タッチ スペシャル・エディション [DVD]

タッチ スペシャル・エディション [DVD]

タッチ スペシャル・エディション [DVD]

DVD
監督:犬童一心
出演:長澤まさみ
出演:斉藤祥太
出演:斉藤慶太
出演:RIKIYA
出演:平塚真介
メーカー:東宝
発売日:2006-03-24

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

タッチ スペシャル・エディション [DVD]

あだち充の、あまりに有名なコミックを実写化。実際に双子で、野球経験もある斉藤兄弟が、達也と和也を、2人の幼なじみの南役を長澤まさみが演じる。明星学園の野球部は、1年生エース、和也の活躍で、地方大会を勝ち進む。しかし、あと1勝で甲子園という決勝の朝、和也は交通事故で亡くなり、彼の意志を継ごうとする達也が野球部に入部。ストーリーの基本は、原作どおりだ。<br> 達也と和也、南の微妙な三角関係は、高校生にしては純情過ぎるキライもあるが、そのピュアさが本作の魅力でもある。俳優たちの演技も、まっすぐで好感。とくに長澤まさみは、同年代の女優のなかでは格段の演技力で、原作ファンが抱く“南”のイメージを裏切らない。何気ない表情が、じつに自然なのだ。アニメ版の有名な主題歌が「ここぞ」という場面で流れ、クライマックスで達也と和也の姿が重なる映像で感動は最高点に達するはず。犬童一心監督による映像はリリカルで、要所に突きぬけるような青い空が挿入され、とことんさわやかな仕上がりになっている。(斉藤博昭)

別物として

犬童監督はすばらしい作品をいくつも撮っています。
原作は言わずもがな名作です。
その二つの才能が見事に相殺してしまいました。

ガラガラと音を立てて・・・

監督と脚本家の誤解の産物。
原作は、誰もが人を思いやり、気遣い、優しすぎた故の・・・という話だったはず。
映画での達也の台詞の一つ、「いい気なもんだな和也!あっさり死んじまいやがって!」
しかも、負けると何もかも投げ出し逃げるヘタレ根性。
思い描いていた達也の人物像が、ガラガラと音を立てて崩れていく感覚。
原作者、あだち充がこの映画に対して良いとも悪いともコメントしなかったのも肯ける。
言うなれば、タッチという名の全く別の映画。視聴者が原作に対し、全く拘りがなく、特定の出演者のファンならばある程度は楽しめるであろう映画。
ただ、タッチの名を冠するならば星一つ。

う〜ん

映画化が決まる前はネットで見る限り、タッチは元々原作ファンからは実写化は好まれない作品でした。見事ドンマイな映画だった気がします。
映画としてはいいかもしれないが、実写化としてはちょっと・・・
小説ならまだしも、漫画やアニメは原作のキャラの姿が描かれています。似ろとは言えないですが、すでに人物像が出来ているのでそれに負けない映画・ドラマを作ることが実写化する上での責任ではないかと思いますよ。

南ちゃん祭りとして…

東宝による長澤サンの為の南チャン祭り。原作も斉藤兄弟もそれに都合良く使われてしまったといった感じです。 脚本も演出も長澤サンをいかに可愛く撮るかという事のみに重点を置いる為、達チャンもカッチャンのキャラの設定に深みはなく、ただの南の引き立て役として扱われてしまっています。 斉藤兄弟も何もさせてもらえていません。これでは、出来ない人だと思われてしまうでしょう。 野球のシーンも吹き替えなし(さすがに球のスピードまでは無理ですが…)で演じた彼等が気の毒です。 もっと3人の話という事を大切に描いて欲しかったです。 ただ、配慮してもらっているだけあって、この映画の長澤サンはとても可愛いです。南チャン祭りとしては大成功でしょう。

やっぱり無理がある

やっぱり、タッチの良さをこの時間内で表すのは不可能でしょう。
個人的には、実写化するなら、2クール以上はかけてドラマで観てみたいです。
各キャラのイメージは結構よかったと思うのですが、
難を言うなら、「南ならどんなことがあっても最初から最後まで達也を球場で見守るぞ!」と思いました。
原作を知らない方なら、それなりに楽しめると思います。

残念!

期待していただけに本当に残念だ。歌はYUKIだし、長澤まさみは出てるし、タッチだし、どれだけ心に響く映画かなと思っていたら、まったくでした。双子の斉藤兄弟にはもう少し頑張ってほしかった。監督やスタッフももう少し頑張ってこの映画を価値あるのもにしてほしかった。これだったら全然生の高校野球を観ていたほうが泣けます。

やめてくれぇぇー

 実写版はこうなる。コミック人気に肖って,いま流行りのタレント並べて作っただけのシロモノ。幾らコミックが大人気でもこれじゃあね…ただ故ミック人気に肖っただけの駄作。しらけるったりゃありゃしない。正しく「似非(似て非なるもの、いや、似ても似つかない)タッチ」ですね。出演しているタレントのファンならオススメですが、タッチ・ファンなら絶対オススメできません。「これタッチじゃない!」って。

視点を変えて、ハードルも下げれば…

名作コミックの映画版ですが評判は芳しくありませんね。でもまあ、あれだけ長い原作をたった2時間の上映時間で、しかも誰もが納得できる内容に仕上げるなんて最初から無理な話で、この映画を観るに当たっては視点を変えたり、要求するハードルをグッと下げたりする必要があります。そうすれば観られない事もありませんよ。
まず単純に、長澤まさみさんの(とても丁寧に制作された)プロモーションフィルムと考えると良いのでは…と思います。長澤さんのファンの方にとっては申し分のない出来ではないでしょうか。
ストーリー展開に関してですが、和也の死までは原作に沿ったものですが、事故後の登場人物たちの描き方はかなり違います。原作では直ぐに全員が前向きに立ち直りましたが、映画版では痛々しく迷走します。南には原作の様な大らかさがありませんし、達也にも彼独特の達観が無く、実に息苦しいシーンが続きます。この辺りが原作とは一線を画す、映画ならではのリアルさ…と言えないでしょうか。
大きな期待さえ持たなければ、結局は大団円を迎える映画ですので、気分転換や暇つぶしの役目は果たしてくれると思います。

別物として

何でもそうだけど、原作に感じているイメージは個人で違う。今回は、犬童監督と斉藤兄弟、長澤まさみの「タッチ」として、気持ちのいい作品だなと感じた。実写だけにどの俳優を使うか・・・ヒロインと双子と各々のイメージを考えると今しか撮れないのでは?原作どおりを期待した人には、いまいちかもしれないが、あの雰囲気・清涼感を実写で感じられてよかったと思います。

ちょっとなぁ・・・

実写版としてはおもしろいと思ったのですが
結局「なにこれ?」ということになってしまいました。
いったい何を言いたいのかまったく分からなかったです。
もしかすると<ラフ>もいっしょかなぁ。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ラフ スタンダード・エディション [DVD]
世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]
涙そうそう スタンダード・エディション [DVD]
モテキ DVD通常版
涙そうそう スペシャル・エディション [DVD]
そのときは彼によろしく スタンダード・エディション [DVD]
タイヨウのうた プレミアム・エディション [DVD]
僕は妹に恋をする スタンダード・エディション [DVD]
タッチ CROSS ROAD 風のゆくえ [DVD]
岳 -ガク- DVD通常版

篠原涼子 相田翔子 朝岡実嶺 清水佐紀 牧れい 久遠さやか 賀原夏子 小川甲子 横山通乃 尾高杏奈 わくさわりか 志摩みずえ 沢井桃子 井上晴美 高田彩香 古賀さと子 田辺節子 菅谷梨沙子 中村愛美 貫井りらん 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ