愛の流刑地 [DVD]

愛の流刑地 [DVD]

愛の流刑地 [DVD]

DVD
監督:鶴橋康夫
出演:豊川悦司
出演:寺島しのぶ
出演:長谷川京子
出演:仲村トオル
出演:佐藤浩市
メーカー:東宝
発売日:2007-07-27

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

愛の流刑地 [DVD]

渡辺淳一の同名ベストセラー小説を原作に男女の愛の深層心理を官能的につづったラブストーリーの問題作。情事の果てに女(寺島しのぶ)から「殺して」と言われてその首を絞めた男(豊川悦司)。警察もマスコミも彼を責め立てる中、後半は裁判劇となり、誰にも理解できない2人だけの愛の関係性が観る者に訴えかけてくる。監督はTVドラマ界のベテラン・ディレクター鶴橋康夫で、これが初の映画演出となったが、さすがに最近の若手とは面子の数が違うというか、手練手管の映像演出と、初の映画ということでのみずみずしさが巧みに同居している。また事件を扱うマスコミの描写などから、鶴橋監督ならではの社会性もチラホラ見え隠れする。まさに公開時、そのマスコミがおもしろおかしく騒ぎ立てた官能シーンなどよりも、男女の心理そのものこそが深く心に染み入り、鑑賞後も深く尾を弾く作品に仕上がっている。ただし全体の音楽に関してはもっと深く熟考すべきであった。(増當竜也)

誰も本当の冬香を知らない・・・

…この作品を一言で語るなら、正にこの言葉がピッタリでしょう。
愛する村尾の前では女の面を見せながら、彼女にはもう一つの母親と娘の面があって
そのせめぎ合いの中で死を選んだ。
村尾は冬香との痴情を誘ったのだが、交際の最後には
―視聴者から見れば気がつく範囲で―どこか醒めた部分があって
そして冬香の感情もどこまで続くのかわからない。
夢はいつか終わる。
終われば平穏な、死んだも同然な生活が待っている。
結婚前から、愛していた、初恋の作家に出会った、本当の愛を知った。
時間をとどめるなら死ぬしかない。
相手をぶっ壊してでも。
この私の感想も冬香の一面しか他ならないだろう。
冬香の気持ちはよくわかる。
自分も同じような、手に届かない人が好きで―いっしょにゆりかもめに乗ったのだけど
言い出せなかったのだ。
言ってしまえば、全部壊してしまう、相手も。
飛び越えて、夢を叶えた後は現実が待っている。
愛がおだやかな愛になるのは幸運で、壊れたり潰れたりするのが当たり前だろうから。
村尾も本当の冬香を知らない。
裁判の最後に語ったことも、そして最後の台詞の中にも、真実はここにはないと思った。
でも冬香に一生取り込まれる。
この愛の関係の結末はとても美しいし、当事者は幸せだったのだなあと思いました。
もう人間関係のあやふやと妖しさと哀しさが叙情的に滲む様な映画。
難を言えば他のレビュアーの方も書かれている長谷川京子さんの検事さんですか、
鼻でくくったような他人を馬鹿にしたような演技が終始気になってしまった。
検事調書を読み上げる時は笑い声だしw
映像の流れをぶった切りにして、興をそいでしまう。
思わず液晶画面を殴りつけたくなりました(おいおい)。
内蔵助さんのキャラもこの作品に出す必然性がないなあ・・・。
その他の役者さんは名演なんだけどね・・・。
この事件を追うのはむしろ嫁さんに逃げられた検事さんの方が良かったかもしれない。
この件も物語の全体的なバランスを崩すことはなく、
結末まで世間から背を向ける村尾と冬香の愛の物語が語られる。
背徳だろうが刹那的だろうがかまわない。
むしろ世間の卑俗さと比べると高尚ささえ感じる。
それは冬香の愛が初恋だったのだからだろうか?

愛するがゆえに・・

小説でしか読んだことがなかったのですが、小説とは違ったトヨエツの演技がとてもよかったです。愛するがゆえに人を殺してしまう?なかなか理解できませんが、寺島しのぶさんもとてもきれいで、いきなり死からはじまったのでショックでした。警察でのシーンは少し長くて余計かなと思いましたが、トヨエツさんかこの役はハマり役だと思います。

豊川悦司の静かなる熱情

 豊川さんの演技に尽きる。
 原作者は好きではないが,表現者たる豊川さんの役どころが「何もかもが間違っている」と,表現し尽くせぬ思いを吐露するところは圧巻。
 回顧シーンが進むにつれ,寺島さんが美しくなってゆく。
 所々ふと冷めてしまったのは,検事を演じる長谷川さんの演技。全体の雰囲気に全くそぐわない。主人公の人生に自己を投影し,葛藤し,同じように苦しむ女性検事でもよかった。彼女だけがこの映画の反省点ではないか。
 理屈はともかく,今,破滅する男を演じさせたら豊川さんの右に出る俳優はいまい。全体の統一された空気感に星5つ。

十人十色の社会勉強映画

渡辺淳一原作「愛の流刑地」の映画化だが、原作があんな感じだから映画化としても原作を良く再現しているとは思う。しかし、「愛」についての観点は渡辺淳一氏の個人的な思いによるもの。渡辺氏は「男女の愛」と「セックス」は絶対に切り離すことが出来ないようだ。個人的には「肉欲」=「愛」だなんてサラサラ思わない。もしそうなら発情期のネコや犬、その他の動物、また昆虫たちも常に究極の異性愛に満ちあふれてた存在ということになる。人間も動物だから同じといえばそうだが、「肉欲」なければ「愛」がないなんて考えるには知能指数を動物並に下げなければ理解出来ない。セックスにより脳内麻薬が脳内に放出され快楽があるならば、薬物中毒患者が快感の内に自殺をするのと同じではないか?まあ十人十色なのでこれが究極愛というならそうだろうが、好き嫌いが激しく分かれる内容だ。

私も主婦ですが。。。

セックスに溺れていく堕落的な話として捉えられているレビューをみて
「あなたは人を愛したことがありますか」
と、トヨエツばりに叫びたくなって書いてます。
自分を激しく求め必要とされている実感を得る手段がセックスだっただけで
動物がするそれとは意味が違うと思います。
家庭にも戻れず、恋にも走りきれず死を選ぶ冬香の気持ちよく解ります。
恋が現実になってしまえば、捨ててしまった家族を苦しく思うし
恋を捨て家庭に戻れば、自分を激しく女として必要としてくれる人の存在を失ってしまい
生きる意味が薄れてしまう。
こんな女いない、と書いてる人も多く見られましたが
私はむしろ多くの女の中には冬香が眠っていると思います。
女をそうさせる男が少ないだけではないでしょうか?
母親が最後被告人側の証言台にたったのも
娘の冬香が選ばざるを得なかった顛末を同じ女として共感し
犯人を憎みながらも、そこへ向かわせた夫にも怒りを覚えたからでしょう。
多くの女性はきっと最後はこの母の気持ちになって
冬香を愛してしまうのではないでしょうか。

セックスシーンはもう少し生々しくていいと思う

高島礼子さんほどの美人を、潔くちょい役に使う豪華さが、この映画の哀しさだと思う。
制作費も宣伝費も相当にかかっているんだろう。
けれど映画というやつは残酷なもので、
それが膨れ上がるだけ、それに見合うほどの衝動と感動からは遠ざかってしまうように思う。
私は原作を読んでいないので(売れ筋の本は必ず目を通すようにしているが、
なぜだろう、どうしても読む気になれなかった)、
物語がどれほどの深みを持っているのかは計りかねる。
ただ、この映画のみを判断材料にして個人的な見解を述べれば、
出演している俳優陣の普段連続ドラマなどで見せるキャラクターの印象が
あまりにも強すぎるため、松重豊さんの一挙手一投足がコメディに見えるし、
佐藤浩市さんが「セックス」を連呼するのも違和感があるし、
長谷川京子さんのいじましい演技、悪女ぶりが似合わなさ過ぎて、
吹き出しそうになってしまった。
この映画はもしかしたら、大いなる都市伝説なのかもしれない、とさえ思った。
冬香の母を演じる富司純子さんが、
菊治に法廷で土下座をされ、
あからさまな嫌悪と戸惑いの表情を浮かべ体をよじらせた姿は、
とても秀逸だった。ほんとうに、
娘を殺した殺人者を見る目であり、仕草であると思わせるくらいの演技で、
彼女の生きてきた時間の重みをうかがわせ、
かつ大女優とかくあるべし、というような立ち居振る舞いだった。
そのワンシーンだけが他から切り離されたように印象的だった。
寺島しのぶさんは、はっとする程の美人ではないけれど、
笑顔は少女のようにチャーミングで、
体はとってもきれいで生々しい。
それを見るための映画かもしれない。
この映画におけるベッドシーンは、彼女の体の輪郭や質感の美しさ、
豊川悦司さんのきれいなお尻と不揃いな背骨の隆起のいとおしさを確かめる以外に、
特に意味を持たないような気さえする。
最後の最後の台詞で、脳髄をすとんと鉈包丁で切り落とされたかのように、
いっきに醒めてしまう。残酷なほどに。
何故あれを、言う必要があったんだろうか?
帰り道、そのことばかりが気になってしまう。
もしかしたらその効果すら、
狙い済まされたものなのかもしれないけれど。

変態小説家?

余命いくばくかの人間ならいざ知らず、
「殺してください」って言われたからって、愛する人を殺せるのか?
そう疑問を持って見たんですが、、
俺には全く理解できませんでした。
渡辺淳一という作家の頭ん中は、こんな事ばっかりしか考えてないのかな?
まぁ、純な心を持った人は、違った評価をするんでしょうね。

とても好きな作品ですが…ただ一つ残念なのは。

久しぶりに究極の愛の形を見た映画でした。
それより何より出演者がみな上手い!豊川悦司はもちろん、寺島しのぶ、陣内孝則、中村トオルも最高です。
ただ一つほんとにほんとに残念なのは、女検事役の長谷川京子がなんともミスキャスト。観ていて何度も『何だこの女!』と叫んでしまうほど気持悪い演技でした。
全体的な演出や映像も素晴らしく主題歌もよかったので、とても残念です。

ラストシーン

最後のシーンの、豊川悦司が語り始めて平井堅の「哀歌」が流れてくるところはぐっとくるものがあります。 「哀歌」を聴いていると、この映画はこの曲を聴くために存在するのだと実感します。歌をより深く聴くためには一見の価値があります。

共感できないけどトヨエツが良かった

いくら最後の女になっても死んだら終わり。
もし私が冬香だったら、夫とさっさか離婚して、
奥さんと別居中のトヨエツのところへGOだ。
子供を残して、真っ裸で死にたいと考える
冬香の気持ちが分からず共感できなかった。
男性の視点で描かれた女性像が苦手だけれど、
終盤のトヨエツが、とても良かったです!!
「だから私は冬香のために、どんな罰でも
受けたいと思います」からラストへの独白。
「選ばれた殺人者」と受け止めるくだりに、
こういう愛もあるのかな・・と思わされた。
渡辺淳一さんの願望みたいな不倫ものだった。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

キャタピラー [DVD]
ヴァイブレータ スペシャル・エディション [DVD]
裏切りの街 [DVD]
愛の流刑地〈上〉 (幻冬舎文庫)
男たちのかいた絵 RAX-505 [DVD]
失楽園 [DVD]
愛の流刑地〈下〉 (幻冬舎文庫)
命 [DVD]
犯人に告ぐ [DVD]
愛していると言ってくれ BOXセット [DVD]

本間さおり 岡本綾 伊藤るり子 遠野なぎこ 志麻いづみ 川合千春 藤代宮奈子 小松千春 上宮菜々子 藤井美菜 小宮有紗 浪花千栄子 吉井由紀 丹阿弥谷津子 筒井真理子 高木ナオ 馬渕英俚可 あきのはじめ 藤岡麻美 黄前ナオミ 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ