パッチギ! (特別価格版) [DVD]

パッチギ! (特別価格版) [DVD]

パッチギ! (特別価格版) [DVD]

DVD
監督:井筒和幸
出演:塩谷瞬
出演:高岡蒼佑
出演:沢尻エリカ
出演:楊原京子
出演:尾上寛之
メーカー:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007-04-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

パッチギ! (特別価格版) [DVD]

『ゲロッパ!』の井筒和幸監督が、若者たちの恋と喧嘩を軸に、日本と朝鮮の深い溝とそれを乗り越える前向きな力を問う屈指の傑作青春映画。1968年の京都、高校2年の康介(塩谷瞬)はかねがね敵対する朝鮮高校に親善サッカー試合の交渉をするはめに。しかし訪れた朝鮮高校で彼は、音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)に一目ぼれし、彼女と仲良くなりたい一心で、『イムジン河』の歌をギターで覚えるが…。<br> ベースは国籍の違いによる日本版『ロミオとジュリエット』だが、その実二国間のさまざまな世代が織り成すエネルギッシュな群集劇として見事に屹立。また深刻な問題に真正面から取り組みつつも、あくまでもにぎやかでコミカルに進むテイストからは、井筒監督ならではの人間讃歌がうかがえよう。娯楽を機軸に、観る者の意識を啓蒙させ向上させえる、これぞ真のエンタテインメントと断言したい。なおパッチギとはハングル語で“頭突き”のこと。“突き破る”“乗り越える”という意味もある。(増當竜也)

朝鮮は帰って来いというし,韓国は送り込むなというし,日本は追っ払いたいし

なぜだか在日の方と仲良くなる事が多いので
理解を深めるためにこうした一方的でない映画の存在はありがたいですね。
内容は日本人と在日朝鮮人のロミオとジュリエットです。
描写は時に過激で暴力的ですが愉快でエンターテイメントな楽しい映画となっています。
在日朝鮮人の少女役の沢尻エリカも清純な美しさで映画の説得力に一役買ってます。
キーポイントとなる「イムジン河」の歌は南北に分かれた朝鮮についての歌ではあるのですが
この映画では日本と在日の間の河の比喩となっています。
それがキレイにはまるクライマックスは感動的です。
ただ・・・在日をここまで暴力的に描いてしまっては
益々河は広く深くなってしまうかも・・・
あんな粗暴な人達と付き合いたいと思いますか?
いっしょに仕事したいと思いますか?
心やさしく穏やかな在日男性さんも現実にはいるんですよ。
そんなわけでエンタメとしては4星
テーマを伝えられたかで1星です。

エンターテインメントとしても、中途半端。

 朝鮮高校に通う女生徒と日本人高校生との愛は、深く、埋め難い溝を越えることができるのか?
 差別と偏見の中で対立する日本人と朝鮮人グループの乱闘シーンを絡め、ストーリーが展開してゆく。
 この映画は京都が舞台だが、あの頃は東京でも朝鮮高校と××館や○○高校が対立して頻繁に
喧嘩をしていた。
 ストーリーは、ちょっと「ウエストサイド物語」的な設定だが、両グループの対立の描き方が、
説明不足のように思う。
 一方的に日本人が在日を眼の敵にし、苛めているといったステレオタイプな描き方が気になった。
 対立の構造、それぞれの立場や主張をもっと抉ってゆけば、深い映画になっただろう。
ちょっと残念。

日本映画もっと頑張れ

井筒監督の歴史観やらを抜きにすればそれなりに面白かった。
ただあくまでそれなりであってそこまで絶賛されるほどのものじゃない。
思想的に受け入れられない人もいるようだが、
正直このレベルの映画が日本の映画賞を軒並み受賞してることの方がよっぽど問題だと思う。
悪くはない。ただ多く見積もっても中の上程度。

普通・・・

井筒監督と言えば辛口で有名なのでどんな映画を作ったのかなと思い見てみました
う〜ん期待したのより上でも下でもないって感じですね ラストは結構好きです
でも人の作品をあ〜だこ〜だ言ってる割には別にたいしたこと無いですね
よくありそうな日本映画です

ガキ帝国には届きません。

やっぱり井筒監督は「ガキ帝国」がベストですね。
(万人向けではないですが・・)
ガキ帝国ではホープ会にも在日がいたし、(仲間として認められている)
ケンカに負けたアパッチ(リーダーはイケメン時代の国村さん要チェック!)と主人公が友好な関係になっていたり・・・。
当然差別描写はあるんだけどパッチギ程極端ではなく、どこか共存している部分も感じられたからこそ、
ギャグも活きていたんだと思います。
出演者は皆イイ味を出しています。沢尻エリカもいい女優になれた?のに・・・。
当時無名、今メジャーの俳優さんも多いので、CHECKしてみてください。

朝鮮は帰って来いというし,韓国は送り込むなというし,日本は追っ払いたいし

舞台は1968音姉の京都。『パッチギ!』(韓国語 : ''')は2005年公開。監督は井筒和幸。
タイトルの「パッチギ」は朝鮮語(韓国語)で「突き破る、乗り越える」および「頭突き」の意。
京都における日本人の少年と在日コリアンの少女との間に芽生える恋を中心とした青春群像劇。
本作では第2次世界大戦により、韓国と北朝鮮に分断された朝鮮半島のうち、日本において金日成主義と北朝鮮を支持する朝鮮総連系在日社会側を描いている。
背景には,朝鮮戦争および、朝鮮への帰国運動があり、映画中では、『朝鮮は帰って来いというし,韓国は送り込むなというし,日本は追っ払いたいし,
赤十字(帰還授業の主体となった日本赤十字のこと)はしっかりしてくれ」というセリフがある。
劇中では,帰国しようとしている主人公の安成(アンソン)の恋人に子どもができ,帰国しないことになるが、その後の事情を知っているだけに
帰国させる設定にするのは井筒監督も忍びなかったのだろう。先に帰った帰国者から手紙も来ないというセリフもあり、帰国運動が地獄の運動だったことをきちんと表現している。
ほかにもベトナム戦争の泥沼、毛沢東主義にかぶれている日教組の教師や学生運動の盛り上がり、半島からの密入国者、GSブーム、KBC 京都のフォーク合戦、
そして映画の重要な背景になっているフォーク・クルセダーズなど当時の世相がふんだんに盛り込まれている。
時代感をしっかり表現しているところはさすが井筒監督である。

普通の日本映画だとは思いますが

テレビの深夜番組での監督の酷評に共感することが多かったので、かなり期待して見た。
映画の内容は、1960年代終わりの京都を舞台にしており、理不尽な社会背景を写しながら、ある高校生が在日朝鮮人と深く関わっていき、事件が起きる様が描かれている。
監督が何をテーマにして訴えるのかは理解できたと思う。
しかし、内容は全体を通してそれほどではないと思った。
前半の細々したエピソードでは、そのシーン(カット)は必要か?と思うところが多々。
また、監督が今話題のエリカ様を絶賛していたので同じく期待していたのだが、普通にしか感じられなかったし、後半も強引さを感じ、感情移入ができなかった…
期待が大きかったのかなぁ。
もっと理不尽に突っ走って、見終わった後、金槌で頭を殴られたぐらいの衝撃が欲しかったです…

買い、か?

テーマに関して、少し楽観的なラストとも受け取れますが、それでもやはり重要な作品だと思います。
この値段なら、買いかな。
作中(サントラ?)で、オダギリジョーのカヴァーした「悲しくてやりきれない」は秀逸。

大阪のホープ 坂口拓

の出番なさすぎや!あんなに アクションできる若手は もっと出番ないとあきまへんで(笑) 大阪のホープの坂口拓の恐ろしさをもっと強調してほしかったね!

これはおもしろいの?

終盤で息子が生まれるとかいって弔い合戦みたいなのを投げ出すシーンには正直愕然としました
結局ツレに対する思いはその程度だったのかと
全体的に支離滅裂な感じで自分は楽しめなかった
喧嘩ばっかりやってるバカ映画はそこらじゅうにいくらでもあるしそっちの方が徹してるだけあって素直におもしろい
映画賞総なめとか書いてあったんでそれがネックになったのかもしれないので2点ってことで

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

パッチギ!LOVE&PEACE スタンダード・エディション [DVD]
GO [DVD]
血と骨 通常版 [DVD]
岸和田少年愚連隊 [DVD]
イムジン河
フラガールスタンダード・エディション [DVD]
『イムジン河』物語 〝封印された歌〟の真実
ICHI -市- [DVD]
月はどっちに出ている [DVD]
ゲロッパ ! GET UP スペシャル・エディション [DVD]

唐沢美帆 奥貫薫 白鳥百合子 桜井幸子 新高恵子 鈴木紫帆里 出雲綾 カルメン・マキ 豊浦美子 細川ふみえ 真屋順子 宇治みさ子 佐々木すみ江 笹森礼子 渡部みずき 水原ゆう紀 川奈まり子 千野弘美 英玲奈 勝村美香 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ