DEATH NOTE デスノート [DVD]

DEATH NOTE デスノート [DVD]

DEATH NOTE デスノート [DVD]

DVD
発売日:

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

DEATH NOTE デスノート [DVD]

夜神月はエリート大学生。類まれなる天才である彼は、偶然“DEATH NOTE”を手に入れた。そこに名前を書かれた者は死ぬ。将来は警視総監になれる逸材と言われながらも、法による正義に絶望していた彼は、そのノートを使って罪深き者に次々と制裁を加え、犯罪者のいない理想郷を作ろうとする。そしてその制裁は、世間で話題になり、救世主“キラ”と呼ばれるようになる。しかし、キラの正体を絞り込んでいた男がいた。彼の名前は“L”。数々の難事件を解決していた謎の名探偵で、彼はFBIや日本の警察に指示を出し、月に近づいていく…。<br> 原作コミックが1500万部以上も売れた大ベストセラーの映画化。天才・月と天才・Lの頭脳バトルが圧巻の原作だが、この前編はプロローグ。月とLの闘いの序章といった趣。月が正義を掲げながらも、ノートを使って簡単に人殺しを重ね、何も後ろめたさを感じない姿は、ささいな理由で殺人を起こす現代人の象徴のようで背筋がゾッとする。後編で繰り広げられるであろう頭脳バトルへつながるエンディングは、続きも見たくなる作りだ。月は藤原竜也、Lは松山ケンイチが演じる。特に松山は原作のLそっくりで、ヴィジュアルも含めLファンも納得の好演だ。(斎藤 香)

原作未読、映画のみの評価

 配役は最高、CGも違和感なく、コミックスで10巻を超える作品の世界観を始まりから数分で巧く表現している。
 でも、この監督さんはデス・ノートの何が一番スリリングで、何が一番面白いかが絶対に分かっちゃいない……そう思った。原作とは違う展開は頭を抱えるほどひどくはないのですが、某映画評サイトでも批評されていた南空ナオミと相対するシーンのペンの描き方は、ミシディレクションとしては最低な表現で、「どうしてライトがペンを手にしなきゃならなかったのか」という点が、最後のどんでん返しと矛盾を生じてしまっている。あのラストなら、ライトはペンを手に持つ必要性は一切ない。
 ライトやLの考えはほとんど表現されず、原作では徹底的に描かれている心の動きが表現されないままなので、原作を読んでいない人には二人が天才だとは思えない。
 どうも、見た目をデス・ノートにすることに終始したような作品。
 とにかく、残念、もったいない。

原作を読んでないと…

漫画である原作が好きで、大した事はないだろうなと思っていたんですが、どのようにしたのか気にはなっていたので観てみました。
ですが、やはりこんなものか…。と言った感じでした。
原作を読まずに観た人は訳が分からないシーンも多々あると思います。
まず、ライトをはじめ、みんなの考えている事(どう考えなぜこうするのかということ)が全く分からないことは大きな問題でしょう。
そのせいで非常に幼稚に感じてしまう。また、特に言う必要のないことをしたり、言ったりと、映画の月はアホな面も見られ、そうした意図が分かりません。
最後の最後で少しだが新世界を作るために彼女をも犠牲したという事だけは月を考えれば当然そうしなければいけないシーンですが、そこだけは評価出来ます。
ですが、南空ナオミとの対決シーンはなしでしょう。
結局漫画の方が、クオリティも面白さも素晴らしいです。
10点中3点!!

頭脳戦のレベルが……

しょっぱなからおかしかった。
あんなに用心深い月が、
いくら「“凶器”はノートだとばれるわけはない」と思っていたとしても、
あれだけ大勢の人の中でノートを取り出して、
明らかに犯罪者のニュースを見ながら名前を書くだろうか。
南空ナオミとの緊迫した心理戦も楽しみにしていたけど、
月の言った「南空の誤算」はそもそも誤算どころか計算していたとも思えない。
とても冷静にはなれない状況には違いないですが。
いまいち月とLの「天才さ」が目立たなかったような気がします。

原作未読、映画のみの評価

映画を見て腑に落ちなかったのが、
皆さん指摘のシャーペンのシーン。
あのあとがまるでとってつけたような話になってしまい残念。
あまりに都合よすぎるという感じ。
ただ、それまでは楽しめた。
また、続きも見たいと思う。
20世紀少年といい、このデスノートといい、日本のマンガのレベルの高さを実感した。
正義とは何か、
この夏休み、子どもと一緒に見て、考えてみるのがおすすめ。

駄作

原作が面白いので、元々期待はしなかったけど
やっぱりというか期待を裏切らないというか
話題性だけの映画ですね。
なぜOKになったのかわからないカットが多すぎる。
唯一松山ケンイチの演技だけが許せる範囲かな・・?
藤原君はやっぱりスクリーンには向かないね
かれはやっぱり舞台が一番輝く

これはヒドい。

まず原作とキャラが違いすぎる。特にLがヒドい。シナリオは原作と少しは変えないと映画化の意味が無いからしょうがないにしても、キャラは原作に忠実な方が良かったんじゃないかな?
あとラスト近くで南空ナオミが銃を横向きに構えてるのを見て背筋の凍るほどの寒さを感じた。元FBIがあんなギャングみたいな構え方するか!!
なぜ監督はあんな事させたんだろう。アメリカではみんなあんな風に銃を撃つとでも思ってるのか?ギャング映画の観すぎだろ!
とにかく突っ込み所満載のダメ映画。
 

21世紀版罪と罰がフル・スピードで活写される。

この映画は何度観ても面白い。21世紀の頭脳明晰な主人公が、デスノートを手に入れて世の中を浄化するという、危険だが人を魅了する考えをもつに至ったとき、主人公は裁かれなければならないのか、人間にとって正義は何かを問う作品で、いわば21世紀版罪と罰だと言えるが、そのような高尚なテーマを論じるより、単純にモンスター青年同士の頭脳戦にしびれる。
原作の漫画も読んだが、次々に事件が起こるスピード感は原作より勝っている。密度の高い2時間で、枝葉を落としつつ、原作にないディテールも加え、それでいて人物の造形も怠りなく、登場人物が多すぎて筋が追いにくいということもなしに、高度な知的ゲームに没入できる。まずは原作のアイデアと脚本の勝利を称えたい。巨大スクリーンに映し出されるイメージ等もわくわくするし、スタッフの持てる力の結集でもある。そしてモンスターを演じる俳優2人が良いが、特にLの松山ケンイチの不気味さは最高だ。
本作の頭脳明晰なモンスターをさらに若年にしたら、今年の傑作「告白」の秀才中学生になるのではと思う。
本作は前編。きっと後編も観たくなるはずだ。

マンガのイメージが強いので、それがあだとなる作品。

 最初の1時間30分がだらだらしていたように思い、「なんでこれみちゃったんだろう。。」なんて思いつつ最後の30分が、ようやくちょっとおもしろくなったようなそうでもないような。
 これは、ドラマでもいいだろ。。
 つーか、あまり実写向きの映画ではなかったのかもしれない。。デスノートの世界観は、マンガだから成り立つ世界観であって、現実の世界観にあわせちゃったらかなり引く。どれくらい引くかというと、人が死んでいる現場などで携帯電話のカメラでその死体を撮影しまくっている人々のように引くのである。
 あと、金子監督、クロスファイアのときもそうでしたが、原作と内容を変えないでください。。原作ファンは、たぶん大部分が「原作にない驚き」を求めていませんから。。
 とにかく、マンガのイメージが強いので、それがあだとなる作品。マンガを見てない人は、後編まで見てからマンガを読むのが吉と見た。

映画ならでの+アルファが足りない

漫画「デスノート」は、言うまでも無く日本のコミックスの歴史に残る大傑作ですが、それを「実写映画化」するというのは、無茶だと思っていました。
なぜなら、「デスノート」の魅力はページ1枚1枚にびっしりと詰め込まれた台詞による心理描写。それを時間枠内に収め、かつ複雑なデスノート世界のルールを説明しつつストーリー展開しなくてはならないからです。とすると、映画は「大胆な編集」をするか、すくなくとも3部作以上にしなくてはならないのではと思っていたのでした。
ところがこの、実写版デスノート「意外にも」上手に原作のポイントを押さえ、あの濃い原作ストーリーの序盤部分をテンポよく見せてくれる、なかなかの作品でした。CGによるリュークは素晴らしく、主要な登場人物も原作イメージに比較的忠実で、コミックスのファンであれば、そのビジュアルは満足いくものだと思います。ワタリなんて、これ以上の適役はいないでしょう。
ただ、テンポが良い分、やはり、あのくどすぎる程の心理描写は抜けおちており、下手をすると単なる「ダイジェスト版デスノート」になりそうな所もあります。それを避ける為に、映画版では新キャラクター(月の恋人)と、南空ナオミのエピソード別解釈が加えられています。が、いかんせん、正直どちらも、それほど興味深いものではありませんでした。前編部分をちょうど良く締めくくるのに重要な役割を果たすとはいえ、ちょっと物足りない感じです。
コミックスを読んで好きになった人にとっては、原作のイメージを大きく損なわれるような事なく、リアルなデスノート世界を楽しめる作品ですが、「なぜ、わざわざ実写でも観る必要があるのか」という+アルファが弱いのが残念でした。
という訳で、原作の興奮を100点とすれば、60〜70点ぐらいの面白さだと思いますが、それでも「あのデスノート」の実写化としては十分な出来栄えかと思います。

映画の月、馬鹿?

「外では極力話しかけるなと言ったろ、リューク」確かにそう言っていた原作月だが…映画では自分からリュークに話しかけ、その上レイの尾行を「何故言わなかった?」と、意味不明にリュークを責めている。何か馬鹿だ。
しかし死神の眼のシーンでは、リュークの言おうとしている事を先回りして言ったりと、変に賢い所もある。原作月は「そんな事僕が知る訳無いだろ?」と、ごもっともな事を言っていたのに。
バスケで賭けも、月じゃない。法律を学ぶのも、月じゃない。どうして、月のキャラクター像が、監督達は理解出来ないんだ。
むやみに実写化なんて、しなくて良い。アニメで十分

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

DEATH NOTE デスノート the Last name [DVD]
L change the WorLd complete set[DVD3枚組]
デスノート Light up the NEW world [DVD]
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set [DVD]
DEATH NOTE デスノート the Last name [DVD]
カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]
「カイジ2 人生奪回ゲーム」【通常版】 [DVD]
ジュラシック・ワールド[AmazonDVDコレクション]
寄生獣 DVD 豪華版
告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

李麗仙 松平純子 大野由加里 岩佐美咲 彩輝なお 小池唯 渋谷琴乃 相沢なほこ 岩本千春 長谷川真弓 misono 南條玲子 大西結花 ANZA 本山可久子 石原初音 梨里杏 奈津子 小西真奈美 木匠マユリ 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ