ノロイ プレミアム・エディション [DVD]

ノロイ プレミアム・エディション [DVD]

ノロイ プレミアム・エディション [DVD]

DVD
監督:白石晃士
出演:松本まりか
出演:アンガールズ
出演:荒俣宏
出演:飯島愛
出演:高樹マリア
メーカー:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006-01-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

こういうのもっと作れ

一言で表現するなら,『フジTV系(深夜枠)で,たまに放送されていた放送禁止シリーズの映
画版』ってな感じ.すべてフィクションであるが,リアル路線なので笑える."ホラー"と"笑い"
はまさに紙一重なのだと実感した.ただ,役者の演技力のバランスや,設定などの作りこみ
が十分でなければ,この空気を出すことは難しいと思う.
星4つとした理由は,中盤でやや飽きがくるから…これは仕方ないのかも^^;
バカバカしいと言われればそれまでだが,本作はホラー好きの,ホラー好きによる,ホラー好きのための映画であろう.

怪奇実話

Jホラーのブームの一つの源流として、「新耳袋」等の都市伝説があると思います。「新耳袋」はなかなか巧い構成になっていて、ホラー(ホラ)話を集めている作家自身のパソコンが壊れたり、データが飛んだりするという話が前書きに書かれていて、虚構と現実の境界がなくなっていく感覚があって、そこが怖いです。
 この映画も「ブレアウィッチ」型疑似ドキュメンタリーではありますが、安いホラードラマが「実話」として乱発されていることや、テレビのワイドショー番組で「実話物」怪談がしばしば放映されている状況など、現実の風俗をうまく映画の中に生かしているのが非常に巧みです。「どこまで本当でどこからが演出なのか」と日々テレビを見ていて疑問に思う感じをうまく突いていて、そこを手がかりに観客をホラーの世界に導いていきます。まるで昔あった「GON」などの実話雑誌を読んでいる感覚です。今なら山口敏太郎編集の怪奇実話ムックといったところでしょうか。
 というわけで、山口敏太郎の怪奇実話ムックを小説だと思って読んではいけないように、この作品も普通の映画と思って見てはいけません。怪奇実話を読むような感覚で、ドキュメンタリーとして見ればとても面白いです。

危険!! 見ると呪われる!!

……なんてこたぁ決してありません(笑
いい大人が見れば、この映画がノンフィクションか否かなど一瞬で見抜けます。問題はその上で楽しめるかどうかですね。タネを知ってしまった手品と同じだと思えば、酷くつまらない映画としか思えませんでしょうが、「これはそういうものなんだ」と割り切って、単なるホラー映画として見れば、そこそこ面白いと私は思いました。少なくとも、登場人物の一人、霊能力者・堀光男は一見の価値アリ(笑
ただこの映画、あまり小さい子には見せない方がいいかも。私はこれを劇場で見たのですが、隣の席で見ていた小学生くらいの女の子が真剣に怖がっていたこと、それから、劇場を出るとやはり小学生くらいの男の子がこの映画のポスターをじーっと見つめていたのが気になりました。信じちゃってるんだろうなぁ……。
追記。
特典ディスクに収録されている未公開シーンは、この映画が気に入った人には興味深い内容です。
堀光男が何故あのような格好をしているのか、儀式に使われた犬はどのようにして死んだのか、などが明らかになります。

おもいきり、ヘンでヨイです!!

なかなかいいです!!ジャパホラ特有の怨念とか、ナミダちょうだいとか、「おいおい、これでお終いかよ、なんにも解決になってなんないじゃねーか!」みたいな定石ではなく、安っぽいワイドショー・ドキュメンタリー・タッチに始まって、どんどん諸星大二郎的、おっかな神憑かりの世界に移行していきます。変な女の人の隣に住む母子が事故で死んだり、アイドル霊能者が神社で何かに取りつかれたり、超能力実験少女が行方不明になったり、『霊体ミミズ』をおそれるアルミだらけのヘンなおじさんが大暴れしたり、公園で七人首つりをやってみたり、こういうこと興味本位みたいにツギハギして、佳境に入っていきます。ダムの下に沈んだ神社の儀式とか、犬の多い村とか、どこにでも飾ってあるカマとか、何かを暗示する『結び目』であるとか、思わせぶりな小道具の数々がまたイケてます。高度なSFXとか、バケモノの登場とかはなく、やたらに人が叫んだり走ったりするという、『エタイの知れない恐怖を人の観察できる形で描く』言わば『ラブクラフト的手法』がアヤしくおっかないです。ウチの子供達が、ものすごくこわがっていました。

気味が悪い、と思わせるのが非常にうまい

行方不明になった人が残したビデオ、という設定で
ドキュメンタリー風に見せる「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」と同じ手法の映画。
「ブレア〜」も人によって大きく賛否が分かれる作品だったが
この「ノロイ」も同じだろう。ダメな人には駄作に感じるはず。
これは実話なのかも、と思わせるために
タレントも役名ではなく芸名のまま登場する。
実話と思って観た方が遥かに楽しめるのも事実。
ぶつ切りでいろいろな映像やテレビ番組を展開していくのだが
それらが微妙に関連していて、終盤でぐぐっとつながるのは面白い。
嫌な雰囲気の映像や嫌悪感を抱かせる人物設定がうまく、
感情移入の強い人は並のホラーよりも怖いだろう。
大きな音で驚かせるタイプの怖さではなく
「えっ、今のなになになに?」とパニックを呼び寄せる怖さ。
ドキュメンタリー風映画特有の
手ブレしまくりハンディカメラ映像なので
それだけで酔う人は無理かもしれない。
仕方がないかもしれないが、音声レベルが激しくバラバラで
極端にうるさいセリフと、ボソボソと聞き取れないセリフがあり、
常にボリューム調整に気を使わないといけないところは辛かった。

ここまで作り込めれば立派!

私も含めて、評判を聞いて「ノロイ」を観た方の大半は、
コレがフェイク・ドキュメントであるということを
理解して鑑賞したハズです。
となると、如何に嘘臭くなくその作品世界に引き込んでくれるかが、
観点となるワケですが・・・。
結論としては、このくらい徹底して作り込んであればOKでしょう。
中途半端にやっていては、なかなかこの異様な空気は出せないと思います。
ところで、この作品はクールな視点で見てしまうと、
どうしようもない駄作にしか写らないかもしれません。
私は子供の頃「水曜スペシャル」や「木曜スペシャル」が大好きで、
当時はそれらを『実録もの』と信じていて、本気で怖がっていました(笑)。
この作品を楽しむにはそういった感性が必要かもしれませんね。

なかなか雰囲気は出ていたと思う。

予告編を見る限り、なかなか面白そうだったし、わりと怖いという評価を耳にしていたのでどきどきしながら見ました。
感想としては、なかなかいい線いってると思いましたが、もう一つ足りない映画でした。内容がどうのということではなく、
『ブレアウィッチ・プロジェクト』のような描き方で見る者を惹きつけようというのであれば、下手にCGでお化けとか「かぐたば」
の顔を作らないほうがよかったと思います。急にそういった類のものを出されると少し興醒めしてしまいます。
もう一ふん張りで「怖い」映画になったことでしょう。ただ、松本まりかさんの演技にはぐっと来るものがありました。なかなかの名演技でした。

ここを見ている方は見ない方が・・・

前情報が無ければ見られる映画
前情報を調べると見られない映画
以上がこの映画の評価です。
私は前者でした。
が、前半はリアルな作りなのに対し、
後半が作り物くさくなってしまったのが悔やまれます。
数年前ならばネットで簡単に調べられないので、
和版「ブレア・ウィッチ」として話題をさらっていた作品でしょう。
今の時勢にあわせ、裏付けをしっかりとし、
作り物感や役者のわざとらしいリアクションの排除が行われていたら、
☆5つの出来だったとおもいます。
私は☆4つの出来だと思いますが、賛否両論が激しいと思われるので
この中間評価とさせて頂きます。

観る人を選ぶが傑作と言いたいなー

普通の映画的な構成や演出とは異なるので、なんじゃこりゃ?と思う人が多いのでしょうが、もし、実際にこういうノンフィクションを撮影したならば・・・というシュミレーションとしてよくできていると感じました。
万人にお勧めはできませんが、僕は傑作だと思います。
また、映像業界らしさの演出も上手い。
ビデオ作品として発売するドキュメンタリーだから、カメラだけは手持ちのデジベ(業務用の機種)だけど、予算がないので照明さん、音声さん、もちろんエンジニアさんもいないとか、わかる人になるほどねぇと思わせるリアリティ。
電波系の霊能力者も、もし本当に霊能力者がいるのなら、これくらいいっちゃってるのもアリだよなぁと思わせます。
演出的に「フィクションですよ」というメッセージは随所に見られるので、映画を見終わった後で、実話なのかな?と思う人はいないと思いますが・・・。
ところで、この映画、怖いのか?というとそれほど怖くない。いわゆる(特にショッカーとしての)ホラー映画を期待する人には向いていません。なにか禍々しいものを観たい気分(どんな気分だ・・・)の時や、ニヤリとしたい映像制作関係者にお勧めです。

実話?和風ブレア・ウィッチのはずが・・・

当初、実話だと聞いたので劇場に観に行きました。パンフレットを読んでこれがモンド映画(実話なように作った作品)だと知り、期待したのですが、前半部分は何とか観れたのですが、後半から正直つらくなりました。その原因はいわゆる蛇足が多いこと。
取材形式でそのまま進めばよかったのですが、妙に不気味なシーンを入れたことで、モンド映画のような緊迫感や現実感がなく。そして、ラストの衝撃事実?これさえなければ、正直な人にはこれが実話だと思う人が多かったはずなので、残念でありません。
でも、テレビ番組の2時間スペシャル感覚で鑑賞するにはベストな作品だと思います。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

オカルト [DVD]
戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦 [DVD]
戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊 [DVD]
戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説 [DVD]
カルト [DVD]
戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-04 真相!トイレの花子さん [DVD]
戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 劇場版・序章 真説・四谷怪談 お岩の呪い [DVD]
戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!FILE-01恐怖降臨!コックリさん [DVD]
戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版 [DVD]
戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 最終章 [DVD]

矢島悠子 芦名星 中村久美 水谷八重子 今宿麻美 吉岡ひとみ 森実友紀 生野陽子 鵜飼真帆 平淑恵 古手川伸子 高田彩香 生井亜実 山口淑子 高部あい 金子さやか ソニン 高城亜樹 山口もえ 木村理恵 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ