その男、凶暴につき [DVD]

その男、凶暴につき [DVD]

その男、凶暴につき [DVD]

DVD
監督:北野武
出演:ビートたけし
出演:白竜
出演:芦川まこと
出演:川上麻衣子
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2007-10-26

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

とにかく格好いい!全盛期

それが全てです!初の監督北野武 主演ビートたけし これは今さらながら凄い組み合わせです・・・死線をさまよった運命のバイク事故以前の全盛期のビートたけしの格好よさ 凛々しいオーラ全開です。歩く姿からなにからすべてから溢れでる得体のしれないパワーというかエネルギーなるものを感じざるを得ない!それがすべてを語っています!

黒く塗り潰せ!

監督・北野武の今となっては歴史的デビュー作にして、唯一脚本を担当していない作品。公開当時、「夜叉」でも垣間見せていたビートたけしのダークサイドの黒い眩さに唖然とさせられたものです。特に撃たれて脳髄と血が「ぴちゃっ」と音を立てるシーンは、初めてに見たときは腰が抜けるかと思いました。
北野作品はとにかく監督の感性を具象化したものがほとんどですが、本作は他の人のホンのせいか、もっともストーリー・テリング的な要素が高い。麻薬中毒患者逮捕のシークエンスに代表されるように、北野武が感覚的なものだけでなく、物語を可視化する事にも卓越した才能が有る事が確認できます。
たまには、共作でも良いので「筋がおもしろい」作品も撮ってもらいたいなぁ。黒澤明の凄いところの一つは感覚的な作品も物語性の高い作品もそれぞれ圧倒的な傑作を創作し続けた事で、北野武は今の映画監督の中でその可能性を秘めた数少ない一人だと思いますので。

その時代、浮かれ過ぎにつき、

記念すべき北野武監督第1作、
当時すでにビートたけしの個性派俳優としての実力は誰もが認めていた、もろものの事情から監督主演が北野に回ってきたのは本人が述べているとおり、ついにビートたけしが監督にも進出したバイオレンス映画として公開時にはそれなりの観客動員を達成した、続く4作が娯楽映画の範疇ぎりぎりの仕上がりとなり観客動員に大失敗したこととは好対照の作品、北野武の監督技量の凄まじさはうかがえるが作家性は続く作品群よりは弱いとおもう、その後の作品に比べ脚本のつめが甘さも指摘できる、
"Violent Cop"の題名で海外でも暴力刑事映画の定番となっている人気作でもある、北野以上に白竜という良い役者の存在を知らしめたともいえる、当然この年度の賞レースは独占するかとおもっていたら「どついたるねん」という伏兵の出現ですべての賞で二番手扱いを受けてしまったことも後の北野武の監督キャリアには重要な点かもしれない、
公開は1989年8月、撮影は同年春から初夏、つまりまさに平成の初頭、浮かれたバブル景気の頂点で撮影された、にも関わらず当時の浮かれた雰囲気はほとんど画面からうかがえない点にも北野のすごさを感じる(シャガールの展示販売会がもっとも時代を感じさせるシーン)、
中盤、我妻が清広に襲われるのは現在の松竹本社ビルが建つ前の当時は東京一大きなスクリーンをほこった映画館、松竹セントラルの正面、本作のロードショーを松竹セントラルの向かいの映画館・東劇で鑑賞していたファンが受けたデジャビュのような衝撃はぜひこのDVDで鑑賞するファンにも想像してほしい、続く泣きながら我妻が清広を刺すシーンに聞こえるボーリング場の音も松竹ボウルの裏手で撮影されたからです、

記念すべき監督第1作!!

この映画が公開された頃は、バブル景気で異業種の映画監督が次々と誕生してはスタッフとの不和がよく報じられた。異業種映画監督達はその後どうなったのか?みんな1本作って消えていった。例外なのが北野武と竹中直人ぐらいだろうか。さてこの作品、前半はややコミカルだが後半一気にシリアスになる。主人公のセリフもほとんどなくなりバイオレンスが前面に出てくる。公開当時はマスコミは最後までコミカル調でいいのにとか、やとらとバイオレンス性を煽ったものだが段々と海外で評価され始めベネチア映画祭で受賞ともなるとワイドショー系の番組はすっかり取り上げなくなった。残念なのはなかなか興行的な成功が少ないこと。

当時の本人の言

内容とは全く無関係に思えるジャケット写真は、急遽監督が交替し、ストーリーも変更になったが、その時のイメージ写真=東南アジアの殺し屋を、そのまま使ったからだとか。当時本人が行っていたのですが・・・。
意味不明に思えるラストも、「最近、TVでも、スポーツでも、芸術でも、若い才能ばかりがもてはやされるが、絶対、オイラたちの世代の方が凄い。ヤクザでも、学者でも、アーティストでも、キョーレツなのは全部団塊の世代の奴ばっかりじゃねえか。」という当時の本人の、若干ひがみっぽい発言から考えれば、「一線を越えた若い刑事」 と 「それから目をそらす秘書(タイピスト?)=若い観客」 という図式なのかも。内容的にも、「お前ら、この過激さに付いてこれるか?」といわんばかりに暴力的で残酷な描写です。最も、当然のように、その後、他監督による類似の作品が続出して(付いてきちゃったんですねえー)さすがに今見ると、過激さも薄れてしまった感がありますが、公開当時の衝撃は凄まじく、先駆者としての価値は今なお充分高いと思います。

奇妙な静寂に支配された残酷劇

唐突に噴出する乾いた笑いと、突発的に生起する不条理な暴力。この2つが分かちがたく結びつけられていることは、たけし演じる暴力刑事が終始にやついている事実からも明瞭だ。たけしの台詞回しはふざけているのかと思うほどだが、へらへら笑いながらごにょごにょと喋ることで、逆に底知れぬ凄味を生んでいると言えよう。得体の知れない存在感を醸し出す白竜の笑みも良い。
悪を憎む過剰な正義感を持つ刑事と、親分への過剰な忠誠心を持つ殺し屋。この2人には“際限”というものがない。殴る蹴るはもちろん、人を殺すことにさえ何の躊躇も感じない。その常軌を逸した徹底ぶりゆえに、周囲からは「きちがい」として疎外される。黒幕の仁藤や署長の吉成が「自分の立場」を強調するのとは対照的である。彼等のような保身に汲々とする俗物にとって、2人は恐るべき異邦人であり、理解不能な狂人でしかない。
結局、器用に立ち回ることなどできない両人は異端者同士、仲良く(?)激突するしかないのだ。死を全く恐れぬ虚無的な突進には、爽快感が一切ない。アウトローの美学が描かれることもない。興奮や熱気とは無縁な、どこまでも冷え冷えとした暴力の連鎖。ただただ絶望的で、狂気に満ちた結末。
薬莢の床に落ちる音が冷たく響き、不気味な静けさを印象づけている。

荒削りだが、光るモノがある

初監督作品ということもあり器用さに欠けて、作品としての幼さが目立つが「北野武」が当時の
日本映画界に投じた爆弾としては、賞賛に値する佳作だと思う。
荒削りではあるが、既存の映画やドラマにある形式ばった常識みたいなモノを排除した本作は
「80年代」特有の、わざとらしい感じのシュールさも手伝ってか「どんよりとした緊迫感」が
作品全体を包み、登場人物のそれぞれの壊れかたもまたスゴイ。
「北野武」が演じる「寡黙な優しさと相反する凶暴性」は、当然本作の見所でもあり上手く表現されていると思うが、
それ以上に「白竜」のハマリ過ぎの演技は圧巻。この映画を包む「どんよりとした緊迫感」をリードし、
さらに「退廃感」「残虐性」「屈折愛」・・・すべての「負」の雰囲気を増長させ、スゴイの一言。
刑事と殺し屋と立場は違えど、同じ匂いを持った2人の生き様・・というか死に様が、見事に演じられている。
最近の北野映画から観始めた人でも、「初監督作」であることと「時代性」を考慮すれば、充分楽しめると思う。

凶暴かつ緻密

1989年に公開された北野武初監督作品です。とにかく恐ろしく無駄がなく張り詰め恐い一本。暴力刑事と、いかれた殺し屋の潰し合い最高です
な。。まさに血糊のオンパレード。ただ徹底した過激描写の裏に緻密さがあります。野沢尚の脚本をあえて自分のアイディアで分解してしまう
たけし、二人の俊才のぶつかりによる火花がある種良い方に働いた稀有な作品ではないだろうか。ほとんど、原点にして遣り残しはないように
感じる。主要人物達の衝撃的な死に様と対照的なオチの皮肉さも亦面白く、そのまま渋い音楽かけてとっとと終わる、いや好いネ。。
ビートたけし自体の演技も好いが、ワイルドな白竜、ニヒルな佐野史郎、圧倒的存在感ではまり役の岸部一徳とキャスト陣も素晴らしいの。
北野武監督の《原点》、一度観てみる価値ありですよ。

精悍な

バイク事故以後のたけししか殆ど知らない自分にとっては
俳優としてのたけしのかっこよさにはしびれた。
動きとかすごく軽いし。
映画としては「台詞のない沈黙」とか「カメラに向かって歩いてくる」といった手法が多用されているが、スピード感は落ちていない。
長さもちょうどよく、良作だと思います。

一作目にして、ヴァイオレンスさは、北野作品の中でも随一。

北野武、初監督映画の本作。 僕は、北野映画は「あの夏、いちばん静かな海」から入って、他の作品を観だして、随分後になってから、今作を観たが・・・北野映画を観る前の僕のイメージだった「北野映画=暴力シーン」の図式にピッタリ当てはまる作品だった。
しょっぱなから、少年達のホームレス狩りから始まり、金属バットで頭部を割られるシーン、発砲、暴力を駆使した取調べ・・・etc
後の「ソナチネ」、「BROTHER」よりある意味ヴァイオレンスさは、上かもしれない。
北野作品を観だしてから、武監督の多方面な才能に驚嘆していたが、今作もまた、意外な一面を見せてくれる。
星4つにしたのは、前半部分が素晴らしかったのだが、個人的に後半からが、少し落ち気味になったからです。
ラスト・シーンの後味の悪さは、今まで観た北野映画の中でも一番だった。
しかし、本当にこの人の映画は、よく主役が死にますね。
北野監督は、相当「死」に拘りがあるんでしょうね。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ソナチネ [DVD]
HANA-BI [DVD]
BROTHER [DVD]
アウトレイジ 最終章 [DVD]
3-4x10月 [DVD]
アウトレイジ [DVD]
アウトレイジ ビヨンド [DVD]
座頭市 <北野武監督作品> [DVD]
キッズ・リターン [DVD]
あの夏、いちばん静かな海。 [DVD]

六子 園井恵子 月丘夢路 岩本千春 片桐はいり 倍賞千恵子 鈴木保奈美 松野有里巳 麻生かおり 末永遥 松浪志保 飯田蝶子 柴田洋子 篠田麻里子 丸山優子 ルビー・モレノ 澤井孝子 東てる美 石橋杏奈 水城蘭子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ