欲望 [DVD]

欲望 [DVD]

欲望 [DVD]

DVD
監督:篠原哲雄
出演:板谷由夏
出演:村上淳
出演:高岡早紀
出演:利重剛
出演:大森南朋
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2006-06-23

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

欲望 [DVD]

日本映画としてはめずらしく、男と女の性を真正面からとらえ、官能的な映像に結実させた1編。小池真理子の原作のテーマを損なうことなく、見事に映画化された。中学時代から正巳に好意を持っていた類子だが、正巳は親友の阿佐緒に想いを寄せていた。その後、図書館司書となった類子は、妻子ある男との肉体関係に溺れていたときに阿佐緒と再会。親子ほど年の離れた精神科医と結婚を決めた阿佐緒のパーティに招かれた類子は、そこで正巳とも会う。<br> 時を経た親友3人の関係は、再会によって濃密になっていくのだが、正巳が性的不能であるという事実が、さらに関係をややこしくしていく。要所に鮮烈な性描写があり、なかでも、類子が不能の正巳と何とか結ばれようとするシーンは痛々しくもエロティック。しかし、映画全体に漂うのは、純愛のようなピュアな美しさだ。正巳が傾倒する三島由紀夫作品との関係など、文学的要素も多く、結末が、さまざまな想像をかき立てる。主演3人は、複雑な役を文字通り体当たりで演じきり、背景となる7080年代のカルチャーが、どこか郷愁を誘う。(斉藤博昭)

板谷さんてすごい。

高岡早紀さんが出るので見に行ったんですが、
それよりも板谷さんの演技というか脱ぎっぷりはすばらしかった。
見ているこちら側が恥ずかしくなるくらいだった。

男優さんは美形だった方が…

イントロ、大衆食堂でヒロインが定食を食べるシーンから引き込まれます。この辺、監督のキャラが反映されてそうでいいですね。原作は女の生理的な部分の内向性が生々しく描かれていて重厚な作品なのですが、これをウ"ィジュアル的に表現するのは凄く大変だったでしょうね。もう女優さんの演技力頼みでしょうから…そういう意味では板谷由夏さん、かなり頑張ってると思います。ただ相手役の男優さんが板谷さんの演技レベルまで到達してなかった様な気がします。感情の無いセリフ回しが鼻に付いてまるでロボットの様だ。おまけに尻の上のタトゥーがやけに目障りに感じた。家政婦役の中村久美さんなどは原作のイメージ通りにほぼ完璧な役作りで舌を巻いたんですが…キャスティングのバランスが悪いですね。全体的な評価としては微妙な作品です。

切ないです

涙は出ませんでした。何故なら考える事が多すぎて、涙している余裕がなかったからです。かなり過激なシーンはありますが、グロテスクではなく、美しくさえ思います。素晴らしい作品だと思います。二度目はきっと泣けるでしょう。

原作を読むべし

小池真理子の同名の小説の映画化
原作を読んだものとしては、大変残念な気持ちになる。
R18指定にしている意味もよく分からない。
多様な愛の形があるのであれば、それを映像にするのも多様な形があっても良いとは思うが、原作の凄さがまったく感じられない。
激しい性描写だけが、愛の強度を示す訳ではないのではと思う。
原作者はどう見たのだろうか?

自分にいちばんぐっとくるキャストとロケーションを想像しているだけに、映像は分が悪い

 レンタルサイトで面白そうと思って、まず本を読んでから、DVD観ました。
本は再読だったのですが、読み返そうという気持ちにさせてくれたので、まずは
面白そうな映画だと思わせてくれたことに敬意をささげようと・・・思います。
 肝心の内容はというと、原作にある静謐で世俗から離れた雰囲気が足りない感が
ありあり。端的にいえば貧相です。いや、70年代なのだから、こっちが勝手に
想像しただけで、精神科医の屋敷のガーデンパーティーなんて、実際はあっちが
本当かもしれない。だからロケーションでなくて。
 キャストにケチをつけよう。
正巳役の俳優、名前を見た時、あの人だよね・・・精神も肉体も美しい青年とは
言い難いような、だけどちょっと異国風の容貌なので、思っているよりも案外良かっ
たりすることに期待できるかと思ったのだけど、足りないでしょう。貧相でしょう。
いちばん違和感を感じたココが、やっぱり問題だったと思います。
 ここで別の人の名前を挙げても、映画を観たあるいは原作を読んだ方が同じように
思うか分からないので難しいですが、職業が庭師ならもっとたくましい体つきでいい
と思うし(高校生までの彼は健やかに過ごしていたし)、他の方もおっしゃる尻の
タトゥーはメイクで消すべきだと思いました。だって正巳には無い!
 阿佐緒役は、メインキャストの中で唯一テレビでよく見かける人なので、
70年代が舞台の映画でなく、テレビドラマのように感じてしまうのですが、それ
を差し引けば、原作ではもっと楚々とした美女・美少女を想像していたけれども、
小池真理子さんはこんな感じをイメージされていたのかも、とも思えました。
 類子は、原作では、スタイルは良いが容貌はあまり華やかではない女性を想像
していたので、板谷由夏さんの美貌に違和感はありましたが、映画を観ていくうち
板谷由夏すげー、と思いました。激しい性描写と広告にあるので、ある程度は・・
と思っていたのですが、文章で読むとやっぱり文学だよ。映像で見るとやっぱり
性交だよ。セックスってこうすんのかー!と熱情を感じる、板谷さんの脱ぎっぷり、
交わりっぷり。ここ久しく日本の情念のドラマってないけど(五社英雄監督!)、
そういうのを演じられる若く美しい女優さんだと思いました。最近おらんやん、
そういう女優さん。すげー。
 キャストの他に、ここを落とすとはなんたることっ、と思ったのが、終盤の
正巳が沖に泳いでいくシーンです。原作もここに魅かれた人が多いと思うのだけど。
最初は沖にゆきすぎて泳いでいるだけ、と思った類子が、危ないからあまり遠くへ
いかないでと呼びかけ、次に目を遣ると、さらに沖へ沖へと泳いでゆく正巳。
青い海と小さくなる正巳の姿に映る美しさと絶望感。これをこそが見たかったのに、
わたしが絶望感を感じました。ここを時間の尺をとって、美しく撮ればいいのに。
もったいない。
 と内容では、原作の補完をしたい(映像美が見たい)と思っていた欲望が満たされ
ずに欲求不満なのですが、原作が良ければ審美眼のレベルも高くなるので、二次
創作は最初から高いものを求められるので分が悪いということにしておきましょう。
そして、いい女優、板谷由夏さんを見つけたことを良しとしましょう。

欲望なのか

主人公の「どこまで行くの」が考えさせる
最後の余韻みたいな感じで残された者が
どう生きていくのか未来なのか過去なのか
女は強いということなのかな

三島由紀夫の本を読んでみたい

高校時代から仲良し三人組の類子と正巳とあさお(字がわからずすみません)。 理解しあう類子と正巳。事故死してしまうあさお。
「ずっと一緒にいたいね」と映画の最後のほうで言った直後「泳いでくる」と海のなかに入って、戻る気のなかった正巳はひどい人。
戻って来ないと知っていたら類子は絶対海に入らせなかったのに。何しに旅行にきてるんだか。。 類子の気持ちはどうなるの! わたしも類子と泣きたくなった。
その後類子は別人と結婚したから孤独ではないが、結婚したあとも正巳の写真をみてまた泣く。
正巳はいっぱいいっぱいだったのかな。。類子という理解者を得て強く生きて欲しかった。
作中によく出て来る三島由紀夫の本を読んでみたいと思った。
正巳が強く生きてたら五つ星だったけど。。すみません。

う〜ん・・・

原作は読んでませんが、原作者はこの主演男優を観て
砂を噛む思いだったのでは・・?
設定されたキャラとの違和感が強く、ストーリーが進むにつれて
相対的に板谷由夏さんがどんどん一人浮き上がってゆく感じ。
ミスキャストによる失敗作だと思います。

むせ返る香気と受容

小池真理子の名作を映画化しただけに、非常に文学的であり、飛び交う会話は些か非現実的な匂いもするが、全く作品として破綻を助長せず、むせ返る香気を与え、その美に打ちのめされそうになる。
ただ、映像でみる性描写に対し、初めて激甚なる哀しみを覚えたのは、原作を読んでいたからであろうか?
唯一残念だったのは三島邸をそっくりそのまま模倣した建物が出なかったことだが、
観おわった後、筆舌しがたき無常の世界を受容せざるを得ぬ一人間としての強靱さと、やるせない想いが激しく且つ傷ついたように胸裏に募る。
日本映画にまたしても名画が誕生した。

友達じゃ、いやだ・・・

 板谷由夏さん、ファンになりました。
「友達のままじゃ、いやだ」って気持ち、久々に思い出しました。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

真幸くあらば [DVD]
TANNKA 短歌 [DVD]
さまよえる脳髄 [DVD]
マリッジリング スペシャル・プライス [DVD]
夜がまた来る ニューマスター・デラックス版 [DVD]
泪壺 スペシャル・プライス [DVD]
リバーズ・エッジ [DVD]
ダリダ~あまい囁き~ [DVD]
大奥十八景 [DVD]
花鳥籠(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [DVD]

平田弥里 平田薫 真琴つばさ 古館ゆき 優月心菜 麻田ルミ 栗島すみ子 久嬢由起子 壇蜜 井村空美 中島唱子 菅井きん 沢木ルカ 町田博子 松下恵 鳥居みゆき 松本華奈 能世あんな 池上季実子 桃井かおり 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ