用心棒<普及版> [DVD]

用心棒<普及版> [DVD]

用心棒<普及版> [DVD]

DVD
監督:黒澤明
出演:三船敏郎
出演:東野英治郎
出演:山田五十鈴
出演:加東大介
出演:仲代達矢
メーカー:東宝
発売日:2007-11-09

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

世界中に影響を与えたというのも尤もと思われる傑作

キャラクターの造形がすばらしい。
まさに絵になるという感じで皆個性的な面構え。
音楽が滑稽味を増長し、リアルな演技でもどこかファンタジックな安心感を与えてくれる。
三船敏郎、仲代達矢をはじめとする役者達はどこか白土三平や小島剛夕あたりが描く劇画に出てくるような風情で非常に魅力的であり、そのしぐさに惚れ惚れしてしまうほどだ。
特にふてぶてしい態度の三船敏郎の演じる浪人のキャラクターは剣の腕も凄ければ頭の回転も速く尚且つ情に厚くてどこか達観したユーモアさえ漂わせながらも非常に大胆な行動を取る多面的な魅力溢れる人物像を見事に演じている。
その一種刹那的にも見える人物は人間の本質を見据えながら見事に欺瞞や謀略のその裏をかいて痛快に立ち回る。
シーンのひとつひとつがすばらしいので何度観ても、いやむしろ何度も観たほうがそのすばらしいシーンの数々でスクリーンに向かって声をかけたくなるくらいアガるハズだ。
世界中に影響を与えたというのも尤もと思われる傑作。
マストです。

黒澤の最高傑作はこれです!!

 画期的な映画である。何が画期的かというと、三船敏郎演ずるサンピンこと「桑畑三十郎」という空前絶後のキャラクターを創造したこと。すなわち浪人で、見た目は汚くて、口も悪くて、武士道だとか立身出世のことなんか全然頭になくて、それでいて情にもろくて、頭は抜群に切れて、もちろん剣の腕は最強なひと。この映画以降この桑畑風浪人を主人公にした映画やTVドラマが量産されたのは、みなさん御存じのとおり。さらに影響は国境を越えてイタリアにまで及び、マカロニウェスタンにアレンジされて、ハリウッドの売れない俳優のクリント・イーストウッドをスターダムにのしあげた。
 マフラーに連発拳銃という仲代達矢の卯之助も、三船に負けず劣らず画期的。その二人が狭い宿場で繰り広げるつばぜり合いも見ごたえ十分。その他卯之助の兄の山茶花究、その弟の加東大介、彼らに対抗する清兵衛の河津清三郎、三船を助ける飯屋の東野英次郎など助演陣も鉄壁です!!
 ロングショットとパンフォーカスを駆使する、宮川一夫の撮影も完璧ですね。今からでも遅くないから、宮川さんに国民栄誉賞と文化勲章を授与しよう!石井長四郎の照明や、佐藤勝の音楽も甚だ印象的。というわけで黒澤の最高傑作には「七人の侍」を僅差で抑えて、本作を挙げたい。

痛快無類の娯楽映画。何度見ても面白い!

 「痛快」という言葉がぴったりの娯楽映画。こいつは、えらく面白いっ! 黒澤監督のこの路線では『隠し砦の三悪人』『椿三十郎』も面白かったけれど、一番好きな映画はこれ。
 考え深げに時々あごを撫でる三船敏郎の侍と、拳銃だけでなく頭の回転も速そうな仲代達矢のやくざ者の対決の妙。三船の侍を何かと助ける東野英治郎・飯屋の親爺の味のある演技。宿場のふたつの対立勢力の間に火をつけ、油を注ぐ三船・侍の縦横無尽の機略。
 何べん見てもわくわくするなあ。きっと監督が、自ら楽しみながらシャシンを撮っているからなんだろうな。その気分が、映画の隅々に行き渡っている気がします。

将来作ることのできない奇跡的な映画

昔の映画です。
ただの作り話です。
しかし、人間として普遍的なものが散りばめられているように思います。
この時代の各俳優の濃密さに圧倒されます。
悪役も単純ではなく、素朴な人間味にあふれています。
この濃密な人間味は、現代の日本人は失ってしまい、もう二度と取り戻せないものかも
しれません。
娯楽的な筋なのに、あらゆる要素が混合されています。
これを見てしまうと、ほかの映画が水のように希薄で、楽しめなくなってしまうのが欠点です。
将来、どうころんでも作れない奇跡的な作品だと思います。

50年も経とうとしているのに、この面白さは変わらない!凄い

もう間もなく公開されてから50年が経とうとしているのに、
この面白さは、何度観ても変わらない!
凄いとしか言いようがない!
それだけ、緻密な脚本と演出力を備えた黒澤明監督の手腕が冴え渡っている、
ということでしょう。
単にニヒルなヒーロー、勧善懲悪ではなく、
特にユーモアも交え、
敵にすら情けをかける。
そんな誰しもがあこがれる男を見事に三船敏郎が演じ切っている。
オープニングの背中からして、すでに、「風を肩で切って歩く」男を表現しているあたり、
最高です。
もう評価は語りつくされていますが、本当に今観ても面白い。
最高傑作です。

豪快無比の娯楽大作

このシリーズが出るまで、黒沢作品のDVDは値段が高く、ちょっと手が出なかった。「用心棒」は今更、説明するまでもなく、「椿三十郎」と双璧をなす黒沢明の娯楽大作である。この作品を期に、日本映画のファンになった外国人も多いと聞く。三船敏郎の豪快さは、まさに無比であって、彼の登場によって東映時代劇は過去のものとなった。芝居がかった演出ではあるが、これはコメディを意識した黒沢の意図したところだろう。ただ、バッタバッタと人を切るので、バイオレンスが苦手な人にはおすすめできない。

三船が凄い!

 あのセットだけで、これ程の作品を作ってしまうとは人間業じゃ無いですね。三船敏郎は言わずもがなですが、東野英治郎も凄かった。仲代達矢ですらまだ青ちょろいと思ってしまうんだから叶わない。同年代の今の若手が出演したって硬直しちゃうよ全く。
 特典映像で撮影中の黒澤監督は映っていますが、神々しくて参りますね。三船も東野も仲代も緊張してるもね。今回の再発シリーズで結構黒澤作品を購入したのでとてもワクワクしてきます。こういう古い映画なので音声が劣化していることから、特典(?)の日本語字幕がとても役に立ちます。

「笑顔」の瞬間

 文句なしに黒澤明のマスターピースの一つ。マカロニウェスタンで盗作されるのも当然であると思う。盗作は悪いことだろうが これを見た映画人が 西部劇に移し変えたいと思う気持ちは ある意味健全である。
 殺陣場面が有名だ。しかし それ以上に 何と言っても脚本が実に「知的」である。
  意表をつく筋立て。
  主人公である三十朗の際立った造形
  各登場人物の性格の書き込み。
  
 世界的に眺めても ここまできちんと計算されて作られた脚本はなかなか無い。
 それにしても そうはいっても 殺陣場面は圧巻である。特に 最後の決闘は凄く短いが 強烈な印象を与える。
 懐手で 悪役たちに向かって歩いていく三船。
 刀を構える悪役達
 敵役の仲代は 既にピストルで三船を狙っている。
 
 ここまでは静寂につつまれ見ている方も緊張が高まる。
と 次の瞬間に 肩をすくめて三船が走り出す。その瞬間に見せる三船の笑顔には 背筋が凍りつくしかない。あそこで笑顔を入れる脚本を作った人たちには感嘆するしかない。

日本映画の真髄ともいうべき作品

一気に見終わってしまったくらい、おもしろかった。
スピード感、ストーリーテラーといい文句なし!!
バックに流れている音楽も一層映像を引き立てさせている感じ。
しかし、三船敏郎はただならぬ存在感を示していますね。
また、脇役もキャラがよく描かれていて、飽きさせません。
久々に、素晴らしい映画見ました。

衝撃的でした

映画ファンなら観なくてはいけないという思いに駆られて
最近はじめて黒澤作品を見たのですが、とにかくもう最高でした
黒澤明が世界中の映画監督に影響を与えたということに納得の内容です
何度でも観たいと思う映画がまた一つ増えました

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

椿三十郎 [DVD]
七人の侍(2枚組)[東宝DVD名作セレクション]
隠し砦の三悪人<普及版> [DVD]
生きる[東宝DVD名作セレクション]
赤ひげ[東宝DVD名作セレクション]
天国と地獄[東宝DVD名作セレクション]
蜘蛛巣城[東宝DVD名作セレクション]
ブリット [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
羅生門 デジタル完全版 [DVD]
羅生門 デラックス版 [DVD]

市毛良枝 浜田百合子 多岐川裕美 石川紗彩 小川よりこ 日色ともゑ 星美智子 三浦由衣 加藤みどり 藤本恵理子 仲俣汐里 真矢みき 村田知栄子 山口美江 矢島舞美 松田美由紀 八代万智子 玄覺悠子 剱持たまき 清水沙映 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ