ピクニックの準備 [DVD]

ピクニックの準備 [DVD]

ピクニックの準備 [DVD]

DVD
監督:長澤雅彦
監督:渡邊孝好
監督:井坂聡
監督:鶴田法男
監督:下山天
出演:多部未華子
出演:加藤ローサ
出演:石田卓也
メーカー:ハピネット
発売日:2006-09-15

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

切り取り方が巧い

 映画『夜のピクニック』のためのスピンオフ企画として、本編で語られる歩行祭の前日を登場人物に合わせて9本のショートフィルムにまとめた作品。
 映画や小説は言わば、一つの世界の一カ所を切り取って表現しているわけで、「夜のピクニック」で語られた歩行祭があればその世界には当然前日譚も後日譚もあって当然なわけです。ところが、ほとんどの作品の例えば「2」が面白くなかったりするのは、「1」で切り取っていた部分が曲で言うサビみたいなもので、前日譚や後日譚は切り取り方が下手だと見られたもんじゃないような作品になってしまいます。この作品はその切り取り方が実に巧い。
 特筆すべきは、主人公と言っても良い3人を除いては本編とは違う監督が作品にしていること。それも本編のテイストをぐちゃぐちゃにすることなく、それでいて「遊び」の部分を許している(「序奏」なんていかにも「彼」らしい妄想で良いですね)あたりが単体作品としても充分評価できると思います。
 原作があるとは知らずに観たので評価を下げるかどうか迷ったのですが、原作があってもこの映像だけで充分本編に興味を持てるだけの出来だと思ったので結局☆5つに。原作を読んでいない人、映画を見ていない人は対象にしていません。
 あぁ、また原作読みたくなったなぁ。

青春

恋愛・勉強・部活だけが青春じゃないと言うことを思い出させてくれました。
高校時代は何をしても青春なんです。
映画でも泣きましたが映画を見た後にこれをみても懐かしくてまた泣けました。
若いっていいね

映画を見るなら前でも後でもぜひ

それぞれに特別な歩行祭。準備から皆、ドキドキとわくわくが重なってる。見てから映画を見たら、それぞれのキャラクターをより深く感じられると思います。
映画を見てから見れば、こんな背景があったんだ!って別な感じで楽しめると思います。
夜のピクニックを見る方はぜひ見て欲しいと思います。映画の前に見るのか後で見るのかはお好みです。

本編より金掛かってるんじゃないか、これ(笑)。良質なスピンオフ。

本作は「夜のピクニック」のスピンオフとして製作されたものだ。ほとんどの場合、それらは「軽く」作られるのだが、これは凄い(笑)。10本の短編で、本編出演者たちをそれぞれ主役に据えているのだが、監督陣が本編を撮った長澤雅彦の他、助監督で付いていた宮野雅之、渡邊孝好に下山天、井坂聡に鶴田法男まで、まさに現代日本映画を引っ張る一級監督ばかりではないか!「夜ピク」本編撮影後に再度集められたキャストたちも、これで燃えないわけがない。加藤ローサの2編なんてマンハッタンロケだぞ。メイキングを観ると最少人数での渡米だったようだが、普通に監督料を払っていたら、明らかに本編より金が掛っている(笑)。まあ各監督ともほぼ手弁当で引き受けたのだろうが、こういう交流は素晴らしいなあ・・・。中でも下山監督の「序章」は抜群の切れ味だ。さすが桑田圭祐やB‘Zと組んできただけある。柄本祐と「帝都物語」嶋田久作にヒップホップを演らせるとは!長編ではまだまだ残念な作品が多い監督だが(笑)、やはりPV風に作らせたら右に出るものはいない。各編ともにいい意味で「気の抜けた」感があり、観る方ものんびり観賞できる。スコアもREMEDIOSが本編に続いて付けているしね。井坂作品・鶴田作品に主役を務めた松田まどかと高部あいは、本当に勉強になったのではないか。「どうせスピンオフでしょ」と考えている人がいたら、ぜひ観てほしい。日本映画界も捨てたもんじゃない、と思えます(笑)。星4つ。

それぞれの夜ピク 青春の1ページ

ピクニックの準備 DVD 2006 恩田陸原作
夜のピクニック(水戸一高、恩田さんの母校での80kmを一昼夜かけて歩く行事の書籍、DVD化)の前日を題材に、登場人物それぞれの夜ピク準備。
9編のストーリーを違う監督さんが作りだしている。
なかなか面白い、BGMも良いかな。
わが母校でも強行遠足という行事がある。僕らの頃は105km(甲府―小諸)だった。
今は事故などがあったせいで80km程度になっているようだ。
ストーリーの中に、女生徒がお守りに彼氏の写真を入れて神社でヤンキーの神主さんに祈願してもらうシーンがあった。ふと数十年前の自分や周りの男子生徒にタイムトラベルしてしまった。人生の最も青い時、夜空を見ながら、時に雨の中を足を引きづりながらゴールを目指す、そんな時、僕らは何を夢見て、何を求めていたのだろうかと。
星降る野辺山高原をひたすら歩いた時代を想い出す。
そう、それぞれの夜のピクニックがそこにあったのだ。

皆さんに見て欲しい!


私は本編を見てから、このDVDを知ったので本編を知った上で見ました。
いや〜実に面白い!!
おそらく本編を見てから、こちらに入った方が様々な発見があり楽しめるのではないでしょうか?
そして必ずまた本編を見たくなることでしょう。
どのお話も雰囲気は異なるのですが、不思議なまとまりを感じられるのです。
所々にある話の繋がりも、楽しめます。
買って損をするDVDではないことは間違いありません。ぜひお買い求めになって、夜ピクをより楽しんでください!!
ありがとうございました。

センスの良さ抜群

夜のピクニックの姉妹編。
夜のピクニックの淡々とした重厚さの対極。
それぞれの短編が切れ味抜群。
歩行祭に賭ける熱い思いが伝わる。
多部未華子の初初しい魅力は絶品。
様々な謎解きを楽しみましょう。

本編が観たくなる。うまい

うまいですね。それぞれのキャラを立たせて、本編に入りやすくしてある。
コント調のものからムーディーなものまで、それぞれの監督の力量が冴え渡ります。
松田まどかさんが可愛いですね。相手役の神主さんは木村拓哉のイメージ?
オムニバスなのに全く退屈しない、世界観に惹きつけられる90分でした。

特典映像以上

作品以前にこういう作品が出回ることはおもしろい。この話を知らなくても映画自体を楽しむことが出来る。でもこの作品を知っていたら、もっと作品の奥にはいることが出来るかもしれない。原作に、それに先立つ小篇があったからこそ可能になった作品群。「告白」の出来が素晴らしい。

同じ一つのイベントに、それぞれの思いを託して…

「夜のピクニック」の姉妹編。9話でのオムニバスともなっています。どの話もよくまとまっているし、短いながらもストーリー的に面白く完成しています。本編における主演二人(貴子と融)に加えて、二人を囲む脇役がそれぞれのエピソードの中で鮮やかに描かれており、彼らもまた同じ一つの歩行祭というイベントに、自分だけの特別な思いを抱いて参加したのだということが明かされます。いわゆる「夜のピクニック 外伝」と位置づけられるのでしょう。しかしこの外伝を先に見ても、本編が先でも、きっと映画の楽しさは変わらないと思います。それほど「夜のピクニック」はよくできた映画だし、この「ピクニックの準備」が加わったことで、本編の「夜のピクニック」もより青春群像映画としての広がりを見せる傑作に昇華したと言えるのではないでしょうか。
個人的には9話の中で、デビュー時から注目している松田まどかちゃんの「願い事」と、西原亜希ちゃんの「ひみつ」が気に入ってます。
本編はもちろん、「ピクニックの準備」も強くお奨めできる作品です。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

夜のピクニック 通常版 [DVD]
ルート225 [DVD]
青空のゆくえ [DVD]
WAY TO THE 青空のゆくえ [DVD]
「あやしい彼女」オリジナル・サウンドトラック
あやしい彼女 [Blu-ray]
すみれの花咲く頃 [DVD]
ユージニア (角川文庫)
連続テレビ小説 つばさ 総集編 [DVD]

高橋かおり 浅野ゆう子 木之内みどり 久遠さやか 池玲子 大貫杏里 伊藤るり子 夏焼雅 森下愛子 川島鈴遥 邑野未亜 新井晴み 堤真佐子 阿木燿子 横須賀よしみ 川口春奈 岡あゆみ 鵜飼真帆 飯豊まりえ 松本圭未 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ