シムソンズ 通常版 [DVD]

シムソンズ 通常版 [DVD]

シムソンズ 通常版 [DVD]

DVD
監督:佐藤祐市
出演:加藤ローサ
出演:藤井美菜
出演:高橋真唯
出演:星井七瀬
出演:大泉洋
メーカー:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2006-07-28

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

おもしろい!

これは、最近見た映画の中で一番楽しく、感動した作品です。
カーリングのダメ素人から、いろいろな試練を乗り越えて、うまくなるという、ありがちな映画だけれど、これは違う。
青春映画好きにはオススメです!

青春のヒトカケラ

 誰にでも訪れる、青春の時間を描いた作品です。
まだ何も分からず、思ったらすぐ行動、結果がどうであれとにかく進め〜みたいな時期が皆さんにもありましたよね?
この作品は、そんなことを思い出させてくれた映画です。常に笑顔が溢れていた印象を覚えます。
JUDY AND MARY の曲が流れた時は思わず、懐かしさと涙で心が揺らぎました。
 やはりJUDY AND MARYの曲はとても合います。

実話へのアプローチフィクション

「カーリングぅ?あたしがぁ〜?」
 常呂町(現北見市の端)の高校生、和子は何もないこの町に埋没してしまう不安をなんとなく感じていた。
 そんな常呂町の特色はオリンピック競技のカーリング。憧れのオリンピック選手に「やってみない?」と言われたらやりたくなるのが女の子。
 クラスメートを誘って指定された場所へ行ってみると彼からコーチを頼まれたと言うもじゃもじゃ頭の男がいた。
 かくてカーリングチーム《シムソンズ》は結成された。
 一方、カーリングに魅せられ、何かというと常呂町へ取材に向かうテレビ局のディレクター、高松は《シムソンズ》誕生の瞬間を目撃し、ただ強いチームにない魅力に一目惚れ。彼女達を追いかける決意をした。
 この高松が意外な隠し味となる。
 最大の山場は決勝戦のラストショットなのだが、その大会に出場する過程にも山場がある。
 意外と泣ける物語なのは、実話を基にしているからだけではない。
 和子以外にも一つの決着をつけて終わらせ、実話との橋渡しをラストシーンで見せている。そこに感動が押し寄せる。
 常呂町最後のロケ映画という意味でも観て下さい。

心温まる作品

日本中を沸かせた2006年トリノオリンピック
カーリング日本代表チーム「チーム青森」。
そのスキップ小野寺歩とサード林弓枝が
2002年ソルトレークシティオリンピックに出場した際、
所属していたカーリングチームが
この映画のモデル「シムソンズ」である。
ストーリーとしては「スゥイングガールズ」の流れを汲む
青春友情スポーツものであり、
カーリングが身近になったおかげで
内容もすっと頭に入ってくる。
構成や少女たちの演技が稚拙だという批判もあるだろう。
しかし寒く、産業振興面でも厳しい北海道で
このような映画が撮れたこと、また
現地の人々の献身的な協力が端々に窺えて
心温まる作品に仕上がっている。

いやぁ、面白かったですね! トリノのカーリング!


解説の方のおかげか、すっかりにわかファンになってしまいました。
これは、青春カーリング映画。
舞台は北海道の田舎町。時は高校三年生の冬です。
4人の女の子が主用人物なんですが、個々にキャラがあって楽しめました。
展開としてはお約束に近いもの(笑)があるんですが、
4人がみんな一生懸命っぽくてよかったんです。
胸が熱くなっちゃった(単純!)。
3回ほど目頭があつくなってしまった(涙もろい)。
その中の一つ!
まあ、青春物に「一度の不仲」はつきものなんですが、
そのときのセリフがとっても良かったんですよ!
あんまり心に残っているので、前後含めてちょっとお願いします!
(何を「お願い」?)
軌道にのりかけたチームが、ちょっとしたケンカで空中分解してしまうんです。
チームの一人(A子)は親に内緒でカーリングしていた為、家に閉じ込められて受験勉強をすることになります。
A子はもともと受験思考だったので、頑張って勉強するんですね。
そこに、チームメイトの一人(B子)が家に訪ねてくるんです。
当然、親に帰されて会えません。
そこで、B子は外からA子の部屋に向かって呼びかけます。
B「カーリング、ほんとに辞めちゃうの?」
A「・・・」(部屋のカーテンを閉める)
B「私、変れたよ、誘ってくれたA子のお陰だよ」
A「・・・」(部屋の電気を消す)
ここが肝!
クラスでまったく目立たなかったB子が、カーリングをやめてしまいそうなA子に言うんですよ。
B「私を見つけてくれて、ありがとう」
A「・・・」(カーテンの側で唇を噛む)
(しばらくして、無言で立ち去るB子)
記載者「・・・」(観客席にてむせび泣き)
なんと素直な心でしょう!
わたくし大感動!
ほんと見習いたい!
いやあ、かくありたいですねぇいくつになっても。
「感謝の心」ってやつですよね、やっぱり。
というわけで、青春もの。
大当たりでした!

きらきら

映画ををみながら、カーリングについても理解できましたー。何もないと思って住んでいる今の町にも、"きらきら”が案外身近に転がっているのかもって思いました。それにしても常呂町のカーリングの浸透度すごいですね。

なかなか

面白いです(*^ー^)
雰囲気の悪い生徒がいきなり優しくなったりとか話が淡々としすぎてる気がします(^_^;)
スウィングガールよりは好きです* ̄O ̄)
自分的にはリンダリンダリンダは超えませんでした(;_;)

実話をもとにした青春ストーリー

友情っていい。
夢を追いかけるっていい。
主人公4人とコーチの大泉洋
とのかけあいが、いい味だしている。
実話をもとにした青春ストーリー。
コレ見ればきっと元気になれるはず。

今こそ連ドラ化希望!

カーリングチームを結成した4人が緒戦で惨敗→奮起→困難に打ち勝ち最終戦へ
というストーリー自体はベタベタな展開。でも、一つ一つのシーンを丁寧にとってあり、退屈だとは思いませんでした。
「ウォーターホーイズ」「スウィングガールズ」などの矢口監督作品に比べたらエンターテイメント性は薄いけど、その代わり主演の4人の心情などが見えやすかったです。あと、大泉洋のやさぐれた演技も○。
映画よりは、連続ドラマ向きだと思いました。

大泉洋はもうけ役だなあ

『スウィングガールズ』のエピゴーネンだろうと期待しないで見たら泣かされてしまいました。
期待しないで見たので楽しめましたが、冷静に評価すると導入部がやや弱い。
カーリングをはじめるきっかけ・挫折〜再起 がちょっと淡泊。
あと、画面の隅々や脇役までの気配りが荒い。
まぁ本家『スウィングガールズ』はお金と時間の使い方の桁が違いそうだからかなわないにしても
『ロボコン』や『恋は五七五』よりはずっと上です。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

AERA STYLE MAGAZINE (アエラスタイルマガジン) Vol.41【表紙:田中圭】[雑誌] (AERA増刊)
そだねー カーリング女子応援BOOK (TJMOOK)
ザテレビジョンCOLORS Vol.41 GOLD
SODA 1月号(表紙:滝沢秀明)
週刊朝日 2018年 11/2 号【表紙:田中圭】[雑誌]
BEST STAGE PLUS (ベストステージ・プラス) VOL.3 【表紙巻頭:田中圭 舞台『CHIMERICA チャイメリカ』】
GALAC 2018年12月号
TVガイドPERSON VOL.75 (TOKYO NEWS MOOK 756号)
ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2018年12月号
シネマスクエア vol.106 [中島健人『ニセコイ』] (HINODE MOOK 531)

中原理恵 福田麻由子 三倉茉奈 菊地あやか 今野陽佳 沢井桃子 中山千夏 小野晴香 田中美佐子 大田黒久美 桜京美 辺見マリ 未唯mie 竹田かほり 光川環世 久保田民絵 本田美奈子 木内晶子 片山瞳 寿美花代 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ