隠し砦の三悪人<普及版> [DVD]

隠し砦の三悪人<普及版> [DVD]

隠し砦の三悪人<普及版> [DVD]

DVD
監督:黒澤明
出演:三船敏郎
出演:上原美佐
出演:千秋実
出演:藤原釜足
メーカー:東宝
発売日:2007-11-09

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

見れば見るほど、雪姫の凛々しさに感動!

 この作品の面白さは、皆さんすでにお書きの通り。黒澤明の作品群の中で1・2を争う、”面白い”・”楽しい”アクション映画の傑作である。初めは太兵(千秋実)と又七(藤原釜足)の漫才さながらユーモアあふれるやりとりに笑い、次には真壁六郎太(三船敏郎)のカッコ良さに痺れる。そして回数を重ねるうちに、雪姫(上原美佐)の気高い美しさに心打たれる。
 とかく”スターウォーズの原点”と言う表現はされるが、身分の高いお姫様がひょんなことから庶民のありのままの姿を見て自らも体験する、という観点から見ると、”黒澤版『ローマの休日』”とも言える作品である。貪欲な百姓コンビとの出会いから、宿場町で戯れる子供たちを見る優しい眼差しなざし、上田吉次郎演じる卑しい人買いに対する怒りを秘めた眼差し、火祭りでみんなと踊るときの楽しい表情、そして逃亡中に一息ついて鳥のさえずりをしみじみ聴いているときの何ともいえない美しさ(一瞬、三船演じる真壁六郎太が見とれてる?)、これらの体験が「たとえ打ち首になっても悔いはない」という台詞につながってくると思うと、これらの何気ないシーンが非常に心に響く。
 そして人知れず涙を流しつつも、秋月家の後継ぎとして厳しい運命を背負う覚悟をしている凛々しい姿が心を打つ。主を守るために命を投げ出す家臣に対しては「命に何の代わりがあろうぞ!」と怒り、秋月家の領民が不幸な身分に身をやつし見過ごすことができない場面では「お主は姫の心まで唖(おし)にするつもりか!」と憤る。そして極めつけは、いよいよ敵に追い詰められ真壁六郎太から(秋月家ゆかりのものと思われる)小刀を受け取る瞬間の誇り高く凛とした表情である。上原美佐の演技のつたなさに対する批判をよく目にするが、男勝りでありながらも気品があふれ、誇り高くも優しい心を持つという、非常に難しいこの役柄を見事に演じることが出来るのは、古今を通じて彼女をおいて他にないだろう。また、まったくの素人であった彼女を抜擢した黒澤明の慧眼にも、ただただ感服するばかりである。

リメイクは無謀

主人公の三船敏郎と、敵方の侍大将(藤田進)が槍で一騎打ちをする場面がある。
かなり長い。
若いころにみていたら、「もういいよ、長すぎ!」と思っただろう。
だが、いま改めてじっくり見てみると、二人の立ち回り、演出、槍の取り回し、
実に見事。
まるで舞や能を見ているような美しさがある。
CGではなく、生身の芸だからこそ、マネしようったってできるものではない。
これはあくまで一例だが、要するに、リメイクったって、できるわけないじゃん。
ジャニーズのタレントに、両手で刀構えて馬で全力疾走できるのか?
結局、新春スターかくし芸大会になってしまうのは目に見えている。
長澤まさみ?大河ドラマならいいと思いますが…。

理屈ぬきに楽しめる時代活劇

 太平(千秋 実)と又七(藤原釜足)の凸凹コンビが、互いに悪態をつきながら道を行く出だしのシーン。ジョージ・ルーカス監督の映画『スター・ウォーズ』のC-3POとR2-D2のロボット・コンビのモデルになったふたりの、飄々としてコミカルな会話が愉快愉快。くすりとさせられました。
 勝気な雪姫(上原美佐)のきりりとした美しさもよかった。枝のムチを振るう姿、ぽろぽろと涙をこぼす姿、六郎太(三船敏郎)を叱責する姿。魅力的でしたねぇ。
 それから、国境の関所を突破するシーンと、敵の騎馬武者を六郎太が馬を走らせて追跡するシーン。前者の「機知・計略」、後者の「疾風迅雷のスピード感」。わくわくしました。
 黒澤監督が、「しんどいものを二本やったから(『蜘蛛巣城』と『どん底』のこと)、ひとつ追っかけ形式のおもしろい時代劇を作ってやろう、そんなきっかけでした」と語っている作品です。
 1958年(昭和33年)製作、公開。本編139分。理屈ぬきに楽しめる一本。

裏切りゴメン!

今まで黒澤作品のDVDは値段が高く設定されていたことが不満だったが、手を出せる価格のものが出たことは非情に嬉しい。
この作品が「スターウォーズ」の元ネタであることは超有名だが、それ以上に大活劇というジャンルを日本において(世界的にも?)確立した先駆的な作品でもある(この作品中で三船らの居場所を知らせに馬で走る敵兵を馬上で一刀両断する名シーンを活劇の代名詞になった「インディージョンズ」も拝借している)。
黒澤作品の時代劇の中ではこの作品は「用心棒」や「七人の侍」に比して話題にのぼる頻度は少ない(ある意味地味である)が、私にとっては黒澤作品のなかで最も好きな作品だ。その魅力はお金のかけ方と登場人物のキャラだろう。普通の作品なら太平(千秋実)と又七(藤原釜足)の2人の百姓が六郎太(三船敏郎)と繰り広げる冒険シーンに最もお金をかけるが、黒澤は見事に期待を裏切り2人が隠し砦に遭遇するまでの城での合戦シーン等に金をかけ作品の設定にリアルさを持たせている。ここが凄い。
登場人物の設定も六郎太や2人の百姓はもちろん魅力的だが、六郎太の旧友で宿敵の田所兵衛(藤田進)のキャラクターが最もカッコ良くこの作品を引き締める役割をしている。彼等の繰り広げる痛快大活劇は今観てもワクワクする。クライマックスの「裏切りゴメン!」の一言を初めて聞いたときは、思わず「ヤッター!」と叫び拍手しそうになったことを今でも思い出す。そして、この言い回しは日本語でしか味わえない表現であり、日本人としてこの場面を観れて最高と感じた。是非一度は観て欲しい痛快大活劇だ。
2008年に、松本潤と長澤まさみ(姫)、阿部寛(六郎太)のキャスト、「日本沈没」の樋口真嗣監督でリメイクするそうだが、オリジナルのイメージを崩さないことを望むばかりだ。

最高の芸術作品−−世界映画史上に残る傑作中の傑作

 映画を「芸術」と「娯楽」に区分する人が居る。確かに、そう言ふ作品も多い。だが、真に傑作の名に値する映画は、優れた娯楽であると同時に最高の芸術映画でもある事が少なくない。この作品は、まさに、その例である。
 初めてこの映画(『隠し砦の三悪人』)を観た時、「こんなに面白くていいのだろうか?」と、思った事が忘れられない。『椿三十郎』と並んで、私がこれまでの人生で観た数多くの映画の中で、とにかく、一番面白かったのは、この映画である。しかも、その面白さは、文学的であり、哲学的である。スリルと爆笑の連続でありながら、その笑ひの中には、黒沢監督の深い人間観が凝縮されて居る。−−この二人の農民(千秋実・藤原鎌足)の描き方の中に、私は、黒沢監督が、若い頃からシェイクスピアやドストエフスキーを耽読して来た人であった事を感じる。−−日本の知識人には、喜劇を蔑ずみ、悲劇よりも一段下の物と見なす悪しき傾向が有るが、黒沢監督は、そうした、喜劇を蔑ずむ日本の悪しき知的伝統とは無縁の芸術家であった。この映画がまさにそうである。
 泉の場面や、宿場町の夜の場面などのリリシズムも素晴らしい。又、敵方の侍大将(藤田進)が「裏切り御免!」と言って逃げる場面には、黒沢監督の社会と個人への姿勢が強く感じられる。単なる娯楽作品ではない。世界映画史上に残る傑作中の傑作である。
(西岡昌紀・内科医)

リメイクの無駄

シネスコ、モノクロを見事に表現した傑作だ。カラーとは当たり前の、目から入る情報量。それがモノクロになると、色が無いから人間の脳は想像を始める。モノクロこそ、脳にとって刺激なのだ。映画もモノクロから、カラーになって斜陽化した。カラーは非常に難しいのだ。それをカラー、CGでリメイクする無謀さ。黒澤が「天国と地獄」をカラーで撮り始めたが、色が出ないと言ってモノクロに切り替えた。その意味をリメイクする連中は解っているのか?なんでもアメリカの真似でCGこそが映画だと思っていると、また映画から客がいなくなる。

え リメイクすんの・・・やめようぜ

個人的にすごく好きな映画なんです とても面白いんですけどリメイクはやめて欲しい
椿三十朗とか黒澤が死んだことをいいことにどんどんリメイクしていきます
もう〜やめよう主演に松本と長澤とかさどうせただのアイドル映画になるに決まってんじゃん
とにかくもうこれ以上黒澤映画を侮辱するのはやめてほしい 黒澤のリメイクはここまでにして欲しいです
とにかくそのことを心底願います

リメイクやめませんか?

再映画化されるそうです。嵐の松本潤が主演、長沢まさみ、阿部寛、宮川大輔が共演、監督は樋口真嗣(「日本沈没」をリメイク)。東宝で2008年5月10日公開予定。
え〜と、一言でいうと、リメイク止めませんか?ということなんですが。
「スター・ウォーズの原点!」という宣伝をすれば売れる、という計算なのでしょうが、、、。
その計算は、面白くなくても話題性があれば、観る、買う、売れる、ということなのでしょうが。面白くないものを見せられた、買ったほうはたまりません。
確信犯で悪質ではないでしょうか?内容はどうでもいい、とにかく話題になり売れればいい、というのは。無能の証しではないでしょうか?
それともスポンサー、投資会社が、作品の出来不出来に関係なく、黒澤効果とスターウォーズ効果、リメイク作品を観たいという心理、これだけの出資で、まぁこれだけのアガリか、とそろばんをはじき、面白くなくていいから、これをやれ、若い俳優をつかって、ということなのでしょうか?
出来上がる前からそんな評価はない、と思うかたもいらっしゃるかもいるかもしれません。
でも、分かるのです。間違いなく駄作です。(賛同されるかたも多いと確信します。)
日本の映画界、TV局、リメイクはもうやめませんか?成功例ないですから。先がないですから。
そして、観る人もボイコットしませんか?リメイク映画を。
おっと、黒澤オリジナルは星5です。(一応、評価。他の人のレビューを参考にして下さい。皆さんのレビューは愛情溢れていますね。あ〜あ。)

娯楽時代劇の名手:黒澤明

 黒澤明の映画監督としての本質はあくまで娯楽映画作家にあると思う。「白雉」ヤ「どん底」などを誉める人も多いが、私には退屈だった。黒沢自身は自分の感銘した名作文学の映画化もしたかったのだろうが、やはり黒澤映画の魅力はいかに面白く魅せるかにつきると思う。この映画は最初から娯楽時代劇として作られており、お宝をゲットしようと敵味方入り乱れてあの手この手で戦うのが面白く、脚本の段階で次から次へとアクション、脱出、どんでん返しなどのアイディアが盛り込まれており、余計な主義主張がないのが良い。この作品に較べればスピルバーグの「レイダーズ」でさえお子様ランチに見えてしまう。千秋実と藤原釜足のコンビをジョ−ジ・ルーカスが「スター・ウォーズ」のC3POとR2D2のロボットコンビにしてパクッたのは有名な話だが、アメリカの一流監督たちを熱狂させてしまうほどの映画を作り続けた黒澤明の作品群が今回、低価格になって多くの人たちに見てもらえるのは非常に喜ばしい。

哄笑 怒号 汗 光

 黒澤明の諸作品でも 人気という点では 上位5本にはまず入る作品かと思っている。
 実際この作品は三船敏郎の頂点の一つをなしている気がしている。アクションの切れ味、時折魅せる愛嬌等 三船敏郎の魅力が もう一杯詰まっている。
 話の筋立ても非凡であるし 黒澤が脚本を練りに練った様子が目に見えてくる。実際 今の邦画に一番足りないのは 資金ではなく 夢のような素晴らしい脚本なのだと思う。これは 才能を発掘する努力を邦画界が続ければ 必ず可能なはずだ。
 映画として 僕が敢えて 難をつけるとしたら 前半部分がやや長い気がする点である。もう少し 前半を短く出来たら 更にひきしまった作品になっていた気がする。

 しかし それは瑣末事に過ぎない。哄笑、怒号、汗、光が渦まく 未曾有の作品だ。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

七人の侍(2枚組)[東宝DVD名作セレクション]
蜘蛛巣城[東宝DVD名作セレクション]
用心棒[東宝DVD名作セレクション]
椿三十郎[東宝DVD名作セレクション]
赤ひげ[東宝DVD名作セレクション]
羅生門 デジタル完全版 [DVD]
天国と地獄[東宝DVD名作セレクション]
椿三十郎 [東宝DVDシネマファンクラブ]
生きる[東宝DVD名作セレクション]
悪い奴ほどよく眠る[東宝DVD名作セレクション]

大坂のどか あべ静江 松坂慶子 山東昭子 南果歩 越智静香 横山リエ 広瀬すず 夏目雅子 吉井由紀 田川惠理 ジュディ・オング すみれこ 松本永倫子 秋本祐希 副島美咲 いしだあゆみ うつみ宮土理 和泉雅子 石橋けい 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ