佐賀のがばいばあちゃん [DVD]

佐賀のがばいばあちゃん [DVD]

佐賀のがばいばあちゃん [DVD]

DVD
監督:倉内均
出演:吉行和子
出演:浅田美代子
出演:鈴木祐真
出演:池田晃信
出演:池田壮磨
メーカー:東映ビデオ
発売日:2006-11-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

佐賀のがばいばあちゃん [DVD]

漫才師・島田洋七のベストセラー自伝小説の映画化。昭和30年代初頭、佐賀のばあちゃん(吉行和子)の元に預けられた少年の心情が、ばあちゃん独自の卓抜としたユーモアとともに気持ちよく描かれた好篇である。“がばい”とは佐賀弁で“すごい”といった意味。「ばあちゃん、おなかすいた」「気のせい気のせい」と、貧乏にめげることなく明るく交わすばあちゃんのたくましさは、まさに“がばい”!(なおこの台詞、実はフランク・キャプラ監督の『ある夜の出来事』の中に出てくるもの。ばあちゃんはあの映画を観ていたのか?)演じる吉行和子の名演。そこからは現代の繁栄の中で人々が忘れてしまった何かを確実に思い出させてくれる良さがある。我が子を預けざるを得なかった母親(工藤夕貴)の悲しい想いもきちんと描かれているのもいい。(増當竜也)

本当にスゴイぞ、ばあちゃん!!

人気漫才コンビ“B&B”として一世を風靡した島田洋七の自伝的ベストセラー小説を映画化した感動ドラマです。昭和30年代の佐賀を舞台に、貧しくとも明るく元気に生きる祖母と孫の心のふれあいをノスタルジックに綴る。なんといっても主演の吉行和子によるところが大きいと思いますが、意外とよく出来ていて笑いの中にも、心洗われる映画になっていました。
吉行和子が本当に素晴らしい。初めて孫と顔を合わせる場面では、普通な感じで、オヤと思わせましたが、ゴハン炊きの場面からノンストップ。あれよあれよと、ばあちゃんのペースに巻き込む。(笑) 川を流れてくる野菜を拾っては「川は、うちのスーパーマーケット」と屈託なく笑い、スポーツをしたいと言い出すと「走りんしゃい!」とアイデアを出す。「地べたはタダ、道具もいらん」...納得です。(笑) 『セコイ』と思いつつも、「ケチはダメ、節約は天才」の言葉を聞くと、贅沢に慣れた今の世に忘れてしまったことを思い出させます。
運動会で先生たちが腹痛だと言って交換してくれるエピソードもいい。エビフライが美味しそうだった! これら先生たちや、おばあちゃんと明広を陰ながら応援するかのような周りの人々の描き方も良かった。いまさらながら、緒形拳は巧いし、山本太郎にも感心した。
このところの邦画は、昔の日本を描いた映画が多いのですが、本作も40年前の日本をきちんと再現していました。古い町並みも雰囲気があって良かったですが、何と言っても、ばあちゃんの家。家の真ん中に川が通る家をロケハンで実際に探し当てたとのことで、SFXが発達してもCGを巧く使えても、本物にはまだまだ敵わないということですね。

涙と笑いと・・やっぱり涙・・

掛け値なしに素晴らしい映画です。何度も原作を読み直しストーリーは分かっているはずなのに涙が止まりません・・。マラソン途中の先生とのやり取り、何度見ても心が洗われます。この作品には人間の本来の姿があります。人はみんな【がばいばあちゃん】のような心の持ち主のはずなのに・・なのになぜ悲惨な出来事が繰り返されるんでしょう・・。この映画と真摯に向き合う人が一人でも増え、多くの人が人間本来の素晴らしさを思い出して欲しい・・。50年以上生きてきましたが5本の指に余裕ではいる逸品です。そして、いつもそばにおきみんなに見せたいと心から思う素晴らしい作品です。

人間本来のあるべき姿

本当なら★10個はつけたい傑作です。
全ての日本人に観て欲しい作品です。
この映画には私達日本人が持っていた"心"の全てがある様な気がします。お互いがお互いを思いやり、そうして家族が友人が周りの人達が繋がっていた時代。みなさんにもそんな時代があったはずです。
物が溢れ豊かにはなっていても心が渇ききっている現代。痛ましい事件が横行してますが、今こそこの映画を観てがばいばあちゃんの厳しくも楽しい生き方を見て思い出して下さい。人間は本来どうあるべきなのかを。 家族とは何なのかを。
"心"を耕して下さい。渇いた"心"を耕して水をやり新しい種を植えて"愛"という花を咲かせて下さい。
この映画には"愛"が溢れています。
必見です!!

小学生、中学生の方に、有無を言わずに一度は観てほしい。

親戚のおばさんの家に遊びに行った際に、たまたま一緒に映画館に行って観たのですが、普通に面白かったです。
(当時私は、他にも上映されていた若者向けの映画を推したのですが、おばさんは断固、これを観ると言い張りました。(笑))
この映画は、「物の大切さ」を教えてくれていると思います。とは言っても説教くさい映画ではなく、終始、笑いあり、涙ありで、素直に楽しめました。
現代のメディアに肥えた小学生、中学生には、地味で物足りない内容に思えるかもしれませんが、一度は観てほしい映画です。今の時代にこういう映画は貴重だと思います。
戦後の日本の、貧しい(とは言っても心は豊かだった)時代を舞台にしていて、佐賀弁を使うおばあちゃんが主人公です。
このおばあちゃんが喋る佐賀弁を交えた言葉には、愛嬌がありながらも、長年人生を経験してきたおばあちゃんにしか喋れない重みがあります。
「ケチはいかん、じゃが節約は天才じゃ。」という台詞が印象的でした。

買うにはきついかな

映画としては、普通に楽しめます。
ただ、いろんな意味で浅い、と感じました。
人情劇の人情がなかなか伝わってこない。その第一は、一番重要なばぁちゃんがミスキャストだからでしょう。
吉行さんは立派な女優だし、汚れ役、老け役、とてもうまくこなされますが、やはり何と言うかな、生活臭がない。
そのために、大事なキーワードである「貧乏」が伝わってこない。これはまずいです。
悲惨な中に笑いがあり、人情があり、希望がある。貧乏の苦しさ、悲惨さがリアルに伝わってこその話と思います。
その部分にどうも作り物の印象があります。
だから、あんまり深刻にならなくて、楽しめる、と言う効果はあります。
だけど、原作の持つしたたかさ、まだまだ日本の貧しい時代の、しかしだからこその人情。そう言ったものは、正直
希薄であって、その部分への期待はしない方がいいでしょう。

今、日本人が忘れようとしているものがあります!!

原作を読んでから、この作品DVDを観ました。ほぼ忠実に映画化してありました。
しかし、母親やがばいばあちゃんとの心のやりとりが中心の演出で、
原作はもっとグローバルな、生きることの意義から考えさせられる内容ですので、
みなさんぜひ原作は読んでくださいね。
映像は、当時の雰囲気を十分に再現してありました。
昭和30年代をリアルタイムで生きた人たちには、ホント涙ものの映像ではないでしょうか。
原作を読んだ印象よりも、映像では貧乏そうに見えなかったですね。
原作を読んだときと泣きのポイントが異なりました。
映像では、最初の列車での別れのシーンで涙、
ばあちゃんが枕元に用意してくれたでっかいおにぎりで大泣きでした。
それぞれから受ける印象の違いはありましたが、名作であることは確かです。
昔、ボクたちが小学生のころ、学校でよく映画会があり、
感動ものの作品を見せてもらった覚えがあります。
今では学校映画会もしていないようですが、この作品はぜひ学校で子どもたちに見せたいと思いました。
涙あふれる傑作です!!

見やすい映画

下の人がいうような、悪い映画ではないですよ、
少なくとも家族で見る映画としては申し分のない内容だと思います。
しかし、下の人は貧乏だからこそ、
まともな家に住めないとは考えないんでしょうか?
金持ちが、だれが好き好んであんな住みにくい家に住みますかね。
まあ、ああいう自分の妄想とも言える価値観のみが正しいと、
信じて疑わない人に何を言おうがムダなんですけどね。
百歩譲ってただの自己満足の映画だったとしても、
それを見て感動した方が、いるならその時点でただの自己満足な映画ではないはずです。

魅力が伝わらない…

期待して見すぎました…
小説の中の有名なセリフを、のっぺりとした話しの中に 点々と散りばめた…
申し訳ないですが、飽きました?ソ

肩を寄せ合う優しい言葉

「人に気付かれんようにするのが本当の優しさたい」
優しい豆腐屋さん、貧乏に気遣って、
遠回しに優しくしてくれる学校の先生
「ケチはいかん ばってん節約は天才ばい」
という生活スタイルからは、エコにも繋がる思想があり。
「辛い話は夜するな。どんな辛い話も昼なら大したことない」
このあたりが実践できれば・・・

爽やかに作られた「貧乏ストーリー」

冒頭のシーンは「おしん」や「SAYURI」を彷彿とさせる始まり方で、どんな暗い展開になるのかと心配したが(笑)、舞台が佐賀に移り、がばいばあちゃん(=吉行和子名演!)が登場した途端にトーンが変わる。多くの類似作品では、とにかく預けれられた子は「いじめられる」シーンが多いのだが、本作では「楽しくこき使われる」ために全編微笑ましい場面が続き、ほんわかした気分で観ていられる。こんなパワフルばあちゃん、本当にいるのかいな?と思ってしまうが、何しろ実話だそうなので、容易に物語に入っていける。昭和時代には当たり前のようにあった、おじいちゃん・おばあちゃんとの交流。いまやこれがノスタルジーに感じられてしまう時点で、何かおかしな時代だなあ、と改めて思う。先達から教わることは本当に貴重だ。核家族の現代、大切な話を伝えてくれるはずのおじいちゃん・おばあちゃんは、カタカナ文字で一見おしゃれっぽい、実は「老人ホーム」に別居していたりする。本作はぜひ若年層の人たちに観てもらいたい。自分の成長には何が足りないのか、これを観ればヒントのひとつやふたつが隠れているはずだ。いい作品です。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)
がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい! (徳間文庫)
島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん [DVD]
帰ってきたよ、ばあちゃん―がばいばあちゃんスペシャル (徳間文庫)
がばいばあちゃんの勇気がわく50の言葉
DESTINY 鎌倉ものがたり [Blu-ray] (通常版)
がばい 佐賀のがばいばあちゃん コミック 1-11巻セット (ヤングジャンプコミックス)

茜澤茜 網浜直子 椎名英姫 原田夏希 花柳はるみ 大谷直子 青山雪菜 後藤久美子 真野恵里菜 森田彩華 加藤紀子 花原照子 前田敦子 佐藤寛子 板野友美 戸田菜穂 古城都 西田ひかる 三田和代 中川梨絵 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ