ニライカナイからの手紙 [DVD]

ニライカナイからの手紙 [DVD]

ニライカナイからの手紙 [DVD]

DVD
監督:熊澤尚人
出演:蒼井優
出演:平良進
出演:南果歩
出演:金井勇太
出演:かわい瞳
メーカー:ポニーキャニオン
発売日:2006-01-24

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

ニライカナイからの手紙 [DVD]

2005年6月に公開された、蒼井優主演のハートフルな物語。共演は平良進、南果歩、金井勇太ほか。能澤尚人がメガホンを取り、多感な少女の心の成長を丁寧に描いて話題を呼んだ。舞台は沖縄・竹富島。6歳のときに母・昌美(南果歩)と別れた風希(蒼井優)は、毎年誕生日に母から届く手紙を心待ちにしていた。いつしか父の形見のカメラで写真を撮り始めた彼女は、写真家になる夢を育みながら、母のいる東京へと思いを馳せるようになる。19歳の誕生日を迎えた風希に、今年も母から手紙が届き…。ストーリーは極めてシンプルだが、出演者の醸し出す雰囲気や間合い、映像の美しさが非常に雄弁で、知らず知らずのうちにぐいぐいと作品に引き込まれていく。なんといっても、風希=蒼井優のピュアな存在感に、強く心をつかまれる。(みきる)

本当に素敵な作品です

沖縄の竹富島の景色 と 通常の生活では忘れかけている 人のあたたかさ 時間の流れが ゆったりと スクリーンからあふれてくる映画です。
主役の 蒼井優さんがとても 「風希」と 言う 女の子を素敵に演じられています。 将来ますます この映画で彼女が 気になりだしました。 
自然に涙がほほを伝う 映画です。
心が疲れたとき・・ 人とのかかわりに疲れたとき・・・なんにもないふとしたときなど とにかくいつでも このタイトルにひかれたら一度見ていただきたい映画です。
この映画を見て 癒されたり なにか感じてくれる人がいれば素敵だなと思います。
一度 ぜひ見てください。
素敵な主題歌も この映画にぴったりです!  

こころが疲れたときに観てください

毎年夏に沖縄県八重山諸島にでかけます。石垣の離島桟橋から連絡船で10分で着く竹富島は、お気に入りのスポットで、何回か出かけました。
今回DVDのパッケージを見て、バックの風景が竹富島であることがすぐわかり、この映画を観ることにしました。
美しい竹富の風景の中、時間がゆっくり流れていきます。
主人公の少女風季は6歳のときに母を竹富の港から見送ります。それ以降、母は竹富に戻らず、7歳から20歳まで風季の誕生日に毎年一通ずつ母からの手紙が届きます。14歳の誕生日のときの手紙に、風季が20歳になったら、すべての事情を説明するとありました。
ストーリーのメインは18歳になった風季から始まります。高校卒業後のことに関して「一度きりの人生、やりたいことやりなさい」そう母に後押しされ、風季は竹富を出て東京でカメラマンを志します。しかし、東京での現実は辛く、くじけそうになります。19歳の誕生日に届いた手紙に「20歳の誕生日に再会するべき場所」が記されていました。この手紙がくじけそうな風季を励まします。夢に向かって邁進する19歳の風季。そして、20歳になって、風季は最後の手紙を手にします。
母役の南果歩、風季役の蒼井優の演技がとてもすばらしかった。
ケータイ、メールが全盛の時代に、手紙が届くというのがいい。
最後の手紙で、思い切り泣けて、疲れたこころが癒されるを感じました。

竹富島に行きたくなった〜

また好きな映画がひとつ増えて嬉しい。泣けて泣けてティッシュが手放せないくらいでした。私自身、母親と離れて暮らすようになってから母親に対する思いが強くなったような気がします。だからこそおもっきし泣けたのかなあ。
蒼井優ちゃんはイイ映画に出るなぁ、ほんと。かわいぃし自然だしぴったりの役だったと思います。沖縄弁もサイコウだ!!ステキだねぇ…沖縄へ行きたい、そして住みたい!!
友だちや家族に見てみてって薦めたくなる映画だと思います。たくさんの人に見てほしい。

まさに手元に欲しいDVD

最近になって知り
さんざん迷って買ってみましたが
これは当たりです。
ストーリーも面白いし、皆さんが言われている通り
蒼井優さんの微妙な雰囲気をかもし出す演技が
すざまじく心に響いてきます。
社会人になり15年もたつ自分としては
沖縄のシーンよりむしろ卒業し就職したての仕事の中で
疲れ果てていくシーンは身にしみて上手く演じてる様に
感じました。
地元に帰ったときの安心感、
無意識に親に支えられていたりする感じなど
日を置いて何回か観てしまうので
手元にあると なかなか良いDVDです。

娘を思う母の気持ちに泣かされます

沖縄竹富島を舞台に繰り広げられる、母と娘の物語です。母から毎年届く手紙を心待ちにする風希の成長と、彼女の母を思う気持ちを軸にストーリーは進みます。しかしクライマックスでは、「母が娘を思う気持ち」にスイッチし、この瞬間見る者の心を大きく揺さぶります。ストーリー展開が自然なのと、主演の蒼井優の飾らない役作りが完全に調和し、完全にやられてしまうのです。
泣けるという意味においてはこれだけ自然に泣ける映画はそれほど無いでしょう。心を洗いたい人、必見の作品です。

竹富島の『うつぐみの精神』に感動です

去年この映画を映画館で見て大感動!映画館にいた誰もが最後のシーンで涙してました。実は私もその一人。。。
その感動が忘れられず思わずまたDVDを購入し見て感動!またまた涙する。。。
どうしてこんなにシンプルな映画なのに感動してしまうんだろう。。。
きっとこの映画の最大のテーマになっている竹富島に昔から伝えられており今でも生きつづけている『うつぐみの精神』に違いない。
昔は身近な所にどこにでもあり誰でも持っていた『うつぐみの精神』は物質が豊かになり便利になるにつれ人々は忘れてしまったのかもしれない。そんな人として大切な心をこの映画は教えてくれたような気がします。
この映画を見た後実際竹富島を訪れましたが、やっぱり映画だけの世界ではなく、映画の登場する場所、人々、そして『うつぐみの精神』はそこに実際にあり、目にすることができ、体験する事ができました。
多くの人に是非この映画を見ていただき、忘れ去られようとする大切な心をもう一度思い出して大切にして欲しいと思う本当に心からオススメする一品です!

海よりも深い愛情に感動!

小品、なのかもしれませんが、心に残る、やさしくて、とても美しい映画です。
ひたすら、もうただ、ひたすら美しい南の島の青くて透明な海と空の光景と、蒼井優さんの純粋さ、独特の癒しのオーラ?が、すばらしく、美しく、マッチしています。
ストーリイはシンプルですが、主人公をおもう”おじい”の、なんとも不器用だが、それこそ海よりも奥深いような愛情が、映画の後半、真実が理解できる段階になると、ジーンと心に響いてくるのです。
もうひとつ、島の人々が、深いこころの痛手をおった、主人公のところに、ひとり、またひとりと訪れてくる、このうえない美しいシーンがあります。人間は孤島ではありえないのだ、としみじみと考えさせられ、泣ける名場面になっています。
心の奥深いところに、響いてくる、いつまでもわすれられない映画です。

感動したいとき

映画館でみた時に、大号泣してしまい、目を赤くしながら帰った思い出があります。
蒼井優サンのせつなげな表情や、かわいらしさが存分に表現されててすごく感動しました。
DVDのメニュー画面の蒼井サンの顔もせつないです。

心に沁みます。

思いっきり泣きたいなあ、と思って観た映画は
本当に素晴らしくて、夜中なのに嗚咽が漏れた。
信じたいことを信じる、という強さと、
ただ、そばに居てくれるであろう周りの人たちの大切さを思い知る。
あったかい。何か清々しい。
なんか、「泣いてスッキリしたい」っていう気分の時ってありませんか。
そういうあたたかい涙が流せる気がします。
蒼井優で、竹富島で、手紙で、逢いたくても逢えなくて、写真で、夢。
個人的にツボだらけでした。
ストーリーはちょっと先が読めてしまうけど、
それでも押し寄せる情景や心情に心動かされます。
竹富島に行く前に観れて良かった。
観た後、すぐに行ってしまいました。

映画で観る「木綿のハンカチーフ」

あっけないほど単純な脚本ではあるが、
おじいがどれ程苦労し、心を痛めていたかと思うと哀しくなった。
風希の許を島の人々が訪れるシーンでは泣けてしまった。
蒼井優が主役を受けなければ成立しなかった映画。
純粋な魅力が溢れている。
なお、岩井俊二監督作品のようだと、先輩レビュアー氏のコメントがあったが、
フィルターや音楽の使い方は似ているものの、もし岩井監督作品なら
おっかあは他の人に嫁いだのではないかと思う。根拠はないが。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

ホテル・ハイビスカス [DVD]
ナビィの恋 [DVD]
旅立ちの島唄~十五の春~ [DVD]
南の島のフリムン [DVD]
てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ [DVD]
カフーを待ちわびて [DVD]
恋しくて [DVD]
涙そうそう スタンダード・エディション [DVD]
百万円と苦虫女 [DVD]
がじまる食堂の恋 [DVD]

夏居瑠奈 久万里由香 美山加恋 水沢有美 松井康子 渡辺典子 竹井みどり 筑波久子 宮園純子 羽野晶紀 正司花江 三船美佳 堀北真希 黒田百合 浜崎あゆみ 荒井乃梨子 岩井友見 万里昌代 吉岡美穂 村松英子 日本の女優DB

スマホアプリナビ
ITMS ミュージックランキング

男優一覧 女優一覧

日本映画・邦画ナビ