 下山は苦痛なものですし登頂出来てないなら尚更。
しかし山を下り切った後のオチは見事だったと思います。
逆にあのオチに辿り着く為に登頂させなかったと考えると中盤の失速もある意味必然。
なのでこの映画はオチに感動出来るかで評価が決まる映画だと思います。
客観的に観れば格好付け過ぎな気もしますが個人的には痺れましたね。

カルフォルニア・ロール

初めてエンターテイメント性をあからさまに打ち出した作品とはいえ、本作を例えるなら北野映画のようなVシネマ。
北野武、真木蔵人、大杉蓮、寺島進、彼らの存在感と、自分が25年来の「たけしファン」なので大甘採点。
場面単体では凄味のある「暴力」シーンも多々あり魅せてくれますが、これって北野映画のオマケみたいなモノ。
「その男凶暴につき」や「ソナチネ」のような作品全体に張り詰める独特の緊迫感は薄い。
それに過剰にデフォルメした、リアリティーの薄い渡世人の義理人情にも????
北野監督の欧米で評価が高いのが、悪循環になっているような「変なヤクザ映画」だ。

お世辞を真にうけちゃいけないよタケちゃん

欧米では誰も評価してません。リップサービスです。タランティーノあたりは裏で舌出してバカにしてるんじゃないでしょうか?クローネンバーグは歯牙にもかけてないでしょう。コーエン兄弟は分かりません。黒澤明と肩を並べたと思ってるのは本人だけ。滑稽過ぎます。とんだお笑いです。自己模倣に次ぐ自己模倣。Vシネマの出来損ない。私も漫才ブームの頃からの大ファンですが近年のテレ朝とくっついてからのビックマウスぶりには心底嫌気がさします。昔の世間に毒を吐きまくっていた頃の方が遥かに自分自身に対して謙虚だった気がします。この映画のビートたけしは本当にカッコ悪い。ハッキリ言ってダサいです。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ソナチネ [DVD]
HANA-BI [DVD]
その男、凶暴につき [DVD]
アウトレイジ 最終章 [DVD]
アウトレイジ [DVD]
アウトレイジ ビヨンド [DVD]
座頭市 <北野武監督作品> [DVD]
菊次郎の夏 [DVD]
3-4x10月 [DVD]
キッズ・リターン [DVD]

片山さゆり 野中美郷 鎌田奈津美 石原初音 藤谷美紀 宮城千賀子 夏圭子 岡崎友紀 清川玉枝 遊井亮子 赤嶺寿乃 飯窪春菜 前田憂佳 三崎千恵子 里田まい 円城寺あや 大楠道代 大信田礼子 月丘千秋 毛利菊枝 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ