DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]

DVD
監督:金子修介
出演:藤原竜也
出演:松山ケンイチ
出演:戸田恵梨香
出演:中村獅童
出演:鹿賀丈史
メーカー:バップ
発売日:2007-03-14

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]

夜神月はエリート大学生。類まれなる天才である彼は、偶然“DEATH NOTE”を手に入れた。そこに名前を書かれた者は死ぬ。将来は警視総監になれる逸材と言われながらも、法による正義に絶望していた彼は、そのノートを使って罪深き者に次々と制裁を加え、犯罪者のいない理想郷を作ろうとする。そしてその制裁は、世間で話題になり、救世主“キラ”と呼ばれるようになる。しかし、キラの正体を絞り込んでいた男がいた。彼の名前は“L”。数々の難事件を解決していた謎の名探偵で、彼はFBIや日本の警察に指示を出し、月に近づいていく…。<br> 原作コミックが1500万部以上も売れた大ベストセラーの映画化。天才・月と天才・Lの頭脳バトルが圧巻の原作だが、この前編はプロローグ。月とLの闘いの序章といった趣。月が正義を掲げながらも、ノートを使って簡単に人殺しを重ね、何も後ろめたさを感じない姿は、ささいな理由で殺人を起こす現代人の象徴のようで背筋がゾッとする。後編で繰り広げられるであろう頭脳バトルへつながるエンディングは、続きも見たくなる作りだ。月は藤原竜也、Lは松山ケンイチが演じる。特に松山は原作のLそっくりで、ヴィジュアルも含めLファンも納得の好演だ。(斎藤 香)

原作を超えた見事なエンディング

2006年は邦画が豊作で、興行収入は21年ぶりに洋画を上回ったそうだ。
年が明けてからそれら話題作が続々とDVDで発売されだしたので、
片っ端から買って観ている。
正直、前評判のわりにハズレが多い。
が、そのなかで本作は数少ない「あたり」である。
原作の長大なストーリーをどうやって2枚のDVDで完結させるのか、
ことに、前編は原作をはしょらずほぼ忠実に再現しただけに、
後編に残された膨大なストーリーを扱いきれるのか、
そこがひとつのおおきな関心であった。
しかし見事に、まったく見事に完結させた。
原作ではLはライトに敗北する。
が、もし本当にLという天才がいたとしたら、
ホンモノのLはきっと原作のLではなく、映画のLである。
そう思わせるほど見事な結末であった。
映像もCGに手間隙かかっており、浮世離れしていていい。
演技もとくに、松山ケンイチがLになりきっていて、いい。
この役をやるために役者になったのではないか、と思うほどはまっている。
かっこいいことこのうえない。
ストーリー、映像、描写、3拍子揃ったエンターテイメントの王道をいく作品である。
未見の方には、ぜひお勧めしたい。

ある意味で原作を超えた作品

ある意味で原作を超えた作品だと思います。原作であった後半のグダグダ感がありません。ただ一つだけ不満があるとすればエキストラの演技が作品唯一の欠点です。

凄いインパクト

正直なことを言えば、後編を見たのは友人の付き合いで、本意では無かった。
金使うの嫌だな、程度の考えだったのだが、脆くも崩されましたね。
衝撃に継ぐ衝撃。圧巻に重なる圧巻。まさに衝撃のオンパレード。
月役、L役共にあの2人以外には無理だったなというのが理解出来ました。
DVD版は前後編入ってこれなら凄く安いので、是非購入することをオススメします。

ラストまで目が離せない!

前から欲しかったデスノートのDVDですけど、あれ前編と後編に分かれてまして。
2枚買うよりお得なコンプリートバージョンが発売されましたのでGETしました。
このコンプリートバージョンはホントに完全制覇ってカンジの豪華版で、本編DVDが前編と後編合わせて2枚と特典DVD1枚があります。
更にDVDケースの間に隠されてる?CDも1枚あります。
このCDは歌詞が無いメロディのみの仕上がりになってまして、CDには劇中の弥海砂(戸田恵梨香)の可愛いジャケットが付いてます。
歌えばいいのにね。
映画の内容はご存じ藤原竜也演じる月(らいと)と松山ケンイチ演じるL(エル)との頭脳戦で見応え抜群のサスペンス。
主役であるはずの月が悪に染まっていくあたりが原作の醍醐味だと思いますけど、そのあたりは背筋が凍る仕上がりになってます。
衝撃のラストシーンは想像の範囲を超えた脚本です。
原作も同じなんだろうか?
ヒカルの碁で小畑先生の絵が好きになったのでコミックも読んでみたいですね。
お気に入りのシーンは月を『私の神』と献身的に愛し続ける海砂(ミサ)の出演するシーン。
たくさんありますけど、こんな可愛い女の子に愛される月が羨ましいです。
そしてその海砂に恋して死んだ死神に海砂を託された、これまた優しい死神レム。
たぶんレムも海砂に恋したのか、死神同士の友情なのか命をかけて海砂を守ろうとするのも切ない。
特典DVDは隠し映像も収録されてるメイキングですけど、宝探しみたいで結構楽しめる。
ボリューム満点!
このDVDのケース(紙のカバー)の裏にが劇中に出てくる絵画『仮面と死神』が印刷されてるあたりも凝ってる。
こりゃレンタルじゃなく是非購入して欲しい逸品。

若手演技派が挑むもうひとつの世界

実写化はハードルが高いと思われたのですっきりと完結した一本の脚本にまとめた時点で及第点。
CGなんかどうでもいいんだよ、といわんばかりに役者の演技のせめぎあい。
あの非現実的なキャラクター像が実現できるとは思ってもみなかったし、それだけ演技レベルが高いのだろう。最初、ミサは微妙かなーと思ったけど、ライトやエルがあれだけキャラ立ちしていたから原作のように個性が強すぎてもバランス損なったかもしれない。雰囲気も軽すぎず、重すぎず、そう、この作品あらゆる面でバランスがいい。そのくせ役者の演技には二回も三回も見させる力を持っている。
「デスノート」というタイトルに縛られてなかなか観る気起こりません、という人は一番損をしている。

悪を裁くのは正義か

このデスノート、一部の方には「そんな、簡単に人を殺していく話なんて」とえらく評判が悪いとお聞きします。
ですがこの作品が伝えたいのは「犯罪者を裁くのは正義だ」ということではありません。
悪人であろうと人の命を奪うことはどういうことなのか、それは正義という言葉で済ませて良いものか、といった深い疑問を投げかけています。
そういったことを踏まえて見ていただければと思います。
映画は原作よりも見てわかりやすい構成になっています。
あの頭脳戦やセリフだらけの内容を、雰囲気を壊さずよくもここまで完成度を高めてくれたと感動しきりです。
さらに、何度も見ると気づく細かなこだわりなどもポイントが高いです。
製作側の、デスノートという作品に対する思い入れがよく伝わってきます。
ぜひ前編後編を通して、デスノートの世界を堪能して下さい。

原作を上回る?

実は前編はTVで見た。劇場に行くほどでは無いだろうと思ったからだが、その認識は覆され後編は劇場に足を運ぶはめになった。前後編を相次いで公開するという邦画では珍しい試みもヒットする自信があったから出来た事であろうが製作者側にとって冒険であったことは間違いなかろう。成功の原因は原作の魅力もあるが主演二人の存在にもあるだろう。藤原竜也と松山ケンイチの演技合戦には眼を見張るものがある。特にラストの藤原の鬼気迫る演技は神になろうとして果たせなかった人間の醜い姿(己を正当化しようとする傲慢)を見事に表現しきっている。アイドル前とした風貌から今まで敬遠していたがそれは誤りであった。実写版である本作は物語の構成に措いて原作を越えたと言っても過言ではあるまい。なおLを主人公にしたスピンオフ続編が製作されるのも楽しみではあるが月が居てこそLの魅力が最大に発揮される気がするので果たしてどんな出来になるのか気になる所ではある。

もうひとつの結末

原作コミックはすべて読んでいました。
映画は前編・後編共、映画館に足を運びました。
まず、キャストについてですが、藤原竜也さん演じる夜神月、松山ケンイチさん演じるL。
映画を観る前は、月を演じるには藤原さんは少し表情が優しいかなと思っていたのですが、
観たあとは、藤原さんが一番配役にピッタリだったと思わされたほどの演技レベルでした。
対する松山さんですが、Lという人間をどう表現してくれるのかと楽しみにしていたのですが
予想を裏切る今まで見た事もないような特異な演技を魅せられました。
劇中で、Lが笑いを誘うような言動も所々に見受けられ、「死」という重いテーマの作品の
中にも遊び心もありました。
ストーリーに関しては、前編での一番の見所は、やはり緊迫感のあるラストシーンでした。
原作を知っていた方が、より楽しめたと思う展開でした。
そして、前編を上回る面白さをみせる後編。サブタイトルの『the last name』に相応しい
衝撃のラスト。原作とは異なるもうひとつのエンディングは、私の中で原作を超えました。
DVDに関しては、おまけムービーがてんこ盛りでファンには嬉しいサービスでした。
藤原さんと松山さんの映画館でのファンの前での飛び入り挨拶、何回も観て笑ってます。
本当に良い映画だったと思える作品でした。
2年後に発表されるLを主人公とした新作映画も今からとても楽しみにしています。

ラストがいい!!

主演の藤原竜也さんと松山ケンイチさんの演技は秀逸!!
私は原作のファンだったので実写はどうだろう・・・と正直不安もありましたが、映画の方も抵抗なく受け入れる事ができました。
それは、このお二方の演技力と、原作に忠実に作られた衣装やセットなど、細部に見られるこだわりのおかげかな、と思います。
ただ、ストーリーは原作通りではないため、あの息を呑むほどの月の計画がかなり省かれていたりして、彼に対しての尊崇の念は原作ほど生まれず、そこが★一つを削った理由です。
ただ、映画版のストーリーもそれはそれとして楽しめると思います。
そして後編のラスト!!ネタばれしないため多くは語れませんが、原作もこうして幕をとじてほしかった・・・と思うほどです。
原作の終わり方(というよりLがいなくなってからのグダグダ感)に納得がいかなかった皆さんにはぜひお勧めします。
DVD二枚組に特典ディスクも付いてこの価格なら、映画館で見た私も買って損は無いかな、と思います。

前後編で見て初めてわかる良さがある

相次いで公開された大ヒットシリーズ。出来で言うと、前編<後編なのだが、はじめから前後編を前提に製作されたので、評価は2つを通しで見てからにして欲しい(だいぶ長丁場にはなるが、、、)。特に後編は、L、キラ、海砂の3人の駆け引きが面白く、終わりまで飽きさせない。
若手俳優を多く起用していることもあって、国内外の一般映画と比較したときに、違和感や物足りなさを指摘する向きもあろうが、これは一般映画とは別のエンターテインメントとして捉えた方がいい。コミック原作物の荒唐無稽さやジュブナイル作品としての新鮮さがある。
オチが原作と違っているうえ、原作を知っていることを前提としているように思われる面があるので、原作を読んでからの方が楽しめるはず。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
L change the WorLd [通常版] [DVD]
DEATH NOTE dead or alive ~映画「デスノート」をアシストする特別DVD~
デスノート Light up the NEW world [DVD]
DEATH NOTE デスノート [DVD]
L FILE No.15 (愛蔵版コミックス)
デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]
DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
「カイジ2 人生奪回ゲーム」【通常版】 [DVD]
NANA -ナナ- スペシャル・エディション [DVD]

中村知世 とよた真帆 六子 園井恵子 月丘夢路 岩本千春 片桐はいり 倍賞千恵子 鈴木保奈美 松野有里巳 麻生かおり 末永遥 松浪志保 飯田蝶子 柴田洋子 篠田麻里子 丸山優子 ルビー・モレノ 澤井孝子 東てる美 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ