アンフェア DVD-BOX

アンフェア DVD-BOX

アンフェア DVD-BOX

DVD
出演:篠原涼子
出演:瑛太
出演:香川照之
出演:寺島進
出演:濱田マリ
メーカー:ポニーキャニオン
発売日:2006-06-07

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

アンフェア DVD-BOX

2006年1月3月、フジテレビ系で放映された、篠原涼子主演の刑事ドラマ。原作は、秦建日子による小説『推理小説』。検挙率No.1の美人刑事・雪平夏見(篠原涼子)と相棒の新米刑事・安藤一之(瑛太)が挑む難事件。「アンフェアなのは誰か」というメッセージに込められた連続殺人事件の真相とは…? もはや本格女優として揺ぎない地位を確立した篠原涼子が、存在感あふれる女刑事役を見事にモノにしている。強さのなかにふと見せる隙や悲しみの表情も好もしく、また、的外れな安藤の言葉に対して「お前はバカか!」と切り捨てる怒りの表情も魅力的。複雑な伏線や、二転三転する物語の展開は興味深く、観る者を飽くことなく惹き付ける。(みきーる)

驚きました!!

私は毎週欠かさずドラマを見てました。見ているうちにメインの誰もが怪しく思えてきて、すごく悩みました。ドラマが終わってもう一度見たいと思い発売直後に悩むことなく購入しました。特典のDVDに感激しましたが、スペシャルドラマを見て、もしかして特典DVDに……と思い特典DVDを見直しました、今の今までまったく気付かなかった隠し映像の細工に驚きと感激です。スペシャルドラマのDVD発売も楽しみにしてます。次は映画も楽しみです、全て話がつながるので全作購入してコレクションにしたいです。

TVのスペシャルドラマ+映画で続編も決定!

私にとっては、1話も欠かさずに観た久々の連続ドラマでした。展開が早くて、1話も見逃せない、と思えるミステリードラマです。
主に3つの事件が発生し、主人公の雪平夏見が犯人を突き止めていくのですが、登場人物全員が怪しく見え、誰が味方で誰が敵?状態だし(主人公の雪平さえ怪しく見える)、先の展開も読めないし、ドキドキしながら観てました。出演者の演技も文句無しです。
連続ドラマ終了時も、過去に雪平の父親を殺害した犯人は不明なままなど、謎がまだいくつかあり、続編を望む声も多かったのですが、ついにスペシャルドラマと映画で続編が決まりました。とても嬉しいです。
まだアンフェアを観たことがないという人は、スペシャルドラマ、そして映画を観る前にこれを要チェックです。

アンフェアなのは誰か…

ドラマが終っても大反響だったアンフェア。
特典映像も多かったし、隠し映像も入っていて買って良かったと思っています。
篠原涼子さんをはじめ上司やライバル同僚も色々な役を経験しているからこそ演じれる役だと思いました。
初回特典の安藤が残したDVDにはSPへと関連しているので細かな細工がされていて良いと思いました。

実は緻密なドラマ。何度でも見たくなる

スペシャル>ドラマ再放送>映画という順番ではまりました。再放送も見逃した回があったのでついにDVDを購入して見てみました。すると1話ですでに真犯人を予感させたり、スペシャルや映画に繋がっているシーンがあるのも全て計算されているのかと言うぐらい緻密なドラマ。BOXにはパンフレットがついていてそこでもプロデューサーの裏話が袋とじで付いていてそれを読むとまた最初から見たくなる何とも切ないドラマ。最高ですね。

アンフェアなのは誰か?

「復讐には、復讐を。アンフェアには、アンフェアを。」
テレビから流れるこの言葉、繰り返し聴いてるうちに覚えちゃいました。
雪平を追い詰める真犯人は、誰か?
毎回ワクワクしながら見てました。
このドラマの面白いところは、犯人像が二転三転していくところです。
主人公がすぐに犯人!?と予想される人物に銃をむけるところなど、「ど〜なの?」って思うところも多少ありますが、
秀作、です。
脇役の俳優陣も演技達者ですが、篠原涼子と瑛太の演技が予想以上に上手くてドラマとしての完成度が上がったと思います。
一見の価値アリ!

ノンストップサスペンス!

今クール(2006年1月〜3月)では一番面白かったドラマだと思う。
刑事ドラマは基本的にどれも面白いが、それらと違うのは篠原涼子扮する雪平刑事が、女性ゆえのしなやかさと躍動感に満ちてるトコロ。『羊たちの沈黙』のジョディー・フォスターばりに凛としててカッコよかった。展開も単なる無難なお涙頂戴・勧善懲悪には収まらない鋭さがあり、本放送の時は毎回先が読めずハラハラしていた。社会のシステムの偽善やそれに喰い物にされる弱者たちの心理にもメスを入れており、犯罪を犯す側にも共感できるだけの掘り下げをしてる為、深い。―オススメです。

近年まれな凝ったドラマ

本編放送中、1週間が待ちきれなく犯人当てに何度も録画を見ました。
ハマリ過ぎて、どうしてもNG集などの特典映像が見たくて、買ってしまいました。DVDならではの特典映像はやはりかなり面白かったです。

愛しさのアンフェア

毎回、次回が楽しみで仕方なかったこのドラマ。
何故なら、最も避けたい展開へと進んでいくから。人間の不器用さや、運命の歯車が噛みあってしまった哀しさが、たまらなく愛おしくて、美しくて、それこそが最大のアンフェア。
実は、最後まで明かされていない、匂わせるだけの状況などもけっこうあるし、最後の最後まで気を使って作っていて、是非もう一度見直したくなるドラマだった。
原作の小説は、まさかドラマ化されるとは思えない、TVを突き放した小説。原作あってのドラマでもあるかもしれないが、ドラマ・アンフェアの世界は本当に魅力的でした。
観ているうちに、だんだんキャラクタを愛しく思うようになってきちゃって、みんな疑わしいんだけど愛しくて、そのアンフェアさがまた、堂々巡りの切なさ。

なかなかおもしろかったです

毎回、真犯人を推理しながらワクワクして観ていました。
次々と起こる事件、雪平の身辺に潜む裏切り者たち。
本当に、最後の方では登場人物全員があやしく見えてしまいます。
エンディングはちょっと悲しかったけど、最終回まで犯人探しを楽しむことができました。
ドラマほど極端ではなくても、どこに裏切り者がいるかわからないという点では、現実社会も同じなのかなと思います。

中々異質な作りなんじゃないか!? これって!!

 どっぷりはまった友人が紹介してくれて見始めたアンフェアですが、主演の篠原涼子の存在感がしっかりしていて、いい女優さんになったなーと改めて思いました。
 このドラマエピソード数がさほど多くない割りに事件が一話完結型ではないので展開が二転三転します。 最初慣れるまでは違和感がたっぷりあったのですが、そーいうものだと思ってしまえば逆にしっかりとストーリーを楽しめますし、色々と推測もできて楽しいです。 これは一時間ドラマにはない要素だと思います。
 何か詳しい人の話だと犯人を示唆する演出が色々あるらしくてそういう部分でも楽しめると思います。 ただ、見ていてふっと気づいたのがなんとなーく演出というか様々な部分で海外ドラマの「twenty four」っぽいなーということでした。 勿論どっちも好きな作品なので個人的には全然気にはなりませんでしたけれども。 両方の作品にいえることだと思いますが、アッサリ見るのではなくてじっくり腰をすえて楽しみたいドラマですね♪

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

アンフェア the answer DVDプレミアム・エディション
アンフェア the special 「コード・ブレーキング ~暗号解読」 [DVD]
アンフェア the movie [DVD]
アンフェア the end DVD スタンダード・エディション
ダブル・ミーニング Yes or No? [DVD]
アンフェア the special ダブル・ミーニング-連鎖 [DVD]
アンフェア the special ~ダブル・ミーニング 二重定義~ [DVD]
ハケンの品格 DVD-BOX
SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX
アンフェア the end Blu-ray スペシャル・エディション

本阿弥周子 志麻いづみ 川口晶 森下千里 中島唱子 秋篠美帆 毛利菊枝 松野芳子 平井理央 伊藤千晃 仲村綾乃 大塚寧々 江波和子 平子エミリ 月船さらら 長谷川裕見子 入江若葉 沢井美優 望月真理子 香里奈 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ