花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産) [DVD]

花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産) [DVD]

花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産) [DVD]

DVD
監督:是枝裕和
出演:岡田准一
出演:宮沢りえ
出演:古田新太
出演:浅野忠信
出演:香川照之
メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2006-11-24

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産) [DVD]

元禄15年の江戸で、青木宗左衛門(宗左)は父の仇を追って、信州から上京した若侍。しかし、剣の腕は立たず、寺子屋で算術を教えていた。そんなある日、仇を見つけた。しかし、長屋の人々のとの心地よい暮らしになじんでしまった彼は、仇が妻子と幸せな生活を送っているのを見て“仇討ちとは何だろう”と考え始める。そして、彼が出した結論は長屋の人々を巻き込む騒動に発展していく。<br> 『誰も知らない』の是枝裕和監督が初めて手掛ける時代劇。ドキュメンタリー出身で、人間の本質に迫る作品を、柔らかな視線で捕らえてきた監督らしく、人情で見るものを包み込むぬくもりある時代劇。主演の宗左に岡田准一。ほか長屋の人々に、宮沢りえ、古田新太、香川照之、原田芳雄、田畑智子、加瀬亮、仇役には浅野忠信と、わき役にいたるまで、スター俳優が勢ぞろい。岡田准一は、主演とはいえ決してスタンドプレーはしない、控えめな佇まいが、宗左のキャラにピッタリ。印象深いのは加瀬亮。うちにひめた恋心を愛する人に告白する場面は、この映画でいちばん胸が熱くなるシーンだ。監督が「楽しい嘘をついてみたい」と選んだ時代劇だが、弱者へのやさしい眼差しは、これまでの是枝ワールドに共通すると言えるだろう。(斎藤 香)

散るよりもなほ・・・。

何度話をしても絶対にかみ合わない相手というのはいる。
どっちが良い悪いではなくて「違う」から「わからない」のだ。
仇討ちのために江戸に出てきて二年半、剣術の拙さももちろんだが、
見つけた仇が、今や平凡で幸せな生活を送るのを敢えて討つという
意味を模索し苦悩する主人公・宗左衛門に岡田准一がなりきり、
まさにはまり役。しなやかさと強さを兼ね備え、見えない苦悩を
抱えた未亡人おさえを演じる宮沢りえも美しい。
古田新太はじめ、長屋の住人たちなど、印象に残らない登場人物は
ひとりもいないのだ。
仇討ちはもう諦めたかと思えば、時折見せる鋭い表情に
やはり決行かとハラハラさせられる。「散りぎわは桜のように」が
武士の美学だが、その死に生を超える尊さがあるのかと
引き止めたくもなる。「仇討ちを」という父の遺言を
唯一の形見と言う宗左に「憎しみだけが形見ではないはず」
と諭すおさえの言葉が印象的。
武士として生きている人間と、そうでない世界観を知ってしまった
人間とでは違いすぎるが、その垣根は案外簡単に超えられるものだと
物語の端々に描かれていて、その自然さも心地よい。
派手さがないこの作品の、一貫した穏やかな空気感を
面白くない人にはまったく面白くないと映るかもしれない。
だが、好きな人はかなり好きだと思う。もちろん自分は後者だ。

DVDでまた幸せ。

この作品、劇場に足を運んで観ました。
キャスティングの妙というか、岡田クンや宮沢りえはもとより、脇を固める人たちがイイ!
古田新太やキム兄ィ、上島竜兵、寺島進なんて、もういるだけで面白い。
香川照之も手アカとか汚れとか、臭いそうなくらいキッちゃない。
田畑智子の可愛らしさや夏川結衣の艶やかさも作品に色を添えてます。
(...それにしても、宮沢りえはキレイだねぇ。)
でも、そんな中でも岡田クンは決して埋没せずに存在感がある。
時折見せるギラギラした目など同性ながらゾクッとしてしまいました...(危)
それと、長屋周辺がオープンセットなですが、これがまたリアルで隅々まで気を使ってる。
アップでも引きの絵でもゼンゼンオッケー。
また、光と影のコントラストが素晴らしく、あぁ、江戸時代の夜って
こんな感じっだたのかなぁと、ホントにその時代に撮ったような
(言い過ぎ?)ナチュラルな感じでした。
映画全体に漂う心地よい空気をDVDでまた体験できるなんて、幸せです。

“もののふ”としての古いしがらみを捨て、宗佐は進化した

僕はこの映画で、亡き父親の似顔絵を見せてくれた進之助を宗佐が思わず抱きしめるシーンがいちばん好きです。このシーンで宗佐は父の仇を殺してはいけない(宗佐の剣の腕では殺せませんが)と悟ったのでしょう。進之助の父親も仇討ちにあって殺されたことを知ったからです。
宗佐の仇(浅野忠信)も妻も子もいるささやかな幸せな毎日を送っている普通人の身。弱いがゆえ、だからこそ人一倍優しい宗佐は、父の仇とはいえそんな相手から幸せを奪う気にはなれなかったのだと思います。
だから宗佐の考え出した“仇討ち”のやりかたはとても良いアイデアだと思いました。この仇討ちなら上手く行けば誰も不幸にならずに済むし、長屋の連中の今後の生活も安泰になるのですから。
宗佐は初めは“もののふ”(武士)としてのしがらみと、仇を討つにはあまりに不甲斐ない自身の剣に葛藤しますが、それを長屋の面々や叔父の温かい理解のもとに克服し、成長し、最後の“仇討ち”を経てついには古い“もののふ”の価値観からも脱却を果たすのです。立派な、立派ないち青年の成長物語です。
宗佐の良き理解者、おさえ役の宮沢りえも素晴らしい演技です。

今までにない

今までの是枝監督の作品は、「DISTANCE」や「誰も知らない」のように、テーマが重くて、結論は見る側に委ねるっていう印象の作品が多かったような気がします。
「花よりもなほ」は結論が見えていて、そこに向かって話しが進んでいく、今までにないわかりやすい作品でした。
長屋に住む人がみんな個性的で、貧しくてもあんな風に楽しく暮らせるのは幸せだなって思いました。

こんな時代劇も観たかったと思えた作品

父の仇討ちのため、国を出て三年間長屋暮しをしている青木宗左衛門と個性豊かな長屋の人々との交流を描きつつ、並行して、主君の仇討ちを目論む赤穂藩士達の動きも描き、二つの仇討ちが遂に決行されていくストーリー。仇討ち、赤穂浪士、剣の苦手な武士、そんなことをネタにした時代劇は今までもあったと思います。しかし、このストーリーは新鮮でした。 いかに死ぬかに美学を見出だす武士にとっては花をパッと咲かせることこそが全て。実より形。まさに、武士は食わねど高楊枝の世界。そんな時代のなかで、宗左衛門が、花を一度きり咲かせるより、来年また咲かせることの大切さを長屋皆の姿から教えられていく過程が好きです。ただただ剣術が苦手で内心は震えているだけだった弱者の宗左が、新たな武士としての心構えをもち、奇策で仇討ちを行う。その一方で、旧来型の仇討ちである赤穂浪士の討ち入りも起きる。花よりも実を後世に残そうとする前者と、後世にまで語り継がれる花をパッと咲かせた後者。どちらが正しくて悪いという訳ではない。ただ、宗左のとった行動もありなんだと思う。また、仇討ちすら商売にしてしまう庶民の図太い神経には恐れ入りました。一番強かで、世渡りがうまいのはいつの時代も庶民だったのかもしれません。カリスマ性があり、自己を律し、強く、義に生きる武士のドラマも好きですが、こんな時代劇も観たかったと思える異色のストーリーだと感じました。

ほんとうに仇討ちしたい人には、届かないのかも。

 是枝監督の映画を見るたび、たぶんこの人はほんとうにいい人なんだろうな、と思います。
主にドキュメンタリーを制作されていた時も、事件のほとぼりが冷めるまで悩みきって、それからおずおずと当事者に手紙を書くところから始めた、というはなしを聞きました。おそらく対象との距離の取り方やコミュニケーションをいっそう慎重に考えられていて、劇映画の場合でもその姿勢に変化はないのだと感じ受けました。
 「生きるのが好きな侍だっていますよ。」のとおり、「こういうやり方だって、ありますよ。」というおはなし。
なんら後腐れない晴れ晴れした良い話で、観賞後は実にさらりとした気持ちで次にいくことが出来ます。しかしふと思い返したとき、「けれど、ほんとうに仇打ちしたい人には届かないのかも。」とも考えだしてしまいました。
 これは、こうでない違う道もある、と内心気付きながら、まだそちらに行ききることが出来ない、そういう状況を肯定して、「それもありですよ。」と言ってくれる映画なのでないでしょうか。実はもう結論は出ている人のための映画なのだと思います。
 ぼろ長屋のセットは素晴らしいし、豊満な夏川結衣も美しいです。首にたまった皺がなんともいえないのですね。
 

笑顔が似合う侍

この作品は肩肘張らずに見れますね。
マニアな方には有名な監督さんらしいですが、あまりそういうことを考えずに見てみました。
まず脇を固める人物がみな個性的で良いです。
トイレ番?の人、紙拾いの人、世捨て人風の若者,子供と2人頑張って生きる後家さん
主人公のことをなぜか良く知っている差配人でもないのに長屋を仕切っている人。
みな長屋に住む生きるのに一生懸命な人達です。
僕は敵役の人さえ良い人にしてしまって最後どうするのかと思って見てましたが
ホントに納得の結末です。「武士としての死」より「人として天寿を全うする」ことを選ぶ。こんな侍がいてもいいのではと思いました。
岡田准一さん演じるへなちょこ侍のあの笑顔。
男も惚れてしまう笑顔ですね。見終わった時に心が温かくなる作品です。

春のような日々

映画予告のように、この映画はのほほ〜ん、としていて、春のような温かい映画です。
ゆっくりと時間が過ぎていき、緊張感とはほぼ無縁といっていいほどです。
 弱くて、へっぴりで、逃げ足は速い。でも、人を愛おしむ気持ちは誰よりも強い侍、青木宗左衛門を主人公に、ちょっぴり(?)個性的な人々が集まる貧乏長屋を舞台に繰り広げられる、あだ討ち時代劇!
 父を殺された左衛門のあだ討ち。果たして成功なるか?
意外な(?)結末が待ってるこの映画、照れくさくていえないことをたくさん気づかせてくれる素敵な映画です。
豪華な出演人にも注目!!
 

繊細で優しい印象だが、作り手のメッセージが力強く感じられる

幾多の名ディレクターを生んだテレビマンユニオン出身で、ドキュメンタリーでも多くの実績を残し、劇映画に於いても、被写体への独自なアプローチとその静謐な映像感覚が魅力な是枝裕和の、初のエンタテインメント作品は、ロバート・アルトマン顔負けの群集劇にして、“仇討ち”という大時代的な題材を扱いながら、“大義”や“面子”、そして男らしく生きる事の真っ当さを問う作品だ。繊細で優しさに溢れたリズムとタッチの中に、社会の下層で生きる人々をユーモラスにスケッチし、その個性的な日常に大いに笑わされながら、剣術の達人の子息にもかかわらず、意に反して、からきし弱く、学術に長ける主人公の生き方を通して、男としての本懐に拘る侍の型にはまったその世界観に異を唱える。これを、今日の競争(紛争)絶えない強者のパワー・ゲームへの隠喩、アイロニーと取るのは容易であり、この映画は、闘い好きの男性よりも、平和協調をよしとする女性たちに好かれるんだろうなと思う。見終わった後、元気がもらえる映画だ。

心温まる作品

腕っ節が弱いのに仇討ちを課せられた主人公の侍が、長屋の人々とのふれあいの中で気づくものがあり、いかに自分なりの結果を出していくかという物語。
時代劇でしかも仇討ちというぱっと見、重い話ではあるけれども、
俳優陣がそれぞれにでしゃばり過ぎずにいい味を出していて、
物語の展開も下手に重くなったりせず、気軽に心地よく観られます。
人の心の暖かさを感じる作品なので、ちょっと気分がよくなりたいときに良いと思います♪

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

岡田准一 改メ 青木宗左衛門 ~映画『花よりもなほ』入門DVD~
フライ,ダディ,フライ [DVD]
モリのいる場所 [DVD]
歩いても歩いても [DVD]
岡田准一主演 大化改新【NHKスクエア限定商品】
天地明察 [DVD]
妻よ薔薇のように 家族はつらいよlll [DVD]
TokaiWalker特別編集 まるごと1冊おいしい秋SP号 ウォーカームック
蜩ノ記(ひぐらしのき) DVD(特典DVD付き2枚組)
キネマ旬報 2018年10月上旬号 No.1791

つみきみほ ソニン 野中美郷 岩崎良美 奈津子 中川梨絵 松本華奈 岸旗江 佐々木すみ江 野際陽子 本間智恵 杉咲花 京唄子 瀬戸早妃 松村秀美 乙羽信子 北川めぐみ 岩名美紗子 上野みさ 原幹恵 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ