オトシモノ [DVD]

オトシモノ [DVD]

オトシモノ [DVD]

DVD
監督:古澤健
出演:沢尻エリカ
出演:若槻千夏
出演:小栗旬
出演:杉本彩
出演:板尾創路
メーカー:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007-02-23

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

オトシモノ [DVD]

駅のホームで“オトシモノ”を拾った小学生の範子は、行方不明の友だちの男の子を見かけたと姉の携帯にメッセージを残して消えた。妹を探す奈々は、その子の家に向かい、錯乱状態の母親と異様な形相の少年を見て驚愕。一方、奈々のクラスメイトの香苗は彼氏が拾った“オトシモノ”のブレスレットが腕からはずれず困っていた。そんなとき、電車の運転士の久我は水無駅のトンネルで人影を発見。そのトンネルの秘密があった…。<br> かつてトンネルで起こった出来事が引き起こしていく怪事件を、巻き込まれた少女と真相を探ろうとする運転士を中心に描く怨念ホラー。恐怖を軸にすえながらも、内気なヒロインと活発なクラスメイトが事件を通して友情を結んでいくエピソードは、この映画のオアシスのような存在だ。恐怖のヴィジュアル作りがうまく、真相が明らかになるにつれ、怖さは倍増。とりつかれた少年の顔など、恐怖描写がしばらく頭に焼きついて離れないほどだ。主演は沢尻エリカ。ほか若槻千夏、小栗旬、杉本彩が共演。監督は黒沢清監督の『ドッペルゲンガー』の脚本も手掛けた古澤健。(斎藤 香)

ヒロイモノです!

予告編を見ておもしろそうだから見てみたら、とんだ落とし穴に嵌ってしまった。これはホラー映画として如何なものだろうかと。全く怖さがない。
それと、ホラー映画はそれなりにオチも必要だと思う。この場合なら、解決したように見せておいて、エピローグのところでまたしても定期券を拾ってしまうとか…ホームに黒い服着た女の人が立ってるとか…
なんで最後の重要なところで友情ネタを持ってくるのか意味が分からない。この映画は何を表現しているのだろうか?
幽霊をベースに友情を描きたかったのだろうか?いや、まさかだよね。
友情とかその他の要素は取り入れてもいいと思うが、度が過ぎるとダメ。
ホラー以外の要素がたくさん入り混じってややこしいことになってしまっている。
これはホラー映画と称するには疑問が生じる。でもホラー映画じゃないというならこれも有りかなと思う。

久しぶりに観た……こんな映画

こういう演技を強要されていたのかと思うぐらいの、俳優の方の中途半端な現実感のない演技。
他の作品では、こんな演技力じゃなかったはずだが…
霊に引きずられる演出、男子高校生の電車事故場面など、全編に渡る安っぽさ。
あの男の子の顔はなんで劇画風?
数え上げればきりがないというか、この作品にわたる全ての演出が怖くない。
そして極め付けは、現象の根本的な原因。
爆笑!
ここまで、ズレたホラー映画も滅多にないだろう。
ある意味貴重かもしれない。

ホラーってこんなのだっけ?

まず感じたのは、台詞回しが不自然というか、脚本の出来が悪いなと思いました。
役者は真面目に演技しているのに、見ていて失笑してしまうところが多かったし、
話の展開も、「えー!?」と笑ってしまうところが多かったです。
怖さより突拍子も無い展開に笑わされてしまう作品でした。
恐怖と同時に友情を描いて、感動要素も入れているのですが、
それも妙な笑いのせいで薄くなっているという感じがします。
沢尻エリカファンなので、その持ち前の演技力に期待していましたが、
この作品ではそう思わせる演技はあまり見られませんでした。
ホラー映画としては星1つ。苦笑いと主演女優で星2つです。

怖くない

全く怖くない。=つまらない
話の構成、演技、セット、どれ一つとっても不十分。
ましてや最後も最初の不陰気とはがらりと変わってインディジョーンズみたいになってるし。
友達連れてみたけどガッカリだよ。
矛盾だらけの駄目駄目映画。
キャストが豪華なのが逆に痛い。

なんとも

変な映画です。
中盤までは、中々ホラーしているのですが後半から駄目駄目に。
序盤と中盤のリングのような展開から、あの結末は???
TVゲームかよっ!とツッコミを入れたくなる。
小栗旬と沢尻エリカが好きな人だけにお勧め。
このときの沢尻エリカは、見た目だけは可愛い。

衝撃的な展開に唖然

不気味コワい展開が続いてなかなか良くできているホラー映画だなあと思って見ていました。
が、小栗旬と沢尻エリカがいよいよ妹を救出に行こうというまさにクライマックスの場面あたりからカントクか作家が別人になったかのように前半のテイストが吹き飛んでしまい唖然とさせられます。
ストーリーとしては、謎解きの説明が不十分だったように思います。特に“悪魔的存在”についての説明(トンネルのアレです)がほとんど無く、消化不良感が残ります。
リング/呪怨的ビジュアルからなかなか抜け出せない日本ホラー映画の現状の象徴を見た気がしました。

ある意味名作…

まずは一言…つまらないに尽きる作品。
ストーリーのテンポの悪さと言うかなんと言うか…呪われた定期券に翻弄される主人公たち持ち主の霊が死を招くのか…と言うストーリーは良いがラストがぁラストがぁあれで良いのか?オチが『はあぁ』と言う感じで失笑してしまった・・ある意味Jホラーの名作かもしれませんよ(笑)

B級映画…

途中まで面白かった 途中まではね…
ラストが………
まぁ沢尻エリカに星2つって感じ

小さな親切、しないほうがいいかも

駅構内で妙な人影を見つけてしまい、地下鉄を急停車させてしまった若い運転手が駅内勤務にまわされたことからストーリーが進行。何故か何度も戻ってきてしまう定期券の「落し物」があることに気づく彼。「幽霊なんか見ちゃ、一生運転手に戻れねぇよ」と語る、どこか身を持ち崩した先輩。その先輩が自殺して、スクラップ帳を発見。その路線には惨事があいついでいたことを知ります。
一方で死んだはずの隆を見た妹を必死で探す奈々。妹だけでなく同級生が次々と地下鉄構内で非業の死を遂げて…
ひさびさに怖かったです。何故なら本当にありそうな話だから。地下鉄を通す過程で変な物にあたったりすることは多分あるはず。人骨だってでてくるでしょう。人知れず線を通して過去の惨事の中を疾走する地下鉄。いろいろな惨事があって清められた土地はあっても地下までは浄化できなさそう…
地下鉄、乗れなくなれそうです。

黒沢組の弟子が作った佳作。沢尻エリカが素晴らしい!

監督の古澤健、撮影の水口智之はいずれも黒沢清監督の愛弟子だ。そのふたりが作り上げるホラー作品なので、外すわけはないだろうと思っていた。でも未見の段階で酷評が多く、どうなっているのか気になっていたが、観ればなかなか良く出来たシャシンじゃないか!古澤監督は清水崇監督と同い年で、ライバル心もあるのだという。一方は今やハリウッドメジャーでも通用するビッグネームだが、本作も負けていない。正直ホンは散らかっているのだが、俳優たちの演技がそれをカバーした感じだ。特に沢尻エリカが素晴らしい。ホラーヒロインをあれだけ健気に演じられるとはびっくりだったが、凄く楽しそうな舞台挨拶や、メイキングで手作りクッキーをスタッフに配るなど、人柄の良さも垣間見えた。このあと一騒動あった訳だが、早くスクリーンに復帰してほしいものだ。他、小栗旬も安定した芝居だったが、若槻千夏はあと一歩かな、と(笑)。最後はモンスターものみたいになってしまうが、ホラーとしても十分面白い作品だ。ちなみに北総鉄道はあの扱いで良かったのか(笑)。本作は韓国でもCJEの配給で公開された。星は4つ。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

輪廻 プレミアム・エディション [DVD]
クローズド・ノート スタンダード・エディション [DVD]
猫は抱くもの スペシャル・エディション<初回生産限定> [Blu-ray]
L et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語 [DVD]
映画「問題のない私たち」 [DVD]
フジテレビ ビジュアルクイーンオブザイヤー’02 「沢尻エリカ」 [DVD]
1リットルの涙 DVD-BOX
手紙 スタンダード版 [DVD]
「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]
ボイス [DVD]

松岡茉優 丘みつ子 大峯麻友 尾崎ナナ 生田智子 水の江瀧子 長谷川待子 加山麗子 芦田愛菜 岩本千春 應蘭芳 松本めぐみ 梨里杏 横山美雪 大下容子 水谷妃里 江戸川蘭子 平みち 久本雅美 森マリア 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ