犬神家の一族 完全版 1976&2006 (初回限定版) [DVD]

犬神家の一族 完全版 1976&2006 (初回限定版) [DVD]

犬神家の一族 完全版 1976&2006 (初回限定版) [DVD]

DVD
監督:市川崑
出演:石坂浩二
出演:松嶋菜々子
出演:尾上菊之助(五代目)
出演:富司純子
出演:松坂慶子
メーカー:角川エンタテインメント
発売日:2007-07-06

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

犬神家の一族 完全版 1976&2006 (初回限定版) [DVD]

信州が産んだ製薬王・犬神佐兵衛が莫大な遺産を残して亡くなった。佐兵衛には母親の違う3人の娘、松子・竹子・梅子がいたが、なぜか遺言状には全財産を佐兵衛の恩人の孫娘・野々宮珠世に譲渡すると書かれていた。しかも珠世が財産を受け継ぐことができるのは、松子ら3人の娘たちのそれぞれの息子のいずれかと結婚することが条件だった。早速、珠世を巡って息子たちは争奪戦をくり広げ、ついには殺人事件が巻き起こる。遺言状を預かる法律事務所の依頼を受け、名探偵の金田一耕助は捜査に乗り出すのだが…。<br> 76年に角川映画の第1弾として製作された『犬神家の一族』を市川崑が自らリメイク。だがプロデューサーの指示で、構図からカット割りに至るまで76年版をまんま踏襲。エンディングだけは大きく異なるが、このDVDで手軽に過去の作品が見られる現代で、なにゆえもう1度同じものを作る必要性があったのか、正直、理解できなかった。しかし金田一役の石坂浩二は年齢を感じさせないような役作りをしているし、30年前と同じ役で出演した加藤武と大滝秀治らもやはりいい味を出している。結果的には76年版の偉大さを再認識させることになっている。(横森 文)

角川春樹、不在

デジタル・リマスター版という事で期待していた画質。
しかし、結果はガッカリ _| ̄|○
那須ホテルから見た「国敗れて山河ありか」
のシーンの山々の緑色の発色が
LDよりも格段に悪い。
前に出ていた物よりかは幾分かはマシだが・・・。
楽しみにしていた特典映像は、石坂浩二氏のインタビューは良かった。
が、「市川崑 映像の秘密」は
これ、LDに収録されていた物の再録だった。
またまた、ガッカリ _| ̄|○
前のDVD持ってる人は買う必要ないかも・・・・・・。

角川春樹、不在

本編の映像に関しては、まあ、こんなもんかなと。
個人的には、LD版の方が発色も良いし高画質だとは思うけど、クリア過ぎて、作品世界の空気感とはちぐはぐな印象を与えてしまうのに対し、こちらの方は、世界感に相応の色調、画質だと思います。
こういった問題は、リスナーの使用するモニターやハード、それから個人の好み等で違うものなので、一概には言えないものです。
特典ディスクに関して。
印象としては、ほぼ全編、リメイク版の宣材集という感じで残念でした。
検証!にしてみてもオリジナル版に関して、もっと突っ込んだものが聞きたかった。
そもそも、角川春樹のインタビューが無いのは片手落ちでしょう。
そもそも彼の存在無くしては、犬神家の一族は語れないはず。というか、この映画そのものが存在しないはず。
何故、数ある横溝作品の中から犬神家の一族を選んだのか?
何故、市川崑監督だったのか?
何故、音楽に大野雄二を起用したのか?
おそらく、この映画に対する角川春樹自身の思い入れは誰より強いはず。
彼から語られるべき事は、山のようにあるはずなのに、この特典ディスクには見事なくらい、彼の存在は語られない。
一瀬隆重のインタビューなんかいらないよ。
コレクターズエディションと言うんだったら、いろいろな大人の事情をクリアにして、角川春樹を登場させて欲しかった。
なにせ、角川春樹事務所第一回作品なのだから。

市川流

現代の俳優陣の質の低下を露呈させてしまった作品、というのが感想。これが現状かと思うと悲しくなる…。オリジナルという比べられる作品が存在するのは酷だけど、しかも皮肉にもオリジナルとほぼ同じ脚本や構図で。同じように撮れば撮る程、やたら俳優の質の悪さだけが際立ってくる。市川流、現代日本映画俳優への警鐘にすら思えてくる始末…。
リメイクはどう作っても色々言われる宿命だと思うけど。登場人物のあらゆる人達に命とハートがあり、無性に会いたくなるオリジナル・シリーズはやはり神憑り的だと再認識。

また?

2006年版公開に合わせて、1976年版のコレクターズエディションを発売したばかりではありませんか。「賢明な」ファンは完全版発売を見越してコレクターズエディションを敢えて買うべきでなかったのでしょうか。

市川崑監督のファンには残念な作品

市川崑監督は76年の作品で成しえなかったことを今回のリメイクで表現しようとしているのだろうと勝手に思い込んでこの作品を観た。そういう意味では新しい表現、オリジナルにはない新しい展開を期待していたのだが、残念ながらそういったものは今回の作品には一切なかった。76年の作品では細かいカットを組み合わせた斬新な表現でスピード感とアートな感覚を楽しめたし、会話をわざとかぶせ臨場感を高める技などを用いて観る者を驚かせたが、今回の作品にはそれを超える表現は一切なかった。逆に構図が76年版と同じで1つ1つのカットが長めとなっている為、スピード感が失われてしまっている(そのため76年版より上映時間も若干長めになっている)。脚本も当時とほとんど変えておらず新しい展開もなかったため、役者の演技力による違いが鮮明になっている。残念ながら、珠世役の松嶋菜々子は島田洋子ほど薄幸感が表現できておらず、富司純子も高峰三枝子ほど迫力がなかった。極めつめは旅館の女中役の深田恭子で、76年版で坂口良子がコミカルに演じたちょっとヌケた感のある田舎娘はそこにはいなかった。76年版ではうどん屋で坂口良子がうどんをかきこみながら金田一に依頼事項を報告するコミカルなやり取りが陰惨な殺人事件のなかで清涼剤的な役割をしていて好きだったが、この作品では深田恭子が妙に上品なやり取りをしていたため笑えなかった。
全体的に市川崑監督のパワーが落ちた感じがして、老いさえ感じてしまったのは私だけだろうか。76年版を意識せずに観ると面白いのかもしれないが、市川崑監督のファンには極めて残念な出来となってしまっていた。

とても残念です!

 恐らく、リメークされたこの作品に期待された金田一耕介のファンは、然程多くはなかったと思います。得てして、リメーク作品が前作を超える程の評価を与えられることは滅多にありません。しかし、ファンにとってこの「犬神の一族」は特別な作品の一つに当たり、自身は、前作のイメージを壊したくない一方、気になって仕方なく、躊躇しながらも鑑賞しました。結果は言うまでもなく、見たことを後悔せざるを得ない内容のもので、何を意図してこの作品を世に出現させたのか到底理解できません。金田一耕介や署長さんは歳を取りすぎていてエネルギーを感じません。また松嶋さんの演技にも映画女優としては疑問が残ります。前作で三姉妹を演じた高峰三枝子、三条美紀、草笛光子さんの3名は、圧倒的な存在感があり、見るものを魅了しました。やはり「犬神家の一族」を見るのであれば1976年度版をお勧めします。

音質が不満?

音質に不満が残ります。容量の多いPCM方式を採った様ですが、効果音(SE)や、何より一番自分にとって重要なサウンドトラックの音がこもり気味ではないか!旧作は何と言ってもあの大野雄二先生のサントラがストーリー全般のイメージを印象付けているわけであって当然単なるドルビーデジタルのモノラル音声よりPCM方式のほうが購入意欲をあおられた訳で、しかもDVDでーた(雑誌)にはDTS仕様のようなことも記されていたのでこれは格段に音もグレードアップしたのだろうと通販にて購入しましたが・・・。(__;
画質に関してもLD盤からのリマスターの様だし、(全体的に茶系色)確かに画質は良くなってはいましたが、おどろおどろしさから考えるならば初回旧盤DVDの方が青系統を使用しているのでこっちの方が雰囲気はあるような気はします。音もこちらの方がクリアな様に思います。もー!どうせなら無理矢理5,1ChDts仕様にして欲しかった!
特典ディスクに角川春樹氏を入れなかったのは様々な事情があるのでしょうが非常に残念です。この映画(旧作’76版)は春樹氏のセンスが凝縮された映画だと思っています(サントラから何から何まで)。

がっかり・・・

パッケージに「コレクターズ・エディションの本編ディスクと同じ」とありました。
例の、ノイズは少ないが色の鮮やかさが低下している(全体的に黄色〜茶色がかっている)バージョンです。
角川から出ていた(コレクターズ・エディションでも何でもない)旧バージョンのDVDが一番色の再現度が良い、という皮肉な結果となっています。
Blu-ray版が出た場合はちゃんとした色のが出てくるのでしょうか?不安です。

フ・ザ・ケ・ル・ナ!!!

新しくデジタルリマスター版が出るということで今まで発売されたソフト以上の高画質・高音質を期待していましたが…パッケージの下に小さく「本ディスクは2006年に発売されたコレクターズエディションの本編ディスクと同内容です」と書かれておりガックリ…!角川さん、あなたの会社の代表作でしょ、この映画…。もっと我々消費者の声を聞きいれて『これぞ決定版!!』といえるマスターの「犬神家の一族」のソフトを出してください!お願い!!特にDVDの内にカタをつけてくれ。

監督っ!一大事です!!

故市川崑監督には数々の名作横溝シリーズを残していただき心底感謝しています。
先生!なぜ最後の金田一を「本陣」で撮っていただけなかったのでしょうか。
私はファンなので映画も観ましたし、このDVDも買いました。
初めて「崑作品の金田一シリーズ観よっかな」と思われている方はどうか初回バージョンから観てください。200%そちらの方が楽しめます。
あぁ。市川監督、並びに実相寺監督も他界され、私のミステリ/サスペンス欲求はいずこへ。。。
「これからの金田一はオレにまかせろ!」という奇才をお待ちします。
でも。三木のり平、大滝秀治、加藤武、辻萬長、坂口良子がそろわない。
これら名演/怪演の脇役あってこそフワフワした石坂の金田一が更に映えるのだと思います。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX
悪魔の手毬唄[東宝DVD名作セレクション]
あの頃映画 「八つ墓村」 [DVD]
獄門島[東宝DVD名作セレクション]
犬神家の一族 角川映画 THE BEST [DVD]
病院坂の首縊りの家[東宝DVD名作セレクション]
女王蜂[東宝DVD名作セレクション]
犬神家の一族 ブルーレイ [Blu-ray]
悪魔が来りて笛を吹く【DVD】
あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 八つ墓村 [Blu-ray]

正司花江 澤村春子 永田杏奈 小椋寛子 吉野公佳 槇ひろ子 藤本七海 佐河ゆい 亜希子 越智静香 近藤春菜 夏川純 仁科仁美 沢村貞子 伊藤咲子 音無真喜子 梅田智子 真屋順子 小泉今日子 甲斐麻美 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ