アイランドタイムズ [DVD]

アイランドタイムズ [DVD]

アイランドタイムズ [DVD]

DVD
監督:深川栄洋
出演:柳沢太介
出演:仲里依紗
出演:児島美ゆき
出演:寺田農
メーカー:フジテレビジョン
発売日:2007-02-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

仲里依紗の圧倒的魅力! 癒しと旅立ちの稀有な物語。

仲里依紗ってこんなに素晴らしいとは!(気づくの遅い!) 心に傷を負って離島の小さな学校へ転入してきた夕希、ふさぎ込んだヒロイン。と、島で唯一の新聞を発行している主人公・昌治。中三の彼は高校進学のため春には島を出ていかなければならない。ふたりきりの教室、彼の純朴さと淡い恋心、そして彼女の秘密…。 仲里依紗の俯きがちな風情と飾らない印象が可憐で、茶の制服とシックな黒の装いもキュート、そしてピアノのシーンのノーブルな印象は圧巻。 ―風の音と波の音しかしない青ヶ島の、癒しに満ちた格別な景色の中で、2人のたどたどしい交流を通して、やがてお互いに、人生の最初の大きな問題(彼女の場合はかなり特殊な)が浮き彫りにされてゆく…。 2人が衝突するシーンや泣きながら訴えるシーンの台詞の重み、さらに重要なキスシーンも普通の恋愛物とはまるで違う爽やかさで、2人の結びつきの深さがひしひしと伝わってきます。癒しと、人生の旅立ちの、ほんとうに稀有な物語です。

この作品は,超おすすめ

レンタルDVDのショップでは,ポップ付で褒めていたので,つい借りて観たらポップの謳い文句がウソでない良作でした.あまりに良い作品なので,レンタル期間中に2回観て.やっぱり気に入ったので,なんとDVDを購入してしまいました.
この作品の良さは,中学卒業から高校進学という,あまり普段は大げさに取り上げられない,少年少女だったら誰もが通過する成長のターニングポイントを丁寧に描いていることに尽きます.
この位の年代の少年少女は,異性への関心の増大と同時に,自分が将来どの道に進むのかを突きつけられます.大抵は,どのレベルの高校に行くかということですが,将来の人生コースに無関係でない最初の選択と試練ということでしょう.この映画の場合,離島で暮らす少年と東京で挫折して島にやってきた音楽エリートの少女という,すこしだけ当たり前でない設定にしてあります.
前半は,純朴な島の少年昌治がピアニスト志望の少女夕希を癒すストーリー,そして後半は東京から舞い戻った,昌治の先輩の影響から島から出ることを躊躇う昌治を夕希が励まし,二人で島を旅立つまでを描くストーリーです.
脚本がよいです.素敵で可愛らしく,印象的なセリフがいっぱいです.島を出ようと説得する夕希が言うセリフ(映画を観てのお楽しみ)は,この映画で白眉のものでしょう.この場面で夕希の方から昌治にキスするのですが,本当に初々しいです.
悪人どころか,悪意をもった人がまったく出てこない,稀有な映画です.それが青ヶ島という離島だからこそ自然に思えるのです.本気で,青ヶ島村に行きたくなりました.
最後に一言,ヒロイン夕希役の仲里依紗ちゃんは,演技も抜群にうまいし最高に可愛いと思います.小学校の娘もこの作品が大好きで何度も鑑賞して,今では仲里依紗ちゃんの大ファンです.主人公の昌治をやった柳沢太介君は演技が硬いですがそれが「島の少年」という役柄にぴったりだと感じました.

意外なくらいの良作

「フジテレビでもこういう映画作れるんだ」というのが感想です。
お祭り大作ばっかりじゃないんですねー。
仲里依沙の超絶美少女っぷり観るだけでもいけます。
クライマックスのキスシーンはちっともロマンスはないですがつい微笑んでしまういいシーンです。

仲里依紗!!

素晴らしい作品と思う。
内容についてはすでに語られているので私は触れない。
主演の柳沢君あっての作品だが、やはり圧倒的で印象的な仲里依紗ちゃんの演技。
最近は81のメイドでかなり知名度をあげているが、作品によって多彩な表情を見せる素晴らしい女優さんだ。
メイドのイメージからか、グラビアで水着などを期待する声もあるようだが、私個人としては絶対にやらないで欲しい(やらないとは思うが・・・)。
このまま女優としてさらに上を目指してほしいと願う。

演技力

「呪ってやるから!!!!!!!」
仲里依紗の演技が光る快作

仲里依紗ちゃん かわいいですね 

東京都青ヶ島村。
なにもない島。
中学を終えると、みんな内地の学校に出て行く。
そんな島の唯一の新聞の編集長の主人公
”影響されやすい昌治”は、卒業間近の中学3年生。
そんな彼の前に、不思議なきれいな転校生が現れる。
このぼくとつな昌治のナイーブなこころの動きが、顔の表情によく表れていて、とても面白かった。 本当に島の自然の中で育ったという感じ、ほほえましい。
彼女に自然に引かれていく昌治が、彼女の影に気がつき、何とかしてあげたいという自然な心の動きが、そして島の自然・人たちが彼女のこころの傷を癒していく。
家族で見て欲しい作品でした。 ^^

ほのぼの・ほんわか。もうひとつの東京風景

舞台は青ヶ島。本作を観るまで全くイメージがなかった。それも東京都だという。確かに空の青さは沖縄・奄美と違って、何となく東京っぽい。しかし、島民の皆さんがあまり(ほとんど)出てこないので、「地」の強さに欠けるのが残念。柳沢大介はいつもびっくりしているような目が印象深い役者だが、柳楽優弥のデビュー時に比べるとかなりつらい感じ。対する仲里依紗はこれからの可能性を思わせる溌剌さがいい。ちょっと影の出し方は甘いけれど、そもそも脚本も少し甘いから仕方ないだろう。ピアノでの挫折っていうのは、感情で出しにくいからなあ。作品としては「天然コケッコー」と比較してしまうが、これは「天然」の圧勝かな。山下監督も深川監督も若いながら地力の凄さは証明済みなので、次回作対決が楽しみ。お互いまた同じようなテーマだろうし(笑)。東京都心でのロケーションも夏帆と柳沢の演技力の差が、印象度の違いを生み出した。田舎っこは田舎っこの演技ができないと、臨場感がない。まあ、ほのぼのした作風はめざましムービーっぽい(わんこ、にゃんこの次はなぜにこれ?というのはあるが)ので、観て損はない一作ではある。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

くちびるに歌を DVD 通常版

島村佳江 横山エミー 市原悦子 小林ひとみ 梶三和子 進藤七枝 松井康子 桜井浩子 中塚智実 浜木綿子 篠原愛実 白鳥百合子 日向明子 岩本千春 もたいまさこ 奥菜恵 鞘師里保 町田博子 山田はるみ 志田未来 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ