HANA-BI [DVD]

HANA-BI [DVD]

HANA-BI [DVD]

DVD
監督:北野武
出演:ビートたけし
出演:岸本加世子
出演:大杉漣
出演:寺島進
出演:白竜
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2007-10-26

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

良かったです・・・。

単純に楽しく観られましたね・・、ソナチネ、3-4x10月、的な要素を含んでいて、あの手の雰囲気が好きな僕としては、今作もある意味安心して最後まで観る事が出来ました。
北野監督の作品の好きな所は、現実の残酷さをこれでもかと言う位描いている所。
「嫌だなぁ・・・。」と思ってしまうシーンが結構あるんですよね、言葉使いも荒っぽいし、暴力描写も多い・・・しかし、何故か僕はそういう所に、嫌と思いつつも、惹きつけられるんです。
それは、どんな人でも味わう現実の過酷さ、それを例え娯楽であれ、ちゃんと描いてくれると僕のようなシニカルなタイプの人間には、違和感が無く写るのかもしれません。
変な奇麗事をつらつらと描く作品では無い、強烈な現実感・・・それが北野監督の僕が感じる一番の魅力ですね。

ベネチア映画祭受賞作品!

だからと言う理由で見に行った訳でもないのだが、この頃の北野作品では北野武監督・脚本・編集までしている。この作品も最初のストーリー展開も編集の技だろう。相変わらずバイオレンス性も冴えているがどの作品にも共通しているのが見ている側にも伝わってくる痛みだ。そしてリアルさ。だけど音楽は優しい。岸本佳代子がほとんどセリフのない役を好演。ラストの二言のセリフが見ている者の胸を打つ。

たけしファンを誇れる作品

私は長年のビートたけしさんファンであるが、その点を割り引いても同時代に
作られた映画の中でこの作品を超える日本映画は見当たらない。この作品が作
られたのはちょうど1998年であり、バブル経済が崩壊し日本中が希望を失い、
生きる意味を模索していた時代であった。
自らが意図しないにも関らず、周囲の環境に否応なしに巻き込まれていき、自
らの人生に深い傷を負いながらも、愛する人を守るため、たとえ犯罪に手を染
めたとしてもそれでも生きていかざるを得ない人間のサガを見事に描いた作品
である。
きっと北野武氏は、人生の光と同時に闇についても深く知り抜いているのだろう。
一部で本作品に対して、人の死を軽んじている等の批評を目にするがまったくの
的外れである。北野武監督の作品は、確かに人の死や暴力を残酷にまで描くが
その描写はリアルを極め、人間の生および死、理不尽さが確かに伝わってくる。
現代が必死に隠そうとしている死や暴力、病や悩みが確かに存在し、それを我々
はいずれ直視しなければならないことを本作品は教えてくれる。

動かない人

動かない人物、ただ立ち尽くしあるいは座ったままで感情を表している。時に怒り、時に悲しみを。
たけしの車のボンネットに弁当を広げていた作業員、対峙するたけし、沈黙ののち、一瞬の暴行と流血。そこには「静と動」が見事に(ほとんど教科書のように)衝撃をもたらすムービーの一つの性質が表れている。
北野監督は動かない人物が緊張感を醸し出すことをよく知っている。沈黙もまた見る者に多くを語りかけてくることも知っている。
では黙って下を向く岸本加世子にとって「動」は何だったのか?もちろん暴力ではない。それは「雪がみたい」という「わがまま」であり、花火がはじけた瞬間の笑みであろう。前半の沈鬱がこのシーンを無性に愛しいものとし、ラストに泣いてしまう理由である。
やくざが弱すぎる、なんてことは気にしてはいけない。

愛と狂気

北野武のファンではありませんでしたが、これを見て興味を持ちました。
北野武の愛と狂気がとりまぜてある作品です。
狂気は、愛にも正義にも何にでも表れるもの、また、悪との交差、しかし、あまり違いはないのでしょうか?
最終的に、悪でも正義でも何でもない、愛に行き着いた、と思われます。

ソナチネとは別のキタノブルー…

この映画もソナチネもキタノブルーのエリアだが この作品は運命のバイク事故後初の主演映画である…以降顔面麻痺によりタケシのキラースマイルとも言われたそのやんちゃな笑顔は永久に幻となった…ソナチネの危うい透明感の衝撃を改めて証明した作品でもある 今では幻となったソナチネでのキラースマイルの輝きが思い出されてならない…ソナチネを唯一無二の神映画だということを証明したキタノブルー それがこの作品の役割である気がしてならない…

枯山水に落ちる

HANA-BIで印象に残った場面を書く。
主人公(北野武)と妻(岸本加世子)が、枯山水の庭園に誤って何かを落とす。
庭を踏まないように、おそるおそる拾おうとするが、少し届かない。
そのうちに、庭に手をついてしまう。
無理に手を伸ばしてバランスを崩したのだ。
枯山水の秩序を乱してしまった二人。
そして、二人はどっと庭に踏み込む。
私の感想・・・
枯山水は社会。そこには、法律や道徳などのルールがある。
一方で、個人の求める幸せは社会に落とされた落し物。
恐る恐る手を伸ばしていて結局手に出来ない人も多いはず。
また、バランスを崩して社会のルールに抵触してしまう人も。
映画の主人公は、病の妻の最後を一緒に過ごしたいだけ。
しかし、主人公の過去が邪魔をする。
主人公は妻と一緒に過ごすために、暴力や銀行強盗など社会のルールを破ることを選ぶ。
彼は、進んで枯山水に足を踏み込む人となった。
自分が落とした何かを拾うために。
それも、自発的にではなくちょっとバランスを崩したことがきっかけで。
誰が彼を責めることが出来る?
個人の幸せと社会のルール、望まずして社会のルールに抵触した人々の想いを代弁するかのような世界観が見事に切り取られている。

何度観てもいいですね。特に、久石譲 サントラ 酔いしれます。

公開当時から何度となく鑑賞しておりますが、改めていい作品だと思いました。北野監督らしくちょっと癖はあるが肩の力を抜いた自然な演技で淡々と静かに物語は進行していく。自然など空間を生かした独特の間が心地良いが、反して、言葉使いも表現も極めて冷酷で容赦ないバイオレンス描写に目を背けたくもなるが、テンポが良いのでスカッとしていて気持ちよくも感じる。極端な色彩のコントラストを見ている様で、それがかえって強いインパクトとして脳裏に焼きつく。純粋で素朴な愛と冷酷なバイオレンス、相反する2つの要素が旨く絡み合い、そして終焉は静かに訪れる・・・。あと特に印象的だったのは音楽。これまで何度か北野監督の作品に楽曲を提供している久石譲さん(宮崎駿監督作品など数多くの映画に楽曲を提供)のスコアが絶品です。優雅なヨーロピアンに哀愁漂うメロディ、サントラを手に入れ酔いしれました。劇中に登場する絵画は北野監督の作品。心が篭もってますね。賛否両論はあるようですが、こういうリアリズムは本当好きです。マーティンスコセッシ作品(ロバートデニーロ、レオナルドディカプリオなどの演技派と数多くの名作を撮った監督)などにも通ずるセンスを感じます。この作品、私は大好きです。

西欧人だましの駄作

最初から西欧人受けを狙おうという意図で「花火」ではなく「HANA-BI」としたのではないか、と疑いたくなるような作品。「その男、凶暴につき」のようなシンプルさがなく、下手な情感的細工をしたために作品の質が低下してしまっている。そもそも独りよがり的で必然性の低いシナリオに問題がある。後半、主人公が追跡される話にしても、やくざや刑事がどうやって彼の足取りを追いかけることが出来たのか、刑事の方はまだ「お札」を見ているから少しは説明になっているものの、そのあたりからしてシナリオの構築は弱体である。演技の付け方も悪い。岸本加世子は全く病人には見えないし、ともかく全体に彼女の演技は臭すぎる。それ以外の登場人物の演技も型にはめすぎている。さらに鐘突きの場面の親子のへたくそな演技、海岸でタコをあげている少女の不自然さなど、列挙すればきりがない。こういうものをヒューマニズムというのなら、まだ今井正の社会主義ヒューマニズムの方がレベルは高い。こういうものをベネチアに持って行くことを恥ずかしいと思わないのは、恥の文化という日本の伝統がいまのメディア人間に欠落してしまったからかもしれない。

恥ずかしい

武映画人気というものは作られたモノだといい加減みんな気付くべきだと思います。
誰がどう観たってこんなのクソだって。で出て来る絵がまた本当にクソなんだ。ホントどこからどこまでもクソクソクソの連続。観ててホント恥ずかしくなる。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ソナチネ [DVD]
その男、凶暴につき [DVD]
BROTHER [DVD]
菊次郎の夏 [DVD]
3-4x10月 [DVD]
座頭市 <北野武監督作品> [DVD]
アウトレイジ [DVD]
あの夏、いちばん静かな海。 [DVD]
アウトレイジ 最終章 [DVD]
アウトレイジ ビヨンド [DVD]

川栄李奈 相原えみり 網浜直子 盛本真理子 和泉雅子 江波杏子 谷口香 叶千佳 宮澤佐江 堀越のり 中山美穂 小松みゆき 高橋かおり 瀬戸早妃 さとう珠緒 阿知波悟美 石井あす香 佐藤ありさ 伊沢蘭奢 高千穂ひづる 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ