DEATH NOTE デスノート the Last name [DVD]

DEATH NOTE デスノート the Last name [DVD]

DEATH NOTE デスノート the Last name [DVD]

DVD
監督:金子修介
出演:藤原竜也
出演:松山ケンイチ
出演:戸田恵梨香
出演:片瀬那奈
出演:マギー
メーカー:バップ
発売日:2007-03-14

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

DEATH NOTE デスノート the Last name [DVD]

死神リュークが地上に落とした“デスノート”を拾った夜神月は、犯罪のない理想郷を作ろうと犯罪者の名をノートに書きつづけ、彼はやがて「キラ」と呼ばれる救世主となる…。<br> 前編『デスノート』のラストで、ついに名探偵Lと月は対峙する。宿敵Lの息の根を止めようと「キラ対策本部」に入り込んだ月、月がキラである証拠をつかもうと罠をめぐらせるL。そのふたりの闘いに、もう1冊のデスノート、第2のキラ、死神レムなどが現れ、月の歪んだ正義はエスカレート。悪を葬るために殺人を正当化しようとする彼の、暴走する狂気をスリリングに見せていく。原作の設定を大幅に変更、削った本作だが、世界観は原作に忠実でゆるぎない。ラストも原作とは違うが、映画はノートの力をトリックにしたどんでん返しで、これもまた衝撃的だ。<br> キャストは藤原竜也、松山ケンイチ、鹿賀丈史など前編のメンバーに、戸田恵梨香、片瀬那奈、マギーが加わった。デスノートの力に飲み込まれていく月を演じる藤原の熱演、原作のLがそのままスクリーンに現れたかのような松山の怪演、このふたりの演技バトルが、月とLの頭脳バトルと重なり合い、見る者を圧倒すること必至だ。(斎藤 香)

非常におもしろい

主役二人の演技合戦というか、
この二人、うまいなぁと思う。
また、筋書きもいい。
私は、レビューでは、筋書きなどを紹介するのは嫌いなので、
ただおもしろいとだけ書きたい。
藤原竜也と松山ケンイチは、間違いなく、これからの日本映画界を背負って立つだろう。
ひょっとすると、日本だけに留まらないかもしれない。
藤原竜也は、もうすでに海外でも役者として一定の評価を得ているし、
これからの活躍が楽しみである。

緊張感と絶妙のユーモア

この映画のコピーが「誰も見たことのない結末」ということなんですが、たしかに、原作とはまったく違う衝撃的なクライマックスでした!!
前編では明かされなかったデスノートのルール、新たに加えられたルールが登場して、それが今まで判明していたルールとうまく組み合わさって物凄い緻密な心理作戦を展開させて行きます。物語は、第2、第3のキラが登場する事で益々複雑になりますが、話が見えなくなるような事にはなりません。このあたりも、脚本として原作をコンパクトに、かつ原作の面白さをいかしつつ巧みにアレンジしてよく練られています。
また、何より今回は、随所に見える『遊び心』が楽しい。例えば、Lがキラに顔がバレたらマズイと、ヒョットコのお面を被ったり、甘党の彼が食べるお菓子に、和菓子があったり等々。
そして原作とは一味違う、映画版ならではの結末。「死神の心理・心情」すら利用しようという月の作戦もすごかった。そして、最後のライトとの対決の際に取ったLの秘策。納得いくオチでしたし、原作よりもこちらの方が私は好きです。
とかく興味は月とLの頭脳戦に終始してしまいそうになりますが、この作品が問いかける正義の意義、命の価値というテーマも忘れてはいけないと思います。

二人の息子

原作では敢えてやらなかったキャラの掘り下げに取り組んだ事は英断だったと思います。
原作ファンにとって前編の不満の一つは「夜神パパがカッコ良すぎる(笑)」事。
しかし「総一郎を月だけでなくLにとっても父親的立場に置きたかった」監督の意図で納得。
父に教えられてきた正義の限界を感じた時にデスノートを手にした事で月の何かが狂った。
彼の最期には父を超えたい父に認めて欲しいという思いが感じられました。
しかし父親すら殺害対象にしながら「解ってくれる」などとは子供じみた甘えでしょう。
逆にLは自らの覚悟を総一郎に示す事で彼の信頼を勝ち取りました。
Lに敬礼をする総一郎の表情は我が子を誇る父親のようでもありました。
一人前に成りきれなかった息子と一人前になった息子。
頭脳で拮抗していた両者の勝敗を分けたのは、ここにあったように思えます。
二人を看取る形となった総一郎はどんな気持ちであったかでしょうか。

見入ってしまった!!

コミックの映画化がいまいち弱い邦画なんでちょっと不安でしたが・・・
前編をテレビで観たのでとっても続きが気になり前・後編続けてみました。
「うわ、連ドラで観たい!!」と不謹慎な妄想を抱くほど、見入ってしまいました!!
特に”L”が大学に来る場面とその後の展開!!2時間半くらいあったんですが、
久々に終わるのが惜しいと思うくらい面白かったです。良かった!

衝撃のラスト!

コミックを読んでる人も十分楽しめる内容になっています。とくにラストは「その手があったか!」とうなってしまう、見ごたえのある衝撃的ラストになってます。映画だけでも十分楽しめますが、コミックと読み比べるとさらに楽しめます。とにかくおすすめです!

原作を読んでいない私は、とても面白かった!

前編と同じく原作を読んでいないので、原作との比較は出来ない。
それが良かったのかどうかは分からないが、私はこの作品とても面白かった。
キラとL、死神、デスノート・・・
いろんな要素がとても上手く構成されていて、正直見応えがある作品とさえ感じた。
こちらで、いろいろな方が書かれている「原作はもっと面白かった」というご意見。
この作品を観て「とても面白い」と感じた私は、原作を読むのがとても楽しみである。
早く原作を読んで、「もっと面白い」世界を堪能してみたいと思う。

映画オリジナルの部分が意外といい。

むやみに生足をさらしまくる片瀬那奈(さすがにものすごく綺麗)、イジワルな先輩アナウンサーの上原さくら(いじめ方が陰湿でいい!)、そしてどこか憎めないマギー出目川。原作のヨツバキラに相当する部分に映画オリジナルのストーリーが挿入されるのですが、原作にないだけにかえって違和感なく見ることができました。原作どおりのヨツバキラでは相当に無理があったと思うので、非常によい判断だと思います。
全体としては、原作を知っていないと理解しづらい部分がある一方で、原作とは違う部分もあるのがバランスを欠いた一因かと思います。そもそもキラの設定が原作と違い、天才ではなく、ちょっと頭のいい普通の学生として描かれています。そのことに気づかずに「キラ=天才」と刷り込まれた状態で映画を観てしまうと違和感バリバリになりますので、注意が必要です。

松山ケンイチ

舞台で鍛えた藤原竜也の演技は勿論、突然凄い役者が出てきた感を受けた
松山ケンイチ。。。
原作云々と言ってる場合じゃないのだ(黒笑)

みごとです。

原作とは違ったラストですが、
あっさり死んでしまった原作よりも
むしろLらしくてイイような気がしました。
たぶん原作者了解済みだとは思いますが。
なかなか、イイ出来でおもしろかったです。

原作と異なるラストの展開はみる価値あり

「映画実写版デスノート」後編の見所は、なんといっても原作とは異なるラストの意外な展開に尽きます。裏の裏をとりあう原作ストーリーに、もう一枚裏を加えたようなラストは、大いに観る価値あり。「前編」には足りなかった「映画版ならではの+アルファ」を、こちらの後編では大いに楽しむことができました。
まぁ、このラストを良しとするかどうかは、個々人がどの登場人物(つまり月かLか)に、より感情移入しているかによって異なると思うし、「正義VS正義」という異色の対決構造が結局、きわめて一般的な倫理感をベースにして決着つけられる点に不満を感じる人もいるかと思いますが、私はやはり、こういうパターンで終わって安心しました。
正直、終盤の展開以外は「前編」と同様、心理描写の少ないダイジェスト版デスノートといった感じで、テンポは良いけれど、漫画ほどの緊張感を得られることはありません。第2、第3のキラが登場し、トリックの応酬という段階になると、かなり粗の目立つ場面も多くなり、論理的整合性を気にする人にとっては、突っ込まずにはいられなくなることは簡単に想像がつきます。
それでも、この実写版デスノート後編は、原作の雰囲気を壊さず、かつ最後に新しい見所を加え、コミック未読の人のみならず、すでに原作を読んでいた人でも楽しめる作品に仕上がっているということで、予想外の満足感を得ることができました。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

DEATH NOTE デスノート [DVD]
デスノート Light up the NEW world [DVD]
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]
「カイジ2 人生奪回ゲーム」【通常版】 [DVD]
L change the WorLd [通常版] [DVD]
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]
バクマン。DVD 豪華版
インターステラー [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]
デイライト [DVD]

久万里由香 早瀬優香子 伴杏里 苫米地玲奈 大山貴世 平淑恵 水の江瀧子 大野真緒 猫背椿 槇ひろ子 長岡輝子 岸惠子 宮園純子 藤貴子 原千晶 友直子 一路真輝 牧瀬里穂 岡本麗 折原真紀 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ