手紙 スタンダード版 [DVD]

手紙 スタンダード版 [DVD]

手紙 スタンダード版 [DVD]

DVD
監督:生野慈朗
出演:山田孝之
出演:玉山鉄二
出演:沢尻エリカ
出演:吹石一恵
出演:尾上寛之
メーカー:日活
発売日:2007-04-27

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

手紙 スタンダード版 [DVD]

弟の大学の学費のために盗みに入った邸宅で、誤って女性を殺してしまった剛志。千葉の刑務所に服役中の彼の唯一の支えが弟の直貴から来る手紙。しかし、兄が受刑者というだけで、差別され、仕事も転々とし、恋人にもふられ、夢さえ打ち砕かれてきた直貴。兄を思いながらも、その存在の大きさ、罪の大きさに彼は押しつぶされそうになる。そんな彼が所帯を持った。守らなければならない妻、子どものために、直貴はある決心をした。<br> 直木賞作家・東野圭吾が描いた小説をTVドラマでおなじみのヒットメイカー生野慈朗が映画化。加害者の家族を主人公にする大胆な試みだが、登場人物の心情にきちんとよりそい、ときには心にグイグイと入り込む演出は、罪を背負って生きる兄弟のドラマに見るものを釘付けにする。陰のある役がよく似合う山田孝之が、兄への思いと妻と子への愛の間で苦しむ直貴を熱演。意外にもさわやかなイメージの玉山鉄二が受刑者の兄を淡々と演じながら、最後で泣かせてくれる。ひとりの人間の犯した罪により、家族がどんなに苦しむか。そこから生まれる差別との闘いのドラマは確かにヘビーだが、弟の怒り、哀しみ、諦めなどの感情がうなりをあげて見る者の感情をゆさぶり、目が離せない 。まさに感動作だ。(斎藤 香)

冷静に見るつもりが、、、

原作を小説で読んだ直後、たまたまレンタルビデオ店で「手紙」を借りました。
小説が良かっただけに、どーせ掻い摘んだ形式だろうと思いつつも、山田孝之が出ている事もあり、見てみようと思いました。見た結果は、、、、、、、、、、号泣でした。
ストーリーは当然、原作の方が深みはありますが、山田孝之の演技力がそれを踏まえても卓越していて、分かっていても引き込まれるのは、彼の演技力があったからこそ。加えて、玉山鉄二の演技も良かった。登場シーンは少ないものの、小説以上に最期の「合掌」は声を上げたくらいです。世間を騒がした沢尻エリカも、さすがの演技力。
あまりDVDは購入しないのですが、今回は購入です。
あと、音楽と映像の色彩もすごく良かったです。
音楽は最期の小田和正、映像は暗いストーリーをかくす?ように
明るい色彩使いが逆に心にぐっときました。

役者の熱演に泣かされた

映画としての完成度は必ずしも高くないが、主役脇役ともに役者の演技が
とてもよく、なかでもラスト30分は役者の熱演に泣かされた。特に直貴役の
山田は若いにもかかわらず実に巧かった。刑務所慰問のシーンで、兄への
愛情と決別の思いに揺れながら漫才を続ける微妙な表情の演技は絶品だった。
対する兄役の玉山のストレートな泣きの演技もよかった。ラストシーンの
ようやくすべてを受け入れて生きる覚悟を決めたような主人公の微かな笑顔も
忘れられない。被害者の息子役の吹越、直貴の勤める会社の社長役の杉浦ら、
ベテランの演技もよかった。
映画館で1度観たのだが、どうしてもまた観たくなって思い切って購入した。

映像の良さを生かした力作

 兄が強盗殺人で逮捕され、その弟が社会で生きていく様子を描いた作品。犯罪者の弟
だから差別をされて当然なのか否かを問うた作品である。また、弟から兄へ送る最後の
手紙、兄が犯罪被害者へ送る最後の手紙は、自分の書くたかが1通の手紙が、良い意味
でも悪い意味でも、どれほどの効果を及ぼすものかを考えさせられる。
 原作本と比較してみると、この映画は映像の持つ力を生かして、原作本の良さを十二分
に発揮している。犯罪者の弟というどこか影を抱えた役を主演の山田孝之が見事に演じき
っている。また、最後の場面の、山田孝之・玉山鉄二が出てくる場面、そして、そこで流
れる小田和正さんの挿入歌は、涙なしでは見られないし、映画だからこそ感動がここまで
高まるのだろう。
 他方、難点としては、話がすぐに展開してしまう点である。作品の時間を長くしてでも、
登場人物の心理描写などを詳細にして、原作で丁寧に書かれている部分を表現して欲しかっ
たと思う。
 全体として、東野圭吾さんの原作本のメッセージ性を残しつつ、映画ならではの良さを
生かした力作と言えるだろう。

凄く良いけれど凄く惜しい作品

ダイジェスト的に出来事を積み重ねてみせる手法はいいけれど、もうちょっと丁寧に主人公の心情やまわりとの関わりを描いてほしかった。人目を避けるように生活しているのにもかかわらずお笑い芸人を目指す、そこに至った経緯も描写不足(しかしこの役の設定は演じる上で相当困難だったんじゃないかな)、直貴と由美子の関係もいろんな意味で唐突なシーンが目立った。逆に中盤の朝美とのシーンの演出はだらだらと平板な印象。
それでも尚これだけの作品になりえたのは、役者陣の演技に負うところが大きいと思う。ある意味この映画の集大成のシーンだと思った主人公と被害者の息子との対面シーンは息を押し殺して見入ってしまった。最後の刑務所での漫才のシーンは秀逸。泣くまいと涙をこらえて漫才をする弟、その姿を見てひたすらダダ泣きの兄、両者の演技、演出とも素晴らしい。笑いながら泣けるという経験はそうできるものではない。最後の最後、何か腹を括ったかのような兄と弟、そして親子の後姿が今でも鮮明に思い出せる。原作ではミュージシャンのところをお笑い芸人に設定を変えたのも大成功だったと思う。
だからこそもう少し丁寧なつきつめた展開、演出をしてほしかった。このあたりが完璧ならばどんな凄い作品になっていただろうと思うと非常に残念だけれど、それを差し引いても☆5つをつけたい。

全ての立場で考えされられる作品

東野圭吾さんの作品って感じの作品。
強盗殺人半の弟・・・心では兄がどんな人でも、弟はまた別人と思うのに、現実はそう簡単に割り切ることもできないかもな・・・っと考えてしまう。
そして弟の立場にたって、映画を見ると、世の中の理不尽さや、さいなまれる悩みに、なんとも言えない苦しさを想ってしまう。
そして被害や家族の立場になると、さらに気持ちは複雑に。
全ての側の心や想いや理想と現実が描かれている。
ラストシーンは涙があふれます。
罪を犯してしまった兄の想いも汲み取れる。

豪華な役者揃い

原作は見たこと無いですが感動しました。
すごく重い話なのですが、漫才の出来がなかなか良くて、
重いテーマのなのに、程よく楽しんで見れました。
犯罪を犯すことで、周りの多くの人たちに悲しみや迷惑をかけてしまうことを
考えさせられます。また、その周りの人たちのセリフの一つ一つが、心に重く
響く素晴らしい映画でした。
最後の刑務所での漫才のシーンでは、涙を堪えられませんでした。

兄がいる幸せ

私自身、兄がいるので、弟役の山田孝之の目線で感情移入ができました。
ややリアリティに欠ける設定もありましたが。兄弟の感情は本物だと感じました。
たとえどんな大きな欠点があっても、弟にとって兄はヒーローであって欲しいのです。
そして、兄は弟が想像する以上に弟のことを大切に思っている。
ラストの漫才のシーンで「それでも兄貴ですから」を繰り返す弟の姿に、すごく共感しました。
家族の絆は、自分自身が思っている以上に、ずっとずっと深い。
兄役の玉山鉄二の涙は演技を超えていて、本物の兄弟愛を感じさせました。
兄に才能や社会的地位なんてなくてもいい。兄がいる、ただそれだけで弟は幸せなのだから。
そのことに気づかせてくれる、心のこもった本物の映画でした。

逃げてはいけないということ。

どれだけ普通に生活していても、家族のことを信頼していても、
私たち自身が「犯罪者の家族」となってしまうことは
決して起こらないとは言い切れない。
「手紙」は強盗殺人犯の弟の社会的制裁と葛藤を実にリアルに描いた
メッセージ性の大変強い作品であった。
とりわけ、犯罪者が犯す罪は、犯した本人の家族にまで多大なる影響を与え、
それらの人々の人生までメチャクチャにしてしまうという事実が、
実に鮮明に伝えられている。
犯罪の愚かさ、犯罪者の後悔の念、家族のやりきれなさ、
人を想うということのあたたかさ、
生きている限り多くを諦めなければならない人の存在、
生きている限り苦しみを背負って生きなければならない人たちの苦しみが、
この作品からまっすぐに伝わってくる。
主役の山田孝之、主役の兄で殺人犯を演じた玉山鉄二、
主役の恋人役を演じた沢尻エリカ、これら3人の演技、
そして作品中でK's電気の会長を演じた杉浦直樹の言葉が心に残った。
   差別のない場所を探すのではなく、
   差別のある場所での生き方を探さなくてはならない…。
言い換えるなら、我々は自分たちが好まない環境であっても、
そこで生きていく方法を探さなければならないということになる。
逃げている限り、きっと同じことが起こるし、
それは私たちの心にさらに大きな傷を残すことになる。
逃げないことの大切さを改めて教えてくれたこの作品に感謝したい。

許す事の難しさ

心にグッと来るセリフがたくさんありました。
兄が罪を犯したのは自分の為だったと痛いほど分かっているが、
でも、決して兄のした事は許されない。
その事で、仕事も夢も諦めざるを得ない自分。
兄に対する感情の葛藤が上手く描かれてると思いました。
最後の玉山鉄二の演技は涙なしでは見れません。
音楽もいいところで流れるし(><)。。。
すごく気になったのは沢尻エリカの関西弁。
関西出身の女優さん、いただろうに・・・・。

捨てる演出力

小説が原作となっている映画は、ストーリーや設定にたいして小説と
どの程度の距離を取るか、何を変えて(変えないで)、何を捨てるか(拾うか)の
さじ加減が難しく、監督は専用の脚本を使用する映画とはまた違った職人芸が
必要とされるのでは無いかと思います。
小説の映像版ダイジェストになっている映画や、
原作を限りなく無視して原作のファンをげんなりさせる映画が多い中で、
この作品は監督の職人芸が目一杯詰め込まれ、心を強く揺り動かす良い作品になっています。
強引な展開や説明不足の部分は、
冷静になっている今だけでなく見てる間も感じますが、
それなところをいつまでも考えさせる間は無く、
登場人物の気持ちに惹き付けられ、期待を裏切られ続け、
見終わった後はぐったりしながら、鼻をかんでいました。
ここまで私のこころを揺り動かしたのは、
出演者の演技も大きいですが、
原作が持つ良さを引き出す為に
余計なところはばっさりと切り取ったコマ取りの大胆さでは無いかと思います。
監督の生野慈朗は、
映画に比べて放送(上映)時間の長い、ドラマの演出を多くやられている方とうことで、
なおさら驚きがあります。
これからこれまでの作品を追って見たいと感じました。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

クローズド・ノート スタンダード・エディション [DVD]
手紙 (文春文庫)
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
ただ、君を愛してる スタンダード・エディション [DVD]
いま、会いにゆきます スタンダード・エディション [DVD]
さまよう刃 [DVD]
一週間フレンズ。 [DVD]
「映画 山田孝之」Blu-ray(特典3D Blu-ray付き2枚組)
何者 DVD 通常版
そのときは彼によろしく スタンダード・エディション [DVD]

福田花音 安倍なつみ 泉じゅん 有吉ひとみ 浜美枝 大浦みずき 近藤美恵子 和央ようか 阿南敦子 遠藤あど 志摩みずえ 鮎ゆうき 鳳八千代 中川梨絵 田島ゆみか 瑳峨三智子 中原理恵 原知佐子 大後寿々花 石川亜沙美 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ