明日の記憶 [DVD]

明日の記憶 [DVD]

明日の記憶 [DVD]

DVD
監督:堤幸彦
出演:渡辺謙
出演:樋口可南子
出演:坂口憲二
出演:吹石一恵
出演:水川あさみ
メーカー:東映
発売日:2006-10-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

明日の記憶 [DVD]

若年性アルツハイマーと聞くと、悲痛なドラマを連想するが、本作は観終わってどこか希望の光を感じさせる。それでいて、病気の現実を真正面からとらえる。この意味で、ひじょうに好感が持てる作品である。渡辺謙が演じる主人公は、50歳を前にして物忘れがどんどんひどくなる。最初に彼が受ける病院の検査から、観る者に同時体験させることで、アルツハイマーの怖さをリアルに実感させていくのだ。もし自分が、あるいは家族や同僚が…と切迫感を高める展開が見事。<br> これ以前の作品ではトリッキーな演出で賛否もあった堤幸彦監督だが、本作では記憶が曖昧になっていくドラマに、その演出方法がピタリと合っている。この種の映画では、得てして悲劇だけが全面に押し出されがちだが、周囲の人間のさまざまな反応、とくに相手がアルツハイマーであることを利用しようとする人間の悪い部分もさり気なく盛り込み、多面的に考えさせるところが秀逸。木梨憲武、大滝秀治ら脇役の存在感も光っている。クライマックスからラストが、これほど心地よいのはなぜだろう? それは作り手の、人生に対する賛歌が託されているからである。(斉藤博昭)

忘れていくものの中で残るものの重み

アルツハイマーを患う夫婦の物語ということだったので 特に思いいれはなかったのですが、(まだあまり関係ないと思って)渡辺謙さんのファンなので観ました。広告代理店の管理職でバリバリ仕事をしていた渡辺謙が、発病してから少しずつ記憶を失い、仕事も家族との関係も変わっていく様子が細かいエピソードの中で描かれていて、どきどきしました。
ヘビーなテーマなのに 鑑賞後にとても明るい気持ちになれるのは、ラストで渡辺謙が一番身近な妻を妻と覚えていられなくなったのに、彼女をみて、懐かしい、はにかんだような、そして、これからこの人とちょっと話しをしてみたいな、というような表情を樋口可南子に対して見せるシーンが出てきたからです。渡辺謙のその演技力にとことん引き込まれたし、樋口可南子がその短い瞬間にすべてを悟り、それを受け入れ、新たな出会いとして歩き始める(という演技力もまたすごい)強い心に感動させられたのです。渡辺謙は樋口可南子が好きだし、樋口可南子はそんな渡辺謙が好きなのです。
  なんとなく夫婦になってしまった、こんなんでいいのか?と後で思う夫婦って多いと思うのですが、よく考えるとその”なんとなく”は実はとても奥が深くて、自覚してないけど、自分にとってとても大事な人を選んでいるのだろうなと気づくにいたりました。渡辺謙さんが観たくて観始めた映画ですが、樋口可南子さん、とても素敵でした。

泣けました

飛行機機内で観ました。
映画で泣くことはほとんどないのですが・・・今回はダメでした。
もはや他人事ではないような気もして「もしも自分が」と考えました。
いや「もしも」と言う表現さえ正しくないような気がします。
最近物忘れが、と悩んでいたところです。。。
今度は家内と観たいです。

切実になる前に、どうぞ、ご覧下さい

思い当たることを持つ身なので
全編爆涙でした。
はじめがあのシーンだなんて。。。
まだ、「思い当たる」レベルの時に
観る事ができてよかった。
だから、こんな現実に
興味も関心もほとんどない時期の方に
強制的に見せる方がいいのかもしれない。
樋口加奈子さんが「理想の妻」過ぎて
切ないです。
個人的には医者役の及川光博さんの
一見とってつけたような表現が
現場の人間からすると逆にリアルで
心に残りました。
35歳、キャリア10年の医者も、
50歳の方から見れば「若造」しかないでしょう。
それでも、若造なりに10年のキャリアを積んで
神様か悪魔がしかけた
落とし穴だらけの現場に踏みとどまって
できることを成そうとしています。
そんな現実を見つめることが
切なくなりすぎない程度の時期に
観て頂ければいいなあと思ったりしました。
ご参考までに。

感動と悲しみと・・・

本を読んだときも感動しました。でも、映画も本を読んだときと同じ
くらい感動しました。
バリバリの仕事人間だった佐伯を襲った突然の病、「若年性アルツ
ハイマー」。病気の宣告を受けたときの驚きと戸惑いと絶望と、悲しみ
と・・・。渡辺謙さんの演技は本当に迫真に満ちていました。
及川光博さん演じる医師との会話、そして会社で一緒に仕事をした
人たちとの別れの場面には涙しました。でも一番涙が出たのは、本も
映画もラストでした。いつかはこういう日が来るのだと分かっていて
も、佐伯の妻(樋口可南子さん)の気持ちを思うといたたまれなく
ります。
原因も治療法も分からないこの病気。決して人ごととは思えません。
いつもの日常生活がかけがえのないとても大切なものに思えました。
いつの日か、この病気の治療法が見つかることを祈らずにはいられま
せん。

素晴らしい


渡辺健さんの演技力に脱帽しました。
見ていて、わざとらしさやどう見ても演技だろ。と苦笑を溢すことなく、見れるというのは凄いことだと思います。
自然と涙が溢れてきました。
ラストの妻に向けての一言が、心に染みました。
是非、皆さんに見て欲しい作品だと思います。この作品に携わった方々に言いたいです。
感動をありがとうございました!!

明日の記憶

とにかく涙が止まらなかった(;_;)
記憶って宝物(;_;)

骨太な人間ドラマにして、超一級のホラーでもある‥?

強く印象に残ったシーンがふたつ。
ひとつは、渡辺謙演じる主人公が”壊れて”いく様を克明に描く前半の中で、
一見いい人そうな陶芸教室の先生(木梨憲武)が彼の病気のことを知ると陰で‥というくだり。
勿論単に怖がらせるなんてことが目的ではないと思いますが、私には生半可なホラー映画なんかよりもずっと怖かったです。
人間の”善性”なんてまったく危うく儚いもので、周りの状況とかで簡単にどっかに
吹き飛ばされてしまう程度のものなのかもよと耳元で囁かれたような気がしました。
そしてもうひとつはやはりラストシーン。
やっと探し出した夫との感動的な抱擁に至るのだろうな、なんて安直に思っていると衝撃的な結末が‥。
言葉にはできないほどの深い絶望と、それを乗り越え共に生きて行くのだという強い決意の両方を
同時に表現している妻・樋口加奈子の演技は天晴れのひとことでした。
極めて重苦しいテーマなのに、見おわって清清しさを感じました。名作です!

渡辺謙が凄いです

迫力の演技には圧倒されました。
映画では分からない事がDVDだと特典映像とかあるので
渡辺謙がエグゼティブプロデューサーになっているのでこの映画にかけた思いが
伝わってきます。

夫婦愛

「若年アルツハイマー」というと、韓流映画「私の頭の中のケシゴム」が記憶に新しいところですが、あの映画はずいぶん若い主人公でした。本作は、アルツハイマーにはちょっと早かなという微妙な年齢の熟年夫婦の物語であり、リアリティも十分あった。
監督は、「トリック」の堤幸彦監督ですが、オープニングで少々トリッキーな感じがあっただけで、全体的にはこれまでとは一線を画し、しっとりした夫婦愛の物語に仕上げています。特殊効果もポイントを押さえて用い、佐伯の記憶が失われていく過程や被害妄想、疑心暗鬼になってしまうシーンでの主人公と観客をより同調させる。特に、妻の若い頃の姿を追いかけるシーンでは、その後新しい記憶を失っていくことを予感させる、上手い演出でした。
渡辺謙は、かつて病に倒れた自らを重ねるように、若年性アルツハイマーという現実に直面した壮年期の男の怒り、悲しみ、不安、焦り、諦めを見事に演じています。樋口可南子は、自身も不安に駆られながらも夫を支える難しい役どころでしたが、さすがに上手いね。渡辺謙と樋口可南子の演技だけでも十分観る価値はある。
あと、香川照之や及川光博ら、個性的な脇役もよかった。特に、出番は少なかったけど大滝秀治。彼の「東京ラプソディー」をちょっと歌詞を間違えて歌うシーンは、重要なシーンのひとつでした。

記憶こそが人間のアイデンティティーの根幹。その記憶が失われる悲しみ。

既に多くの方が立派なレビューを書いているが、久しぶりにDVDで本作を見直してこの作品の素晴しさを再確認した。自己の記憶が失われていく恐怖感、支えていくと決意する妻の愛情と奮闘の日々等がしっかりと描かれた名作だ。現時点でも渡辺謙主演の映画、堤幸彦監督の映画の中でそれぞれ最高傑作と評価できるだろう。主人公が渋谷で迷子になってしまう場面の緊迫感あふれる演出と編集、退職の日の部下との別れや娘の結婚式での感動的なスピーチ等、見所は数え切れない。そして改めて思うのは記憶こそ人間のアイデンティティーを形作ることと、記憶が失われても周囲に記憶している人がいる限りその人は生きているのだということ(ラストの場面が象徴している)。
そこで思い出すのがSF映画「ブレードランナー」である。あの映画ではレプリカントが記憶に固執する。ラストでルドガー・ハウアー演ずるロイが自分の記憶が失われること=死を、諦観をもって迎える場面が感動的だった。本作の切なさとどこか共通していないだろうか。人間は記憶を積み重ねていくことがその存在の本質で、何とかして自己の記憶を残そう、他人の記憶の中で生きていこうとする生物と言えるのではないだろうか。そのような多くの人々の残された記憶の集積が歴史であり、その上に我々は現在生きているのである。私がレビューを書くのも記憶を残したいから、それを伝えたいからだろう。私の拙いレビューを読んでくれる人に感謝したい。
本作を観るたび、人間の理性の根源に思いをめぐらせ、それを破壊する病気の治癒がいつの日か可能になることを願う。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

毎日がアルツハイマー [DVD]
わが母の記 [DVD]
アリスのままで [DVD]
ペコロスの母に会いに行く 通常版 [DVD]
博士の愛した数式 [DVD]
おくりびと [DVD]
幸せな時間 [DVD]
しわ [DVD]
明日の記憶 (光文社文庫)
パーソナル・ソング [DVD]

今出川西紀 伊藤めぐみ 高田美和 吉岡小鼓音 春日野八千代 安良城紅 麻里万里 松木里菜 宮澤佐江 未來貴子 松本梨香 荒井乃梨子 平岩紙 江口由起 原ひさ子 中山千夏 三輪明日美 久住小春 檀れい 高城亜樹 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ