タッチ スタンダード・エディション [DVD]

タッチ スタンダード・エディション [DVD]

タッチ スタンダード・エディション [DVD]

DVD
監督:犬童一心
出演:長澤まさみ
出演:斉藤祥太
出演:斉藤慶太
出演:RIKIYA
出演:平塚真介
メーカー:東宝
発売日:2006-03-24

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

タッチ スタンダード・エディション [DVD]

あだち充の、あまりに有名なコミックを実写化。実際に双子で、野球経験もある斉藤兄弟が、達也と和也を、2人の幼なじみの南役を長澤まさみが演じる。明星学園の野球部は、1年生エース、和也の活躍で、地方大会を勝ち進む。しかし、あと1勝で甲子園という決勝の朝、和也は交通事故で亡くなり、彼の意志を継ごうとする達也が野球部に入部。ストーリーの基本は、原作どおりだ。<br> 達也と和也、南の微妙な三角関係は、高校生にしては純情過ぎるキライもあるが、そのピュアさが本作の魅力でもある。俳優たちの演技も、まっすぐで好感。とくに長澤まさみは、同年代の女優のなかでは格段の演技力で、原作ファンが抱く“南”のイメージを裏切らない。何気ない表情が、じつに自然なのだ。アニメ版の有名な主題歌が「ここぞ」という場面で流れ、クライマックスで達也と和也の姿が重なる映像で感動は最高点に達するはず。犬童一心監督による映像はリリカルで、要所に突きぬけるような青い空が挿入され、とことんさわやかな仕上がりになっている。(斉藤博昭)

時々見直す映画

原作のタッチが大好きで映画化されると聞いてすごく楽しみにしていたのですが、実際見てみるとがっかりせずにはいられませんでした。南ちゃんが新体操をするシーンもないし、私が一番大好きな最後の達也が南に告白するシーンもありません。しかも2年生で甲子園行きを決めてしまいます。映画なので原作のすべてを表現するのは無理ですが、もっとほかにいいまとめ方は出来なかったのかととても残念です。この実写版タッチは原作が大好きな人にはおすすめできません。

名場面を順番に実写で再現したにすぎない

原作の「タッチ」を知っている人じゃないと
何の場面か、どんなキャラクタなのか絶対わからない。
双子の少年と幼なじみの少女の物語ということはわかるかもしれないが、
双子の弟の方が優等生であったり、
おちゃらけた兄が実は深い思いやりがあったり、
ボクシング部の原田はぶっきらぼうだけど
実はすごく男気があって人の感情に敏感だとか、
ゆっくりとしたテンポの中で
微妙に感じられる原作の空気がなくなっている。
次々と意味ありげに登場する人物たちが
いったいどういう関係なのかの予備知識が必要だ。
では原作を知っている人なら楽しめるかというと
当然、あのボリュームを2時間でこなすのは無理なのだ。
有名な、和也の死亡シーンまでに
野球を舞台に時間をかけて語ってきた人間関係があり、
これから当然のごとく盛り上がっていくであろうという試合の場面で
唐突に訪れる事故、というのが衝撃なのだ。
読者に十分に感情移入させた上で
何の前触れもなく事故の場面が挿入され
突然に和也を失った登場人物たちと同じ気持ちを味わう。
そこに名作と呼ばれた原作の価値があるのだ。
エースがいなくなった野球部へ和也に代わって達也が入部するが
部員の戸惑いや拒絶感があり、
それを乗り越える形で認められていく過程には
それなりの時間やエピソードが必要で、今回の映画には
名場面をただ順番に実写で再現しただけの意味しかない。
いっそのこと和也の事故後から話を始めれば
もっと深い話にできたのかもしれない。

斉藤兄弟じゃなぁ。。。。

長澤まさみを主役に据えて、爽やかな青春ドラマの王道を作りたい、というだけの話であれば、別に「タッチ」でなくてもいいんじゃないの??と思わせる結果になってしまったような感じ。
達也と南のファーストキスのシーンや、原作を意識したキャスティング等、監督が原作を大切にしようとしている点では好感が持てるのだけれども、それがかえって、物語の展開を強引にしてしまって、いろいろな出来事の積み重ねで出来ていた原作のシーンが持っていた良さをなくしている気がしましたね。
私としては1番納得行かないのは、達也のキャラクタ。
達也の魅力は、飄々としていて、あんまり感情を表には出してこないけれども、優しくて、弟思いで、けれども本気になったら、実は凄い、
というところが良かったと思っているんだけれども、これじゃあ、何か単なるぶっきらぼうなニイチャンじゃん。
南は、どこに惚れるんでしょう???
斉藤兄弟じゃ演技的に無理なのかもしれないけれども、上杉兄弟の魅力をきちんと描いてほしかったかな、と。
どうせ原作を観た人か、長澤まさみのファン以外に来ないから、
そんなのいらねーよ、というのが元々の狙いなら別ですけどね。

原作とは違うものとしてみた方がいいと思います

タッチの原作の漫画が好きで、どのように実写化したのかを楽しみにして見ました。
感想としては、「うーん、原作を知らなければ、面白いかも・・・」という感じです。
やはり、26巻という長編の漫画を2時間そこそこという時間に押し込むのに無理があったと思いますし、あだち充独特の間が実写ではうまく伝わってきません。
残念ですが、昔のタッチファンとしては物足りない作品でした。

どうしても原作の名場面が…

原作26巻を2時間の映画にするのはやっぱり無理があったか。
あの名場面が、名台詞が、そして登場人物たちが、ないじゃないか!!!
とにかく、西村が出てこないのが不満だ。
犬童一心監督作品は結構好きなだけに、過去の犬童作品や原作の素晴らしさを木端微塵にされる予感にどうしても躊躇していたがTV放映を期に見てしまいました。
 ………予感は的中、あぁ後悔。
犬童ファンはこの作品のことはなかったことにしましょう。
役者がどんなにいい演技をしても(あったかどうかは別にして)、原作の名場面がフラッシュバックしてくる。純粋に映画を楽しめないので苦痛ですらある。
あれだけ感動して涙した須見工戦が、単なる茶番劇になっていて泣けてきた。
長澤まさみはとてもかわいらしかったので +☆

特典映像もない通常版。買って見る意義が薄い

2時間に収めるために、少し脚本に無理があり窮屈な印象を受ける。
特に後半は時間経過が早く、ダイジェスト的展開は仕方がないのでしょうか。
主役3人以外の登場人物はほとんど「チョイ役」なのも勿体無い。
スペシャル・エディション付属のブックレットで、
監督は反省ともとれるコメントがあるのもうなずける。
スペシャル・エディションは、長澤まさみファン向けを意識した内容。
花粉症ぎみの長澤さん中心のメイキングはファン必見だ。
長澤まさみファンならスペシャル・エディションを購入することをお薦めする。
予告を除き 特典のない通常版はセルDVDで見る意義が薄いので、
原作ファンはレンタルでいいかも……。

時々見直す映画

家族への、兄弟への、好きな人への、友達への、仲間への「愛」を描いて見事です。さわやかな感動と涙にあふれています。全ての人の演技が自然で、スポーツ映画の興奮も本物です。それも落ち着いて見ることが出来る場面との軽重緩急が効いていて、良い意味で裏切られることも多く、うまい映画作りだと思います。「時々見直したくなる映画」は良い映画だと思います。子供から大人までお奨めです。

さすが犬童監督!よくまとめた!

これだけ有名な作品を監督するにはかなりの勇気が必要だと思います。
それだけ原作のファンがいるわけですから。
私も原作のファンですが、原作の世界観を極力損なわずよくまとめたと思います。
一部登場人物の中に必要ないだろうと思われるキャラもいますが、それは笑っておくことにします。
犬童監督の「タッチ」、または長澤まさみの「タッチ」としてご覧になればいいと思います。

なぜだ

尺が足りないのは解るが納得がいかない。この映画の原作(タッチという漫画)はどこを変える必要があるのか?なぜ新田が左?達也も南も原作の心の強さが少しも見られない。和也が事故にあってからの二人イメージと違い過ぎて・・。最後の試合新田の三振前のスライダー、ノーサインでしょ?コウタロウ捕れないんじゃない?原作ファン(野球ファンの方も)の方はがっかりするかも。この監督さんはタッチも野球もよく知らないのでは?両方大好きな自分は少なくとも作品から何も感じませんでした。ラストの名台詞もなんだかなぁ〜・・・達也はその台詞を言う必要を感じて伝えたのにただ、ラストに入れただけみたいな。長澤さんも斎藤兄弟も素敵な役者と思うだけにとても残念でした。青春時代の漫画の映画化故に良いレビューにしたかったですが・・・

えっ…

あだち充の「タッチ」。ファンでなくとも、一度は見たことがあるアニメだと思います。
漫画では全編を通して、タッちゃんの『伝わりにくいけれどその裏に隠れた温かい優しさ』にいつもグッときてしまう、とてもよい漫画でした。
そのいわば大作!せっかく実写化するなら、もっともっと力を入れて漫画の世界観を損なわないようにしてほしかった。
最初から日本映画の雰囲気漂ってますが、逆に「タッチの良さはどこ?」「あの場面がこれ?」…(涙)
漫画のファンとしては、中途半端ならやらないで欲しかったという感想です。
そして見なきゃ良かった…。同じキャストで青春映画をやるのはいいと思いますが、タッチの名前を使わないで欲しい…。
もしくは、まったく違う新しいタッチを撮り直してほしい…。
漫画ファンを失望させないで!と言いたくなってしまいました…。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ラフ スタンダード・エディション [DVD]
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]
涙そうそう スタンダード・エディション [DVD]
モテキ DVD通常版
そのときは彼によろしく スタンダード・エディション [DVD]
LOGAN/ローガン (4枚組)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
涙そうそう スペシャル・エディション [DVD]
チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~ DVD 通常版
タイヨウのうた プレミアム・エディション [DVD]
県庁の星 スタンダード・エディション [DVD]

岩本千春 角ゆり子 青木まゆこ RIKACO 岸旗江 矢島悠子 足助美岐子 三倉佳奈 紺野美沙子 熊本野映 平子エミリ 伊藤美由紀 高瀬春奈 勝村美香 黒木瞳 藍とも子 狩野裕香 桃瀬美咲 松尾翠 長内美那子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ