さくらん [DVD]

さくらん [DVD]

さくらん [DVD]

DVD
監督:蜷川実花
出演:土屋アンナ
メーカー:角川エンタテインメント
発売日:2007-08-03

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

さくらん [DVD]

演出家・蜷川幸雄の娘で、写真家として有名な蜷川実花が初監督に挑戦。原作は安野モヨコ、脚本はタナダユキ、音楽は椎名林檎と、ガールズパワーが結集された1作だ。舞台は江戸の吉原。遊郭「玉菊屋」に連れて来られた少女が「きよ葉」と名づけられ、成長して吉原でもトップの花魁「日暮」となるまでを描く。大門の上に金魚が泳ぐ水槽が飾られるなど、吉原や遊郭内の美術が斬新でカラフル。金魚や花がふんだんに使われ、時代劇とは思えない遊び心に満ちたビジュアルが、物語にぴたりと合っている。<br> きよ葉を演じる土屋アンナの豪快な演技が楽しい。つねに“マイ・ウェイ”で突き進み、先輩の花魁に臆することもないし、気に入らない同僚の遊女には跳び蹴りまでくらわす。強気な彼女がチラリと本音を出す瞬間、観ているこちらも胸が締めつけられるのだ。アンナに負けじと、菅野美穂、木村佳乃らの大胆なラブシーンにも驚くばかり。女優陣のヌードはあっけらかんととらえる一方で、安藤政信ら男優陣を見つめる映像は、妙に艶っぽくて、女性監督らしい視線が感じられる。(斉藤博昭)

先入観と固定観念と予備知識

パッケージの感じから
テンポの良さやかなり華やかな演出みたいなのを想像してたんですけど
ちょっぴり期待はずれでした。
純和風でいきたそうなのに主演が日本人離れしすぎてるし、サバサバしすぎてるし…
どっちつかずの中途半端な感じ…。
遊女の艶やかさにしても同様。
たとえこの映画の見所を凝縮したとしても
映画「御法度」に、ほんの一瞬だけしか出ていない
神田うのの遊郭シーンの方が、圧倒的に妖艶で存在感あったな〜
なんて思いながら観てしまいました。
菅野美穂と木村佳乃の濡れ場には女優魂を感じました。

おしい…

原作は先に見ない方がいいと思います…原作の主人公のイメージに土屋アンナの演技がついていけてないように思います。演技派と評判の菅野美穂もいまいちだし…女優さんにとって花魁役ってほんとに難しいんだなって思いました。自分は木村佳乃はよかったと思います。映像美を楽しむにはいいかなと思いました。ほんとは★0にしたいです。

すっきりしない

期待して見ただけに、…見終わった後に「アレ?」と思ってしまった。
確かに、映像はきれいで、写真家らしいなぁ、とうっとりとした。
しかし、ストーリー展開の「転」から「結」へ向かってのクライマックスに盛り上がりきれず、その故ああいう終わり方しかなかったのかなぁ…と思ってしまった。
菅野美穂・木村佳野の濡れ場には感心しました。女優魂を見ました。
脇役の大胆な演技を受けて、その上に主役が
ラストにとっておきの主役の濡れ場を見せるのでは…と思っていただけに残念です。

最後まで観るに堪えませんでした。

理由はただひとつ。主役の扮する花魁に品がない。
原作の細部にまで行き届いた描写や人の流れを考えれば考えるほど、
大学時代に講義で読んだ近松の好色物を思い出さずにはおられない。
花魁はある意味売春婦でありながら、色は売ったけど決して性は売らないのだ。
大盤振る舞いをしてもどんなに気を引いても花魁の気に入らなければそのお客はそでにされるし、
逆にどんなに老いぼれても勃たなくても、花魁とひとつ部屋でふたりきりの逢瀬までたどり着ければ、
なかで、何をやっているかなんてたいしたことではなくて、花魁の気に入るだけの権力と色気と知性を証明できたら、
それがお大尽(大臣)としての最高の栄誉、それが色道で、
男が漢文を読み女がひらがなを使った時代に、子供の頃から花魁は漢文を読み教養も身につけ、
そういう意味で素人女とは一線を画していたし、それが玄人(職業人)だった。
言葉をかえよう。主役は花魁なんかではなく、ただの売春婦にしか見えず、
こんなのは遊郭でも何でもない、と思って、観るのをやめた。
ただ、映像の鮮やかな色彩ゆえに、星を1つ増やして、2つとしました。

早すぎた作品…

安野モヨコの原作が素晴らしいだけに、それを描ききれていないことがとても残念な作品。
原作者はおそらくそれなりに江戸風俗を研究してリアリティを感じさせる作品を作り、
その中で見事に様々な女の心の機微を描いているのだが、
蜷川実花はそのどちらも描ききることができなかったと言わざるを得ない。
監督にも脚本家にも、勉強不足が見え隠れしてしまい、見ていて歯痒くなった。
特に、原作がまだ単行本化されていない後半部分、クライマックスになるべき部分なのだが、
非常に尻つぼみになってしまったように思える。
物語の舞台だけを吉原に借りて、蜷川実花の世界を全開にするのであれば、
それはそれで終始見応えのある作品になったと思うのだが、
彼女の独特な色使いも後半はなりを潜め、カメラワークも単調になってしまう。
だがひとつの美術作品として見るならば、有り得ない衣装、有り得ない装飾、
映画音楽にしてはどぎつい椎名林檎の音楽も、部分的に取り出せば非常に楽しめるものではある。
それを上手く繋げて、リアリティのある一つの心地良い流れを作るまでには至らなかったことが、非常に残念に思う。
作品に関わった人たち一人一人が、いわゆる「カリスマ」と称される、
言ってみればアクの強いアーティストたちなので、それに上手くリアリティを足し、
心地良い流れを作るというのは、至難の業かもしれない。
せめて原作が完結するまで待ち、監督も脚本家も、もう少し江戸風俗について勉強してから作って欲しかった、
とても惜しい作品だ。

退屈・・

この映画を長時間、見せられるのは苦痛です。
とにかく、面白くない映画です。暇。
途中で観るの止めました。

2時間ドラマでも見ない

これでお金取っちゃあ駄目っしょ。映像は確かに美しい。が、明らかにキャスティングミス。現代風にアレンジとはいえ、和風テイストな作品に、ある程度の演技力は必要。が、土屋アンナの大根っぷりにはかなり興ざめ。全くスクリーンの世界に入り込めなかった。もっと他にいただろうに。それに引きかえ、菅野美穂は光っていた。作品としては、もう・・・何も言うまい。

品性下劣な花魁と七光りカメラマンの○○ニーショー


土屋アンナは花魁を「上等な娼婦」として理解していた
と思わざるをえない演技力(あれが演技と呼べるのかどうかはさておき)で
時代公証をまったく無視したまるでバンドのPVのような映像が観客を置き去りに進みます。

この長いPV(プロモーションヴィデオ、あるいはプライベートヴィデオ)を恥ずかしげもなく世界に
披露できたのはワールドワイドでネームバリューのある蜷川幸雄のおかげでしょう。

土屋アンナはモデルをしとくべきだし、
蜷川ムスメは写真を撮ればいい。

映画は本物の監督と俳優に任せましょう。

経験不足が露呈

無理矢理褒めるとしたら、どぎついまでの色彩感覚だけ。
時代考証とかはおいといて、吉原というどぎつい世界に合ってるといえなくもない。
だけど、みてくれに拘りすぎて他の部分は全て平均以下。
アンナさんはキリッとした顔立ちのおかげか、止め絵で見ればそこそこ様になってる時も一部あるけど、基本的には大根。
菅野さんが主演で、本性剥き出しのやりすぎた演技を見せてくれてたら、それだけである意味見応えのある映画になったかもしれないけど。
私は林檎さんのファンなので、効果的とはいえない音楽の使い方には怒りさえ感じました。
これだったらないほうが良かった。
林檎さん自身もあまり納得してないようだし…。
予想通りだけど、花魁モノとしては「吉原炎上」の圧勝。
胸焼けするほどオンナの情念剥き出しで、こんな中途半端なファッション映画とは大違いの、見方次第で泣けもするし笑えもする素晴らしすぎる映画です。
これを観る時間があるならそちらをどうぞ。

三流の寄り集まり

まず、安野モヨコの原作自体が調査不足。タナダユキの脚本は推敲不足。カメラマンから転進した蜷川実花は自己流。土屋アンナはこれまた自己流で、女優と呼ぶにはレベル以下。一部の若者に受けても、多くの観客から見れば鼻持ちならないわがままさが、その目付きに滲んでいる。椎名林檎の曲は長谷川なにがしが絶賛するだけで、一般受けするモノではない。男女共同参画社会だから女性集団故に非難する気はないが、三流の寄り集まり。ケバイだけで、映画にもなっていない。もっと勉強して社会に出るべきだ。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ヘルタースケルター スペシャル・プライス [DVD]
蛇にピアス [DVD]
吉原炎上 [DVD]
下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]
NANA -ナナ- スペシャル・エディション [DVD]
さくらん ~花魁音楽画巻~ [DVD]
花宵道中 [DVD]
NANA 2 Special Edition [DVD]
ララピポ [DVD]
嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]

木下優樹菜 北川弘美 真理明美 片山瞳 平田実音 井上和香 久里千春 ロミ山田 大沢あかね 高部あい 安田成美 二宮さよ子 長岡輝子 鈴木澄子 大塚良重 杉本美樹 神崎愛 瀬尾智美 田島ゆみか 安奈淳 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ