どろろ(通常版) [DVD]

どろろ(通常版) [DVD]

どろろ(通常版) [DVD]

DVD
監督:塩田明彦
出演:柴咲コウ
出演:瑛太
出演:麻生久美子
出演:中村嘉葎雄
出演:原田美枝子
メーカー:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2007-07-13

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

どろろ(通常版) [DVD]

戦乱の世で天下統一の野望を抱いた武将・醍醐景光は、これから生まれる自分の子供を48体の魔物にさし出し、代わりに強大な力を得た。一方、体の48か所を奪われて誕生した赤ん坊は、呪医師・寿海の秘術によって救われた。かくして成長した赤ん坊=百鬼丸は、自分の体を取り戻すために魔物を倒す旅に出る。そんな中で百鬼丸は女性ながら戦乱の世を逃れるために男の格好をしたコソ泥・どろろと知り合い、共に旅をするように…。<br> 早くも続編2作の製作も決定したファンタスティックな時代劇。とはいえ、別に日本の歴史に応対しているわけではなく、どこの国ともいつの時代とも分からないファンタジーとして作りあげている。手塚治虫の原作漫画の映画化だが、原作の世界をまんま映画化するというよりは香港映画の“古裳片”系の仕上がり。ただそれらの魑魅魍魎VS百鬼丸の闘いの映像がメインになっている割には切れ味が悪く、もったいなさが感じられた。続編ではその辺の改変していただき、もっとカッコイイ映像を期待したい。役者たちの熱演ぶりは素晴らしかったのだから。(横森 文)

僕にとっては…

原作マンガ「どろろ」を読んでどんなに感動したことか・・・。
まだ、小学生くらいの年齢のどろろが侍に対して啖呵切ったり、良い妖怪に対しては泣いたり必死に助けようとしたりと頑張っている姿が感動したのに・・・。
このどろろはどう見たって成人してるだろ。そんな奴が強がっても意味が無いよ。
せめてどろろには子供を採用して欲しかったです。

お勧めできません

「壮大なスケールで放つアクション・エンタテイメント大作!」の売り文句。
これを見て・更に映画を見ると、もう怒りを通り越し、こんな映画を購入した自分を恥ずかしく思う。
原作とのイメージやストーリー展開を変えたいなどの理由から設定等を変更することや、キャストを少し違った雰囲気の人を持ってくるのは良いとして、それでもこの映画は無いと思う。
沢山の人たちが言うように、最初の魔神との先頭シーンは良いと思う。けれどそこからが「クソ」が付くほどどうしようもない作品になってしまっている。
まず、CGの各魔神の作り方そのものが、あまりにゲームの域を抜け出せてないでいる。その動きに関しても然り。そのくせしていらない曲をつけたり、余計な衣装に凝ってみたり、いらない先頭シーンが多すぎる。もっと映像の点に関して詰めるべきところはあったはず。こういったSF系の映画は、特にここ最近では映像にこだわるのが絶対的に必要となってきているため、そこの詰めが甘いのは致命的であると思う。娯楽映画としても、やはりそこはある一定の水準を維持するべきであろうと感じている。
選曲に関しても、もう少し重みのある物を使ってもらいたかった。
そしてなにより、キャストの演技を最大限生かしきれていないという点。
特に中井貴一のアクトをカメラワークで更に良く魅せてくれるのかと思いきや、ただ映すだけ。しかも最後の方のあのふざけた衣装はほんとに無い。
もちろんキャストの演技力における欠点もあるが、それを抜きにしてもこれで顔を売り出されるキャストが可哀相すぎてならない。
こんな映画は金を出してまで見る価値は無いと思っています。

戦う相手が特撮の着ぐるみ!?

妖怪に体の48ヵ所を奪われ、作り物の体で育った百鬼丸。大きくなった彼は、自分の体を取り戻すために盗人のどろろと共に妖怪退治の旅に出るのであった。
妻夫木聡と柴咲コウ・・これは売れると誰もが思ったに違いない。確かに売れたは売れた。続編も決まっている。でも面白くはない・・。
闘う妖怪があまりにもしょぼすぎる。まるでウルトラマンや仮面ライダーで出て来るような着ぐるみ程度の作りなのである。これではたとえ妻夫木聡がカッコよくても、バカバカしくてしょうがない。ターミネーターがバイキンマンと闘う姿など見たいだろうか?いやいや見たくない見たくない。
どろろに柴咲コウを当てるというのも無理があるような気がする。客引きのためだけにキャスティングされた感じがしてならない。根強いどろろファンは、より原作に近い人が演じて欲しいに決まっている。
本作も話題性だけと呼ばれてもおかしくない作品。アクションシーンのしょぼさと、客引きのためだけのキャスティング。制作者達よ、頭のいい視聴人は話題性に惑わされないぞ。

う〜ん、(2回目だよ!)

予告から思っていた。なぜ、どろろを子供にしなかった?これに尽きる。
みんな書いてるけど、妖怪がホント特撮モノみたい。CGも凡人にしか楽しめんだろう。
原作大好きなので、これは「どろろ」という作品に入れたくない。

邦画の欠点丸出し

テレビでのCMがとても面白そうだったので見てみたが、正直キツい。 最初の10分はよかった。斬新な音楽と日本文化をいい意味で物壊した音楽。リアルな敵とスピーディーなアクション。これは大作だと思った5分後完全に裏切られた。見ていて恥ずかしくなるようなわざとらしい演技とセリフ。 外国映画に対抗したかのようなしょぼいCG(特に途中のゴジラ系の怪獣は許せん。もっと恐さが滲み出てくる敵を出せ)と早送りやワイヤーを使ったキレのないアクション。 後半は緊張感が全くなくホントにつまらなかった。 オープニング以降監督変わったのかと思うほどテンションが下がった。よくこんなのを海外に持ち出せたなと思う。てか80%は女性狙いのようなキャスティングの段階で気付くべきだった。 DVD借りるのも勿体ないと思うので迷っている人は時でやめた方がいいと思う。

アイタタタ

そもそも「どろろ」を柴崎さんが演じるという時点でかなりのムリを感じていましたが、
(柴崎さんがどうこうではなく、あの年齢ではムリでしょう!)
それよりなにより、もう冒頭の意味不明なダンスシーンで一気にシラケました。
あの時代にもああいった踊りはあったのかもしれませんが、
踊っている女性の髪形がことごとく現代風!!!!!!!!!!!!!!
あの時代なら「踊り子」とか呼ぶところでしょうけど(?)
あれはもうリッパな「ダンサー」ですね。(苦笑)
その後にあのチープなクモの魔物登場で…最初の10分でくだけました。
それでも一応全部見ましたが、「原作が偉大であればあるほど難しい」を地で行く映画でしたね…
原作にある数々の強烈なメッセージが、なにひとつ感じられませんでした。
あと、柴崎さんよりも土屋アンナの演技がもうほんとに…(以下省略いたします)

ウルトラマンが出てくるかと思った

B級映画。
次から次と中途半端な魔物を倒すシーンが出てきますが、ウルトラマンの怪獣みたいな魔物もいて、これは”どろろ”?と思います。原作のどろどろしい感じはまったくありません。がっかり。
また、琵琶法師や百鬼丸の生みの親などの脇役の演技がひどいのにもがっかり。もう棒読み状態で興ざめ。日本の俳優ってあんなに演技がへただったの?
コンピュータグラフィック技術も中途半端。魔物がやられるシーンは、もうテレビゲームののり。ハリウッド映画と対抗できる技術がないのならば、映画化すべきではないと思いました。

ストーリーが・・とか、そういう次元の問題ではない。

うーん・・・何を血迷ったのか。
いえ、監督に言っているのではありません、自分自身に言っているのです。
映画が公開された時、PVを見て「あー、アンチが作った映画か。見てはいけないな」
と思っていましたし、誰がどう見ても糞で塗り固めた肥溜と判るにも関わらず見てしまいました。
原作を久しぶりに読み返したら、あまりにも面白くて、
「映画版みちゃおっかなぁ〜」って気になってしまいました。
もうウケ狙いのキャスティング、小学生の劇を彷彿とさせる演技力にただ脱帽。
特撮から飛び出してきたような完成度の低い敵、手塚先生のメッセージ性を全て無に帰す構成力。
どこを切っても糞しか出てきませんでした。
多くの手塚大先生の「どろろ」ファンはこの映画は見ていないと思いますが、
私は裏切ってしまいました。
今、凄く後悔の念を抱いています。
本当にごめんなさい。

原作への冒涜、別物としてもサイテー

我慢して最後まで見るほどに不快感が募ってしまった。「時間を返せ〜」と言いたい。
最後の三人のやりとりもまったく迫真性がなく、必然性もなかった。
エンターティンメントとしても、あまりにも浅く、ちゃち。

もっと腹を据えてやれ!

 原作はとても業の深い作品だ。
 百鬼丸が失った自分のパーツを取り戻す旅は、彼にとって人間性を
取り戻す為の戦いの旅だった。
 しかし、監督にも役者にも、「業」の深さを演ずる気は無し。
この映画を作った人、監督も役者も皆ごくフツーの人たちだと思う。
百鬼丸もどろろも景光も、みなキャラが弱く、人間の欲望の生々しさが無い。
フツーの監督やフツーの役者が、ライトな冒険モノを作ってしまった。
 リアリティも無し。
 とくにシラケたのは子捨て寺のシーン。寺に握り飯を供える「豊かさ」が
あったら、子捨てしないって・・・(−−;
原作では人肉食ってたぞ、確か。そこまでやれとは言わないが、
この作品は、時代背景が「戦国と飢餓の世で、庶民は皆その日を生き抜くのに
必死だ」という事で生きる。もうちょっとリアリティに気を使ってくれ。
 「どろろ」を映画化するなら、もっと腹を据えるべし!

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

あずみ デラックス・エディション [DVD]
GOEMON [DVD]
あずみ 2 [DVD]
ICHI スタンダード・エディション [DVD]
どろろ Complete BOX [DVD]
ローレライ スタンダード・エディション [DVD]
ゴースト・イン・ザ・シェル[AmazonDVDコレクション]
SHINOBI [DVD]
デッドプール [AmazonDVDコレクション]
ハンサム★スーツ スペシャル・エディション 初回限定チェンジング仕様 [DVD]

園井恵子 月丘夢路 岩本千春 片桐はいり 倍賞千恵子 鈴木保奈美 松野有里巳 麻生かおり 末永遥 松浪志保 飯田蝶子 柴田洋子 篠田麻里子 丸山優子 ルビー・モレノ 澤井孝子 東てる美 石橋杏奈 水城蘭子 桐原エリカ 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ