ゆれる [DVD]

ゆれる [DVD]

ゆれる [DVD]

DVD
監督:西川美和
出演:オダギリジョー
出演:香川照之
出演:伊武雅刀
出演:新井浩文
出演:真木よう子
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2007-02-23

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

ゆれる [DVD]

オダギリジョーが演じる弟の猛は、故郷を離れ、東京でカメラマンとして成功。一方、香川照之の兄・稔は実家のガソリンスタンドを継いでいる。母の一周忌に帰った猛だが、稔、幼なじみの智恵子と出かけた渓谷で、智恵子が吊り橋から転落死してしまう。殺人容疑をかけられた兄と、彼の無実を信じる弟の関係が、ときにスリリングに、ときに不可解に、さらに衝撃と感動を行き来し、タイトルが示すように“ゆれながら”展開する骨太なドラマだ。<br> 都会に出た者と、田舎に残る者。性格も違う兄と弟。映画は対照的な立場を鮮やかに描きだす。西川美和監督は、微妙なセリフで男ふたりの複雑な内面を表現し、観る者のイマジネーションをかき立てまくる。背中の演技で心情を伝える香川照之もすばらしいが、兄に対する負い目と苛立ちの両方をみせるオダギリジョーは、彼のキャリアのなかで最高の演技と言っていいだろう。あのとき吊り橋で、何が起こったのか? その真実も含め、さまざまな余韻を残すラストシーンは目に焼き付いて離れない。兄弟を持つ人ならば多かれ少なかれ、ここに描かれる確執に共感してしまうはず。家族の関係も、そして人生も、一筋縄ではいかないのだと教えてくれる名編だ。(斉藤博昭)

香川照之の怪演(あえてこう言わせてもらいます)が見事。

最近みた邦画の中では、抜群に完成度が高い映画でした。ジャンルとしてはサスペンスですが、テーマは人間の内に秘めた愛憎と家族の絆です。
事件の記憶が明らかになればなるほど、その都度、真相が二転三転していくという、「羅生門」や「英雄HERO」のようなスタイル。主人公のオダギリジョーは、兄が幼馴染の女性を渓谷のつり橋から転落死させてしまった事件について、すこしづつ記憶を鮮明にさせていき、結果として彼の証言が兄の裁判に重大な影響を及ぼします。事故か事件か。このサスペンス部分が非常に面白い。
しかしそれ以上に見所となるのが、お互いの葛藤をぶつけ合う登場人物たちのやりとり。オダギリジョーもハマリ役ですが、兄役の香川照之は「一見ひとあたりの良い素朴な青年」が実はそうとう"腹に据えかねている"という役どころを完璧に表現してると思います。事件のシーンや、その後スタンドで何かが切れてしまう場面なんかの怪演は見もの。兄は何に対して葛藤を抱えているのか、そしてその事実に直面した弟はどういう決断を下すのか。非常に考えさせられました。
流れる川の音、そよぐ草木、事件の発端となったつり橋、そして人の心や記憶といったすべての物の不安定さを表したタイトルも秀逸だと思います。本当にいい映画を観ました。
ただ、検事役のキム兄だけは、ちょっと浮いていたかな…。

若干32歳の西川監督恐るべし!!

人間の心理の複雑さを巧みに、そして、スリリングに描いていています。
本作で描きたかったのは、兄弟でも特に弟の心理。自分のことしか考えない男だから、他人との記憶が曖昧で、結果、他人もしくは自分を欺いてきた。そんな弟が、やっと素直に自分のことを振り返れるようになるまでの話なんだろうと思います。
それを描くため、ひとつの出来事の解釈が二転三転するトリッキーなサスペンスドラマ様式をとったのでしょう。これが、黒澤明監督の「羅生門」を思い起こさせ、裁判シーンの出来のよさもあって、見ごたえ十分です。
はたして実際は何が起こっていたのか? 曖昧な記憶が感情を揺さぶり、その感情が引き金となった出来事でまた揺さぶられる。観客はそんな彼らの心情を読み取るうちに、自然と揺さぶられていくという構図ですね。

オダギリ・ジョーのある種ナルシスティックな演技も自然にドラマに溶け込んでいる。終盤、兄弟二人が向き合う面会室のシーンは本当に凄いです。
それにも増して凄いのは香川照之。いい人を演じ続けてこなければいけなかった長男の苦悩、その仮面の下で抑圧されていた嫉妬、劣等感といったドロドロとした感情をさらけ出す生々しさ。
それにしても、「蛇イチゴ」もそうだったけど、本作もラストシーンまでの、すべてのシークエンスが長いプロローグのようでした。

カリフラワーズの楽曲もピッタリの奥の深い心理劇

人は思い入れや感情の違いによって同じものを見ても必ずしも同じように見えたり、記憶したりしていない。そんな人間の心理を題材にしたのがこの作品だ。
東京に出てカメラマンになって成功したが、父親に認められていない弟(オダギリジョー)と地元に残り真面目にガソリンスタンドを営む兄(香川照之)の兄弟。弟は真面目に地元で働く兄や父親に負い目を感じ、兄は自由に行動する弟をどこかでねたましく思う。そんな二人の心がある事件を通して明かになり、二人の間にひずみが入る。
兄が想う女性がゆれる橋から転落したのは事故か故意か。同じ状況を見ても心に残る映像はそのときの感情によって変わってくる。真実は何なのか最後までそれがわからず、ゆれる兄弟の心を通して話は二転三転していく。そこがこの作品の最大の魅力だろう。
観る者はオダギリジョーの視線で物語の進行を見ていくが、途中どこかで香川照之の感情に惹かれていく。それは香川の演技の素晴らしさか、監督の演出の妙なのか。どちらにしても、最近ではなかなかお目にかかることの出来ない素晴らしい心理劇。CGを多用や派手な演出が多い今の時代に人間の心理に真正面からぶつかって行くこの作品は拍手喝采もの。
重いテーマながら観終わった後にどこかほっとする感覚も味わえる作品だった。
オダギリジョーの「兄ちゃん 家に帰ろう」と叫ぶ声(弟の想いが伝わったのかはわからないが)の後に流れるカリフラワーズの「うちに帰ろう」という曲もこの作品のテーマにピッタリで最高だった。
この作品の結末をハッピーエンドと捉えるか、引裂かれた兄弟の心を描いた悲劇と捉えるかは観る者の感情に委ねられる。そんな奥の深い作品だった。

すべては「ゆれる」

兄弟間の感情のゆれ、記憶のゆれ、立場のゆれ、存在のゆれ、
それらが展開するにつれ、ゆれながら徐々にゆがんでいく。
言葉少なに映像でみせる内面描写は見事だ。
見事だが、各自の内面は幾重にもフィルターがかかり、
観る者に明快に提示されない。
それゆえに、観る者の深読みを誘う。
橋の上で起きた「真実」が兄弟の視点や証言によって変わるうえに、
彼らの互いに対する猜疑心や深読みから生じるやりとりや内心の変化は、
橋の上の「真実」同様、観る者にとって、二重三重のベールがかかり、
最後まで様々な解釈を許す。
途中で証言をひるがえす弟は写真家だ。
幼児期ならともかく、目にした一瞬をフィルムに焼き付けるプロが、
記憶をたがえるだろうか。兄弟の確執という負荷がかかり
記憶がゆがんだにしろ、意匠返しとして偽証したにしろ、
それらはまるで、過去を焼き付けたフィルムの現像時に
左右が逆になったり、明暗が逆になったり、
見せたい(見たい)ものを強調するために
不要な箇所を切ってトリミングするのとも似ている。
弟の証言は「真実」であれ、「偽証」であれ、
それは兄とともに奈落へ落ちる決意であったろう。
殺人者の弟となり、築いたものを失った様が7年後の彼の殺伐とした部屋、
アシスタントの気配もなく、いかにも小さな仕事の顧客との
電話での腰の低い迎合した言葉に現れて切ない。
兄の出所時、弟が泣きながら叫ぶ、「兄ちゃん、家に帰ろう」
これは兄と再び関係を構築しようとする弟の愛情の発露ではある。
しかし、家に帰る兄を待っているのは、出所前の生活以上に
過酷で「つまらない」日常だ。
殺人者のレッテルを貼られ、頭を下げ続けるガソリンスタンドの仕事と
認知症を発症した父の介護、生まれ育った廃れた町のしがらみ…。
果たして、兄は帰るのか。
出所し、甲府駅行きのバスに乗ろうと小走りになる兄。
それは、彼が人生で初めて得た、「つまらない」日常から脱し、
新しい世界へ出る自由の瞬間ではなかったか。
例えばラストの兄の笑みの意味。
これひとつとっても、いくつもの解釈が成立し、それはとりもなおさず、
人間の存在から万物の事象まで、すべてが絶えず「ゆれる」ことを
示唆しているように思えてならない。

面白いかと言われれば・・・・・・??

オダギリジョーと香川照之が兄弟を演じるという設定が気になって観た。
オダギリジョーは、いつも通りというか、想像通りというか、普通にカッコ良かった。
が、それより何より香川照之の演技が凄すぎ。
シリアスな場面なのに、凄すぎて何箇所かつい笑ってしまった。
オダギリ・香川以外のキャストも素晴らしく、全員が全員ハマっていたと思う。
内容は、タイトルの「ゆれる」が完璧にマッチしている感じで、素晴らしいキャスティングも含め、製作側にとって作りたいものを完璧に作れたのではないかという気がするし、そういう意味でとても完成度の高い映画なんだろう。
内容も、観ている側の心理も「ゆれる」し、本当に良いタイトルだなあと思う。
が、「ゆれる」ことが、必ずしも面白さにつながるわけではないし、個人的にはあまり面白くなかった。
解釈が観ている側に大きく委ねられる映画が好きではない人は、あまり気に入らないかもしれない。

次作も期待してます!

前作「蛇イチゴ」と同様、今作も、都合よく解釈し記憶をする人間の性が一つのテーマになっていた。
この作品も楽しめたが、前作とテーマが同じだったため、残念ながら前作を見たときほどのインパクトはなかった。
前作よりも先に見ていたら、感想が違っていたと思う。
しかし、この監督は、現実の人間関係に潜む問題をよく観察されている人だなあと改めて感心させられた。
オダギリジョーと香川照之が演ずる兄弟に潜む問題だけでなく、他の兄弟(父・伊武雅刀と叔父・蟹江敬三)の
問題も、さりげなくあぶりだしている。
映画のラストも川岸と吊り橋の設定にリンクするような状況がうまく使われ、きれいに終末に達した作品だった。
こちらからは、他人に声が届かない。他人に声が届かないほど、人と人は隔絶した存在であり、
人は自分というフィルターを通さないと、他人を認識することができない。見終わった後に、そんなことを思った。
次回は、人間の別の面に焦点をあてた作品を期待しています!

なぜ女性監督にこれが撮れたのか・・・。

寂れた地方の山村の、これまた寂れたガソスタの店長をしている兄と、都会に出て成功したカメラマンの弟。
ほとんどすべての重荷を背負い込まされてもなお、弟の成功を手放しで喜んでくれる人のいい兄と、その人のよさに心を痛める弟。
気まずいながらもそれまでは安定していた兄弟の関係が、一人の女の死をきっかけにゆれはじめて・・・。
取り残された地方と都会という対比もさることながら、家を守っていくことに人生を犠牲にした兄を演じる香川照之がすばらしい。
「人はいいんだけど何から何までうまくいかなかった人」を演じさせたら、彼の右に出るものはいないのではないだろうか。
男兄弟の家庭で育った者ならおそらく誰もが、身に詰まる思いをする作品。
不思議なのは、これほどまでに繊細な兄弟愛をなぜ女の監督が描ききることができたのかということ。

つり橋を渡りました

見る側も高いつり橋を渡るような物語。
ゆれすぎて気分が悪くなるくらい。
谷の深さ(人の心の危うさ)に身がすくみます。
何より感じたのは、人は自分自身こそが一番理解できていないということ。
まわりからはよく分かる自分。分かってなかったのは自分だけ。
人間とは、なんと愚かで醜い生き物か。
救いは・・・ラストの笑顔だけか。
でも田舎暮らしの私は、田舎が好きですけど。

鳥肌

この映画を観ていて、いったい何度鳥肌が立っことか。すごすぎる。
主演のオダギリ・ジョーも、香川さんも真木さんも。そして、脇を
固める全ての俳優さんたち、みんながすごかった。検察官役のキム
兄の演技も素晴らしかった。
そして、西川美和監督による脚本の上手さ。前作の『蛇イチゴ』を
凌駕するミステリアスでサスペンスフルな空気感。そして、随所に
散りばめられた滑稽とも言える笑い、メタファーの数々が作品全体
をとてつもないほど奥行きのある世界へと仕上げています。
そして、観た人それぞれの解釈が求められる衝撃のラスト。
こんなにも鳥肌を誘発され、涙を流した映画は久しぶりでした。
西川美和監督、次回作を心から待っています。

小田切 丈

揺れ動く"モノ"が交差する様が、絶妙に演出されている。
作品のなかに出てくる人物の心と、みる者の心の微細の揺れを…。
ストーリー性、カメラワークも、例をみないような手法で斬新に思えました。
それらを引き立てるまでに至った、名役者による名演も目を見張るものがあります。
心に蟠りがある人にこそみるのをお薦めしたい、不思議な作品です。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ディア・ドクター [DVD]
永い言い訳 [DVD]
([に]1-1)ゆれる (ポプラ文庫)
蛇イチゴ [DVD]
悪人 スタンダード・エディション [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産) [DVD]
永い言い訳 [Blu-ray]
トウキョウソナタ [DVD]
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

都築香弥子 高橋ユウ 坂井真紀 梅田彩佳 関千恵子 小野千春 山口智子 藤江リカ 夏居瑠奈 木内晶子 唐木恵子 平松可奈子 ナンシー梅木 奈津子 星玲子 兒玉遥 飯田圭織 南條玲子 中島ゆたか 芽華らら 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ